さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

パンデミックは嘘つきメディア、嘘つき専門家・政治家、電磁波攻撃、マスク、そしてビタミンD欠乏症

2020-07-23 10:03:26 | ビタミンDなど:オーソモレキュラー医学
あー、売国と毒ワクチンもパンデミック、ですが

ついでなので、これも掲載


https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/18801384/ 
Mol Aspects Med 2008 Dec;29(6):361-8. doi: 10.1016/j.mam.2008.08.008. Epub 2008 Sep 2.
The vitamin D deficiency pandemic and consequences for nonskeletal health: mechanisms of action
ビタミンD欠乏症のパンデミック(大流行)と非骨格系の健康への影響:作用機序
Michael F Holick 1
Affiliations
1 Department of Medicine, Section of Endocrinology, Nutrition, and Diabetes, Vitamin D, Skin and Bone Research Laboratory, Boston University Medical Center, Boston, MA, USA. mfholick@bu.edu


PMID: 18801384  PMCID: PMC2629072  DOI: 10.1016/j.mam.2008.08.008

Free PMC article
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/pmid/18801384/

要旨

太陽の恵みのビタミンであるビタミンDは、幼少期の骨の健康に重要である。(訳注:子供たちにマスクの意味は?#) 過去20年以上にわたり、ビタミンDはカルシウムの代謝や生涯を通じての骨の健康維持に重要なだけでなく、I型糖尿病、多発性硬化症、関節リウマチ、致命的な癌、心臓病、感染症など多くの慢性疾患のリスクを減らすために重要な役割を果たすことが認識されるようになった。ビタミンDがどのようにして健康に重要な役割を果たすことができるのかは、体内のすべての組織や細胞がビタミンD受容体を持っており、その活性型である1,25-ジヒドロキシビタミンDに反応することを観察した結果に基づいている。

しかし、1,25-ジヒドロキシビタミンDのレベル(訳注:血中の話ですね)が正常であるか、あるいはビタミンDが不足している人の場合には上昇することも知られていたため、このことは、より高い緯度に住んでいて、ビタミンD不足のリスクがあることが、これらの致命的な病気のリスクを増加させるやりかたを説明することはできなかった。さらに、ビタミンDの摂取量を増やしたり、日光を多く浴びたりしても、腎臓でより多くの1,25-ジヒドロキシビタミンDを産生するようにはならない。

大腸、乳房、前立腺、マクロファージ、皮膚などの臓器が1,25-ジヒドロキシビタミンDを産生する酵素を持っていることが明らかになったことは、ビタミンDがどのようにして全身の健康と幸福に不可欠な役割を果たしているのかについて、さらに深い洞察を与えてくれる。

このレビューでは、ビタミンDの新しい生物学的作用の多くと、1,25-ジヒドロキシビタミンDがどのようにして、多種多様な生物学的プロセスに関与する200以上の異なる遺伝子を直接または間接的に調節することができるのかについて考察する。





この絵に載っている牛乳*はいろいろ健康に悪いのでお勧めしません。魚や卵の方がよりましだと思います。なお、地方限定のあまり汚染されていない牛乳ならあえて止めはしません。

*放射性物質や農薬が濃縮されますし、亜鉛が不足し過ぎているし、骨は弱くなるし、がんを成長させるインスリン様成長因子が嫌だし、特に海外からの乳製品は日本向けには成長ホルモンを使っているし、碌な事がないです。



ときどき日光浴が安上がりです


https://pubmed.ncbi.nlm.nih.gov/28516265/
Rev Endocr Metab Disord 2017 Jun;18(2):153-165.  doi: 10.1007/s11154-017-9424-1.
The vitamin D deficiency pandemic: Approaches for diagnosis, treatment and prevention
ビタミンD欠乏症のパンデミック:診断・治療・予防のためのアプローチ
Michael F Holick 1
Affiliations
1 Endocrinology, Nutrition and Diabetes, Department of Medicine, Boston University Medical Center, Boston, MA, 02118, USA. mfholick@bu.edu.


PMID: 28516265 DOI: 10.1007/s11154-017-9424-1

要旨

ビタミンDの欠乏と不足は、世界中で10億人以上の子供と成人を悩ませている世界的な健康問題である。ビタミンD欠乏症の影響を過小評価することはできない。

子癇前症、小児う蝕、歯周炎、自己免疫疾患、感染症、心血管疾患、致命的な癌、2型糖尿病、神経障害などを含めて、無数の急性および慢性疾患とビタミンD欠乏症との関連性がある。

このレビューは、ビタミンD欠乏症と不足症の定義をめぐる論争を視野に入れ、ビタミンD欠乏症の治療と予防のためのガイダンスを提供することである。

Keywords: 25-hydroxyvitamin D; Rickets; Sunlight; Vitamin D deficiency; Vitamin D insufficiency; Vitamin D toxicity; Vitamin D2; Vitamin D3.






++
コロナウイルスは一般的な、常なる存在で人類や動物たちと永い間共存してきたため、ビタミンD-デフェンシンシステムを使う自然免疫が常に活躍してきたわけですね。それで、ビタミンDレベルが高い人は、SARSやMERSが相手でもわりと楽に闘える。ビタミンDレベルが低いと重症化し、殺されるかもしれない。さらには嘘つき医者に毒薬や人工肺で殺されるかもしれない。そういうことですネ。


簡略イメージでいえば

一般的な馴染みのあるコロナ:自然免疫ですぐ処理できるので、ウイルス量は少なく抑えられており、白血球に準備はあるとしても、抗体系は眠っていてよい。

生物兵器級コロナ:自然免疫で完全には抑制しにくく、体内のウイルス量が増えてしまうと、ディフェンシンがウイルスに取り憑いて顆粒化する。獲得免疫系は顆粒によく反応するので、こうなると抗体産生に向けて頑張り出す。ビタミンD欠乏症ではデフェンシンなどが誘導ができず、ウイルスの顆粒化が進まず、抗体も援軍に出て行きにくい。



デフェンシンは武器の一つですが、ウイルスなどのセンサーについても載せておくと;

Toll様受容体(トルようじゅようたい、Toll-like receptor:TLRと略す)は動物の細胞表面にある受容体タンパク質で、種々の病原体を感知して自然免疫(獲得免疫と異なり、一般の病原体を排除する非特異的な免疫作用)を作動させる機能がある。脊椎動物では、獲得免疫が働くためにもToll様受容体などを介した自然免疫の作動が必要である。

ウイルス対応は

TLR2 リポタンパク質; グラム陽性菌のペプチドグリカン; リポテイコ酸; 真菌の多糖; ウイルスの糖タンパク質

TLR3 二本鎖RNA(一部のウイルスにある)、ポリI:C(合成核酸)

TLR4 リポ多糖; ウイルスの糖タンパク質

TLR7 合成低分子化合物(抗ウイルス剤イミダゾキノリンなど); 一本鎖RNA

TLR8 合成低分子化合物; 一本鎖RNA

TLR9 非メチル化CpG DNA

など

審良 静男(あきら しずお、1953年1月27日 - )は、日本の医学者。大阪大学教授。免疫学の世界的権威。医学博士(大阪大学、1984年)。大阪府東大阪市出身。


こんな自然免疫系もあります:

RIG-I(リグ-アイ)(英:retinoic acid-inducible gene-I)はヒトの自然免疫系で働くタンパク質の分子。ウイルスが細胞内に進入した時にウイルス由来のRNAを認識し、抗ウイルス作用を示すI型インターフェロン産生の誘導を引き起こす、細胞質内に存在するRNAヘリカーゼである。京都大学の藤田尚志教授らによってその機能が明らかにされた。「リィグ・ワン」と誤って発音されることが多いが、正しくは「リィグ・アイ」である。  (引用注:ビタミンAもカゼに罹りにくくしてくれるという話も有名ですよネ)



レチノイン酸によって誘導されるRIG-Iはインターフェロンやウイルス感染によってもそのmRNAの発現が誘導される。 N末端領域に二つのCARD (caspase recruitment domain) 様のドメインを持ち、中央にヘリカーゼドメイン、C末端のドメイン(repressor domain: RD)はN末端のCARD様ドメインの働きを抑制する機能をもつことが知られている。ウイルス由来のと5’末端がリン酸化された平滑末端をもつ二重鎖RNAはc末端ドメイン(CTD)によって認識され、RNAと結合すると、蛋白質の構造変化が起こり、C末端による抑制がはずれ、N末端のCARD様ドメインが活性化し、下流のIPS-1分子にシグナルを伝えることでI型インターフェロンの産生を誘導する。また、CARD様ドメインの活性化にはTRIM25と呼ばれるユビキチンリガーゼによるK63を介したポリユビキチン化が必要であると報告されている。  また、東京大学の谷口教授らのグループはDAI分子だけでなく、RIG-IもB型DNAを直接結合し認識すること、この認識が、単純ヘルペスI型ウイルス感染時のI型インターフェロン産生に必要であると報告している。また谷口教授らはRIG-IがウイルスのRNAやDNAを認識するさいにはHMGB蛋白質が必要であることを報告している。

ウイルスとのかかわり

RIG-Iによって認識されるRNAウイルスとして、インフルエンザウイルス、センダイウイルス、日本脳炎ウイルス、水痘・帯状疱疹ウイルス、C型肝炎ウイルス、フィロウイルス、西ナイルウイルス、麻疹ウイルス、狂犬病ウイルス、風疹ウイルス等がある。また、ピコルナウイルスに属するマウスのEMCVは、MDA5によって認識される。

++
ビル・ゲイツ・ワクチン陰謀団が焚書坑儒したい科学です。日本人研究者が大活躍の分野ですが、情けない国です。


ついでに

NOD様受容体(NOD-like receptor : NLR):パターン認識受容体のひとつ。細胞内に寄生する細菌を認識する。この認識はロイシンリッチリピートによって行われるとされる。*1 腸内細菌の一部はNOD様受容体を阻害することでNF-κBの活性化を抑制する。




https://twitter.com/butagorilla1945/status/1284597050718384128

豚ゴリラ(三代目)@butagorilla1945

マスコミが報道しないこと

◯疑問の声を上げている学者
◯普通の風邪でも陽性
◯陽性者の大半が偽陽性
◯死因が非常に曖昧
◯検査実施件数(過去最多)
◯重症患者数(5月の10分の1)
◯入院患者数(5月の3分の1)
◯常在ウイルス(エクソソーム)と類似
◯独・医師と法律家1500人がコロナの嘘を告発


++
もちろん、売国やビタミンD欠乏症についても報道しない。呆導である。








関連

パンデミックから全体主義への7つのステップ・・・By Rosemary Frei
https://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/65245970aa7e47a873101962e0ef180e

コメント   この記事についてブログを書く
« 感染症の季節性と転帰におけ... | トップ | 5G技術と皮膚細胞へのコロナ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ビタミンDなど:オーソモレキュラー医学」カテゴリの最新記事