華氏451度

我々は自らの感性と思想の砦である言葉を権力に奪われ続けている。言葉を奪い返そう!! コメント・TB大歓迎。

辺見庸講演メモ(3)――作業仮説を立てる

2006-12-09 23:12:48 | お知らせ・報告など

 ひとさまの講演要旨メモを書き続けて3晩目。私は何してるんだろという気分もないではないが――まあいいや。今夜は「私たちはどうすればよいのか」という、辺見氏の提言を簡単に紹介する。なお初めてこのメモを覗いてくださった方は、できればメモ(1)およびメモ(2) にさっと目を通してから読んでいただけると、わかりやすいかと思う。

〈体内化した監視装置〉

 辺見氏は「不名誉が我々の日常に埋まり込み、どれがSchande(注1)かわからなくなっている」と語った。

注1/Schande=今夏、ギュンター・グラスが自分が少年時代にナチ党の武装親衛隊に所属していたことを告白したときに使った言葉。「メモ2」参照。

 恥を感じることがなくなり、「監視装置が既に体内化している」とも語る。たとえば、天皇制に関して何らかの疑問を持つなどの「不敬者」(注2)を公権力に代わって痛めつける。「そのありかをどこまでも辿ると、我々の神経細胞まで行く」と、辺見氏の知り合いの編集者が言ったそうだ。

「何処にも目に見える暴力はないが、みんなで監視している。むろん右翼とかはいますけれど、『不可視の監視装置』がその共犯になっているのです」

注2/不敬者=辺見氏は具体的には語らなかったが、たとえば「下賜される勲章」を拒否(辞退)する人などもそれに含まれるのだろう。

 時間の限られた講演なので、多少、話が飛んだりはしょられたりするのはやむを得ない。この「監視装置」についても辺見氏は具体例を挙げるなどして詳しく説明することはなかったが――要するに「上から言われたことにみんなが従うようさりげなく監視し合い、異分子を巧みに排除していくという動き方」を意味するのだろうと思う。自分ではあまり意識しない、しかし骨がらみになった日常のあり方・動き方。彼は以前、その著書の中で「草の根ファシズム」という言葉を使ったが、それとほぼ同じ意味を持っているだろう。

〈単独者であること〉

 辺見氏は、「自分で認められないことを、静かに、どこまでも拒み」「うたいたい歌をうたい、おどりたい踊りをおどりたい」という。こういうごく当たり前のことを、普通にやっている人はたくさんいるのだが、この国は次第次第にそれを許さなくなりつつある。

 それに抵抗するためにどうすればよいのか。「勇気を持てということではありません」。それより、「単独者であること」が重要だと辺見氏は言う。むろん、組織に属するなとか、集団行動をするなということではない。「組織の成員であっても、自分の言説に個人として責任を持つ。意志的な個人へと自己を止揚していく。これが本当の革命なのです」「その『単独者』を妨害する者が、敵なのです。敵は仲間の中にも、そして自分の中にもいるかも知れません」

 ひとりひとりが単独者であることをかなぐり捨てたゆえに、日本は「言ってることと、やってることが違うじゃん」「昨日と今日と、言ってることが違うじゃん」的な人間が輩出し、それに対して本人も周囲も平気という国になったのであるという。

〈RPGによってものを考える〉

 単独者になるために、辺見氏は「こういう場合どうするか、常に自分にあてはめて考える」という。いわばロール・プレーイング・ゲーム(RPG)をするのである。氏が自分のRPGの風景のひとつに織り込んでいるものとして、「1943年に中国でおこなわれた生体実験」がある。氏はそれについて著書の中で詳しく触れているので、読まれた方も多いと思うが――インテリジェンスもありユーモア感覚もある医師達が手術台を囲んでなごやかに談笑し、その台の上に健康な中国人の青年が乗せられようとしている風景だ。青年は当然、怯えて逃げようとする。証言記録によれば、その時に周囲を囲んだ20人の医師全員が青年を押し戻したという。

 辺見氏は「自分がその20人の医師の1人だったら」と考える。「私も青年を押し戻していたに違いない。誰でもそうしたと思います。その怖さです」「戦後60年で、そのSchandeや罪を忘れてしまった社会。本当に怖い社会です」

 RPGは非常に大切です、と辺見氏は強調した。たとえば教育現場。教師達があちこちで叩かれているが、「自分ならどうするか」と懸命に考えてみる必要がある、と。「作業仮説を立てて繰り返し考えていけば、変なことを承認したり、集団の波に巻き込まれたりはしなくなります」

〈単独者の表現とは〉

「単独者の表現は、立て板に水ではありません」と辺見氏は言う。そして挙げたのが、ひとから聞いたという1教師の話。彼は上から命じられたことをどうしても承認できず(それが何であったのかは氏の話には出てこなかった。君が代問題かも知れないし、何か校則に関することかも知れない。わからない)、ひとりで校長室に行った。組合として談判するのでなく、ガタガタ震えながらひとりで校長室に行ったのだ。泣くだけで何も言えなかったかも知れないが、「崇高なことだと思います」と辺見氏はポツリ、という感じで言った。

「単独者は目立ちません。ただ、自分の言葉で語り、微光を放っている。そういう人を、私も何人か知っています。この時代に単独者であることは簡単ではありませんが、贋金に対抗するホンモノの言葉を持てるのは単独者だけです。皆さんもそれぞれ単独者として、これからもやっていって欲しい」という意味の言葉で、辺見氏の講演は結ばれた。

◇◇◇◇◇

「単独者」と聞くとスゴイ感じがするが、私は自分なりに、「周囲の顔色をキョトキョトうかがうのをやめ、自分自身の頭で(ボチボチとではあっても一生懸命に)ものを考え、(リッパでなくても借り物ではない自分の言葉で)語ろうとし、自分がどうしても嫌だと思うことは(怖くても)静かに首を横に振るという生き方」だろうと解釈している(ムム……私がまとめると、どうも表現が平俗になっていかん)。

 私もいつの日にか、単独者であると胸を張れる人間になりたいと思う。

◇◇◇◇◇

 これで一応、メモは終了。ほかにも強く記憶に残る話は2つ3つあったが、背景その他かなり説明しないとわかりにくいなどの理由で、辺見氏の話以外にかなりの字数を要する気がする。全体の流れをまとめる上では割愛しても支障がないと(私が勝手に)思ったため、この記録には残さなかった。また機会があれば改めて紹介し、考えてみたい。

最後の注――地の文でところどころ野卑&粗雑な表現が見られるのは、辺見氏の「言葉」とは関係ありません。あくまでも、氏の言葉を受け止めて咀嚼しようとした私のアタマが悪いのです。何せ個人のメモなので、御容赦。

 

コメント (9)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 辺見庸講演メモ(2)――重く... | トップ | 都知事殿、もうこれ以上アナ... »
最新の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
草の根ファシズム (ましま)
2006-12-10 20:28:52
 やはり参加していないと空気がわからないんですが、私は草の根ファシズムと戦争責任はどうも結びつかないのです。
 庶民が今のようにさまざまな情報が得られ、選挙で政治を左右し、自由な発言ができ、戦争を好んだと勘違いしているんじゃないでしょうか。
 終戦で、東久邇首相の「一億総懺悔」に反発し、開放感を味わい、軍部を憎み、占領を成功させたのはなんでしょうか。
 私は自由と民主主義は与えられたというより、勝ち取ったとさえ思っています。そして、周恩来の日本人2分論に共感を覚えます。
辺見庸氏の言葉 (kikyo)
2006-12-11 22:42:23
TBをありがとうございました。

辺見庸ファンの端くれとして、重い言葉の数々に圧倒されました。辺見さんに対しては、とにかく無理をしないでください、という思いと同時に、命あるかぎり発言し続けてください、という勝手な気持ちもあります。

彼の存在自体が、私にとっては大きな勇気となっています。貴重な講演の内容を知る事ができ、NOGIさんに心から感謝します。
主体性、ですね (BLOG BLUES)
2006-12-12 13:53:54
TBありがとうございます。この三部エントリーは、労作ですね。大変興味深く、拝読しました。民主主義の要諦は、国民一人ひとりが、政治の主体を担うことだと理解しています。丸山真男は、そう説いていた。吉本隆明も大島渚も、主体的に生きよとアジっていた。そしていま、辺見庸も同じように語っている。うーん、若造の頃から、そうだそうだと、僕なんてストンと腑に落ちたのだが。何でかなあ、日本人社会は、いつもいつだって「場の空気」に依って、支配されるんだよなあ。理非曲直なんて、つねにいい加減。僕はもう、そうゆうのんが、大ッ嫌い。で、ずっと、スタンド・アローン。おお、これは、辺見氏言うところの「単独者」ではないか。と、我が田に水が引けました。深謝です。

Unknown (dr.stonefly)
2006-12-12 16:38:32
ひとさまの講演要旨をmax5話まで綴ったことのある、恥知らずです。
何をしているのだろう?と感じながら、3話まで綴ってくれてよかった。2話で落ち込んだ気分が、なんだか、少し救われた気がします。
単独者ですね。常に思考し、自分を裏切らないこと。そうしようと思い、することもあるが周囲の目を気にしてしまう。まだまだですね。
逸見さんの著作が読みたくなりました。
最初の1冊としてのお勧めなどありましたら、教えていただけると幸いです。
後援会のご報告、ありがとうございました (とむ丸)
2006-12-12 22:25:33
遠くてとても行けない、と諦めてましたから、辺見庸さんの言葉の一端だけでも知ることができて、とてもうれしいです。
>不名誉が我々の日常に埋まり込み、どれがSchandeかわからなくなっている
ということばがしばらく私の中で反芻されそうです。
Unknown (華氏451度)
2006-12-13 00:05:12
ましまさん;
ましまさんが言われていることを、正確に受け止められたかどうかわからないのですが――「(戦前戦中の)庶民が今のようにさまざまな情報が得られ、選挙で政治を左右し、自由な発言ができ、戦争を好んだ」とは辺見氏は言っていないと思います。辺見氏は著書の中で現代の日本はファシズム社会であると言い、そのファシズムは「草の根ファシズム」であるとも言っています。この草の根ファシズムというのは、「大声で叫ばれることの前に口をつぐみ、周囲の顔色を窺いながら行動・発言し」、なおかつ「異分子を排除しようとする」体質を指していると私は解釈しています。そういう点、私は非常にわかるような気がするのです。

kikyoさん;
喜んでいただいて嬉しいです。貴君もたしか辺見庸さんのファンだったと思い、TBさせてもらいました。

BLOG BLUESさん;
>民主主義の要諦は、国民一人ひとりが、政治の主体を担うこと
そう、まさしくその通りなんです。そのあたり前のことが日本では確立してないのですね。本当になぜだろう。いまだ、市民が権力を倒した経験がないからでしょうか。はるか昔から日本人はそうだったのだ、とも思えないのですがねぇ……。でも、1人ずつ辺見庸のいうところの「単独者」が増えていくことで、この国は変わり得る。変えていかなければつまらんです。

dr.stoneflyさん;
最初の1冊……ですか。そう言われると難しいですね。「若いときに作家になり、年齢と共に作風が変化したり扱う素材が変わってきた」というタイプの人ではありませんから……どれから読まれてもいいのでは? 『永遠の不服従のために』でも、最新刊の『今ここに在ることの恥』でも。あるいはノンフィクション『もの食うひとびと』なんか、結構彼の原点が見える気がしていいかも知れません。(ちなみに私は彼の小説も好きですが……)1冊読むと、別の本を読みたくなります。

とむ丸さん;
立ち寄っていただき有り難うございます。ほんとに、一端しか紹介できていないのですが……。ただ、大枠の所だけはご紹介できたと思います。「恥知らず」にならないよう、お互いボチボチ頑張りましょう。
TBありがとう (nizan)
2006-12-13 05:52:58
単独者にはそう簡単にはなかなかなれません。単独者もどきにはなれるでしょうが・・・。
国体護持と反米ナショナリズム (kaetzchen)
2006-12-13 09:34:41
>ましまさん

仕事中なので(ああ,締め切りまであと30分!)短く。

ましまさんの言われた「草の根ファシズムと戦争責任はどうも結びつかないのです。」の原因は,根本的には日本の敗戦時に「国体護持」が受け継がれ(つまり天皇制=王制が放棄されず共和制へ移行しなかった!),かつ安保闘争の根源が敗戦ショックによる「反米ナショナリズム」にあり,左翼の正体は実は反米右翼だったという逆説だったのではないかと,私は考えています。私の親父自身が50年安保の際,全学連でデモしていたから,ボケるまでに色々と聞き出しているのですけどね。敗戦を迎えたとき旧制中学で,大学時代は50年安保,そして60年安保の時はモーレツサラリーマン,どうしてこんなに人格が変わるのか,というのが私の疑問の原点にあったからです。
阿部謹也の「世間」論 (kaetzchen)
2006-12-13 09:40:54
今年亡くなった西洋史学の阿部謹也さんの集中講義を四半世紀ほど前に聴いたことがあります。華氏451度さんが言われる「草の根ファシズムというのは、「大声で叫ばれることの前に口をつぐみ、周囲の顔色を窺いながら行動・発言し」、なおかつ「異分子を排除しようとする」体質を指していると私は解釈しています」という言葉は,実は「世間」そのものなんですよ。

私はこの「世間」というものを文化人類学的に「性善説」の世界観,と言い直しています。孟子の言う性善説にプラスして,神とヒトが一体になり,責任がうやむやになり,結局異分子が排除されてしまうという世界観=宗教なんですよ。日本人には宗教はないという論外な言説はウソで,人類学の目で見るとこの草の根ファシズム=「世間」=「性善説」というのは明らかに宗教なんですね。それが生まれた時から刷り込まれているから,自らは「宗教」だという自覚がないのです。

さて,あと20分で締め切り……間に合うかな(笑)

コメントを投稿

お知らせ・報告など」カテゴリの最新記事