Seize the day.

May the Force be with us all.

2022/10/28

2022-10-28 22:03:13 | 日記
生きとし生けるものがしあわせでありますように


なんのために生きているのか

生きる意味はなんなのか

そのような悩みをもつ生命も存在することでありましょう


人生に意味はないが、人格を向上して、他の生命の役に立つことをして、人生を有意義にする

そのような見解に基づいて書かれる記事が以下に続きます



他の生命の役に立つと言います
極端な譬え話をします


快楽を求める生命がいるとします

その生命の役に立とうと「覚醒剤」を差し上げることは、その生命の役に立つことでしょうか

とりあえず快楽はあるかもしれませんが、
そのあとどうなっていくのか知識があり、その生命の予後を考えるなら、そのようなやり方では役に立つとは言えないと分かることでしょう

極端な喩えではありますが、
他の生命の役に立つ、と言ってもなかなか難しい場合もありましょう

ですから人格の向上も必要であろうと思います。

ある種の皮膚疾患のように、
かゆみを生じて
掻けば快楽を感じますが
その後には皮膚がボロボロになり
さらにかゆみを生じ
また掻けば
疾患の範囲が広がってしまうような

覚醒剤は極端であったとしても

気を付けなければならないことは意外なところにある可能性があるかもしれません。


ある生命に対して不快を感じたら

その生命を慈しみます

その生命を優しい気持ちで見ます


ある生命を非難したい気持ちが生じたら

その生命を慈しみます

その生命を優しい気持ちで見ます


それがもしできないとしたら

できない生命は間違いを為しています


どう考えても間違っていて世界中の非難を浴びるべきだと思える生命がいるとします

そうしたらその生命を慈しみます
優しく見ます


その生命によって苦しめられている生命がいたら

苦しめられている生命を慈しみます
苦しみを除去してあげられる場合は除去します
苦しみを軽減してあげられる場合は軽減させます
苦しめられている状況をなくすことができる場合は必要な行動をします

そして、他の生命を苦しめる生命を慈しみます
優しい気持ちで見ます

その生命によって殺された生命がいたら

殺された生命を想って廻向します

そして、他の生命を殺した生命を慈しみます
優しい気持ちで見ます


それができない生命は
間違いを為しています


間違いを為す生命がいたら
その生命を慈しみます
優しい気持ちで見ます


間違いを正してあげることができる場合は

慈しみをもって正します

優しい気持ちで正します

不快感をもって正そうとしません

非難したい気持ちのまま正そうとしません


「ある生命」は

自分と認識しているその・この生命かもしれません

他の生命かもしれません


間違いを為す生命は

自分と認識しているその・この生命かもしれません

他の生命かもしれません



「自分がされて嫌なことを他の生命にしない」
生命の基本でありましょう

「自分がして欲しいことを他の生命にしてあげる」
それも生命の基本でしょう

「間違いを為さない生命はいない」
それも生命でありましょう


非難して欲しいのか

不快感を持たれたいのか

無条件で慈しんで欲しいのか

優しい気持ちで接して欲しいのか


間違えることが必須のこの生命は

他の生命を非難したい気持ちでなく

他の生命に不快を感じるままでなく

他の生命を慈しみます

他の生命に優しい気持ちで接します



生きとし生けるものがしあわせでありますように


いっさいの生命が

幸福でありますように


こころの汚れが少なく

喜びがありますように

苦痛や苦難がありませんように



 

最新の画像もっと見る

コメントを投稿