さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

【新潟県知事選】「安倍政権はありったけの暴力と権力でやってくる」 田中龍作

2018-06-02 00:29:22 | 日記




【新潟県知事選】「安倍政権はありったけの暴力と権力でやってくる」 田中龍作 2018年6月1日 23:18
http://tanakaryusaku.jp/2018/06/00018225


山城博治議長は田中龍作ジャーナルのインタビューに「ここで勝てば沖縄にも(良い)影響がある。安倍政権は総力で潰そうとしてくるだろう」。=1日夕、新潟駅前 撮影:田中龍作=


 10日投開票の新潟県知事選挙は、「安倍独裁」対「市民戦線」の戦いとなってきた。1日は沖縄県平和運動センターの山城博治議長が、新潟駅前で開かれた池田ちかこ(立憲民主、共産、自由、社民、国民民主推薦)陣営の集会に参加した。

 山城議長は、沖縄反基地闘争のシンボルだったため、微罪で500日余りも勾留された。ジュネーブの国連人権委員会で問題にされた不当な長期勾留だった。

 安倍首相に不都合であれば、いとも簡単に逮捕され長期間勾留される。お友達であれば、罪が揉み消される。山城議長は、肥大化した警察権力に支えられる安倍政治の犠牲者だ。

 マイクを握った山城議長は次のように話した。権力と戦い続ける山城氏らしく安倍政権のやり口をよく見抜いていた-
 
 「安倍政権はありったけの暴力と権力でやって来る。向こう(花角英世陣営=自民、公明支持)は争点隠しではなく争点潰し。選挙が終わったら(原発を再稼働させる)。ふざけるな。馬鹿げた話は東京だけにしてくれ。新潟に持ち込むな」。


泉田元知事、米山前知事を支えてきた脱原発市民グループ。福島原発事故(2011年3月)直後から毎週金曜日、街頭活動を続けてきた。=1日夕、新潟駅前 撮影:村上理央=


 実際、花角陣営は、原発再稼働に慎重だった米山前知事の政策を継承しているように見せかけ、一定の効果をあげている。

 集会では元「拉致被害者家族の会」蓮池透氏からメッセージが寄せられた。蓮池氏は安倍首相による「拉致の政治利用」を早い時期から指摘していた。現状は氏の指摘通りとなりつつある。蓮池氏はじめ拉致家族は、拉致問題をジャンピングボードに利用した安倍晋三という政治家の犠牲者である。

 東電社員だった蓮池氏は、柏崎刈羽原発の再稼働に反対だ。「東電は原発再稼働できる会社じゃない。自分は6、7号機の設計に携わったから知っている。パーツを組合わせただけ。福島原発より更に危険・・

 8日には安倍政権を批判しテレビ朝日のコメンテーターを降ろされた元経産官僚の古賀茂明氏が新潟入りする。

 安倍政治の犠牲となった人々が新潟に集結し、SNSでガンガン発信すれば、花角陣営への逆風となる。安倍三選は危うくなる。


司会者のリクエストで2度登壇した山城議長は新潟市民を勇気づけた。嘉田前滋賀県知事の姿(右下)も。=1日夕、新潟駅前 撮影:田中龍作=


 〜終わり~



支援基金

口座:ゆうちょ銀行
記号/10180 番号/62056751




安倍が終る時、自民党も共倒れになる 野次馬 (2018年6月 1日 15:38)
http://my.shadowcity.jp/2018/06/post-13330.html

大阪地検がヘタれて、自民党はコレで幕引きにしたいというのが見え見えで、マスコミに圧力掛けまくって森友問題を取り上げないように強要しているんだが、なに、まだ加計があるw 加計は例年発表していた決算の数字も公表できなくなっていて、愛媛県も補助金打ち切るかも知れない。そもそも議会では反対派が多くて、それを「首相案件だから」というので説得して来たのが愛媛県で、それが「話が違う」となったら、揉めるわw

https://www.asahi.com/articles/ASL5064MQL50PTIL030.html
森友学園をめぐる一連の問題で、大阪地検は31日、不起訴理由を説明する異例の記者会見を開いた。だが記者の質問に回答拒否を繰り返し、疑惑解明に応える内容とは言えなかった。検察内部の一部に起訴に前向きな意見もあったとされる中、選んだ立件断念の結論。今後、検察審査会がその判断を改めて検証することになる。


加計の渡邊良人という人物が、SID創建の社長をやっていたとか、偽名、通名を使っていたとか、怪しい話も聞こえてくるんだが、多分、あの人は色んな意味で「表に出てはいけない人」で、裏がありそうだw



SID創研がマネーロンダリングの中心にあるとふんでます 黒川敦彦
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/c4f9709e15fee72e06ea2b7a7a37b261

補助金を建築費水増しで着服し、SIDにプールして大学に寄付で返すようなことをしていた
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/0a3aa1d5fd564d3feb007b235610db63

SID創研 加計泰代 野次馬
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/3fbf380f82f8ceb479fe4b9b2109e916




【新潟県知事選】自公候補が隠す元大阪航空局長の過去 「森友」でイメージダウン恐れ? 田中龍作 2018年6月2日 22:53
http://tanakaryusaku.jp/2018/06/00018233

https://twitter.com/HON5437/status/1003252105048539136
HOM55@HON5437 5:28 AM - 3 Jun 2018

火花散る新潟県知事選。自民党が支持する花角英世候補ですが、東京大学卒業・運輸省入省・海上保安庁次長といった輝かしい経歴の中で「大阪航空局長」というスバラシイ経歴がなぜか欠けているそうです。新潟県民にとって重要な判断材料ですから、どんどん世に知らしめましょう!#新潟県知事選挙




【新潟県知事選】自公候補 花角大阪航空局長時代に森友問題の種は宿った 田中龍作 2018年6月5日 18:53
http://tanakaryusaku.jp/2018/06/00018270


「花角さんが局長時、ゴミは少なかったですよね?」と田中が質問すると、花角氏は「我々(大阪航空局長)の時代には何も問題はなかった」。確かに氏の言う通りだ。だが森友問題の萌芽は後に大きく“花開く”ことになった。=2日、新潟市内 撮影:村上理央=


 2日付、拙ジャーナルで自公候補の花角英世氏が大阪航空局長を務めていたことを指摘したところ、翌3日、花角氏は自身のツイッター上でそれを否定するコメントを出した。
 
 花角英世(はなずみ英世)@hideyohanazumi 6月3日
私が、国土交通省時代の大阪航空局長の経歴を意図的に隠しているとか、森友問題の際の責任者だった等の事実無根の話がネット上飛びっていますが、事実と全く異なります。経歴を隠しているといった事実はありません。(花角氏のツイッターより〜原文ママ)

 国土交通省のHPによると、花角氏は平成22年(2010年)8月、大阪航空局次長に就任。翌23年(2011年)8月、局長に昇進する。平成24年(2012年)9月、局長を退任するまで2年と1ヵ月間、大阪航空局の指揮を執っていたのである。

 当時は森友のモの字も出てきていない。花角局長は8億円の値引きにはタッチしていないが、森友問題の核心部分である地下埋蔵物について最もよく知る地位にいた。

 大阪航空局は花角氏が大阪航空局長に着任した平成23年(2011年)9月に土壌汚染調査などを実施している。

 土壌汚染調査では60か所のうち5か所でヒ素、鉛などの土壌汚染が見つかった。(平成29年=2017年会計検査院:学校法人森友学園に対する国有地の売却等に関する会計検査の結果について)


平成23年8月1日の発令で花角氏は大阪航空局次長から局長に昇進した。=国土交通省HPより=


 近畿財務局が平成24年(2012年)5月、業者に発注した土地評価調書がある。調査では、68か所を探査し、廃材・ゴミ運搬トラックは14台、コンクリート運搬トラック2台、アスファルト運搬トラック9台分であると評価された。平成24年(2012年)1月、大阪音楽大学が土地取得を希望したため実施した調査である。(平成29年=2017年12月7日、参議院文教科学委員会・財務省提出資料)

 花角局長は、森友のゴミがトラック25台分程度であると見積もられていたことを知る立場にあったことになる。あくまでも花角氏が後になって知ることだが、ゴミの量は財務省が森友学園側に口裏合わせを依頼したトラック数千台分とは雲泥の差だったのだ。

 花角氏は財団法人関西空港調査会『KANSAI空港レビュー』(2011年10月発行)に「変革期の空港運営 〜官民連携、民間による経営へ〜」と題して巻頭言を寄せている。

 「(略)・・・関西国際空港と大阪伊丹空港の経営統合は・・・国の直轄管理であった伊丹空港を新空港会社に現物出資して民営化するわけですが、引き継ぐ資産の整理・確定とその評価・・・膨大な量の作業が続いています」

 この時、もし現物出資の例外を認めていなければ、“錯誤”による土地の再国有化は起こらず、のちの森友問題は発生しなかった。例外となったのは早期売却が見込まれるとされた「なげきの丘」と「森友の土地」の2か所だけだった(平成30年4月5日参議院国土交通委員会・青木愛議員質問)。

 官から民へ。完璧な形で関空新会社への引継ぎを目指していたエリート官僚は、図らずも森友問題につながる種を残してしまったのである。


森友学園建設現場から8億円分のゴミは出なかった。=2017年2月、豊中市 撮影:田中龍作=


  〜終わり~

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 理事長の説明「必要ない」愛... | トップ | 「ふと思った」から安倍・加... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事