さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

大発見:イベルメクチンがSARS-CoV-2のスパイクタンパク質がヒト組織のACE2受容体に結合するのを阻害する Lance D Johnson

2021-06-10 09:00:00 | ビタミンDなど:オーソモレキュラー医学
すでに昨年こんなことが見いだされていました!






Breakthrough: Ivermectin inhibits the SARS-CoV-2 spike protein from binding to ACE2 receptors in human tissue
大発見:イベルメクチンがSARS-CoV-2のスパイクタンパク質がヒト組織のACE2受容体に結合するのを阻害する
Wednesday, June 09, 2021 by: Lance D Johnson
https://www.naturalnews.com/2021-06-09-breakthrough-ivermectin-inhibits-sars-cov2-spike-protein-binding-ace2.html#



(ナチュラルニュース) 一般的な抗寄生虫薬であるイベルメクチン[ivermectin]は、covid-19との戦いで大きな効果を発揮しています。医学研究者たちは、イベルメクチンがACE2受容体に付着するSARS-CoV-2スパイク受容体結合ドメインにドッキングする様子を初めて記録しました。このようにして、イベルメクチンはウイルスの付着と複製を効果的に阻害し、SARS-CoV-2のスパイクタンパク質を最も有利な切断部位に狙い撃ちすることができる正確な抗ウイルス反応を支援します。研究チームは、イベルメクチンがスパイクタンパク質のヒト細胞膜への付着を阻害する仕組みを明らかにしました。



イベルメクチンは、Streptomyces avermitilis(ストレプトミセス・アバーミティリス)という細菌から抽出したシンプルな薬です。寄生虫の神経系や筋肉の働きを阻害することで、寄生虫を弱らせたり殺したりします。イベルメクチンは、寄生虫の神経細胞や筋肉細胞に存在するグルタミン酸ゲート型塩化物チャネルを標的とし、寄生虫自身の神経伝達における抑制効果を強化します。塩化物イオンが浸透することで、寄生虫の細胞は過分極された後、麻痺し、死に至ります。

本研究では、イベルメクチンがスパイクタンパク質のロイシン91の領域と、ACE2受容体のヒスチジン378の領域にドッキングしました。また、イベルメクチンの結合エネルギーと定数を測定したところ、ACE2受容体に十分な結合力があることが判明し、この抗寄生虫分子がSARS-CoV-2のウイルス付着を阻止する強力な力を持つことが証明されました。


イベルメクチンがヒトでSARS CoV-2をACE2受容体でブロックする

イベルメクチンを早期治療と予防に使用した17の無作為化比較試験では、それぞれ73%と83%の改善が推定され、ポジティブな効果が報告されています。イベルメクチンの早期治療と予防に関する37の研究のうち、97%が肯定的な効果を報告しています。そのうちの1つの研究では、イベルメクチンがin vitroでSARS-CoV-2の複製を阻害し、原因ウイルス(SARS-CoV-2)に対して広範囲の抗ウイルス活性を示すことが記録されています。この研究では、わずか48時間後にウイルスRNAが5,000分の1に減少したといいます。

また、この研究は、効果的な治療法や予防法は、社会的距離を置いてロックダウンするという偏執的な孤立主義的アプローチよりも何千倍も早くウイルスの複製と拡散を緩和できることを証明しています。もし、この抗ウイルス剤が早期から頻繁に使用されていたならば、実際に感染したウイルスの拡散は、すべての人が感染しているかのように治療するという非常識な方法よりも何千倍も早く緩和されていたことでしょう。症状が出ている実際の感染症を治療することで、恐怖ではなく免疫を伝えると同時に、何千倍もの規模で広がりを抑えることができるのです。

SARS-CoV-2のスパイクタンパク質は、ヒトではアンジオテンシン変換酵素2(ACE2)に付着するように設計されています。研究者らは、イベルメクチンがこの受容体部位にドッキングしてウイルスの付着を阻止できるかどうかを調べるために、AutoDock Vina Extendedというプログラムを使用しました。このドッキング研究では、SARS-CoV-2のスパイク受容体結合ドメインの結晶構造が示されました。研究チームは、特にヒトのACE2受容体に注目し、その原子位置の二乗平均平方根偏差(RMSD)を計算しました。RMSD値が低いほど、ドッキング能力が正確であることを示しています。RMSD値が3以上の場合は、受容体部位でのドッキングが起きていないことになります。イベルメクチンは、9つの箇所でドッキングしませんでしたが;しかし、SARS CoV-2とACE2受容体複合体との間のタンパク質の交点であるスパイクのロイシン91領域とヒスチジン378にはドッキングしました。

これまでの研究では、イベルメクチンの有効性は証明されていましたが、ヒトのACE2受容体を発現していないアフリカミドリザルの腎臓上皮細胞を用いていたため、高濃度のイベルメクチンを使用しなければならなりませんた。SARS-CoV-2はヒトのACE2受容体に特異的に感染するため、今回の研究でイベルメクチンがより少量で効果を発揮することが証明されました。現在、イベルメクチンがcovid-19の治療に有効かどうかを判断するための臨床試験が行われています。


有効な抗ウイルス薬を弾圧する世界的陰謀

世界保健機関(WHO)、FDA、NIHは、過去のSARSやMERSの流行時に複数の抗ウイルスハーブや薬剤が研究され、有効であることが判明しているにもかかわらず、covid-19に対する抗ウイルス治療薬は存在しないと繰り返し示唆しています。今回は、これらの抗ウイルス剤の多くが、命を救うことを厭わない医師たちによって大きな効果を発揮しました。

中国の病院では、様々な抗ウイルスハーブがcovid-19患者の治療に用いられました。これらの病院では、ウイルスと細胞の受容体結合の阻害、宿主の免疫力の刺激、宿主の酵素への作用によるウイルスの宿主細胞への侵入の阻止、SARS-CoV-2のRNA合成と複製の防止などのハーブの効果を研究しました。研究の結果、ケルセチン、ウルソール酸、ケンフェロール、イソラムネチン、ルテオリン、グリセルヒジン、アピゲニンなど、数多くの植物化学物質が有効であることが判明しました。Covid-19の治療に最も効果的な植物のトップ3は、甘草の根(Glycyrrhiza glabra)、チコリの根(Cichorium intybus)、ハイビスカスの花(Hibiscus sabdariffa)でした。抗ウイルス植物の中には、オリーブの葉(Olea europaea)、ホワイトホアハウンド(Marrubium vulgare)、ブラッククミンシード(Nigella sativa)、ガーデンクレス(Lepidium sativum)、ジュデアンヨモギ(Artemisia Judaica)、グァバ(Psidium guajava)、キク(Glebionis coronaria)、マリアナの花(Anastatica)など、3つの抗ウイルス標的をすべて標的とする化合物を含むものが多数あります。

世界中の医療システムは、人間の免疫反応を強化するための適切な能力を備えておらず、個人が感染症を克服するために何が必要かを理解していません。感染症対策に関しては、米国のFDAや欧州の医薬品規制当局は、無知と無関心という同じシナリオを繰り返し、実行可能な抗ウイルス剤を一般市民から隠しています。ちなみに、実験的なワクチンを世界市場に投入するには、有効な治療法が存在しないことを証明することが唯一の合法的な方法なのです。このような抗ウイルス剤治療に関する科学の抑圧は、実験的なワクチンの緊急使用認可への道を開き、無数の患者が治療を受けられずに人工呼吸器で苦しむ(そして死ぬ)ことを余儀なくされています。

Learn more about this new ivermectin study:

Sources include:

NCBI.NLM.NIH.gov

IVMMeta.com

NCBI.NLM.NIH.gov

NaturalNews.com

NaturalNews.com

Brighteon.com

++
抗炎症ケルセチンなら、タマネギの皮でもいけますネ


これは私の憶測ですが、あのメルク社が、「ワクチン」から早期に手を引いたのは、この隠し球を知っていたのかもしれませんネ。 バカみたいな話ですが、「ワクチン」を打たれて死にかかっている人が助かる可能性がある、、


ま、私は薬草で行きます




参考

駆虫薬(イベルメクチン)
https://medley.life/medicines/article/56133a775595b3d40b7965e1/

駆虫薬(イベルメクチン)の主な副作用や注意点

消化器症状
下痢、食欲不振、便秘、腹痛などがあらわれる場合がある

皮膚症状
痒み、発疹などがあらわれる場合がある
頻度は稀だが、そう痒の一過性の増悪、中毒性皮疹などがあらわれる場合があり、異常が認められた場合は医師や薬剤師に連絡するなど適切に対応する
肝機能障害
頻度は稀だがあらわれる場合がある
倦怠感、食欲不振、発熱、黄疸、発疹、吐き気などがみられ症状が続く場合は放置せず、医師や薬剤師に連絡する

++
予防では使う気は起こりませんが、治療には使えそうに思います。


Covid-19の治療法があるとなれば、毒「ワクチン」の緊急使用許可は無効となる ことが大きいですネ


最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (宇宙人)
2021-06-10 10:50:30
中国人民解放軍がコロナ治療薬として期待される「アビガン」の特許を取得 巧妙な手口に日本の関係者は危機感

https://news.yahoo.co.jp/articles/3503a87ce21392849d6e74d63643e8ef69e843ff

イベルメクチンも気を付けないとですね。

スタップ細胞→アメリカが特許取得→コロナワクチン→スタップ細胞でぼろ儲け?
Unknown (宇宙人)
2021-06-10 11:17:58
今、思ってみれば。

アドレノクロム騒動はそんな医療企業が作ってる物なんて怖くて使えるか!(# ゚Д゚)って拒絶させながら、こっそりと特許を奪う計画(仕込み)だったのではと思いました。
Unknown (phon_bb)
2021-06-11 14:49:00
>Covid-19の治療法があるとなれば、毒「ワクチン」の緊急使用許可は無効となる

FDAやCDC、WHO(毒珍メーカー応援団)は、このことを恐れ、イベルメクチンを攻撃しているのではないでしょうか?

20分の1以下のコストで、多数の人々を治療、予防できれば、ワクチンの必要性は全くありません。
追記 (phon_bb)
2022-03-14 16:53:12
皮膚科の医師に頼んでもイベルメクチンを予防処方してもらえないので、インドのジェネリックメーカーより、並行輸入業者を通じイベルヒール(商品名)を取り寄せ、昨年秋より毎週半錠(6mg:FLCCCのプロトコルを参考)づつ飲んでいます。
1錠のコストは、約62円です。

特に副作用はありません。
先日、急にのどが痛くなり、36.7度まで微熱が出た際には、イソジンでうがいし、思い切って1錠(12mg)を飲みました。症状は一気に収束しました。気のせいかもしれません。

我が家の3名はワクチン未接種で、一度もコロナに掛かっていません。

コメントを投稿