ビーケア訪問看護リハビリステーション

看護のお悩みを個々にお聞きしながら共に寄り添い、負担を軽く出来るようにスマホなどを活用する新しい形のステーションです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

研修会のお知らせ~第2弾~

2017年06月29日 14時23分20秒 | お知らせ

前回、ご好評を頂いた訪問リハビリの勉強会ですが...
第2弾を開催します

第2弾はビーケアの理学療法士 杉浦拓矢さんと田中優さんを講師として、
2部構成でお送り致します

では杉浦拓矢さんから
難病 パーキンソン病 への対応方法を学ぶ 
「在宅でのパーキンソン病の方への対応」

では 田中優さんから
車椅子から便座、浴槽、ベッドなどへ患者さんを移乗させる技術を学ぶ
「理学療法士が伝える魔法のトランスファー実技」

についてお話していただきます

前回に引き続き申し込み不要、参加費も無料です

第1弾に参加されていなくてもわかる内容となっていますので、
ご興味のある方はもちろん、新規のご参加も大歓迎です

みなさまのご参加をお待ちしております

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
日時:2017年7月14日(金)18:30〜20:00
場所:町田市 ラポール千寿閣 3F

講演 第1部:「在宅でのパーキンソン病の方への対応」
         ~リハビリと多職種の関わり方~
講師:ビーケア訪問看護リハビリステーション
   杉浦拓矢 氏

講演 第2部:「理学療法士が伝える魔法のトランスファー実技」
         ~基本動作のメカニズム~
講師:ビーケア訪問看護リハビリステーション
   田中優 氏

参加費:無料
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

看護とリハビリのチームプレイ

2017年06月16日 19時13分59秒 | ある日のステーション
ビーケアでは訪問看護訪問リハビリを行っています。

どちらか片方を利用される方もいれば、両方利用されている利用者さんもいます。

足が悪く、立つ・座るの動作が難しいので、ご家族も介助が難しく困っている利用者さん。
元々は看護だけを利用されていましたが、リハビリも導入して様子を見ることとなりました。

そこで、看護でお伺いしている時間でもリハビリができるように、
作業療法士の永島さんにレクチャーをお願いした看護師さん



立つ・座るの動作が難しいので、つかまり立ちのアドバイスを聞いてます



前回の訪問時にやったことと、利用者さんの状態を伝えて



次回にどのようなアプローチをすればいいかを教えてもらいました


利用者さんにより良いサービスを提供するためにも、現場の連携は非常に重要です。
ビーケアは看護もリハビリもお互い協力し合って、利用者さんに笑顔を届けます
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

研修会とリハビリのお話

2017年06月09日 14時03分05秒 | リハビリ
6/2(金)の研修会へのご参加、ありがとうございました

今回講師を務めた理学療法士の田中さんは、
講演以外に地域のイベントで体操教室を開いています。


『サロンよってこ』イベント 健康体操教室
日時:毎月第3土曜日 10:30~12:00
場所:上鶴間公民館ロビー

コーヒー1杯からの社会貢献をコンセプトに実施しています



健康体操は頭、体、そして元気よく声を出し
普段でも実施できるようなプログラムになっています。

体操の前後ではお身体の悩みや質問などのご相談もお受けできますので、
興味のある方は是非ご参加ください



さて、本日はご病気からリハビリを経てお仕事に復帰した利用者さんのお話。



こちらの利用者さんはご病気から2か月後に訪問リハビリの利用が始まり、
復職を目標に理学療法作業療法を週に一回ずつ実施しました。



また、公共交通機関を利用して仕事場まで同行リハビリも行うことで、
なんと、一ヵ月で復職できました!

次の目標は利用者さんの夢でもある『もう一度車に乗る!』こと。
現在はこの夢に向かってプログラムを遂行中です



ビーケアでは利用者さんの夢が実現できるようなリハビリを目指して、日々精進しています!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

抜き打ち健康診断

2017年06月01日 17時28分41秒 | ある日のステーション
今日はビーケアの運営会社でもあるベガシステムで

ちょっとした健康診断をやってきました

まずは酸素飽和度(SpO2)から…


健康な方であればほぼ99となるのですが、この方は97~98でした。

酸素飽和度は姿勢でも変わるため、
猫背になっていた姿勢を正したところ、99まで上がりました
胸を張ることで酸素が肺に取り込まれやすくなります。

続いて血圧を測定


ここの技術スタッフさんは30代の方が多く、皆さん細身ですが血圧が高めでした

話を聞くと味の濃いものやカップラーメンをよく食べるということだったので
塩分(特にカップラーメン)を控えるようアドバイスしてきました
※一日の塩分の目安は12gとされていますが、カップラーメンだけで5gも摂取してしまいます。

病気になる前に予防することはとても大切なことなので
今、健康であったとしても健康診断等の数値は気にしてみてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加