さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

戦争犯罪人として処罰しろと言われているブレアが、また嘘 櫻井ジャーナル

2015-10-28 17:14:34 | 歴史
戦争犯罪人として処罰しろと言われているブレアが、CNNで開戦の理由を間違った情報だとした嘘 櫻井ジャーナル 2015.10.27
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201510270001/

 トニー・ブレア元英首相を戦争犯罪人として裁くべきだとする人が増えている。



そうした中、10月25日にブレアはCNNの番組で「自分たちが知らされた情報が間違っていた事実」を謝罪した。しかも、サダム・フセインを排除したことについて誤ることは拒否している。自分に対する風当たりが強くなっているため、一種の「ガス抜き」をしようとしたのだろう。いわゆる「ダメージ・コントロール」だ。



 逆風を強めた一因はコリン・パウエル書いたメモにある。ジョージ・W・ブッシュ政権の国務大臣だったパウエルは2002年3月28日、ブレア首相はアメリカの軍事行動に加わるとメモに書いているのだ。この時点でブレアは開戦に同意していることになるが、この当時、ブレアはそうしたことを言っていない。



 この頃、アメリカではネオコン/シオニストなど好戦派はイラクを先制攻撃、サダム/フセイン体制を破壊しようと目論んでいたのだが、統合参謀本部では大義がないうえ、無謀だとして反対意見が多く、揉めていた。イギリスでも開戦が認められるような雰囲気ではなかった。

 そこで、アメリカやイギリスの政府はイラク攻撃を正当化するために「大量破壊兵器」を宣伝する。ブレア政権が「イラク大量破壊兵器、イギリス政府の評価」というタイトルの報告書を作成したのはパウエルのメモが書かれた半年後、2002年9月のこと。

 その報告書、いわゆる「9月文書」はイラクが45分で大量破壊兵器を使用できると主張している。しかも文書の内容がリークされ、サン紙は「破滅から45分のイギリス人」というセンセーショナルなタイトルの記事を掲載した。この報告書をパウエル国務長官は絶賛したが、大学院生の論文を無断引用した代物で、内容もイラクの脅威を正当化するために改竄されていたことが後にわかる。

 それに対し、2003年5月29日にBBCのアンドリュー・ギリガンはラジオ番組で「9月文書」は粉飾されていると語り、サンデー・オン・メール紙でアラステアー・キャンベル[Alastair Campbell]首席補佐官が情報機関の反対を押し切って「45分話」を挿入したと主張した。

 キャンベルはブレア首相の側近で広報を担当していた。



デイリー・メール紙で記者をしていた経験があり、メール・グループを統括していたロバート・マクスウェル[Ian Robert Maxwell]から可愛がられていたのだが、マクスウェルはイギリスやイスラエルの情報機関に協力していた人物だとされている。



キャンベルも親イスラエル。ブレアがイスラエル系の富豪を資金源にしていたことは本ブログでも何度か書いた。

 つまり、ブレアは2002年3月以前にイラクを先制攻撃することを決断、それを実現するため、9月には嘘を承知で大量破壊兵器の話を広めて開戦へ結びつけたのであり、情報機関から「正しい情報」を知らされたにもかかわらず、「間違った情報」を発信したのだ。

 その結果、2003年3月20日にアメリカ軍はイギリス軍などを引き連れてイラクを先制攻撃、フセイン体制を倒し、12年以上を経た今でも戦闘は続いている。その間、フセインは処刑された。

 2006年10月に出されたイギリスの医学雑誌「ランセット」によると、2003年3月から06年7月までの間に65万4965名以上のイラク人が死亡、そのうち60万1027名は暴力行為(要するに戦闘)が原因だとしている。またイギリスのORB(オピニオン・リサーチ・ビジネス)は2007年夏までに約100万人が殺されたという調査結果を公表した。



 今回、ブレアは「謝罪」という言葉を使ったものの、本当に謝罪しているわけではない。戦争犯罪で裁けという意見が強まる中、ダメージ・コントロールを図ったのだ。




 少しでも思考力があれば2002年や03年でも大量破壊兵器の話に疑問を感じていただろうが、日本の政治家やマスコミは戦争熱を煽るだけ。テレビに登場するのはそうした類いの人物ばかりで、例外は橋田信介くらいだった。その橋田は2004年5月、自衛隊駐屯地へ立入許可証を受け取りに行った帰りに甥の小川功太郎とともに殺害された





01. 千早@オーストラリア 2011年5月31日 23:05:49: PzFaFdozock6I : GwkL2eazTY
橋田さんたちは「武装勢力に殺された」ということになっていますが、
その「武装勢力」って、誰?

米軍の腰ぎんちゃくみたいな形での取材ではなく、橋田さんたちのように
自分たちだけで回っているジャーナリストは米軍、米政府にとって
非常に都合が悪い。

当時もそういう話は出ていたと思うけれども
橋田さんたちの殺害犯は
色々武器を所持し、アラブ人の格好をしてイラク警察に捕まった英国のSASのような人間だったろうと思います。

あの男の子の目が治らなかったのは、とっても残念!
今からでは、どうしようもないのでしょうか?

でも奥様の幸子さん、やっと訪ねていけて よかったですね。
改めて、お二人のご冥福をお祈り申し上げます。

ふっと、スレイマンのことを思い出しました。↓参照

ファルージャを見捨てるな〈TUP速報403号04年11月8日〉
http://www.asyura2.com/0411/war62/msg/725.html
投稿者 NAVI 日時 2004 年 11 月 09 日

何年か前にエジプトに脱出したけれど、その後
「毎日メールでやり取りしていた頃が懐かしい。あの頃が懐かしい」
と書いたメールをくれましたが、以前のように語りたがらない感じで
その後はメールがありません。

どうしているでしょう?

戦争は本当に多くの人々の人生を破壊します。
とても悔しいです。



残虐非道の連鎖 -大量虐殺「絶歌」を可能にする人々-
http://blog.goo.ne.jp/beingtt/e/3bd4f2b5aec58b89773f989def7ed1a1

ファルージャ:ある残虐非道の解剖学 


マードックのスキャンダルの背後にフリーメーソンの恐喝? by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/16627842/

トニー・ブレアとイラクに入るためにでっち上げられた理由について内部告発したために2003年に殺害されたデビッド・ケリー博士[Dr. David Kelly]を覚えているだろうか?



今、別の内部告発者、ショーン・ホーア[Sean Hoare]が、殺害された



ニューズ・オブ・ザ・ワールドの元コラムニストで、編集者アンディ・コールソン[Andy Coulson]の友人であるホーアは、そのハッキング・スキャンダルを暴露した。 彼は言った。「続きはまだある・・・これは消え失せはしないだろう。」


NHK解説委員・長谷川浩氏のの変死考 れんだいこ
http://satehate.exblog.jp/15780484/



真実を伝えたかった社員 へのNHKの非道な対応 世界の真実の姿を求めて!
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-147.html

NHKが911で真実を伝えようとした社員に対して、非道な対応をしていた。
長年貢献した社員が命をかけて報道した番組をなぜ隠蔽しようとするのか。
なぜ911の真相に迫った番組を再放送しようとしないのか、また警察の対応に対してNHKは抗議すらしなかったのか?


NHK長谷川浩氏の死【小泉のアキレス権(腱)、イラク】
http://www.asyura2.com/0406/dispute19/msg/507.html
投稿者 兼好法師 日時 2004 年 10 月 09 日 17:01:30:acU4a.MboFiqc



韋駄天掲示板の投稿を引用する。

---------------- 引用はじめ
[38142] NHK海老沢会長の最大の大罪:
日本国民を欺き9.11をテロと決め付け世論を誤誘導、
解説主幹長谷川浩氏暗殺を容認した売国奴
 投稿者:救国の草莽の志士  投稿日: 09/11 Sat 17:18:18 [ID:77VLMZ.zdYQ]削除

NHK海老沢会長の下での腐敗構造が白日の下に晒され、
そのいかがわしい堕落した正体が猛烈な国民の批判に晒されている。
が、その堕落と腐臭を放つその正体は、9・11事件と深い関係がある。
公然たるシオニストの攻撃として、イランの『テヘラン・タイムズ』が
「他殺」の線で報じたのが共同電を受ける形で出されたこのNHK「怪死」事件だった。
9・11事件の事件解説の総責任者だった長谷川浩 NHK解説主幹『怪死』事件」と
その処理をめぐる謀殺した殺害者グループに脅されてか、また、警察庁・警視庁幹部と示し合わせてか、
事件の翌月の 10月15日にNHK構内で変死体でみつかった長谷川浩氏の事件は、殺人事件としては封印した。

いわば闇に葬って、「事件として扱わずに変死体なら当然するべき検死解剖もせずに
「転落死の自殺」扱いにで処理して誤魔化したのがこの海老沢会長だった。
これが、海老沢会長の最大の罪である。

いわば結果的には、暗殺者の殺害という犯罪の隠蔽に手を貸した事後的な共犯なのである。

長谷川浩氏は、誰によって何故殺されたのか?

彼は、9・11事件の謎を追っているうちに、
世界貿易センターで犠牲となった被害者の国籍別人数を調べていた。
そこで、この事件の本質とその謀略の本質を察知して、
本来は勤務していた筈のイスラエル国籍をも有するユダヤ人がいないということを知ってしまったのである。
そこで、氏はテロだと決め付けることに躊躇したのだろう。

日本国の世論の動向を左右する重大なマスコミ
とりわけ公共放送テレビ局のNHKがどのように発表表現するかで、この事件の位置付けは決まる。
だから、米国のように全てのマスコミがシオニスト・ユダヤの支配下に入っている場合には、
資本のオーナーの意向により、どのようにも報道出来るが、
国民の税金のような視聴者の視聴料から成り立っているNHKには、通常ならユダヤの支配は及ばない。
だから本当に客観的な視点から9・11事件を調査・分析・報道すべき義務がNHKにはあったのである。

故解説主幹長谷川浩氏はその立場「皆様のNHK」にたって、
公正中立にこの事件を報道することを主張したのに相違あるまい。そうされては、それでは困る輩がいたのだ。

長谷川氏は、10月10日に深夜の23時の特別番組で、
この種の解説番組では異例中の異例の1時間の放送枠を与えられて、
その調査分析に基づくニュース解説を行なったが、
その番組の総合テレビ「特集/あすを読む」は、非常に珍しい解説室総動員の豪華版時局解説特集であり、
解説室長が司会をして公正中立を装い、解説員の各自が自分の担当分野を中心に報告して、
皆で議論を重ねる形式であった。

長谷川解説主幹の画面には、特にわざと「主幹」の紹介文字はなく他の全員と同列に扱い、
その意見を開設室が敢えてとらないように単なる「解説員」扱いであり、
その専門を「政治・外交」と紹介されていた。
つまりは、9・11事件の解説総責任者からはずされて降格扱いが全国に晒されたのだ。

9・11事件の真犯人のシオニスト・ユダヤとその日本国内の同調者・手先達である。
その中心にいたのは小泉初め政府の中枢部とそのの同調者のNHK海老沢会長であった。

従って、米英の諜報機関かその手先またはこれらから指示を受けた暗殺者が
異論(本当は正論)を唱えた解説主幹長谷川浩氏を密かに自殺を装って始末させたのだ。

その「死因」発表については、転落死による自殺だという結論を決め付けて、
警察庁や警視庁中枢部に根回しして、密かに始末した。

すなわち、イスラム過激派による同時多発テロだという公式見解の定説を米国の指示通り、
大本営発表を垂れ流したのだ。
かくして、日本国民も米国と同様に、オサマ・ビン・ラディンだアルカイーダだというようになったのだ。

ユダヤの支配下にない「日本国民の公共放送」が歪められるまでには、
解説主幹長谷川浩氏という正論の優れた勇気あるNHK一幹部職員の死と
腐敗堕落した海老沢会長という権力者に対しては卑屈な日本国民の裏切り売国奴の存在が必要であったのだ。

しかし、解説主幹長谷川浩氏の霊は残っている。

まともの葬儀さえもされずに肉親だけの密葬ですませた。
その葬儀が執り行なわれた自宅住所も伏せられてNHK社葬とされるべき葬儀は、
NHKの参列者もなかったようだ。これは、NHKに海老沢会長に殺されたようなものだろう。
幽霊となって長谷川氏は、その恨みを我が夢に「この恨みをはらしてくれ。」と訴えて来ている。

おそらくは、下手人も海老沢会長の枕元には毎夜、夜な夜な姿を現しているに相違、ない。
NHKの腐敗汚職追求の嵐はこれから吹き荒ぶ。
海老沢会長が、解説主幹長谷川浩氏の幽霊に呪い殺され狂い死にするまで・・・・・・・・・。

    御霊よ安らかに眠れ。この恨みは歴史がはらし、そのその正邪は歴史の法廷が裁く
      合掌       救国の草莽の志士
---------------- 引用終わり



以下略



こういうことに無関心でいると・・

チェルノブイリ(現ウクライナ)の人口 民主党勉強会:『上杉隆氏ら自由報道協会による「原発事故」取材の報告』 (2011年4月6日)
http://www34.atwiki.jp/ddic54/pages/34.html

上杉  で、それから、まだ全部あります。海洋もそう、空気中もそう、飯館村の40キロ。かなり早い段階でフリージャーナリストで自由報道協会のメンバーも(飯館村へ)行っていてガイガーカウンターで測っておかしいと発表していました。

少なくとも、チェルノブイリの例もあるように、胎児ならびに1歳未満、さらに5歳までの幼児、乳幼児、子ども、妊娠の可能性のある女性は避難させるのが、WHOも含めて、ルールではないか。

「すぐに避難させてください」と言ったのが1カ月くらい前です。

ところが、フリーのメディアや海外メディアが言ったところどうなったかというと、テレビ・新聞は「デマを流すな、安心です、風評を流すな、安全です、みなさん心配ありません」と、要するに『安心デマ』に加担したわけです。

広河隆一さんというチェルノブイリで20年間、子ども基金を作って、いまガイガーカウンターを持って入ってる方がいらっしゃいます。

そのジャーナリスト、チェルノブイリに20年通って、非常に、核取材・原子力事故取材にかんしては日本でも、というか世界でも有名な方が、すぐ福島に入って、3日目に福島にガイガーカウンターを持って入ったんですね。で、電話で話したときに「大変なことになってる」と。

政府はまだ1キロも言ってませんでした。自主避難が2キロだった時ですね。

3キロのところに入ってみたら、子どもが遊んでるのだけど、ガイガーカウンターが振り切ってしまったと。レンジを上げてもまた振り切ってしまい、持って行っていた3個のガイガーカウンターが全部振り切ってしまった、「とんでもない」。

子どもたち、お母さんたちが普通にしていて、「早く逃げろ!」と。

なぜかというと、チェルノブイリの例があるわけです。

チェルノブイリで男性はほとんど死んでません、正直言って、内部被爆とかで。作業に当たった方は死んでいますけど。

内部被爆で死んでいるのは、当時0歳から5歳の子どもたちです。

甲状腺に放射能を溜めこんで、その後10年20年して発ガンして、だからチェルノブイリのいま、近くのキエフ含めて、20歳から25歳の人口がゼロに近いんです。みんな死んでしまって。




こういうことなんですね


生きている人も、チェルノブイリネックレスと言って、甲状腺癌の摘出手術跡を、若い女性も含めて、みんな持っています。

こうしないと助からないのです。永久に薬を飲んでいます。出てくるのは5年後10年後です。






アメリカ軍もロシア軍も0.30μSv/hで逃げ出す~日本では子供を遊ばせています! wantonのブログ 2015-10-31 10:21:25
http://ameblo.jp/64152966/entry-12090200698.html

日本列島は家畜牧場と全く同じです。
中期的には・・・
一時的に肥え太らせて、そこから富を収奪する。

長期的には・・・
日本民族を滅亡させる。
ホロコーストが計画されている。

日本を支配しているのは純粋な日本人ではありません。
ほとんどが朝鮮族です。
あ べ こ い ず み ・・・み~んな、そうです。

こういった偽ユダヤの支配下の代理人の政治家は、
決して、日本国民を幸せにはしません。
寧ろ、徹底的に痛めつける役目を仰せつかっています。

今回の汚染地域に国民を住まわせているのもそうですし、
食べて応援もみ~んな同じ意味なのです。

日本の政治が、国民に優しいどころか、
極めて、冷たく感じるのは、皆さんの勘違いではありません。
日本人顔した外人が、日本を支配しているのですから。
そのことを国民は気づかなければ決して救われません。


日清・日露戦争・・・
太平洋戦争・・・
これを起させたのは、偽ユダヤの指令によるものです。

そして、広島、長崎における原爆投下もそうですし、
311海底原爆による人工地震津波と・・・
全てつながっています。

・・


コメント   この記事についてブログを書く
« 伊方原発の再稼働、知事も同... | トップ |  <違憲犯罪者による政治><... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史」カテゴリの最新記事