ビーケア訪問看護リハビリステーション

看護のお悩みを個々にお聞きしながら共に寄り添い、負担を軽く出来るようにスマホなどを活用する新しい形のステーションです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自動車運転支援サービス提供開始

2017年10月03日 11時24分57秒 | リハビリ
2017年10月1日より、自動車運転支援プランのサービスを開始しました!




脳卒中の後遺症があるけどまた運転したい…
高齢になり運転が不安…
親の運転を見てると事故しないか心配…


そんな思いを解消するのが、ビーケアの在宅(自宅)での自動車運転支援プランです。
訪問リハビリでの実車訓練が出来るのは日本でビーケアだけです!
ぜひわたしたちにお任せください。
※ご利用には主治医の了承が必要になります





詳細はこちらからどうぞ!
http://www.bee-care.jp/driver-rehabilitation/
コメント

研修会とリハビリのお話

2017年06月09日 14時03分05秒 | リハビリ
6/2(金)の研修会へのご参加、ありがとうございました

今回講師を務めた理学療法士の田中さんは、
講演以外に地域のイベントで体操教室を開いています。


『サロンよってこ』イベント 健康体操教室
日時:毎月第3土曜日 10:30~12:00
場所:上鶴間公民館ロビー

コーヒー1杯からの社会貢献をコンセプトに実施しています



健康体操は頭、体、そして元気よく声を出し
普段でも実施できるようなプログラムになっています。

体操の前後ではお身体の悩みや質問などのご相談もお受けできますので、
興味のある方は是非ご参加ください



さて、本日はご病気からリハビリを経てお仕事に復帰した利用者さんのお話。



こちらの利用者さんはご病気から2か月後に訪問リハビリの利用が始まり、
復職を目標に理学療法作業療法を週に一回ずつ実施しました。



また、公共交通機関を利用して仕事場まで同行リハビリも行うことで、
なんと、一ヵ月で復職できました!

次の目標は利用者さんの夢でもある『もう一度車に乗る!』こと。
現在はこの夢に向かってプログラムを遂行中です



ビーケアでは利用者さんの夢が実現できるようなリハビリを目指して、日々精進しています!


コメント

新しい装具の作成

2017年05月11日 18時57分29秒 | リハビリ
唐突ですが、多肉植物っていいですよね
あの丸っこい形がかわいいですよねー


さて、本日はリハビリの利用者さんのお話を紹介します。

在宅では病気を発症されてから5年、10年と経過している方が少なくありません。
今回は、その中でも脳卒中を発症されて装具を使用している利用者さんのお話です。

装具とは

病気・ケガなどにより、身体の機能が低下したり、失われたりした際に、
その機能を補ったり、患部を保護、サポートをするために装着するものです。(↓参考写真)


装具は私たちが普段使用している『靴』と同じ消耗品です。
なので時間の経過によってサイズが合わなくなってきます。
こちらの利用者さんは、サイズが合わなくなった結果、
足の指やくるぶしに装具が当たり痛くて歩けなくなってしまいました。

そこで、新しい装具を作成することになりました。
作成のためにケアマネージャー、医師、技師装具士の方々に協力していただきました。
リハビリのご依頼から約1か月半で新しい装具が完成しました

現在では朝・昼・夜に各2回歩く運動を再開して頑張っております。
今後は外へ散歩へ行くと意気込んでおられます


ビーケアではリハビリによる身体機能の回復以外にも、
装具の調整や家屋調査指導によるリフォームのお手伝いなども行っております。
お困りごとがありましたら、是非お気軽にご相談ください
コメント

想いをかたちにするリハビリ

2016年08月04日 13時57分04秒 | リハビリ
ビーケアは「訪問看護リハビリステーション」です。

今日のブログは「利用者さんの想いをかたちにする」リハビリのお話…





「私の生きがいはゲートボールでした…」



最初のリハビリで利用者さんがぼそっと話されていました。

「今は少しでも健康でいられれば…それでいい」

しかし、ゲートボールの復帰ではなく、それが利用者さんのリハビリ目的でした。

病気と膝の痛みが原因で一年以上ゲートボールから離れ、
外で歩くのも恐怖心が出ていました。

「まずは週2回のリハビリからはじめましょう!」

 私の心は「ゲートボールの復活を目標に!


リハビリをしながら不安感・恐怖心を少しずつ取り自信をつけてもらいました。
そしてリハビリを始めて1カ月…
私は、

「ゲートボールのスティックをみてみたいです」

と言いました。利用者さんは、

「これを出して触るのは半年以上振りだわ~」

とスティックを持ってきてくれました。

「ちょっと持って構えてみてくださいよ」

と笑いながら言うと、利用者さんは構えて

「久しぶりでなんだかうれしいわ~昔はこうやって振ってたのよ」

と素振りをし始めました。

「やっぱ様になってますね!
 今度行ってみませんか?
 10分でもチャレンジしてみましょうよ!
 リハビリ順調で屋外も歩けるじゃないですか~」


当初より動けるようになってきましたので、促してみました。
すると次のリハビリのとき、

「この前1時間だけ参加してきました!
 疲れたけど楽しかったー。
 少しずつ、秋の大会には出れるかもしれない」


と言いました。私は、

「すごいですね!うれしいです!」

と感動しました。



現在では、練習や試合後に疲労は残りますが
週に2回、3時間の練習も実施できています。

リハビリも週に一回になりました。
先日利用者さんの生き生きとプレーしている姿を見て
私自身もうれしくなりました!



ビーケアでは利用者さんの 「想いをかたちにする」 そんなリハビリを提供していきます!
コメント

リハビリってどんなもの?その2

2016年04月15日 11時40分56秒 | リハビリ
昨夜は熊本で大きな地震がありました。
まだまだ余震も続いているようです。
九州 熊本地方の皆様のご無事をお祈りしております。


******************

今日の町田はよく晴れて暖かな春らしい陽気です。
もう4月も半ば、桜は散ってしまいましたが、葉の新緑が
やんわりと目に優しい季節の到来です。

前々回のブログで、今月から利用者様のリハビリが
スタートしたとのご報告をしました。
リハビリを受けた利用者様の様子をきいてみると・・・

表情がかわった
反応がよくなった

目に見える変化はご家族にも喜ばれています。

「イチ、ニ、サン、シー…」
療法士と一緒に声を出しながら身体を動かすこと。
動くということはもちろんですが、
声を出す、数を数えるということも大事な要素。
考えること、刺激をあたえることは大切なケアの一環です。

デイサービスにいきたい、お散歩にいきたい…
そんなご要望にそってはじめたリハビリを卒業する時、
それはご利用者様やご家族にとって、
とても素敵で嬉しい瞬間ではないでしょうか?

もちろん私たちビーケアーズのスタッフにとっても!


******************

昨日は長野地区での訪問看護ステーションの説明会でした。
ご来場いただいた皆様、ありがとうございました!
コメント