さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

911な酷怪テロ テロにつき一切同意必要なし! 

2015-09-18 23:29:56 | 八百長戦争
参院 問責決議案を否決 安保法案採決へ 9月18日 23時04分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150918/k10010241271000.html

参議院本会議が18日午後8時半から開かれ、民主党から提出された安全保障関連法案を審議する特別委員会の鴻池委員長に対する問責決議案を自民・公明両党と次世代の党などの反対多数で否決しました。参議院本会議は、日付が変わっても本会議を開けるよう延会手続きが取られ、19日午前0時0分から改めて開かれて、安全保障関連法案の採決に入ることになりました。

安全保障関連法案を巡って、民主党など野党5党が共同で提出した安倍内閣に対する不信任決議案は、18日夕方から開かれた衆議院本会議で採決が行われ、自民・公明両党や次世代の党などの反対多数で否決されました。

これに続いて、午後8時半から参議院本会議が開かれ、民主党が提出した、安全保障関連法案を審議する特別委員会の鴻池委員長に対する問責決議案の採決が行われ、自民・公明両党や次世代の党などの反対多数で否決されました。

このあと山崎参議院議長は、日付が変わっても本会議を開けるよう延会手続きを取り、19日午前0時0分から改めて参議院本会議を開くことを宣言しました。そして、本会議では、安全保障関連法案の採決が行われることになっていて、与党側は、19日未明にも法案を可決・成立させる方針です。

戦後日本の安全保障政策の大きな転換となる安全保障関連法案の採決を巡る与野党の攻防は、最終局面を迎えています。



<敵は官邸にあり><山形市長不正選挙訴訟をやり再開票せよ> 小野寺光一 2015/09/18
http://archives.mag2.com/0000154606/20150918084651000.html

最も効果的な解決策は

これほど国民を無視しての

不正選挙ができないようにすることである。


次期選挙において投票所をいろいろなところにおいてオンラインで
結ぶというがこれは電子過程が入るため不正選挙システムの
完全版となるためそれを排除することが前提だが。


山形市長選挙で

落選した立候補者が


プロの弁護士をたてて

不正選挙訴訟を行うことである。

まず選挙から2週間以内に異議申し立てを提出する。
そして審査請求を経て不正選挙訴訟をする。

その際にプロの弁護士をたてて
徹底して尋問をする。公職選挙法違反であることと
憲法第31条の適正手続きの保障に違反することを
やる。

そして選挙の過程で、誰もバーコード票と実際の票が合致しているかをチェックしていないことを
明らかにして再開票を請求するのである。

そしてNHKの出口調査についても関係者を法廷に呼んで証人尋問をして、実際の出口調査とは違うことを
官邸に依頼されて公表しているだろうから

それを明らかにする。

そして過去の不正選挙のデータや
岐阜県可児市の電子選挙で不正が発覚して

最高裁までいって可児選管が敗訴していることを

過去判例として出し、電子選挙の過程が信頼のおけないものであるのにバーコードによって導入されていることを主張する。

そしてバーコード選挙自体は外人によって提案されて導入されているのである。これは事業仕分けのときである。

そしてもし再開票が認められたら

今の不正選挙態勢は完全にひっくりかえる。

弁護士の人たちは、山形市長選挙で落選した

候補者に働きかけてほしい。

一人一票に満たないどころか

一人マイナス一票になっているのだ。


つまり
ある政党に投票した票が

ほかの政党のものや

ほかの候補者の票として実は振替えられているのである。

不正選挙という本にも明らかにされているが

米国で行われていた不正が日本にも導入されているのだ。しかしこの不正が明らかになれば

こんなに強引に国民を無視して

憲法違反の強行採決などできるわけがない。


震え上がるだろう。

また、今回国会議員は

違憲である法案に賛成しているわけだから

国民は憲法違反訴訟が提起できる。これを

国民が各国会議員に「憲法第99条に

憲法遵守義務があるにも関わらず

守らないこと」

や憲法第31条「適正な手続き保障」に違反していることで提訴できる。

要するに今求められているのは憲法訴訟なのである。それをやればよい。

KOMEKOMEWAR
https://www.youtube.com/watch?v=RLhBzd9fSo0

米米CLUB シェイクヒップ
https://www.youtube.com/watch?v=E80s9OEUrdg

MY REVOLUTION 渡辺美里
https://www.youtube.com/watch?v=FOY2ASBFFz4


怒号の中、強行採決~参議院・安保特別委
https://www.youtube.com/watch?v=b9weBsDB1Os
3,263回

佐藤正久議員が強行採決時に殴ったと話題に!
http://www.asyura2.com/15/senkyo193/msg/151.html

《安全保障関連法案、問責決議案》【参議院 国会生中継】~平成27年9月18日 本
http://live.nicovideo.jp/watch/lv235492678

やはり
国会議員は2世、3世、4世の世襲制は禁止したほうがいい。
なんだか馬鹿ばかりである。

また内閣参与職も廃止すべきである。なぜなら
国会議員でもないのに官邸にいられるからだ。

選挙で選ばれていないのに
権力行使ができる。これは
国民主権に違反する。
あくまで国会議員が権力行使がゆるされているのは
選挙によって国民から選ばれているからだ
しかし選挙でえらばれていないような存在が
権力行使に参加することのできる内閣参与という制度は
憲法違反である。即時全廃せよ。

今、国会議員は心底だめな存在になっている。
彼らは、無責任である。

じゃあなぜ、ここまでひどい政治になったのかというと
それは「不正選挙システムが存在」
しているからである。


こんな夢を見た。
以下は今朝私が見た夢の内容である。

米国人と日本の官邸での会話である。

「いやあ、山形市長選の不正選挙、うまくいったな!GOOD JOB!」

「ありがとうございます。これで安保法案に賛成すると議席を失うんじゃないかと
心配していた反対派議員も、何も言ってこなくなります」

「すばらしい」

しかし、バーコード票でピッと票のデータを
読み取ってから
候補者名を変換認識しているのは
まだばれていないんだな。」

大丈夫です。
実は選挙マニュアルには、
こんな注意書きをしてあります。

「絶対に、どんなことがあっても
票を再開票しないこと。

もし疑義があった場合は
選挙訴訟によるしかないため

現場では、絶対にどんなことがあっても再開票しないように
徹底すること」

と「太字」で強調してあります。


「おお、大阪の住民投票の選挙のときもそう書いてあったね。」

「そうです。
どんなにおかしなことがあっても現場では再開票して
バーコード票と実際の票があっているかを
チェックできないようにマニュアルで徹底しています。

「ブラボーだ」

「この不正選挙システムさえ機能していれば
いくら市民が何十万人と「強行採決絶対反対」などと
さわいでいても
我々は、官邸で 美味しいコーヒーを飲みながら 採決ができるわけです」


「すばらしい」

「今日、軍需産業の三菱重工の株価もあがっているそうじゃないか」
http://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/detail/?code=7011


注)戦前はゼロ戦を作っていた軍需産業の三菱重工は、今日、暴騰。
570.7円で、前日比3.54%近くも上がっている。(日経平均株価は0.81%しかあがっていないにも関わらず)
JPモルガンは三菱重工を買い推奨の筆頭にあげて
目標株価をなんと820円に設定。

http://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201509080287
JPモルガンでは
三菱重工をトップ推奨として、投資判断を新規に「オーバーウェイト(超重点銘柄)」、目標株価を820円としている。


「いやあ 「戦争法案じゃないよ」と言っておきながら、
軍需産業の株価が暴騰していますなあ。まあ市場は戦争産業が儲けるための
法案だということはもちろん知っていますからね。」

「もちろん、政治家もここぞとばかりに軍需産業の株を買っていますね。
口では戦争法案じゃないと言っていて、裏では、軍需産業の株を
発注して儲けようとしているんだから
面白いですな」

「しかし民主党の方は大丈夫なんだろうな。岡田が党首だから大丈夫だとは思うが。」

「はい、岡田さんは大丈夫だと思います。
岡田が党首で、国対が安住ですからね。彼らはポーズだけ反対を
していますから。

だから内閣不信任案を提出してこないでしょう。

産経で「一億人が反対している」「岡田党首が檄」と岡田党首が
あたかも一生懸命反対をしているかのように
応援報道をさせておきましたから。

民主党は、長妻みたいなのが主導権を握ってくると
こちらにすりよってきませんが、岡田は、米とイ○ラエルの意向を
決して裏切りませんから。

期待していいと思います。

ですから
内閣不信任案で
完全に採決ができない事態には
ならないし

ピケをはったり
牛歩なんてのは、たかが知れています。
時間を25時間ぐらい
野党にあげるだけです。

それで
深夜につかれて
成立します。

今回少数野党の3党にはふんだんに機密費を特別プレゼントしましたから
彼らは、賛成にまわってくれます。
だから自民公明の強行採決にはなりません。

民主党の国対にも機密費はふんだんに渡しています。

公明も維新にも機密費は思う存分ばらまいているので
大丈夫です。

維新は、委員会強行採決後に、内閣不信任案だと主張していますから
委員会強行採決さえやればあとはこっちのものですよ


https://youtu.be/eR6xYuoonpg

国営放送の会長にも電話をして
「絶対に強行採決を審議中継しないように」
と厳命しておきました。

会長は「はい!わかりました!絶対に審議中継はいたしません!」と
約束してくれました。」


そうか すばらしい。

しかし米イスラエルも
ずっと戦争をしてきて
戦争費用がなかなか出なくなってしまい困っていたところだった。
これで米国イ○ラエルは予算の心配なく
心おきなく戦争が世界各国でできるな。
ありがとう。」

「いやあ 困った時はお互い様ですから」

君のおかげで郵貯資金をつかって戦争もできるようになりそうだ。
郵貯のおかげで、これから50年は予算の心配なく
こころおきなく世界各国で戦争ができる。本当にありがとう」

「いえ お構いなく」
「次は徴兵制の導入ですな」

「国民背番号法案が通ったからあとは全員にIDカードをもたせて
ICチップを頭に入れないといけないな」

そうすると完全に監視できる。

国民背番号制の本当の目的
https://www.youtube.com/watch?v=dPjqZcL-378
←これは一般人に知られるとまずいので 秘密諜報機関が動画を見れないようにした。
同様にアーロンルッソ監督のインタビュー動画、

米国で大統領選挙オハイオ州の不正選挙についてプログラマーが不正プログラムについて
証言している動画も見れないように工作がなされている。

そして今回、C○Aが上位にあるGOOGLE社の保有であるYOU TUBEで
再生回数の多い動画を有料会員しか見れないようにしようとしている。

その目的は政府に都合の悪い情報を隠ぺいするためであると思われる。

苫米地英人がマイナンバー制度について国に忠告!!
https://www.youtube.com/watch?v=JYMVznRRWWY


「不正選挙では、
まず、最初の機械の選別でちょっとした違いでもはじくようにしてあります。
たとえば
「日本未来の党」であれば「日本未来の党」という正式名称か「未来の党」
の2種類の届けた名称だけしか判別
できません。ですから「未来」とだけ書かれた
票は全部、意味不明票として処理できます。

そういったやり方がうまくいきました。

ただ、無効票が以前に比べてはねあがってしまいましたが

こういった「規格外の票」はさっさとだれにも知られずに
倉庫行きになり誰も開けないので大丈夫でした。

「開票立会人は見ないのかね?」

「開票立会人に見せるのはあくまで
どっちの票かわからない場合だけですから」

だから
「自由民主党」と「民主党」と政党があって

たとえば
由民主党
と書かれていた票があれば
これはどっちかな
とか
宇都宮けんじと
さとうけんじという人が立候補していて

けんじ
と書かれている票はどちらの票なのかとか

判断に困る場合だけ
開票立会人に見せることになっています。

ですから

日本未来の党の
登録していない
「未来」という票は

だれにも見られずに

「規格外」票として
倉庫に直行させられたわけです。

まさにマジックですな。


なるほど

だから

無効票がはねあがったのか


そしてバーコード票もそうですが、

最初は
きちんとその候補者、政党を反映
していますが

時間が開票後の
一時間ぐらいたったあとに
入れ替わるわけです。

たとえば
これですな。
千葉四区 とどめのグラフ
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-231.html
http://saisai25.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

グラフの直線が 折れているところがありますが 要するに途中で、候補者の票を すり替えて認識 させられるわけです。

その際に票を書き換える必要などありません。

単に電子データを
振替認識するプログラムにしておけばいいだけです。

こんなプログラミングは、高校生でもできますからね。

この例でいえば
バーコード変換された票
データを途中から
振替認識をするということです。

たとえば
生活の党と
書かれた
票が500票あります

100票ごとにたばねた票を
5束で500票ですが

これをバーコードでピッと認識すると

開票をはじめた最初の方の時間では
生活の党 500票
とカウントされていますが

時間が午後8時くらいになると
生活の党500票を
PC選挙ソフトが
「あっこれ、維新の500票だ」
と振替えて認識をしはじめるのです。

自民の500票と認識したり
する場合もあります。

だから、いくら有権者ががんばって投票しても
空前の安倍政権になるのはそういうからくりがあるからです。


あとは期日前投票については、夜間には、セキュリテイ
がありませんから
特に
ショッピングセンターの投票所はですね。
夜間に入れ替えし放題になりますから。

それでバイトに票を書かせたり
時間のないときは
コピーをして票をいれかえていましたが

RKっていうのが不正選挙訴訟をしていて
そういうのを
広く知らせてしまったので
ちょっとやりにくくなりました。

それで
今回山形市長選は
○×式の投票方式に変えて

出口調査も「接戦です」

とやってくれるように

モミー放送協会にお願いしたわけです。

やる前から
接戦ですと
決まっているわけですけどね。

でも
そんなのは
だれも検証できませんからね。

なにしろ天下のNHKですから。

まさか、出口調査まで
でたらめを報道しているなんて
誰も思いませんからね。
ですからいくら
デモがあっても
痛くもかゆくもありません。

この不正選挙システムがある限り

安泰です。


われわれにとってよかったのは

最初
おかしいとなっても
野党はプロの弁護士をやとって
本格的に再開票をさせるように
してこなかったことでした。


これで助かりました。

以前は、小沢さんが選挙の神様の
ような存在でしたし
選挙は民意の反映だから
神聖なものだという
考えが
選挙につよい政治家は
もっていましたが

これほど大規模な振替え選挙は経験したことがないと思います。
ですからそれまでの
美学にのっとって
選挙の結果を訴訟で訴えるなんてのは
良くないといって
いさめたらしいですが
完全にそれはわがほうにとって
有利にはたらきました。
もし落選した候補者が選挙訴訟をプロの弁護士をたてて
あらそってきて再開票なんてことが認められたら
全部ばれちゃいますからね。

ですから
野党のおかげでもあるんですね。


なるほど
君を
永遠の宦官(かんがん)
として
て表彰しよう。


元自衛官 ‏@yoko_kichi Sep 17

国民の皆さんに申し上げたい。
あらためて憲法を読めば、「戦争の惨禍」は「政府の行為」によって起こるとある。その通りだ。
いまの政府は、皆さんの子や孫、もっと先の世代にまで「惨禍」を及ぼす。
一日も早く彼らを放逐するご助力を願いたい。
いまを生きる主権者として、将来の世代のために。




安全保障関連法 参院本会議で可決・成立 9月19日 2時22分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150919/k10010241451000.html



今の国会の最大の焦点である、集団的自衛権の行使を可能にすることなどを盛り込んだ安全保障関連法は、19日未明の参議院本会議で採決が行われ、自民・公明両党と次世代の党などの賛成多数で可決され、成立しました。これにより、戦後日本の安全保障政策は、大きく転換することになります。

今の国会の最大の焦点である、集団的自衛権の行使を可能にすることなどを盛り込んだ安全保障関連法案は、17日、審議を続けてきた特別委員会で、民主党などが抗議する中、採決が行われ、自民・公明両党と次世代の党などの賛成多数で可決されました。

これを受けて、19日午前0時0分から開かれた参議院本会議で審議が行われました。

最初に法案に賛成・反対双方の立場から5党による討論が行われ、このうち、自民党の石井参議院国会対策委員長代理は、「集団的自衛権の限定的な行使容認によって、日米同盟をより強固にして戦争を未然に防ぎ、わが国の安全を、より確実なものにできる。安全保障を巡る情勢は、いつ急変するか分からず、今すぐ準備を整えておくために必要な法案で、速やかな成立が不可欠だ」と述べました。

これに対し、民主党の福山幹事長代理は、「日本では、少なくとも40年以上、総理大臣や閣僚が、集団的自衛権の行使はできないとしてきた。歴史の歩みを軽んじ、法的安定性を壊すことに、なぜこんなに鈍感なのか。法案は、立憲主義、平和主義、民主主義を守ってきた戦後70年の歩みに背くもので、違憲であり反対だ」と述べました。

続いて、採決が行われ、記名投票の結果、自民・公明両党や、次世代の党、日本を元気にする会、新党改革などの賛成多数で、可決され、成立しました。

安全保障関連法の審議は、衆議院で、ことし5月26日から始まり、与党側は、国会の会期を通常国会としては過去最長の延長幅となる95日間延長して、今の国会での確実な成立を目指しました。そして、衆議院での委員会審議は116時間余り、参議院での委員会審議は100時間余りに上りました。

安全保障関連法の成立により、戦後日本の安全保障政策は大きく転換することになります。

++
次はすぐに、「トモダチ」が「攻撃された」と言えばよい





どうせそのうち、これを始めることだろうヨ



首相 骨格維持し内閣改造断行へ 9月19日 4時29分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150919/k10010241591000.html

・・安全保障関連法が成立したことを受けて、安倍総理大臣は、来週、自民党の総裁選挙での再選を正式に決めた後、アメリカを訪問し、国連総会に出席します。・・




http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/5829c0ad81b9af62d6ca60e4949eb9de

東京大空襲の真実は、現在、安倍政府の進める安保法制が、日本の「独立」や「防衛」とは縁もゆかりもなく、あの大殺戮から続くアメリカの植民地政策の帰結に他ならないことを如実に物語っている。

http://www.stripes.com/news/pacific/us-defense-budget-already-counting-on-japan-self-defense-plan-1.346012#





安倍晋三とフリーメイソン 平和から戦争へ たんぽぽ日記
http://satehate.exblog.jp/20440834/

インディアンたち
http://satehate.exblog.jp/15477269/

アルバート・パイクの世界操作計画
http://satehate.exblog.jp/6982937/

「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている……」
「キリストの教会と無神論の破壊の後、ルシファーの宇宙的顕示により、真の光が迎えられる……」





憲法第31条「適正な手続き保障」違反→でたらめの手続きによる戦争法案は採決無効」> 小野寺光一
http://archives.mag2.com/0000154606/20150919084147000.html

法案成立と報道されているが、一番大事なことは「法案成立」に一切、同意しないことである。

「一切同意せずに 戦争法案絶対反対の大規模デモをやるべき」である。

・・でたらめな手続きにより「成立無効」にもっていくには 今しかない。

そして国会で賛成した馬鹿議員は地元に帰れない。




戦争法案廃案には大規模デモを連休中にやるのが勝負 2015/09/19
http://archives.mag2.com/0000154606/20150919110354000.html

戦争法案廃案には大規模デモを連休中にやるのが勝負

戦争中毒
https://www.kinokuniya.co.jp/f/dsg-01-9784772602990
アメリカが戦争を抜け出せない本当の理由


この連休が勝負。

官邸では「さあ次は徴兵制だ」と
喜んでいるらしい。


次は徴兵制実施に取り組む予定らしいから
それを止めるためにも
デモを継続させるべきである。


政権側が一番嫌うのは何か?

実際にはこの連休中に大規模デモがなされることを一番嫌っていた。

実はここが本当の分岐点である。

戦争法案反対デモを連日継続させて
大規模にやるべきである。
つまり
偽物の「成立」に一切同意せず
まったく「成立していない」という
立場でデモを継続するのだ。


まだ会期が2日間残っている国会で
衆院で内閣不信任案を提出させる。

参院では本会議での強行採決だということで
再度提出してもいい。
(前回は委員会での不成立に対してだから再度別の理由で出せばよい)

よく仏教で般若心経では「すべてのことは空であり、実体のないものである」
と説いているがこれは、これは本当である。実体がないのだ。

要するに、何が言いたいかというと
こういった「法案成立」というものは
人々の合意で成り立つものなのである。
本当は 「空」であり、実体がない。

単に人々の「同意」でなりたつものなのである。

だから、こういった「偽の同意でなりたっているような
法案が、偽の手続きで 成立した」ように見える
今はどうすればいいか?

それは
人々がこれに「不同意である」
という意思を結集させることなのである。


だから
デモは継続させて
大規模デモをやるべきである。
「戦争法案絶対反対」「戦争やりたい総理はいらない」
という思いを結集させるべきである。

ここで「ああだめだ」とあきらめてしまったら
本当に「だめだ」という結果にみちびかれてしまう。
全然だめではない。「だめだ」と合意するのが一番「だめ」なのである。
こういうときこそ
勇気を出さないといけない。

それにまだ会期が2日間あるから
アベ内閣不信任案を衆院で野党は提出すべきである。

参院で再度、内閣不信任案を提出してもいい。閣僚それぞれ単独にだせるはずである。
つまりこれまでの
内閣不信任案は
参院委員会での強行採決に対してだった。
しかし今回は参院本会議での強行採決に対してである。
なぜなら国民の同意もなにもえていないからだ。

そして衆院でも
内閣不信任案を出すべきである。

そうすればモミイ会長のMOMII放送協会も中継するかもしれない。

重要なことは
今、この戦争法案に対しての民衆の怒りは頂点に達しているということである。
・・


http://www.niigata-bengo.or.jp/about/statement/attachment/00000169-20150919115154.pdf
安全保障関連法案の強行採決についての会長コメント


おかしいだろ、これ。


2015(平成27)年9月19日
新潟県弁護士会 
会 長 平 哲也




日本国憲法第98条

1.この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない。


憲法違反の「戦争法」に賛成する国会議員を刑事告発します! 憲法違反の「戦争法」に賛成する国会議員を告発する会・えひめ
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sennsouhou-no/kokuhatu.html



強行採決に憤激の世論 国民愚弄する国会の茶番 怒りの群集が国会包囲 長周新聞 2015年9月18日付
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/kyoukousaiketunihungekinoyoron.html

 安保法案の18日までの成立を急ぐ安倍政府が17日、参院特別委員会での採決を強行し、参院本会議での採決へと進むなかで、国会前での抗議行動には連日、多くの人人が押し寄せ怒りの声を発している。数百人の自・公議員の頭数だけでゴリ押しするのに対して、国会の外側ではその力関係を示す国民世論の巨大な力が渦巻いている。
 

これからが本当のたたかい

 3万5000人が参加して熱気を帯びた16日夜の抗議行動には、連日、過剰警備が問題視されてきた警視庁がさらに警官を増員し、「国会前を占拠しているのは警察なのか?」と思えるほど大集結した。数十台の警察輸送バスを隙間なく歩道脇に敷き詰め、人人を車道に出さないための鉄柵を敷設。その鉄柵を押さえつけるために何重にも警察隊が徒党を組んで壁をつくり、抗議行動に参加する人人を歩道に圧迫し、ほとんど一台の車も通行していない国会前の車道の「保護」に異常な執念を見せた。抗議現場からはかなり離れた地下鉄の出口にもバリケードをはって、通行する市民に遠く迂回を求めるため駅が大混雑をきたすなどした。だれがどう見ても危険なのは警察の過剰な警備であった。

 ただでさえ雨が降り足下が悪いなか、鉄柵につまづいてケガをしたり、押されて転倒する人まで出たため、参加者からは「警察は帰れ!」「市民を守るのが仕事ではないのか。安倍を守るために市民を危険にさらすのか!」「そんなに安倍はこの抗議が怖いのか!」と怒号が飛び交った。国会前の車道を人人が埋め尽くす光景が空撮などで報道されることを嫌がる官邸の指示と見られ、「鉄柵に触れるな」「立ち止まるな」「迂回しろ」と指示して人人をいらだたせ、一部では激しく警官ともみあいになって十数人の参加者が逮捕されるなど、60年安保斗争の再現を恐れる政府の焦りを体現していた。

 それでも多くの参加者は整然と抗議行動を継続。「強行採決は許さない!」「戦争法案は絶対廃案!」「安倍は辞めろ!」の大合唱は、参院特別委員会の攻防が続くなか深夜まで続けられ、学生たちをはじめ年配者など数百人は朝まで抗議を継続した。

 特別委員会で強行可決し、本会議に持ち込んだ17日の午後6時半には雨天にもかかわらず3万人が参加。強行可決に向けて審議中の国会議事堂を全方位から包囲して「追い詰められているのは彼らだ。これだけの人が集まっていることは未来に希望がある。これからが本当のたたかいだ」「戦争反対!」「憲法守れ!」「独裁許すな!」「賛成議員は全員落とせ!」と怒濤のコールを続けた。

 駆けつけてマイクを握った法学者の樋口陽一氏(80歳、東大名誉教授)は「めちゃくちゃな内容の法案をめちゃくちゃなやり方で通そうとしていることに加えて思い出してほしい。外国の議会で約束した法案を後から国会に提出した。彼らがなによりも守るといっている国家そのものの尊厳を売り渡しているではないか! ですから彼らのこの3年間、とりわけこの1年余りやってきたことは、違憲、違法にとどまらない。だからこそ毎日毎晩、全国いたるところで、日頃は発言しないことを美徳とする元裁判官、元最高裁長官まで公に世の中に訴えている。放っておくと日本社会の骨組みそのものが危ないということだ。しかし、いくら壊そうとしても壊せないものができつつある。それはこうやって老若男女、職業の如何を問わず、国の内外を問わず集まって発言する国民の意識だ。若い人たちの行動が全世界に伝えられ、安倍首相は決して日本国民を代表していないんだということが世界の良識ある人たちに広がっている。これからがはじまりだ!」と力強く宣言した。

 続いて、学者の会の内田樹氏(神戸女学院大学名誉教授)は、「日本の政治は戦後最低の段階に来ている。夜明けの前の闇が一番深いという。戦後期でもっとも深い闇だが、もうすぐ夜が明けると信じている」とのべ、「政府は法改正で一八歳からの投票を可能にしたが、それはこの世代は政治に関心がないと考え、投票に行ってもメディアの扇動に乗せられて判断すると見ているからだ。だが、この間若い人たちが行動し始めたことがこれほど大きな力を持つということを私も含めて想像もしていなかった。彼らで日本社会が大きく変わる。まずはこの法案に賛成した議員は全員落とす! 全力をあげよう」と呼びかけた。

 学者の会に所属する専修大学の教授は、「この法案が通れば日本は確実に戦争政策に加担し、自衛隊は血を流していくことになるだろう。戦後、憲法学が求めてきた非軍事、平和主義の立場を突き破り、負の連鎖、怒りの連鎖が始まる。平和主義の文化国家から軍事国家への道にほかならない。市民の手によって安倍政権を退陣に持ち込み、廃案に追い込むために粘り強くたたかっていこう」と訴えた。

 女子学生は、「戦争に備えていれば憂いなしというが、それはこれから戦争の中での生活を強いられるということだ。同盟国アメリカの敵は、日本の敵でしょうか? アメリカはずっと戦争をし、日本はそれに付きあってきた。50年前の自作自演のトンキン湾事件で始まったベトナム戦争では、沖縄から戦闘機が飛び立った。イラク戦争では大量破壊兵器だといいがかりをつけてアメリカが先制攻撃をした。ウソから始まった戦争で多くの市民が殺され、いまだに戦乱が終わっていない。この混乱がISを生みだし、人人を大量の難民にしている。どうしたら同じ過ちをくり返さないで済むのか」「こんなことはイカサマ師のすることだ。日本は戦争を否定して平和を希求してきた。憲法違反の法律はいらない。国会の審議もなく自衛隊を海外に派兵できるというのは、ナチスの全権委任法と同じだ。そのために迷惑をするのは私たちだ。学生だけでなく、いろんな人が声を上げている。この国を守るため、少しでもいい国にしたくてみんなが集まっている。主権者として、今日がダメなら明日、明後日、明明後日と民主主義を希求して行動していきたい」とのべ、大きな拍手が送られた。

 なお国会前では原爆展キャラバン隊がパネル展をおこない、参加者から強い関心を集めた。



コメント   この記事についてブログを書く
« GHQがかき消した東京大空... | トップ | 苦月の予定? »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

八百長戦争」カテゴリの最新記事