ビジネスマン気楽情報

ビジネスマン気楽勉強会より皆様のビジネスに役立つヒントやイベント・セミナー情報を発信・提供させていただくブログです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

お客様情報の頂きかたにもコツあり?!

2015-12-23 21:42:20 | ビジネスのヒント
ある靴専門店で買い物をした時のこと、、、。

対面レジでお客さんに個人情報(名簿取り)を聴いていました。

二台のレジを稼動させ、買い物をしたお客さんに「お得な情報をお送りしますので、こちらにご記入いただけますか」と記入を促しておりました。

二台(二人)とも同じように対応していましたが、明暗がハッキリしていました。

名簿(個人情報)がとれていない方は、「お買い上げ、ありがとうございます。もしよろしければ会員登録したいただくと、お得なお買い物情報をお届けしますが、いかがでしょうか?」と、、、。

ほとんどの方が、『私はいいです』との反応。

ところがもう一人は、「ありがとうございます。この靴ですが、お手入れは透明のクリームで磨いて下さいね、それと、濡れたらしっかり拭いて保管して下さいね。それと包んでいる間、こちらをご記入いただけますか?とってもお得なお知らせをさせていただきますよ」と、、、。

うまく返報性の原則を活用しながら誘導しているよう。

私もしっかり住所、名前書いてましまいました、、、(^_^;)
コメント (1)

販売で競合に勝つには?!

2015-12-13 10:22:02 | ビジネスのヒント
我々はモノを購入する時、高ければ高いほどいろいろ比較検討し購入しようと考える。

失敗や不安を回避するためだが、店(販売員)としては対応が難しい?!お客様になる

「気に入ったけど、他も見て決めたい」と言われたら、『いやだ』とか『何ですぐに決めてもらえないの?』等言えないですよね(^^:)

そんな時のポイントは、“後だしジャンケン”です。

すべての競合を十分見てきて、最後に来てもらうよう仕掛けることです。

お客さんから今までに店舗の情報を聞き出し、それを上回る条件を出す。

お客様はかならず“ゆずれないポイント”があるはずです。
それを引き出せれば、グー、チョキ?パー?どれで行くか分かりますよね(^^)



コメント

衝動買いを誘うターゲットは?

2015-12-09 21:41:59 | ビジネスのヒント
人が目標や目的を達成するために何か他のものをがまんすること、その力を「自己制御」と言うよう。

ただ、この自己制御力?(制御資源)は有限で、使えば使うほど減っていくようです・・。

よく「我慢の限界」等の言葉を聞くが、これがそうなのかもしれない。

ある論文で衝動買いと制御資源について記載されていた。

なんでも制御資源が十分あると衝動買いも起きにくいとか・・。

なんとなく繋がる話だなと感じた。

じゃ~、衝動買いを誘発するには、目標をめざしてがんばっている方をターゲットにしたらいいのかな?(^^:)
コメント

“瞳孔が開く”と“返報性の原則”以外なつながり?!

2015-12-06 19:47:13 | ビジネスのヒント
好きな人を見ると瞳孔が開くとよく聞く。

瞳孔とは瞳の中央にある黒い部分のことで、光や情報を多く取り込みたいときに開くよう・・・。

なぜか瞳孔が開くと魅力的に見えてしまう・・。
例えば、猫。闇夜では情報を多く取り込むことから瞳孔が開いていることが多いが、そんな時な昼間よりかわいく見える・・。
(人間も同じですね:笑)

なんで瞳孔が開くと魅力的に見えるのか、長年疑問を持っていたが、ある本を読んで納得した。

それは、こんな理由のよう・・。

・人は好きな人、興味のある人の前では少しでも情報を取り込みたいので自然と瞳孔が開くよう。

・そんな方を目の前で見た方は、無意識に自分に気があると思ってしまうようです。

・すると、返報性の原則(ギブアンドテイク)で相手に好意という形で返してしまうことが起きるようです。

瞳孔は意識して開くことはできないが、相手を好きになれば間接的に開くことは可能なうよう。

“交渉や商談をする前にまず相手に好感を持て!”と昔上司に言われたことがある。

・・・理に適っているようです(^^)
コメント

赤ちゃんの説得術?!

2015-12-06 13:47:30 | ビジネスのヒント
赤ちゃんは説得術の天才だ?!

誰でも親なら赤ちゃんが泣くだけでどんな要求かを考え、見返り?!ももとめず100%受け入れお世話をする。
言葉は悪いが無償の召使のよう。

また、親でなくても泣いている子供なら大人であれば無条件で手助けをすると思います。

なぜそうなのか?考えたことがありますか~?(笑)

当たり前ですが、弱い存在だからかなと思っております。

人は自分より弱い存在に頼られると、好感を抱き、いろいろと手助けをすると本で読んだことがあります。
ただ、これは自分より弱いことが前提。いつしか自分より優れてしまえばその気持ちは嫉妬にかわるようです。

ある調査で・・街頭で募金をお願いする時

一人は見るからにみすぼらしい服装で、もう一人は高級な衣装を身に着け、まったく同じように募金を呼び掛けても、その実績(お金の集まり)はもすぼらしい服装の方に集中したそうです。

初対面の方に信頼を得るには、故意に下から目線をつくることも必要なのかもしれません(^^)
コメント