華氏451度

我々は自らの感性と思想の砦である言葉を権力に奪われ続けている。言葉を奪い返そう!! コメント・TB大歓迎。

「80%が現憲法評価」の意味

2006-03-09 22:55:07 | マスコミの問題


毎日新聞世論調査に対する異議申し立ての記事を書いた(3月6日付「改憲賛成65%? 冗談は休み休み言って欲しい」)ところ、何人もの方からTBやコメントを戴き、大勢の方が憤りを感じておられることを知って改めて心強く思った。ありがとうございます。

それはそれとして、皆さんのご意見を読んでいるうちに、私の中で次第に重くなってきた事実がひとつある。それは毎日新聞の世論調査に「現憲法を評価するかどうか」を問う設問があり、80%が肯定的な評価を下したという「事実」だ。

【戦後日本の平和維持や国民生活の向上に現憲法が果たした役割については「かなり役立った」が26%、「ある程度役立った」が54%で評価派の合計は80%。「あまり役立っていない」は14%、「まったく役立っていない」は2%にとどまった。政党支持別では自民支持層の83%、民主支持層の75%が評価派だった】(同紙の記事より)

実のところ私は、「評価した人80%」という数字もさほど信用していない。前のエントリでもちょっと嫌味を言ったが、「簡単な質問にお答え下さい」的に聞かれた場合、人間の心理として、「×」よりも「○」を付けやすいからである。私は別に心理学の専門家でも何でもないからガクモン的な説明はできないが、その程度は常識の範囲であろうと思う。

たとえばファミレス(ビジネスホテルでも何でもいいが)に行って、「当店のサービスについて、アンケートにご協力下さい」と求められたとする。その場合、「店員の応対はいかがでしたか」「言葉遣いはいかがしたか」などという質問に対して、皆さんはどのあたりに○を付けるだろう。「すばらしい!」と感激して「非常によい」に○を付ける人もいるだろうが、割合としてはそれほど高くあるまい。大多数は、「まあよい」か、さもなければ「普通」あたりに○をつけるのではあるまいか。「あまりよくない」や「よくない」に○を付けるのは、たいていの場合、「なっとらん」と怒る積極的理由を持つ人たちだ(むろん、さほど積極的理由が無くてもダメと評価する癖のある人もいるが……)。「気に入らない点はあるが、いい所もあるし……」と思っている人のほか、「こんなアンケート、自分に関係ない」と思っている人も、さっさと「まあよい」や「普通」に○を付けておしまいにするだろう(※1)。

話を元に戻す。そう、現憲法を評価している人が80%……。いま述べたような理由で、私はこの数字もある意味で驚くべきことではなく、「まあ、そうだろうな」という感じである。積極的に「今の憲法はケシカラン」と思っている人以外にとっては、「ある程度役立った」というのが最も抵抗なく選べる選択肢であろう。

ファミレスのアンケートと憲法改定問題の世論調査を一緒にするな、と叱られるかもしれない。しかし私の見るところ、この二つが同じぐらいの重さ――とはまさか言わないが「どちらも現在の自分にとって頭痛がするほど真剣に考えるべき問題ではない」という人は多いような気がする。いや、この言い方は語弊があるかも知れない。「憲法の問題は大切だが、今日明日結論を出さねばならぬほど差し迫った問題ではない」と考えていたり、「憲法はこのままでいいけれど、少しぐらい変わったって大したことはないだろう」と考えていたり、「改憲とか護憲とか騒いでいるのは、どちらも一部の人たち。庶民には関係ないよ」と思っている人が多い、と言うべきか……。だからこそ、「80%が現憲法肯定」、それでも「改憲賛成65%」という奇妙な結果が出てくるのだろう(※2)。

そういう、はっきり言って全面的な信用は置きかねる数字ではあるのだが、私はこれに関して次の2つのことを考えた。

1)この数字は声を大にして広めるべきだ
信用しないと言いつつ「広めよう」とは……何だか自分が「目的のために手段を選ばない」人間の一種になったような気がするが……いやいや、「80%が現憲法を積極的に評価」しているかどうかは別として、少なくとも「不都合と思っていない」ということだけは読み取れる。そこからは、別に不都合でも何でもないものを、なぜ強引に変えなければならないのか? という問いかけを始めることができる。商品であれば、今のままで何の不都合もないものを買い替え促進目的でモデル・チェンジするのもアリだろう。目新しさを狙って名前だけ変えるのも、しょうもないオプション付けるのも、まあ結構。個人的には好まないが、それをとやかく言う気はない。しかし法律というものを――特に憲法を、「特に不都合はないけれど……そろそろ古くなったし」の感覚で扱ってもらっては困る。改憲推進派は、「賛成65%」の数字をことあるごとに持ち出してくるだろう。それに対して私たちは、「不都合と思わない80%」を大いに喧伝する必要がある。

2)これは現場のささやかな抵抗かも知れない
質問事項の作成者や記事を書いた記者の良識を疑う、というコメントをいただいている。私もそう思う。しかし同時に、「苦しいところかも知れないな」という思いも湧いてきた。新聞社や出版社なども企業であり、社員に給料を払わねばならず、巨大な権力には逆らえない。むろん、だからと言って権力に尻尾を振るのを容認する気は毛頭ないが、現場は苦しいだろうな……と同情はする。だからもしかすると、「今の憲法が平和維持や国民生活の向上に役立ったと思うか」という質問を設定し、その結果を(記事の一部としてではあれ)発表したのは、現場のささやかな抵抗、良識の表れなのかも知れない。これも一種の身びいきに過ぎず、「そう思いたいだけ」かも知れないけれども。だが、「改憲賛成65%」だけの記事よりも、はるかにマシだ。小さくではあれ「現憲法肯定80%」といった報道がおこなわれる限り、私は巨大メディアを全否定しない。世論調査の記事が「改憲賛成65%」だけで埋まるような事態に立ち至らないよう、これからますます監視し、応援もしていきたいと思っている。

※1 アンケートの設問
以前「世論調査の陥穽」について書いた時、村野瀬玲奈さんが次のようなコメントを寄せてくださった。
【私が学生の時、社会心理学で質問紙調査の実施方法など学びましたが、質問項目や回答の選択肢を作る時には注意しなければいけないというのは基本中の基本でした】
全くその通りである。私も社会調査の勉強をした(させられた?)ことがあるし、仕事の上でさまざまな調査に携わったこともあるので、ちょっとした言葉の使い方や、肯定的な聞き方をするか否定的な聞き方をするかによって結果がまるで違ってくることを知っている(研究しておられる方や、調査と名の付くものに関わっている方なら、そんな話は当たり前すぎて、今さら何エラそうに言ってるんだと嗤われるかも知れないが……まあお見逃しのほどを)。

※2 「改憲賛成」の中身
「改憲65%」といっても、むろん、皆が皆、自民党の草案に賛成というわけではあるまい。これまた「世論調査の陥穽」の記事で書いたことだが、昨年のNHKの世論調査では9条改正賛成39%のうち、3分の1弱は「軍事力の放棄をもっと明確に条文化すべき」という意見であったという。

コメント (9)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 改憲賛成65%? 冗談は休み... | トップ | 宿題のメモ »
最新の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBありがとう。 (かぜ)
2006-03-09 23:24:57
TBありがとうございます。

こちらもよろしくお願いします。
喧伝しませう! (BLOG BLUES)
2006-03-10 01:33:02
いいエントリーですね。毎日は、全社的な意見と現場の意見が、えらく乖離してる。慢性的に経営危機がつづいているからでしょう。どちらにブレるにせよ、記者のせっぱつまり加減が全国紙の中では、いちばん高い。つまり、全国紙の中では、いちばんオモロイ。インテリ紙=朝日ということになっているが、てんで信じられへん。ニポンのインテリは、自己判断力がないんじゃないのかしら。ようそんなんで、B層云々なんて言っていられますね。あんなオタメゴカシ新聞、僕は、大っ嫌い。んなことはともかく。「現憲法肯定80%」。これはもう、鳴り物入りで大宣伝じゃあ。とにかく、あらゆる、改革法案は成立すると覚悟しなくてはならない。衆院で与党が3分の2を占めていて、その上に、あの民主党じゃあね。でも、憲法改正だけは、まだ、勝負に持ち込める可能性がある。あきらめないで、しぶとく、やっていこうぜい!

現行憲法を守る (浜の偏屈爺)
2006-03-10 08:55:47
華氏451度様 TB有難う御座いました 爺はブログという匿名で書きたいことを勝手に書けるという(優れた)特性上どなたが何についてTBされてもコメントされても歓迎です 時々困るのは爺のたわごとに「お前は日本人か?」「日本からでて行け」「逝ってよし」の類のコメントを下さる方が居てこれは消させてもらっています さて貴方様のTBの趣旨は現行憲法を守るということだと拝察します その際在日米軍との関係をどう捉えているのかよくわかりません 爺の様な現実主義者の目から見れば戦後の(平和)憲法は在日米軍による武力の庇護の下で有効であり今も有効であると思います 在日米軍の存在を否定し日本人が平和憲法下で暮らすのはいささか無用心です 自衛隊はどうするのでしょう 存在は認めても専守防衛では外国の侵略を阻止するにいささかの遅れを取ります 実力互角ならば先手が有利 これが武の本質です だからといって出かけていって戦争をしろと主張しているわけではありません 平和とは日本晴れの様な天気の事でそれは望ましいが雨の日も暴風の日もありそれは我々には選択出来ません そうであれば雨の日はレインコートと傘長靴 嵐の日はそれにふさわしい準備と対応が必要です 憲法は国民生存の手段です 憲法を守るため発射されてからミサイルを邀撃する技術に多額の金を投入するなんてどこか異常です 日本国民が今も今後も生存を続けるにはどんな決まりが良いのか 国民の頭にミサイルが振り注ぐような事をさせないにはどうすればよいか政治の大事な課題です 現行憲法を守れば東アジアでどう安全なのか説明が肝心です 本当は貴ブログを初めから読んでいれば分かっている事柄となのだと思うのですが この辺りが講演で同じ情報を同時に耳にする場面と違う所ですね 又寄らせていただきます

退役自衛官の本音が出て来ない (kaetzchen)
2006-03-10 11:07:06
数年前,大往生で亡くなった母方の祖父がまだ惚けてない頃,人工透析を受けながら私に遺言を託したことがあります。「絶対に戦争を起こしてはならんぞ」と。祖父は陸軍憲兵として中国大陸で虐殺を経験した「犯人」の一人でした。亡き祖母の話だと,中国から帰ってきた祖父はまるで人が変わったようだったとのことです。戦犯となり公職追放となって母や叔母を育てるのに苦労したことも話してくれました。憲法が変わって何でも言えるようになったと感謝していたことを今でも覚えています。職業軍人としてやらざるを得ないことがあまりにも多く,精神的につらかったのだろうと思います。



軍人というのは体力を使うため,どうしても退職年齢が低くなります。自衛隊の場合も資格を取得したら民間へ再就職する人も多くなり,航空自衛隊の航空学校で養成されるパイロットの半数がジェット機操縦免許を取ると民間航空会社へと再就職していくそうです。彼ら退役自衛官から見た「日本国憲法」というのは,どういう位置づけなのかを一度質問してみたいものです。

海外派兵後の自衛隊員 (kaetzchen)
2006-03-10 11:35:01
現職自衛官についに殉職者が出ました。以下のリンクを参照。うち一人は中隊長の3佐だそうです。防大卒の幹部でさえ自殺に追い込む現場へ彼らを派遣した,自民党中枢部の責任は非常に大きいとも言えるでしょう。



共同通信

http://news.goo.ne.jp/news/kyodo/shakai/20060309/20060309a4860.html



朝日新聞

http://news.goo.ne.jp/news/asahi/shakai/20060310/K2006030905250.html



http://www.asahi.com/national/update/0310/TKY200603090525.html



# 米軍に近寄ると殺される,という3佐の叫びは現職武官の本音でしょうね。
TBありがとうございます (山さん)
2006-03-10 19:31:36
80%の数字を鵜呑みにしないでも、26%の「かなり役立った」と、14%「あまり役立っていない」、2%「役に立っていない」の合計16%を比較するだけでも大きい気がします。



結論ありきで述べている自覚はありますが…。(笑)
詭弁に騙されない世論作りを (レッツら)
2006-03-10 20:59:02
>少なくとも「不都合と思っていない」ということだけは読み取れる。そこからは、別に不都合でも何でもないものを、なぜ強引に変えなければならないのか?

本当にそうなんですよね。これを大にして言いたい!



小泉さんの「AがだめならBでしょ」に引っかかってしまう約6割ほどの国民も、そういうやり方でなければ、普通にそう答えるのかもしれません。自衛隊は違憲状態でしょ。だったら憲法改正でしょ。にだまされて、気がつけば集団的自衛権を明記される。AがだめならAを直す。というのが正しいのですが、AがだめならBにしてしまうから詭弁って言われるんですよね。
護憲か、改憲か、の前に国民の意識を問題にしたい。 (テッド)
2006-03-12 18:34:44
この問題で私が疑問に思うことを書きます。憲法に関するアンケートですが、順序が逆のような気がします。護憲か、改憲か、と言う前に、国民の意識調査(これは憲法の話とかではなく、日本をどういう国にしたいのかというような根元的なこと)をしたのでしょうか。憲法があって、国民があるのではなく、国民があって、憲法があるのですから、重要なのは国民の考え方です。たとえば、有事の際は、戦争に行くのか、あるいはガンジーのように無暴力・不服従でいくのか、といった議論をしなければならないと思います。その上で、戦争に行くと決まったなら、現憲法で不備な箇所がある場合、改憲するというような流れだと思うわけです。そこのところをしっかり押さえておかないと、意味のない議論(たとえばこの種のアンケートのようなもの)が続くという不毛な結果になるのではないかと思います。
TBありがとうございます&はらせていただきました。 (山さん)
2006-03-12 22:48:55
昨日もしっかり書くといっておきながらいきなりの体たらく。本当に申し訳ありません。

今日はその天罰か、アクシデントもありましたが、何とか教基法に関する記事をつくることができました。

よろしければおこしください。よろしくお願いします。

コメントを投稿

マスコミの問題」カテゴリの最新記事