さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

いったい良心のある真摯な人々はどこに消えてしまったのだ?この防疫対策は子供の虐待だ。 バクディ教授

2020-09-16 06:24:19 | シドニー・パウエル&We The People
https://twitter.com/OdNezu/status/1305822473141841920
p@OdNezu

「実際発病するcovid19患者が激減した今、健康な国民をPCRテストするのは誤りだ。このテストはそもそも診断用としては認可されていない研究用であり、既存の他のコロナにも反応するし誤まった結果も出す。そんなテストにこれほど重要性をもたせ、防疫対策を続けるのは馬鹿げている。」(バクディ教授[Sucharit Bhakdi, MD])

「ところが防疫対策はさらに厳しくなった。それを批判する者はコロナバカ/コロナ否定主義者/陰謀論者/極右とマスコミに叩かれる。この状況から結論できるのは、目的は唯一つ:全人類にワクチン義務を課すことだと考えられる。」(独バクディ教授をインタビューしたオーストリアServusテレビ司会者)

「私は純粋な科学者として新型コロナはこれほどの防疫対策を要する危険ではないと発言してきたが、ワクチン義務問題は真に受けなかった。ワクチンの無効性も理解していたからだ。ところが6月初旬メルケル首相がコロナ危機はワクチンができるまで終わらないと発言し、衝撃を受けた。」(バクディ教授)

この12ヶ月内に多くの国の人々がワクチン接種を受け入れるか拒否するかという問題、そして多くの国の医師がワクチンを薦めるか、あるいは医師の使命に忠実に人々の健康を第一に考えるかという問題に直面することになるだろう。」(ドイツ、グーテンベルク大学マイクロバイオ専門バクディ教授)

「アメリカのCVCの公式の発表によればアメリカでコロナ死者と発表された死者のうち本当にコロナが原因で死んだ人は6%に過ぎなかった。」(バクディ教授)

「率直に申し上げて、私自身は絶対に新型コロナワクチンの接種は受けない。」(バクディ教授)

私はブダペストの医師達に招待されてワクチンと免疫について講演を行ったが驚いたことにそのビデオがユーチューブに削除されてしまった。不道徳なことは何も言っていないのに。その後三本同様のビデオをアップして削除され、今はアカウント凍結の警告を受けている。」(バクディ教授)

度重なるユーチューブでのビデオ削除とアカウント凍結警告という事態はさらに私達を真剣に考え込ませた。講演内容には誤まったこと、不道徳なことは何もなく、一人でも多くの人に知って欲しいと思ったワクチンと免疫に関する医学的事実を語っただけだ。」(バクディ教授)

今年8月英オックスフォード大学の開発しているワクチンでは被験者の25%が起き上がれないほどの頭痛、悪寒、腫れ等の重度の副作用を起こし、次の実験段階では被験者にまず多量のパラセタモールを服用させなければならなかった。それでもマスコミはすべて順調と報道している。」(バクディ教授)

英オックスフォード大学は8月に25%の対コロナのDNAワクチン被験者が副作用を示したため、次の段階はパラセタモールで副作用の発生を抑えた実験を行い、その結果をインド政府に示し、次の実験はインドで3千人の若者を被験者に行われることになった。」(バクディ教授)

マスク着用義務ほどバカげた防疫対策はない。第一にマスクには期待されている効果などまるでないからだ。ウィルス感染防止効果のあるマスクは特殊なもので、一般には入手困難だ。私は街で人々がマスクの効果を信じて着用している姿を見ると胸が痛む。」(バクディ教授)

第二にウィルスの消滅した今、それを防ぐためにマスクの着用を義務付ける現実を目の当たりにすることに心底動揺している。」(バクディ教授)

マスク着用義務が実施され続けているのを目の当たりにして私達がこれほど動揺しているのは、グローバルレベルでのパニック煽動が100%成功したことを明白に物語っているからだ。」(バクディ教授)

ドイツのシュタインマイヤー大臣がマスクをしない者を”無責任”と罵倒したが、私は大臣に問い返したい。”高齢者の見舞いを禁止し、孤独に死に追いやるあなたの政策こそが無責任と言うのではないのですか?”と。」(バクディ教授)

学校を閉鎖したり、子供達にマスク着用させて登校させることが責任のある態度だと言うのならば、私は無責任だと批判されることをむしろ嬉しいと思う。」(バクディ教授)

「今朝ザルツブルクの新聞でオーストリアの小学校の授業風景を見ました。子供達はみんなマスク姿… モーツァルトの国オーストリアで…!」(バクディ教授)

いったい良心のある真摯な人々はどこに消えてしまったのだ?この防疫対策は子供の虐待だ。社会の一番弱い層の虐待だ。この政策に苦しみながらなすすべなく私に助けを求める母親や子供から受け取った手紙の山をお見せしたい。」(バクディ教授)

「新型コロナには長期の副作用があると警告されているが、第一に具体的なデータも研究もまるでない。第二に長期について語るにはまだ早すぎる。一方でこの噂話はドイツ政府が3月に諸官庁内に回していたガイドラインの内容に一致する。」(バクディ教授)

ドイツ内務省が今年三月に行っていたコロナ危機マネージメント委員会の議事録が漏洩したが、要点は国民の恐怖心を煽動することだった。そのためには少なすぎる可能性のある死者数ではなく感染者数を発表する。第二にコロナ死が恐ろしい緩慢な窒息死だというイメージを植えつける…」(バクディ教授)

第三に子供達にパパやママ、お祖父ちゃんお祖母ちゃんに感染させて殺してしまうという恐怖を植えつける。そして第四がなるべく長期の副作用があるように思わせることだった。ドイツ内務省によるコロナ危機マネージメント委員会議事録に記されていることだ。」(バクディ教授)


関連

ウェイフェアと児童売買?ウサギの穴は深い By Vigilant Citizen
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/3f8070935636c8c987e1169c3a0172bf

自分たちがやってきた虐待を、世界中の「有用なバカ」にやらせている

フェイスマスク:COVID抑圧の強力なシンボル By Vigilant Citizen
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/60bb5b0abd953454ac4041d6923a0eb0

社会的隔離は拷問である by Frank (henrymakow.com)
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/6edd99b2af17f8addbc7eb1151c1da83

国連は「第二のCovid封鎖」の準備をしているのか?世界中での抑圧的な措置、服従と受容・・・ By Peter Koenig
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/b618669e5b8106e1f16b6313cb8e6926

フェイスマスクは、健康に深刻なリスクを提起する By Dr. Russell Blaylock
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/87f58f923b6d423cbdeadc3f796a9b0c

フェイスマスク義務化を支持する科学はない。社会的服従の象徴? By Renee Parsons
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/d33156516dbbc18fe4351826c6bc1644

COVID19 PCR試験は科学的に無意味である By Torsten Engelbrecht and Konstantin Demeter
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/d06cf779654d6568c3d6adfd6ec8cedb

でっち上げられたパンデミック:特異的にCOVID-19に対してではなく、コロナウイルスのあらゆる株について人々を検査している By Julian Rose
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/9eede25283da05e8e3a681d58625d463

2020年4月のロックフェラー財団の論文が米国の人口全体の検査と追跡を促している By Makia Freeman
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/71ab7e5a5c29b00ab78fc331371b7c04

WHOの真のアジェンダ:中国をモデルにした新世界秩序 By Vigilant Citizen
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/7cbe5de6e8ff23899078dbaf4154ebf9

COVID-19コロナウイルス:2003年にCDCによって台本書きされたか? デッドゾーン ペスト By Bill Sardi
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/42da1dd11d6b660867c2bc647000ef2f

パンデミックから全体主義への7つのステップ・・・By Rosemary Frei
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/65245970aa7e47a873101962e0ef180e

ビル・ゲイツは、COVID-19ワクチンを受けた人間を特定するための「デジタル証明書」を要求 By Vigilant Citizen
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/9c266ca8f07f528ddb95e03965dac1c5

コロナウイルスCOVID-19パンデミック:本当の危険は「アジェンダID2020」 By Peter Koenig
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/758dc8c81cc5e9658800cda9763dd64b

「猫インフルエンザ」に関するシンプソンズのクリップは途方もなく予言的だった By Vigilant Citizen  (シークレット・メディアの陰謀団&ワクチン)
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/a23e2305c2dc577079fd30cd83b1757b

ビル・ゲイツは、ヒト遺伝子組み換え生物化Covidワクチンを売り込んでいる helpfreetheearth
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/940a786c93a5ec1f3efe23f9e16e8cdf



治療法:GMHワクチン(人間遺伝子改造ワクチンは何を「治療」するのか?)
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/0e9240f4c7f7ada9cb3b92a10192f0b8

ビル・ゲイツの想像上の慈善事業は別のアジェンダに奉仕する by David Rothscum 再編再掲
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/f9a60a47d5dffaea90ec2060ab552147

我々はどこで線引きするか?マスクをつけるか、ワクチンを受けるか?  by Henry Makow PhD
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/3513f64c22c118e5560cbc8009927177

こちらは、ロベルト・ペトレラ博士です。彼が言わなければならないことに耳を傾け、そして大いに広く共有しよう
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/96a537249dd0c6b632697b33a0cd0dba

不妊化・「殺菌消毒」の決め手は、学校でのワクチン接種と5G塔設置
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/b195525a8c0ba2dad204830b5ac88e66

人口削減狂想曲 改訂再掲
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/7f4934a4a5651680cfb5f964afcf3b73





https://twitter.com/mariabanbi10/status/1303205191957639168
茉莉愛@mariabanbi10 Replying to@JdT6PAvDfrVpnKf

私も介護施設で働いてますが、新型コロナという致死率1%以下の風邪を理由に入居してる高齢者に面会禁止を強いて、半年以上も子や孫・ひ孫にも一度も会わせず、高齢者にマスクさせて更に心肺機能を弱らせ、散歩も禁止し半年以上も一切日光に当てない事などは高齢者を虐待してるとしか思えません!



おまけ

PCR大規模実施を 共産党 各地で行動・訴え 防疫のための検査に しんぶん赤旗 ロックフェラー・エージェントのカミングアウトもいいとこですネ 結局、凶惨党状態じゃないの 悪の限りを尽くす、「有用なバカ」というべきか? 検査被害者やコロナ被疑者にとっては「有害なバカ」だが、、
https://www.jcp.or.jp/akahata/aik20/2020-07-31/2020073104_01_0.html

「子宮頸がんワクチン」推進の時に、バレてますけどネ

ウイルスはカオスの世界。PCR検査は意味がない Sep 12, 2020
https://www.youtube.com/watch?v=eKpHy8WIdBg&t=298s

共産主義者の乗っ取りはずっと以前に始まっていた  by Henry Makow Ph.D.
https://satehate.exblog.jp/12635899/

誰が世界制覇を企てているのか by W・クレオン・スクーセン 再掲
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/c5142a8899cc58e609fb95dff658980b

魔術とイルミナティ
https://satehate.exblog.jp/7393770/




追記あり

https://twitter.com/OdNezu/status/1306194109464563714
p@OdNezu

「covid19は長期副作用があると警告されるが別に新型コロナに限ったことではない。肺疾患を起こすあらゆる既存のウィルスは脳も含め体内の他の部位に感染する可能性のあることは昔から知られている。だからと言って今まで特別な防疫政策が取られてきたわけではない。」(バクディ教授)

「長年大手メディアに招待された専門家さえ、少しでもコロナに批判的な発言をすると完全に無視される(…)ZDFやARD局は、専門知識などまるでないチームに専門家の”専門チェック”をさせているのですよ!私が生涯職務にしてきた専門について改めて彼らに教えられるわけです。」(バクディ教授)

ドイツ国内でコロナ騒動に対して批判的な意見の医師や専門家は数千を越えるが、そのほとんどが名前を伏せたがるし、名前を公けにしたら実際、危険な立場に置かれる。数日前にスイスの同僚に連絡を取った。彼らもコロナの真相を訴えてきた人物だが、勤務先を解雇されたと知った。」(バクディ教授)

コロナ騒動を批判したために勤務先を解雇された同僚は解雇されただけでない。国家危機を過小評価したという罪で告訴されている。」(バクディ教授)

「もはやよく知れわたった事実になりましたが、私は医師の妻と『コロナ危機はただの誤報?』という本を書きましたが、キール大学は私達を無能な科学者だとして私達とは距離を置く意を表明しました。」(バクディ教授)

「今まで私はドイツに生きてきて、この国では私は人間だ、この国にいたいと思った。今ではそうは思えない。そのことが悲しくて仕方ない。何故人間は人間に与えられた能力を使わないのだ?つまり自らデータを確かめ、考え、責任を取ることだ。」(バクディ教授)

バクディ夫妻の本は発刊後あっという間にドイツでベストセラーナンバー1になった:


https://www.chelseagreen.com/writer/sucharit-bhakdi-md/

https://www.summerfieldbooks.com/product/corona-false-alarm-facts-and-figures/
コロナウイルスに関する事実に切り込む、爆走するドイツのベストセラー『コロナ、偽りのアラーム?』。『コロナ、偽りのアラーム?』(2020年6月)はドイツ市場で爆発的に売れ、6週間で20万部、7万5千冊の電子書籍を販売した。

コロナウイルスとそれが引き金となる感染症COVID-19ほど私たちの注目を集める話題は他にない。矛盾した意見、フェイクニュース、政治的にコントロールされた情報が世界的に氾濫している。パンデミックがもたらす危険性についての見解の違いは、政府内、社会、さらには友人や家族の間でも深い分裂と混乱を引き起こしている。『コロナ、偽りのアラーム?』では、受賞歴のある研究者であるスチャリット・バクディ博士とカリーナ・ライス博士が、このような混乱とストレスの多い時代を明確に説明している。

彼らは、ロックダウン、社会的距離を置くこと、強制的なマスクを含む根本的な保護措置が正当化されたかどうかを分析し、社会、経済、公衆衛生にどのような影響を与えてきたかを提供している。

バクディ博士とライス博士は、以下のような日付、事実、背景情報を提供している。Covid-19と以前のコロナウイルスやインフルエンザウイルスとの比較、感染数と死亡率が実際に教えてくれること、ロックダウンの課題:保護措置は正当化されたのか?マスク着用の義務化:科学はそれをサポートしているのか?ワクチン開発のための競争は意味があるのか?成功の可能性は?ワクチンは安全だろうか?人々はそれを受け入れるのか?『コロナ、偽りのアラーム?』は、健全な情報と立証された事実を提供し、コロナの危機についてあなた自身の意見を形成することを奨励する。


https://thalia.de/shop/home/arti

この本を書いた理由は、やはり科学者で医師の夫人がドイツ国内のコロナ防疫対策の偽りぶりに心底から衝撃を受け、ほとんど鬱病に陥ってしまい、そのショックから自分自身を立ち直らせるための意味が大きかったそう。

コメント   この記事についてブログを書く
« 本当の悪は笑顔の中にある:... | トップ | マイク・ストーン:私は被害... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

シドニー・パウエル&We The People」カテゴリの最新記事