さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

充分怪しい痴顕

2017-12-09 23:53:03 | 日記
<日本の天馬博士(斉藤元章氏)をえん罪で逮捕して スパコン・人工知能技術を外資のものにしようと画策している亡国のイージ○> 小野寺光一 2017年12月09日
http://archives.mag2.com/0000154606/20171209103910000.html

阿修羅
http://www.asyura2.com/17/senkyo236/msg/802.html

<日本の天馬博士をえん罪で逮捕して スパコン・人工知能技術を外資のものにしようと画策している地検と官邸>
https://dic.pixiv.net/a/%E5%A4%A9%E9%A6%AC%E5%8D%9A%E5%A3%AB

ペジーコンピューテイングという会社の斉藤元章氏が
逮捕されたと報じられている。

鉄腕アトム
https://www.youtube.com/watch?v=SSbaZuTW1Q0

https://www.youtube.com/watch?v=GX8b1TmXfvw

鉄腕アトムを発明した天馬博士のような天才である。

4億円の補助金どころか 彼がやろうとしていることは

数兆円の価値がある。

天馬博士
https://www.youtube.com/watch?v=HGhXkZgb90Y

これは天才を技術を外資がほしいために、この天才をえん罪で

たたくことで技術を外資のものにしようとしているのだと思われる。

しかもうまく攻撃するために「アベ友だ」とマスコミがでっちあげている。

本当のアベ友だったら逮捕されるわけがない。「本物のアベ友ではない」から

逮捕されているのだ。


おそらく元TBS社員にマンションを貸していたのは偶然だろう。

官邸が費用を出して元TBS職員に渡していたといううわさもある。

超技術革命
https://www.youtube.com/watch?v=yNkH2IyirC0

1日本のスパコンの性能 対談
https://www.youtube.com/watch?v=-e19HjEKxAs

2スパコンで達成可能な近未来
https://www.youtube.com/watch?v=0IdsVDvTVN4

3 将来の医療と倫理問題
https://www.youtube.com/watch?v=OssDeNI0AJA

4人工知能
https://www.youtube.com/watch?v=_WoWe-DCnto

5これからの経済とお金
https://www.youtube.com/watch?v=eo3M1KPgy2g

シンギュラリテイの第一人者
https://www.youtube.com/watch?v=hmwol7CUqoo

※シンギュラリテイとは、人工知能が人類を超えて発展して
ものすごい革新がもたらされるとされる技術的な特異点のこと。
特異点というのは、ほかとちがうある、特殊な点という意味で
そこまで技術が到達すると「革命が起きる」ような点のことである。


斉藤元章氏は日本のロボット工学やスーパーコンピューターの第一人者である。

特徴は
1本物の実力者であり天才技術者である。

2日本のスーパーコンピューターの新しい技術の第一人者であり

世界一の省エネ技術を使ったスーパーコンピュータを作っている。

3日本人が世界を超える存在として、スーパーコンピューターで

この人物以上の才能をもつ日本人はいない。

ロボット技術や人工知能という分野では

この斉藤氏が鍵を握るだろうといわれている。

<日本の天馬博士のような人物>


要するに、鉄腕アトムを発明した

天馬博士のような存在なのである。

本物の天才だ。

本当に将来、鉄腕アトムのような存在をつくるとしたら

この男以外にはありえないのではないか?

<外資はどうやってこの天才の技術を横取りするかを

考えて、官邸の亡国のイージ○を通して失脚を図る>

それでは、こういった本物の天才が出現した場合、

国際的多国籍企業と その代理店を勤める官邸の亡国のイージ○は

どう考えるかというと

その人物をえん罪でおとしめて

その特許や技術を自分たちのものにしようとする。

それが行われている。

ちなみに政治家の分野では東京地検特捜部が

目をつけて外資のためにつぶしたのは

田中角栄

小沢一郎である。

<スーパーコンピューターの鍵を握る人物を攻撃して技術を横取りしたい外資と官邸>

小保方さんのときと同じである。

小保方さんの発見したSTAP細胞という技術は本物だった。

<理系の専門用語を理解できない人が多いため、本物と偽者の見分けがつかない>

理系の分野については、日本人の一般大衆は

「理解できない」という特徴をもつ。

要するに自分自身で理系の事柄に対して本を読んだり

して実はテレビの言っていることはうそだと見抜けないのである。

それがSTAP細胞のときに起こったことだった。

小保方さんは一生懸命STAP細胞について説明していたが

その言っている説明は、一般大衆の理解をはるかに超えていた。

専門用語ばかり定義の説明もなしにしゃべるので

理解されないのである。

キメラマウスというだけで 一般大衆は理解できない。

<おとしめたい相手をアベ友であるとでっちあげる手法を官邸がやりはじめている>

そして最近、顕著になってきたのが

この官邸がえん罪で「おとしめるべき対象」を、「アベ友である」と詐称して

報道させることである。

アベ官邸が目をつけたのは、実は、この有能な人物を「アベ友である」として

でっちあげることなのである。

<補助金詐欺容疑はえん罪>

この補助金詐欺容疑というものは、

補助金申請をして開発中だった新型のメモリが

新しいスーパーコンピューターに搭載が間に合わなくて

搭載できなかった。しかし開発中である」

というものである。

<詐欺ではなく開発中だった>

これは、新発明というものは、間に合わないことがあるが

開発中なのであれば、誰もそれを詐欺だとは言わない。

<えん罪で逮捕する東京地検特捜部>

しかし東京地検特捜部は「メモリ分だと申請したのに、

今回発表のスパコンに使っていなかった」といい始めて、詐欺容疑だとして「逮捕」に至っている。

要するに

日本の生んだ天才である

天馬博士が、

鉄腕アトムのような人工知能をもつとんでもないロボットを

生み出す直前に、スーパーコンピューターでベンチャー企業を立ち上げて

世界一の技術を持っているため、

なんとかして外資がこの天馬博士の技術を横取りしたいという状況なのである。

<発明は遅れることがある>

こういった天才技術者という人は、「発明」をする。

それでは「発明」というものは、どこかの決まりきった仕事のように

決められた時間までに発明できる」というものではなく

予定より遅延することはありうるのだ。

東京地検はその遅延したのを「詐欺だ」といってでっちあげて捕まえているのである。

<天馬博士をアベ友だとでっちあげて逮捕を正当化する官邸>

実は本物のアベ友だったら絶対に逮捕されず、新聞にも実名報道されない

そして、この天馬博士を逮捕する際に、なんらかの正当な理由が

必要であるため

「天馬博士はアベ友だ」という

ブラックPRをマスコミを通して流しているのである。

<本物のアベ友は逮捕されない>

昨今の鈴木詩織さんのレイプ問題で元TBS職員の

男が、本来逮捕されるべきなのに、その逮捕を

官邸が中村格氏を使って阻止をした

として問題になっている。

ということは、本物のアベ友であれば

このレイプ犯にしても、もりかけ問題で

有名なかけ氏にしても

逮捕されないのである。


<本物のアベ友は絶対に逮捕しないのが東京地検>

なぜなら、アベ友だったら東京地検特捜部は

「逮捕しない」からだ。

<東京地検が突然逮捕したということはこの天馬博士は本物のアベ友ではない>

ところが、この天才の天馬博士については

東京地検特捜部は、「突然逮捕」しているのである。

ということは、この天才の天馬博士は

「本物のアベ友」ではないのだ。

なぜなら「本物のアベ友」であれば「逮捕されない」からだ。

<アベ友だとぬれ衣を着せられている天馬博士>

この天馬博士は、

「アベ友だ」とぬれ衣を着せられて

その天才的な技術を外資のものにされようとしている。

<山尾しおりも、横浜市長選の応援演説で知らずにカジノ応援をしたことになり攻撃されていた>

実はこれは、

山尾しおりに起こったことと似ている。

山尾しおりは、


本来、アベ政治に対する、批判としては

非常に鋭く 警戒されていた。

しかし、官邸がうまいことに、

横浜市長選挙で、

横浜市長がカジノ推進だということを

隠していたため知らなかったので

「山尾しおりがカジノ推進に反対の立場だったのに

この横浜市長の応援演説をした。」

それをとらえて

「山尾はカジノに賛成なのか」として

たたかれたのである。

そのため、本来は、れんほうが辞任したあとに

山尾しおりが党首になるかもしれない流れだったのに

山尾しおりは、立候補できなかった。

そしてそのあとの文春を使っての デマ報道である。

<希望の党も 反アベを利用して官邸が結党させている>

「希望の党」もある意味、「アベを排除する」

という偽のキャンペーンを使って結成された政党であった。

<アベ友が嫌われているということを利用して政敵を攻撃するのに使っている官邸>

何がいいたいかというと、

日本人が現在、アベとアベ友の「税金私物化政治」を嫌っている。

しかしこの深奥には官邸の亡国のイージ○と多国籍企業がいるため

絶対に「本物のアベ友」には手を出させないのである。


しかしながら

「アベ友」が嫌われているため

攻撃すべき 有能な政治家や

有能な経営者を無理やりに「アベ友だ」と

デマを流すのである。

TBS元社員のマンションを貸していたとかは

たぶん 偶然の産物だろう。

<TBS元社員のマンション費は機密費からだという話が以前あった>

もともとこのTBS元社員にお金を出していたのは

官邸の機密費からだという話がある。

推定すると

研究費用には、補助金が必要であるため

官邸から TBS元社員にマンションを貸してやってくれといわれれば

いやだとはいえないだろう。それに借りるときは、今のしおりさん問題は公になっていなかった。

通常は、テレビ局の主要な人物で米国にもいたとなれば

貸すのが普通である。

結局、日本は

将来の鉄腕アトムのような

人工知能をもつ善意のロボットを

失おうとしている。

外資にとられることで

スーパーコンピューターの技術で

外資は、人間を殺すロボットやターミネーターのような人工知能の開発に励むだろう。



再掲

スパコン詐欺 ベンチャー社長の華麗人脈と特捜部長の評判 日刊ゲンダイ 
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/219039

・・・「村上ファンド事件で村上世彰氏の取り調べを担当し、福島県知事汚職事件では佐藤栄佐久知事(当時)の“裏仕事”を担っていた実弟に〈知事は日本にとってよろしくない、抹殺する〉と凄んだ剛腕です。副部長時代は医療法人の徳洲会グループの公職選挙法違反事件を手がけ、猪瀬直樹都知事(当時)を辞職に追い込んだ。法務官僚として重要ポストを歴任して特捜と法務行政を知る上、・・・」(司法担当記者)

++
「捜査の陣頭指揮を執る森本宏特捜部長の正体」といった方が正確であろう


プルトニウムはどこへ? + 佐藤栄佐久 知事抹殺&MOX投入
http://satehate.exblog.jp/16085379/











https://twitter.com/EisakuExcluded/status/908215499783147520
知事抹殺‏ @EisakuExcluded 23:27 - 2017年9月13日

さて、「知事は日本によろしくない、抹殺する」知事抹殺のタイトルとなった発言元の森本宏氏が、9月、東京地検特捜部長になりました。



【スパコン社長逮捕】実態なきAI財団は山口敬之の実家 田中龍作 2017年12月12日 17:27
http://tanakaryusaku.jp/2017/12/00017128

財団法人「日本シンギュラリティ」の住所は、山口敬之・元TBS記者の実家だった。=12日、渋谷区恵比寿 撮影:筆者=

 渋谷区恵比寿の高級住宅街にそれはあった ー

 スパコン開発の助成金を騙し取って逮捕された齊藤元章容疑者と伊藤詩織さんレイプ事件の山口敬之が共同で立ち上げた財団法人「日本シンギュラリティ財団」の事務所だ。

 AI(人工知能)の研究開発拠点にしては、まったくの民家である。登記簿をあげて調べると土地家屋の所有者は山口博久とある。元TBS記者・山口敬之の実父とされる。

 木造スレート葺2階建ての小綺麗な建物の塀には「山口」の表札が麗々しく掛っていた。幾度もインターホンを押したが誰も出ない。すべての窓はカーテンが閉まっていた。

 ネットで検索してもHPすら存在しない財団の実態は、実家に住所を置いただけのペーパー財団だった。登記簿を見ると、AIには全くの門外漢である山口敬之が代表理事となっている。

 スパコン販促のツールにでも使おうと思ったのだろうか。

 元経産官僚の古賀茂明は田中龍作の電話取材に「経産省内では、齊藤(容疑者)のペジー社と言えば麻生案件か甘利案件と言われている」と明らかにした。

 忖度があったのか、政界からの何らかの圧力があったのか。官邸とペジー社をつないだのが山口敬之であるといえよう。(敬称略)


財団法人「日本シンギュラリティ」の登記簿。代表理事が山口敬之、理事が齊藤元章となっている。設立は2016年3月。山口がTBSを退社する一ヵ月前だ。

 〜終わり~


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 証拠隠滅。証拠隠滅。証拠隠... | トップ | 「加計ありき」とは「加計か... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事