さてはてメモ帳 Imagine & Think! 

重要情報をゴミに埋もれさせないよう絵本化 避難所

“籠池爆弾”の破壊力…この恥知らず内閣は確実に飛ぶ 日刊ゲンダイ +

2017-03-16 23:23:47 | 日記
“籠池爆弾”の破壊力…この恥知らず内閣は確実に飛ぶ<上> 2017年3月16日
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/201583

■稲田防衛相の大ウソと籠池一家の本当の関係

 悲願の小学校の認可申請取り下げで、おとなしくなるようなタマじゃなかった。15日上京した「森友学園」の籠池泰典理事長(64)が向かった先は“不倶戴天の敵”の家。「日本会議の研究」の著者・菅野完氏(42)の単独インタビューに応じるためで、詰めかけた大勢の報道陣を前に、菅野氏は「籠池さんの持ってはるモンが全部出てきたら、内閣が2つ飛ぶ」と不敵な予言だ。幕引きを図ったはずが、想定外の2次ラウンドに突入─―。籠池爆弾の破壊力に、裏切りの「恥知らず」たちは一様に、青ざめている。

 籠池理事長を最も怒らせているのが、稲田朋美防衛相だ。ブチ切れるのも無理はない。

「10年前から会っていない」「法律相談は受けていない」「裁判に出廷したことはない」――。弁護士時代の籠池氏との関係について、息を吐くように嘘をつき続け、証拠を突き付けられると、「夫の代わりに出廷したことを確認できた」「記憶に基づいて答弁をしたものであって、虚偽の答弁をした認識はない」とこの期に及んで居直る。

 菅野氏は「人として美しくない」とバッサリだったが、この稲田の言い訳も限りなく「大嘘」に近い。

 弁護士の小口幸人氏がこう言う。

「『夫の代わり』というのは疑問です。夫の龍示氏が本来の担当なら、第1回の口頭弁論に本人が出廷しないのは不可解です。なぜなら第1回の期日は、裁判所が必ず原告の訴訟代理人と日程を調整して決まります。原告の代理人が日程が合わずに出廷できないなんて通常あり得ません。しかも、04年に森友学園と顧問契約を結んで最初の訴訟です。他の弁護士に任せるような失礼なことをするでしょうか」

 しかも籠池氏は、稲田とは父親の代から家族ぐるみの付き合いのようだ。父親の椿原泰夫氏(昨年10月に死去)は元高校教諭で、京都のヘイト団体「頑張れ日本!全国行動委員会」の代表も務めた根っからの極右思想の持ち主。関西保守系では有名人だった。12日に動画サイトに公開された菅野氏とのインタビューで、籠池氏はこう語っていた。

「教育関係の人間ですから、お嬢さん(稲田大臣)より、椿原泰夫先生の方が昵懇だった。ある時期までは」

 籠池氏に「お嬢さん」と呼ばれる稲田。弁護士や政治家としてやってこられたのも、父親や籠池氏の“助け”があってこそではないのか。まるで汚物を振り払うかのように“旧恩の人”を突き放す卑劣な態度は、大臣の資質ウンヌン以前に、人間失格だ。

■政権の思惑に乗っかり、籠池一人を悪者にしようとした大メディアの右往左往

 大メディアの報道もひどい。籠池理事長がきのう午前11時前に東京・羽田空港に到着すると、パパラッチのように追跡を開始。

 日本外国特派員協会での会見を中止し、菅野氏の自宅に入ると、記者やキャスターが何十人も自宅前に押しかけ、代理人状態の菅野氏に「会見は中止か、延期か」と激しい形相で詰め寄った。

 だが、ちょっと待って欲しい。確かに籠池氏はウルトラ右翼の言動を繰り返す“大阪の怪しげなオッサン”だ。しかし、本質はそこではない。矢面に立った菅野氏が「マイクを向ける相手が違う」「ホンマ悪いヤツを追いかけた方がええ」と忠告したように、疑惑を覆い隠そうとする権力者たちの闇を追及するのがメディアの仕事のはずだ。

 元NHK政治記者で評論家の川崎泰資氏がこう言う。

「マスコミは籠池氏を追いかけ回し、彼の一方的な主張をタレ流しています。恐らく、キャラが濃く、視聴率が稼げるので“おもちゃ”にしようとしているのでしょうが、そんな報道を見て『しめしめ』と一番喜んでいるのは安倍政権だと思う。政と官をまたぐ一大疑獄になる兆しがある大事件なのに、ワイドショーネタに矮小化されて伝えられているからです。果たして政治家の“口利き”があったのか、あったとすれば誰なのか。報道機関として調べることが山のようにあるはず。本質を突くのがジャーナリズムの本来の役目なのです」

 先週の会見で籠池氏は「あまりにもひどくえげつない報道」と大メディアに恨み節だったが、それも「むべなるかな」という気がしてくる。


“籠池爆弾”の破壊力…この恥知らず内閣は確実に飛ぶ<中> 2017年3月16日
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/201584

■黒幕と名指しされた松井知事と財務官僚がやったこと

「私学審議会を曲げたのはこの男」――。菅野氏が顔写真入りの用紙を掲げ、名指しで批判したのは、まず日本維新の会代表の松井一郎大阪府知事だ。

 府の私学審議会は15年1月、籠池理事長が開校を目指した小学校を「認可適当」と判断。当時は府教育長に認可権限が移る前で、松井が権限を保持していた。その1カ月前の審議会では、財務面も教育内容も森友は問題だらけとの懸念が噴出。その悪評が一転してのスピード認可だった。

 松井は「(申請者が)教育者なので性善説に立っていた」と被害者ヅラだが、籠池氏の要望を受け、12年4月に私立小の設置基準を緩和したのも松井だ。その後、私立小の設置申請は森友1件のみ。結果的に森友のための規制緩和となっている。

 ちなみに、籠池氏の要望は橋下徹氏が府知事だった11年に出された。維新を除名された上西小百合衆院議員は〈私が国会議員になった4年前、維新から「塚本幼稚園」を視察してその素晴らしさを広めろと命じられた〉と明かしている。

 橋下・松井コンビに率いられた維新は、籠池氏と“一心同体”同然なのに、今さら橋下も松井もスピード認可の背景に「国の圧力があった」と口を揃える。醜悪な責任逃れの上、大阪府は籠池夫妻の刑事告発まで検討している。

石原都政でさえ躊躇した、教育現場での国旗掲揚と国歌斉唱の義務を条例化し、違反した教員を懲戒の対象としたのが、橋下・松井コンビです。籠池氏の極右教育への共鳴も納得で、手のひら返しはそれこそ『徳目』に反します。これで捜査当局が動き出せば、あからさまな“口封じ”。橋下・松井府政ならぬ“腐政”の約10年間で、大阪では北朝鮮さながらの恐怖政治がまかり通るようになったのでしょうか」(政治学者・五十嵐仁氏)

 もう一人の“黒幕”も忘れてはいけない。菅野氏に「森友問題の発端をつくったのは、この男」と名指しされた迫田英典国税庁長官である。昨年3月、籠池氏が国有地の買い入れ要望を提出した当時、財務省理財局長として、国有財産の売買を決裁する重要ポストに就いていた。

 近畿財務局が問題の国有地を8億円引きのディスカウント価格で、森友側に売却したのは昨年6月20日。迫田氏が国税庁長官に“栄転”したのは、その3日前だ。国有地売却の事実上の決裁者は、迫田氏と見なすのが妥当である。

■そもそも、官僚が便宜を図った動機は何か

 迫田氏は一昨年の人事で、82年入省同期の福田淳一氏が次期事務次官最有力ポストの主計局長に就くまで、福田氏と次期次官レースを争っていた。国有地払い下げの手続きが着々と進められた時期とちょうど重なる。

 また、消費税増税が宿願の財務省にとって、手続きが進んだ2014~16年は過去に例がないほど“惨敗”続き。安倍首相はこの間、増税時期を2度延期した。

「経産省出身の今井尚哉首相秘書官が、菅官房長官と一緒に官邸を牛耳る安倍政権は“経産省政権”と揶揄されるほど。当初、売却額さえ非公表にし、破格の激安価格で国有地を払い下げた過程は異例続き。前例踏襲が習性の官僚機構としては、あまりにも不自然なプロセスは、“財務省の組織を挙げた巻き返し”と考えれば腑に落ちます。首相夫人が名誉校長を務める学校法人に便宜を図って、政権に恩を売る意思が働いた可能性は十分にあり得ます」(五十嵐仁氏=前出)

 真相究明には松井知事と迫田氏、黒幕2人の参考人招致が不可欠だ。

 今回の疑惑の核心は、国民の財産である国有地が、安倍首相周辺との関係を強調する学校法人に“タダ同然”で払い下げられた点にある。しかも疑惑の渦中の人物をたどっていくと、ほとんどが安倍につながっていく

 昭恵夫人が4月に開校予定だった「安倍晋三記念小学校」こと「瑞穂の國記念小學院」の名誉校長を務めていたのは紛れもない事実だし、学校設置が認可された時の文科相は“お友達”の下村博文自民党幹事長代行だ。私立小の設置基準を緩和し、スピード認可を“後方支援”したとされるのは、安倍と昵懇な仲で知られる大阪府の松井一郎知事。

 おまけに売却交渉のすべてを知っているはずの当時の財務省理財局長の迫田英典国税庁長官は、安倍と同郷の山口県下関市出身で、「総理も俺も長州人」と吹聴しているらしい。籠池氏の訴訟代理人弁護士だった稲田防衛相は、“秘蔵っ子”なんて呼ばれ、安倍のエコひいきで重要ポストを歴任している。さらには、昭恵夫人だけでなく、安倍本人が森友学園の幼稚園で講演を予定していたことも明らかになった。政治評論家の森田実氏が言う。

今回の国有地の払い下げ問題で複数の政治家や官僚が不可解な動きをしたのは明らかですが、“黒幕”はあくまでも安倍首相です。安倍夫妻が森友学園のバックにいたからこそ、財務省をはじめとする国の行政機関が忖度して動いた。時の権力者の顔色をうかがい、ゴマをすってポイントを稼ごうとするのは官僚の習性です。間接的とはいえ、安倍首相の意向が働いたことを見逃してはいけません」

 森友問題はあくまでも安倍晋三の疑獄なのだ。


“籠池爆弾”の破壊力…この恥知らず内閣は確実に飛ぶ<下> 2017年3月16日
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/201585

■籠池、菅野コンビが仕込んでいる爆弾は他にもある

 稲田が弁護士時代に森友の訴訟を担当していた事実を突き付け、国会答弁の嘘を暴いたのも菅野氏だった。

 すでに籠池氏と何時間も膝詰め談判した菅野氏は、稲田の問題以外にも政権を揺るがす爆弾を手にしたはずだ。きのう、都内の自宅で籠池氏と会談する直前には、報道陣にこう話していた。

「爆弾は(稲田の話以外に)あと4つある」

「きょう話を聞いて、さらに7つくらい出てくると思う」

 彼はモノ書きだから、慎重にウラ取りをした上で、信じるに足る事実は発表していくだろう。どんな爆弾が飛び出すのか。安倍官邸は戦々恐々である。

「稲田大臣の他にも、森友学園と関係の深かった政治家の名前が間違いなく出てくる。国会議員から森友サイドにカネが渡っていたという話も流れているし、これには現職の閣僚も関わっているらしい。そんな話が表に出てきたら大変だ。総理に近い代議士の秘書が土地取引で暗躍したという噂もある。4月に予定されている集中審議の前に、何とか森友問題を沈静化させたいのだが、投下される爆弾の内容によっては、今以上に燃え広がってしまいかねない」(官邸関係者)

 これまで菅野氏は森友学園の教育方針を厳しく批判してきた。その菅野氏と籠池氏がまさかのタッグ。この展開は予測不能で、森友の認可申請取り下げで幕引きを図っていた官邸にとっては大きな誤算だ。

「恐らく籠池さんが持ってはるもんが全部出てきたら、内閣が2つ分くらい飛ぶと思うんです。安倍晋三みたいなん、どうでもエエって話になると思う」

 菅野氏は爆弾の破壊力をこう表現していた。事件はこれからが本番だ。

■もう収拾不能、破廉恥内閣を待ち受ける悶絶死の運命

 与党の中からも「事態収拾には稲田防衛相の辞任は避けられない」という声が上がり始めていたが、籠池氏が菅野氏に爆弾を託したことで、完全に潮目が変わった。もはや、稲田のクビ程度で収束は無理だ。


「稲田防衛相の辞任は当然ですが、誰が見ても能力不足の彼女に目をかけ、防衛相にまで就けたのは安倍首相です。任命責任は免れない。それ以上に、森友疑惑 の背後には安倍政権と極右のいびつな人脈があることが国民に広く知られれば、政権は持ちません。極右思想を共有する仲間内で便宜を図り、甘い汁を吸う。安倍政権がやっていることは国家の私物化です。罷免された韓国の朴槿恵前大統領と構図は変わらない。籠池理事長が本物の愛国者なら、知っていることを洗いざらいブチまけるべきです。この破廉恥政権を倒すことこそが真の国士の役目です」(政治評論家・本澤二郎氏)

 権力に驕って好き放題を続け、保身のためには熱心な支援者も平気で切り捨てる。そういう安倍政治の本質が問われているのだ。安倍に「しつこい」と罵倒され、稲田からも「大変失礼」と非難された籠池氏は、「トカゲの尻尾切りはやめて欲しい」と訴えていたが、渾身の反撃で追い詰められるのはトカゲ本体の方 だ。

 何しろ、籠池爆弾は「内閣2つ」吹っ飛ばす威力なのである。安倍政権は確実に倒れる。周囲まで延焼し、現政権の中枢は二度と立ち上がれなくなる。そんな悶絶死も、ロクでもない勢力に支えられてきた安倍政権の宿命なのだろう。自業自得という他ない。

























【アベ友疑獄】籠池理事長「9月5日、講演に来た昭恵夫人から100万円渡された」 田中龍作 2017年3月16日 19:23
http://tanakaryusaku.jp/2017/03/00015531


森友学園 籠池理事長と首相の発言に食い違い 3月16日 18時40分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170316/k10010913931000.html?utm_int=detail_contents_news-related-auto_001

大阪・豊中市の元の国有地をめぐる問題で、学校法人森友学園の籠池理事長は16日、「学園をつくる皆さんのご意思の中には、安倍内閣総理大臣からの寄付金が入っている」と発言しました。安倍総理大臣はこれまで国会で「籠池理事長と個人的な関係はない」と述べていて、互いの発言が食い違っています。

籠池氏は16日、参議院予算委員会の理事による大阪での関係先の視察に際して、与野党の理事と午後2時すぎ、小学校の建設予定地で面会しました。

この中で籠池氏は与野党の理事に対して、「われわれがこの学園を作りあげようとしたのは、皆さん方のご意志があってこそ。そのご意志の中には誠に恐縮ですが、安倍内閣総理大臣の寄付金が入っていることを伝達します」と発言しました。

視察団のメンバーによりますと、籠池氏は「おととし9月、安倍総理大臣の妻の昭恵夫人に講演してもらった時に、昭恵夫人から寄付金100万円をいただいた」などと話したということです。

このあと、野党4党の国会議員と自宅で面会した籠池氏は報道陣に対し、「すべては国会でお話することにします」とだけ述べ、詳細は明らかにしませんでした。

一方、安倍総理大臣は籠池氏について、先月17日の衆議院予算委員会で、「妻から森友学園の教育に対する熱意はすばらしいという話を聞いております」、「妻が知っており、いわば私の考え方に非常に共鳴している方で、『安倍晋三小学校』にしたいという話がございましたが、私はそこでお断りをしているんです」などと述べています。

その後は、先月24日の衆議院予算委員会で、「1対1でお目にかかった記憶はなく、講演をお断りする際に電話で申し上げた。学校法人が運営する幼稚園にもおうかがいしていない」と述べるなど、個人的な関係はなかったと繰り返し強調していました。

森友学園は一時、「安倍晋三記念小学校」の名称を使って、小学校開設のための寄付金集めを行っていましたが、これについても安倍総理大臣は「寄付を募る紙に『安倍晋三小学校』とあったのを見て驚がくした。寄付金集めに名前が使われたことは本当に遺憾で抗議し、先方から謝罪があった」と述べています。

一方、安倍総理大臣の妻の昭恵夫人は、平成26年12月とおととし9月の2回、森友学園の運営する幼稚園を訪れて講演を行っています。森友学園が開校を計画していた小学校の名誉校長を引き受けていましたが、この問題が発覚したあとの先月24日に辞任しました。

安倍総理大臣は国有地の払い下げで、国が大幅な値下げをしたことについては「私も妻も一切関わっていない。関わっていたら総理大臣も政治家も辞めると」と国会の場で繰り返し述べています。 藁


籠池理事長の証人喚問 自民・民進が合意 23日に 3月16日 21時43分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170316/k10010914361000.html?utm_int=news_contents_news-main_001&nnw_opt=news-main_b

自民党と民進党の国会対策委員長が16日夜、電話で会談し、大阪の学校法人「森友学園」の籠池理事長の証人喚問を、来週23日に、衆参両院の予算委員会で行うことで合意しました。

大阪の学校法人「森友学園」の籠池理事長は16日午後、学園が小学校の建設を進めていた現場の視察に訪れた参議院予算委員会のメンバーに、「この学園を作るにあたっては、安倍総理大臣の寄付金が入っていることを伝達する」と述べました。

これに対して、菅官房長官は記者会見で「安倍総理大臣に確認したところ、『自分では寄付はしていない。昭恵夫人や事務所など、第三者を通じても寄付をしていない』ということだった」と述べました。

自民党の竹下国会対策委員長と、公明党の大口国会対策委員長は国会内で会談し、籠池氏本人に国会でただし、事実関係を確認する必要があるとして、野党側の求めている籠池氏の国会への招致に応じることで一致しました。そのうえで、竹下氏は、民進党の山井国会対策委員長と電話で会談し、来週23日に、籠池氏の証人喚問を、衆参両院の予算委員会で行うことで合意しました。

具体的には、23日午前に参議院で、午後に衆議院でそれぞれ行うことで、17日の衆参両院の予算委員会で、それぞれ議決することになりました。

竹下氏「真実たたき出してくれる」

自民党の竹下国会対策委員長は記者団に対し、「参考人招致に応じなかった理由は、いくつかあったが、それを乗り越えて、籠池氏が、安倍総理大臣に関することまで話し始めたので、これは放っておけないというのが正直なところだ。議員がしっかり質問をして、真実をたたき出してくれると思っている」と述べました。

また、公明党の大口国会対策委員長は、「一方的に籠池氏が発言しており、こういう状態が続くと、国民から疑念を抱くことになる。証人喚問で虚偽のことを言えば、偽証罪になるので、しっかりと証言していただく」と述べました。


https://twitter.com/aritayoshifu/status/842177820197511168
有田芳生‏認証済みアカウント @aritayoshifu 17:56 - 2017年3月15日

文科省の関係者「詳細はお伝えしかねますが、愛媛県今治市で大学建設を進める加計学園のことで、昭恵さんから省内にご相談いただいたことがあるのは確かです」(「週刊新潮」3月23日号)。同号には萩生田光一官房副長官が落選中に学園運営の千葉科学大学客員教授だったことも明らかにされています。



抱き落とし恐喝 野次馬 (2017年3月17日 01:48)
http://my.shadowcity.jp/2017/03/post-10806.html

半日くらい真面目に仕事をしていると、すっかりネットの潮流から取り残されてしまうw 今やっと追いついたところw 小ネタなんだが、安倍晋三が講演会へ行けなくなった事を詫びる手紙というのが公開されました。署名はたしかに安倍晋三のモノらしい。

https://twitter.com/noiehoie/status/842395165754978304
https://twitter.com/kinokuniyanet/status/842400512800505857

https://twitter.com/noiehoie/status/842395165754978304
平成24年9月11日
塚本幼稚園 幼児教育学園 保護者の皆様へ
この度、自由民主党総裁選挙への私の出馬により、公務である候補者全員での地方遊説の実施となり、以前よりお約束させていただきました、貴塚本幼稚園主催の講演会へ伺えなくなりました。
誠に申し訳ございません。
後日必ず貴園に訪問し、皆様にご挨拶させていただきますので、ご容赦下さい。
衆議院議員 安倍晋三


この手の小ネタは爆弾のうちに入らないので、23日までの間にも続々と出て来るだろう。

http://mainichi.jp/articles/20170315/k00/00m/040/218000c
大阪市の学校法人「森友学園」が開設を目指した小学校の設置認可申請を巡り、学園が大阪府私立学校審議会(私学審)に提出した「7億5600万円」の工事請負契約書について、設計業者が国土交通省の聴取に「知らない」と説明しているにもかかわらず、契約書に設計業者の押印があることが、府関係者などへの取材で分かった。


こういうのを「ヤクザの抱き落とし恐喝」と言うらしいw たいていの場合、それ以前にカネを渡して黙らせるもんだが、うまく行かないと「制御不能」になるw


森友学園 籠池理事長 23日に証人喚問 3月17日 4時03分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170317/k10010914511000.html?utm_int=news_contents_news-main_001&nnw_opt=news-main_a

国会では、衆参両院の予算委員会で、大阪の学校法人「森友学園」の籠池理事長の証人喚問を来週23日に行うことになりました。証人喚問では、森友学園の土地の売却問題をめぐり政治家の関与の有無などが焦点になる見通しです。

大阪・豊中市の国有地が、学校法人「森友学園」に鑑定価格より低く売却されたことをめぐって、参議院予算委員会が、16日、「学園」が小学校の建設を進めていた現場を視察した際、籠池理事長は「この学園を作るにあたっては、安倍総理大臣の寄付金が入っていることを伝達する」などと述べました。これに対し、菅官房長官は、「安倍総理大臣に確認したところ、『自分では寄付はしていない。昭恵夫人や事務所など第三者を通じても寄付をしていない』ということだった」と述べました。

自民・公明両党は、籠池氏本人に国会でただす必要があるとして、野党側が求めてきた籠池氏の国会招致を受け入れる方針に転換し、自民党と民進党は、来週23日に衆・参両院の予算委員会で証人喚問を行うことで合意しました。

与党側は、自民党の竹下国会対策委員長が「安倍総理大臣のことまで話し始め、放っておけず、真実をたたき出したい」と述べるなど、虚偽の証言に罰則が定められている証人喚問で籠池氏に真実を明らかにするよう促し、国有地の売却や学園への寄付に安倍総理大臣の関与がないことを明確にしたい考えです。

一方、野党側は、民進党の山井国会対策委員長が「籠池氏の言い分と安倍総理大臣の言い分が食い違っており、真相を究明したい」と述べました。

森友学園の土地の売却問題をめぐっては、野党側は、政治家の関与があったのではないかと追及を続けており、証人喚問では、こうした点などが焦点になる見通しです。


【森友疑獄事件】 安倍の100万円寄付もすごいけど、このネタも実はすごい 反戦な家づくり 2017-03-17(Fri)
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-1608.html

いきなり赤旗の引用から

貸し付け 事前に伝達 宮本岳議員 森友疑惑 新資料示す 衆院財金委 2017.3.16 しんぶん赤旗
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik16/2017-03-16/2017031601_03_1.html

 宮本氏が明らかにしたのは、財務省近畿財務局が豊中市に提出した「承諾書」と書かれた1枚の文書。国有地開発について豊中市に森友側との協議を認めたものです。貸し付け契約について、森友側が目指していた小学校の新設について審査する大阪府私学審議会と、土地処分を審査する財務省国有財産近畿地方審議会の「答申を得た後で行います」と明記。籠池理事長の本名「籠池康博」の直筆のサインがあります。「承諾書」は2014年6月30日付。私学審議会の答申(15年1月)や国有財産近畿地方審議会の答申(同2月)の半年以上前に貸し付け契約の見通しを学園側に伝えていたことになります。
 財務省の佐川宣寿理財局長は「地元自治体との事前相談の事例はいくつもある。特別なことではない」と言い訳しました。
(引用以上)

・・佐川理財局長は、例によって霞ヶ関文学で微妙に言い方を変えて誤魔化しているが、これは「事前相談」ではない。
あくまでも、条例に基づく正規の申請であり、それをうけての審査と認可である。
こんなことが、まったく赤の他人の土地でできるわけがない。もし、豊中市が勝手にやったら行政訴訟ものだ。

・・「上司に言われました」という言い訳の連鎖で、おおもとをたぐり寄せるのだ。

まずは、「承諾」をした財務局の担当者と、8.2億円の見積をした航空局の担当者と、認可適当に誘導した大阪府私学課の担当者 この3人を承認喚問すべきだ。

ついこの間まで「チーム籠池」として安倍晋三記念小学校の設立運動を盛大にやっていた妖怪ども。教育再生会議とかいう仮面を被って暗躍している 自民・維新とそのバックボーンを、白日のもとに引きずり出す。
安倍の首はとりたいけど、敵は安倍晋三すら「尻尾切り」してくるかもしれない。尻尾ではないにしろ、いくつかある頭のうち一個は泣く泣く切り捨てるという判断をする可能性はある。
あくまでも、最終目標は 安倍晋三をふくむ妖怪集団をあぶり出すことだ。

そのためにも、100万円は最大限騒ぐとともに、地道な証拠の積み上げを大事にしなければならない。



逃げるが勝ち 野次馬 (2017年3月17日 05:17)
http://my.shadowcity.jp/2017/03/post-10807.html

森友サイドが雇っていた弁護士が逃げた件なんだが、財務省の工作を否定して、その場で辞任したわけだ。まぁ、常識的に考えて、財務省の意向を汲んで、どこかの誰かから言われたのを、この弁護士がカゴイケに伝えていたのは当たっていると思う。逃げ足、早すぎだものw しかも、「以後、マスコミはワタシの名前を出すべからず」とまで釘を刺しているw ネットでは名前が出ているんだが、維新と縁の深い人物らしいw 弁護士の日本会議系w

http://www.sankei.com/west/news/170315/wst1703150088-n1.html
 学校法人「森友学園」の代理人を務めていた弁護士が15日、報道各社にあてた文書で、学園の代理人一切を辞任したことを明らかにした。
 また学園をめぐる問題が表面化した2月ごろ、財務省の佐川宣寿理財局長が学園の籠池泰典氏らに対し、弁護士を通じて「身を隠してくれ」と依頼したと一部で報道されたことについて、この弁護士は「事実誤認であり、佐川理財局長とは面識もないし、話をしたこともない。財務省の他の方からもそのようなことを言われたことはない」と全面的に否定した。

https://twitter.com/noiehoie/status/842274504021696512
菅野完‏ @noiehoie 12:21 AM - 16 Mar 2017

菅野完 Retweeted Tontansan

実を言うと、あの辞任の電話が籠池にかかって来てた時、俺、その会話、全部聞いてるのよね。

あの弁護士、完全に嘘ついとる。


ところで、おいらが睨んでいるのは、「寄付金」だ。デビ夫人が100万円とか、安倍晋三が100万円とか、そんなみみっちい話ではない。資金力のなさを指摘されて、学校の認可があぶなくなった時に、わずか一ヶ月で5億円の寄付金を集め、しかもそのうち4億円が「一人」の人物による、という不思議w 4億円出すウヨクがいるとしたら高須クリニックくらいだが、高須だったら自分からパーパーしゃべるので、それはないw この4億円を出したのは誰か? あるいは「見せ金」かも知れない。一文無しのウヨクが数億の見せ金を必要としたら、ヤクザ絡みの金貸しとか、貸すヤツもいるだろう。裏で借用書があっても、表向きは「寄付金」で処理、そんな事だろうw もっとも、筋の良くない金貸しから借りなくても、アベシンゾーの威光があれば、それこそりそなでもどこでも銀行からだって借りられるだろうがw 政治家が出したカネはメクラマシで、大事なのは「一人で4億円」出したのが誰か、という事だ。おいらの知る限り、ウヨクなんてシロモノはカネがないか、あってもカネにキタナイやつばかりw


「安倍首相からの100万円」 菅野完 | 著述家 3/17(金) 13:11
https://news.yahoo.co.jp/byline/suganotamotsu/20170317-00068806/


安倍晋三


森友学園の籠池理事長が、東京都内の我が家を突如訪れたのは、3月15日。

当日私は大阪で、塚本幼稚園を自主的あるいは強制的に退園した保護者たちが行う、大阪府への申入れと記者会見を取材していた。

外国特派員協会での記者会見がキャンセルになったことを前日夜に知った瞬間、「じゃあ、空いた時間、僕にください」と打診したところ、籠池氏はすぐに「じゃ、自宅で」と応諾してくれた。

しかしこの「自宅」の認識が違っていた。私は「大阪府豊中市の籠池氏の自宅でのインタビュー」と認識していたが、籠池氏は「東京の菅野の自宅でインタビュー」と認識していたのだ。

「なんや、菅野さん、大阪におるんか」との電話を受けたのが、11時過ぎ。仕方ない、大阪での取材を切り上げて東京に戻るしかない。

急遽羽田に戻って、タクシーで自宅まで飛ぶようにして帰って驚いた。メディアが殺到しており私自身が自分のマンションには入れない。これは異常だ。この異常なメディアスクラムを解除するために行ったのが、この囲みの取材だ。FNN が全編ノーカットで公開している。最後まで見てもらえばわかるように、この会見の趣旨は「メディアスクラムを解いてくれ。そうでないと取材ができない」と言うものだ。ほとんどのメディアは、同業者としてこの申し入れを理解してくれ、メディアスクラムを解除してくれた。

そこから始まった、籠池氏へのインタビューは、約三時間にわたった。

その詳細を今、文章にすることはまだ、できない。

しかしこのインタビューで籠池氏が語った最重要証言「安倍首相から100万円の寄付をもらった」とのエピソードは、翌日、籠池氏の口から語られてしまった。「ネタ元」にとくダネを抜かれた。。。。こんな経験、おそらくこの先もすることはないだろう。

籠池氏によると、この100万の寄付金が安倍昭恵夫人から手渡されたのは、2015年9月5日土曜日

メディアに何度も登場した「安倍昭恵氏が瑞穂の国記念小学院」の名誉校長に就任した、あの講演会が行われた日だ。

「昭恵さんから、封筒に入った札束を、『これ、主人から』と言われた。」

「領収書は?と聞いたら『いや、まあ、それは』とおっしゃった。」

「土曜日やし、もっとくの怖いし、我慢せなしゃない。月曜日に自分らで入金した」


「ようわからんようになるから、安倍晋三名義で入金しようとしたけど、会計の人に止められたんで、森友学園の名義で入金した」

こう証言する籠池氏の顔は苦渋に満ちていた。ようやく、重い口を開いたのだ。私と一緒にこの証言を聞いていた扶桑社の編集者も、なぜか、泣きそうな顔をしている。 

しかしこの段階では、まだ「証言」に過ぎない。何か物証はないのか?

「あるんちゃうかな。寄付者名簿、その日付のあるしね」

「振込票、残っとるんちゃうか?」

それ、それが欲しいんですよ、理事長。

と言うことで、今日、たった今、その物証の現物を入手した。

確かに「安倍晋三」の名前は出てこないが、「100万円」「森友学園名義の振込」「土曜日に受け取った現金を次の土曜日に入金した」を裏付ける寄付者名簿は存在した。振込票の現物も、ある。

取り急ぎ、この物証を、みなと共有し、読者諸賢の判断を仰ぎたい。


寄付者名簿


画像加工の素人のため、黒塗りがいびつで恐縮だが、平成27年=2015年の9月7日月曜日、つまり、土曜日だった9月5日の安倍昭恵講演会直後の平日に、100万円の入金があることが確認できる


振込表の現物


これが上記入金の元となった、振替払込用紙の現物。「森友学園」が名義欄にボールペン書きされているが、よく見ると、その上部に修正液で何か消されているのがわかる。

この修正液部分に、裏からライトを当ててみると。。。。。


修正液部分のライトアップ


やはりこれは、「安倍晋三」としか、読みようがない。


昭恵夫人“寄付金”「全く覚えていない」 日本テレビ系(NNN) 3/17(金) 11:19配信
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170317-00000020-nnn-pol

 森友学園の籠池理事長が安倍首相から昭恵夫人を通じて寄付金を受け取ったと発言したことについて、昭恵夫人が「全く覚えていない」と話していることがわかった。

 政府関係者によると、昭恵夫人は「寄付金を渡したなら覚えているはずだ。全く覚えていない」と話しているという。また、随行した政府職員も「寄付を渡すという状況にはなかった」と説明しているという。

 籠池氏は16日、与野党の議員に対し、2015年9月に昭恵夫人を通じて安倍首相から100万円の寄付金を受け取ったと発言していて、双方の主張は食い違っている。

 このため与野党は23日に籠池氏の証人喚問を行い真偽をただす方針で、17日午後、正式決定する予定。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 安倍昭恵 文科省に圧力電話... | トップ |  »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして、便所パヨクの皆さん (エネルギー名無し)
2018-08-01 02:18:02
 よくもまあこんな便所の落書きを証拠に鬼の首獲ったみたいに騒いでたけど、今どんな気分?
 「内閣が二つ飛ぶ」と豪語してたノイホイも、身から出た錆で自分が吹っ飛んでるね。
 ゲラゲラ。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事