恋染紅葉

映画のこと、本のこと、日々の些細なことを綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

おみおくりの作法

2015-03-26 | 映画(あ~さ行のタイトル)
孤独死した人がいれば身寄りはいないか調べ、
誰もいないと静かに一人で見送ってあげる、
役所の民生係でそんな仕事をしているジョン・メイ。
あまりにも生真面目すぎる仕事ぶりに、「時間のムダ!」と人員整理のため解雇を言い渡される。
最後の仕事は、なんと向かいに住んでいた男性だった。
ジョンは、故人のため、いつも以上に熱心に身内や知人を訪ね歩く・・・。

***

ずっと、淡々とジョンの仕事ぶりを見せられる。
亡くなった人の部屋に出向き、残されたものから、その人がどんな人で、どこに家族がいるか調べて、葬儀を行ってもらえるよう依頼する。
ほとんどが身寄りなく、ジョン一人が葬儀に立ち会う。
いろんな宗派があるが、故人に合わせ、弔文まで推測して作る。
縁もゆかりもない人の人生を丁寧に辿り、ちゃんと見送り、故人の写真を自宅に持ち帰りアルバムに貼る。
忘れられた存在だった故人が、ジョンによって、生きた証が刻まれる。
生きた証・・・ジョンが訪れる部屋は、まさにそこで生活していた事実が残されている。
干したままの洗濯物、飲みかけのお酒、、、
部屋を見ると、生前の故人の様子が窺われる。
そのシーンを見ていると、「人生の断片はきれいにしておかないといけない」という教訓が浮かぶ。

さて、そんなジョンの最後の仕事、
そこからいつもにない展開が広がっていくのだが・・・

ジョンもまた身内のいない寂しい一人暮らし、
毎日おもしろみのない生活パターンだが、
最後の仕事を通じてちょっと変化が見え始める。
人生の最後をどう締めくくるかは、やはり人と人の繋がりがあって、実のあるものになるのか。

そして迎える結末。

人は、どんなに華々しく名誉や交友関係を成したとしても、
どれだけ善行を積んだかで、最期に幸せかどうかが決まると思う。
生きているうちに善き行いをしてきた者は、
あの世に行ってからも幸せになれるのだ。

そんな感想を持った。
『映画DVD(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« ゴーン・ガール | トップ | 読書と映画の記録 »
最近の画像もっと見る

映画(あ~さ行のタイトル)」カテゴリの最新記事