恋染紅葉

映画のこと、本のこと、日々の些細なことを綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

読書記録

2014-07-17 | 日記
ここ半年の記録していなかった読書履歴。(印象に残ったものだけ)


-----------------


「銀二貫」(高田郁)
  ドラマは未見だったが、泣けるいいお話。

「長女たち」(篠田節子)
  それぞれの娘たちの状況に、頷くことたくさん。
  今、声に出して言いたい台詞があり、褒められたことじゃないが「自分だけがそう感じている」のではないとヘンな安心感が生まれた。


「ラバー・ソウル」(井上夢人)
  岡嶋二人さんのときからのファンですが、やはり面白い。
  

「もう私のことはわからないのだけれど」(姫野カオルコ」
  親の介護をしている人たちの手記をまとめた・・・という小説。


「父の生きる」(伊藤比呂美)
  詩人の伊藤さんの遠距離介護の体験を綴ったエッセイ。

『本(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 「翔ぶ少女」原田マハ | トップ | 読書記録 »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事