華氏451度

我々は自らの感性と思想の砦である言葉を権力に奪われ続けている。言葉を奪い返そう!! コメント・TB大歓迎。

辺見庸講演メモ(2)――重く、深い恥辱

2006-12-08 23:20:21 | お知らせ・報告など
 昨日に続いて、辺見庸講演会で語られたことを自分なりのメモとして書き残す。イントロダクションの部分などは昨日「辺見庸講演メモ(1)」として書いているので、できればそちらもさっと覗いていただけると話が通りやすいと思う。

〈グラスのShande、日本のShande〉

 皆さんも鮮明に記憶しておられるだろう。ドイツの作家であるギュンター・グラスが今年8月、自分が17歳の時にナチ党の武装親衛隊(ヴァッフェンSS)に入隊していたことを告白した。グラスは1999年にノーベル文学賞を受賞した世界的に名高い作家で、ドイツ社会民主党を支持し、反ファシズムの立場で多くの発言をしている。それだけに彼の告白はドイツ国内はむろんのことヨーロッパ全体を震撼させ、厳しい批判も相次いだ。当時の報道によると、「ノーベル賞を返還せよ」という声もあったそうだ。
 辺見氏もこのニュースに接して、「ぶったまげた」と言う。「グラスは『ドイツの良心の番人』と言われている人です。そのグラスがSSだった!?と驚き、詳しい人に聞いて回りました」
 何を聞いて回ったのか。……グラスは新聞のインタビューに答えて、「SSの一員であったことは、自分にとって恥である」と述べた。そしてその恥を隠していることをさらに恥じ、ついに公に告白したのであるという。
 日本語に残っているけれども、実態はもうない『恥』という言葉。それをドイツ語で何というのか、どういう語感であるのかを、辺見氏はドイツ語に詳しい人に尋ねたのである。

 その結果わかったのは、グラスは「Schande(シャンデ)」という言葉を使った、ということだった。同じく「恥」と訳される言葉として「Scham(シャーム)」があるが、後者がいわゆる「羞恥」であるのに対し、前者は「恥辱」の意味合いを持つ。シャンデはシャームよりも、はるかに重く、深い言葉なのである。
「告白しないままでノーベル賞を受けたのは確かによくないことですが、その過去と、さらに過去を隠していたことをシャンデと言い、晩節を汚すのを承知の上でグラスはあえて告白したのです」
 これが日本なら――と、辺見氏は考え込んだそうだ。
「グラスの告白によってヨーロッパは蜂の巣をつついたようになりましたが、日本で似たようなことは起こり得るでしょうか。たとえば有名な老作家が、若い頃に特高警察にいたとか、戦争を美化するものをたくさん書いたと告白した時、誰が驚くか。誰も驚かないでしょう。なぜなら、みんながそうだったからです」
「日本にはシャンデはない。著名な作家が東条英機の演説の草稿を作ったりしていましたが、これもシャンデとは思われていない」

 作家も報道者も争って戦争美化の役割を担ったが、それをシャンデとは思わず、「皆さん、戦後もご活躍で」と辺見氏は吐き捨てるように言った。後ろの方にいたのでその表情までは見えなかったが、唇が歪み、頬が引き吊っていたのではないだろうか。
「この国の言説の病的なまでの主体性のなさ、無責任さの根っこは我々にあるのです」と、辺見氏はますます苛立つような口調になった。「グラスが告白した時と似たようなことは、日本では起きないでしょう。そのこと自体が、シャンデであると思います。不名誉が我々の日常に埋まり込み、何がシャンデであるのかわからなくなっているのです。『恥を感じる』深いところが、侵されたのです」

〈勲章を貰うという恥〉

 辺見氏はまた、昭和天皇の戦争責任に言及した。「あの方は、広島・長崎の原爆投下について聞かれた時、『戦争なのだから仕方なかった』とお答えになったのです。そう言われて怒りもしなかったマスコミ、そして国民の延長線上に、今の日本があると思います」
 大元帥閣下(という言葉を辺見氏は使った)の戦争責任を曖昧にすることで、日本人は自らの責任をも曖昧にしたのである、と。文化人も左翼も同罪で、その中で「主体性」は完膚無きまでに崩壊させられたのであると。

 シャンデの不在について考えているうちに、辺見氏はひとつ、「勲章」の問題に行き当たった。最近文化勲章や紫綬褒章などを叙勲した人のリストを見て、びっくりしたのだ。たとえば『人間の条件』に出演した仲代達矢、原爆詩の朗読がライフワークだと言っている吉永小百合。……護憲集会に参加する加藤剛ももらっている。おまえさんもかよ、と辺見氏は愕然としたそうだ。
「護憲と言いながら勲章をもらうなんて私はとんでもないことだと思うのですが、世間ではそんなことは関係ないらしい。それをシャンデとする基盤を、この国は作れなかったのです」
 勲章は、今でも戦前と同様に「下賜」という言葉が使われる。戦前戦中戦後を通して、実はこの国は何も変わっていないと辺見さんはつくづく思うそうだ。
 しかも勲章は、勲何等などといって人の価値に等級を付ける。そんなものを、護憲を標榜する文化人や学者達が喜んで貰い、恥だとは全く感じない。それに抗議する声も、嫌悪を表す声もない。思想には潔癖さが大切であり、潔癖さを欠くのはシャンデである――という意味のことを、辺見さんは講演の中で何度か繰り返した。
 私も、普段はそれなりのことを口にしている人々が勲章を嬉々として貰っている図は、見るに堪えないと思うほうだ。そう……あれは恥辱的な振る舞いなのだと改めて思った。そして、それをすぐ忘れてしまう自分の軽薄さも恥だったのだと。
 
 恥知らずは文化人や学者だけではない。「たとえば、何万人もの先生が生徒に『君が代』を歌うようにし向け、同じ口で『緑の山河』(注)を歌う。それをグロテスクだとは、誰も思わない。そこにシャンデを感じる力をなくしていまった。だから、言葉が贋金、偽札になるのです」

注/1951年、公募によって日教組が国民歌として提唱したもの(だったと思う)で、今も教職員の集会などでよく歌われる。最初の部分は「たたかい越えて立ち上がる/緑の山河 雲はれて」。

(ついでながら、辺見氏はこの歌に関して、自分はさほど素晴らしい歌詞だとは思わないが……とチラッと付け加えた。辺見氏の感覚なら、確かにそうだろう。辺見氏の感覚とは違うが、私もあれはちょっとあっけらかんと健康すぎて、言葉が滑っているような印象がある)

 思想における潔癖さということを辺見さんは強調したが、ここで言われた「思想」は、何も哲学者などの思想のような――狭い意味のものではないと私は思う。私たちは誰でも皆、(少し稚拙だったり知識不足だったり充分に練られていなかったりするにせよ)自分なりの思想を持っている。いや、持っているはずだ。だが、いくら口先でペラペラと綺麗に語っても、日常を生きていく中でそれを裏切るような振る舞いをするのはシャンデである、そして人間は時には恥多い振る舞いをしてしまうこともあるが、それをシャンデであると感じ、深く自覚し、記憶し続けなければいけない――と、辺見さんは訴えたかったのではあるまいか。
 
◇◇◇◇◇

 次回は辺見氏が提案する、「我々の自由を侵してくる状況に抵抗し、贋金に成り下がった言葉に対抗しするための道筋」をメモしたい。 
コメント (5)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 辺見庸講演メモ(1)――贋金... | トップ | 辺見庸講演メモ(3)――作業... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Schande, etwas Verachtenswertes (kaetzchen)
2006-12-09 21:31:43
普通の独和辞典には載ってないと思うのですけど,Guenther Grass が使った Schande という言葉は etwas, dessen man sich shaemen muss, etwas Verachtenswertes に一番近いんじゃないかなと思います。「恥辱」とは美味い訳だとは思いますけど,漢字にしてしまうと凄く軽くなってしまいますね。ドイツ語だと「最後の審判で地獄へ落とされるほどの「名を汚す行為」」に近いです。例えば動詞形の schaenden だと「強姦する」という意味も入って来ます。モーセの十戒に禁じられた行為そのものなのですね。

恐らく,この辺が文化人類学的な意味の「性善説」を世界観=宗教として無自覚に受け入れている日本人と,キリスト教的「性悪説」を世界観=宗教として自覚して自発的に受け入れている西欧人との価値観の違いとなって出てくるのではないでしょうか。

ちなみに,以前ドイツ人の通訳をした時,良く使われていた言葉に Scheisse! 「糞!」という罵り言葉が出て来たのを覚えています。独独辞典ではこの「シャイセ!」という言葉は余り良い評価はされてませんけど,ドイツ人の民俗的世界の中にはこの罵り言葉が生きていて,Grass 氏にも投げ付けられたことを付け加えておきます。
Unknown (華氏451度)
2006-12-10 02:06:47
kaetzchenさん、どうもありがとう。なるほど、Schande にはそういう感覚が含まれているのですか。私はドイツ語は初級のさらに入門編のあたりを覗いたぐらいでほとんどわからないので、こんなふうに説明してもらうと助かります。

恥辱という言葉が軽いのは、それが本来持っていたはずの、もしかすると人として許されないことをしたという恐れおののくような意識・感覚が、それこそ失われているからかも知れません。どういう訳語を使えばもっとも語感として正確であるか少し考えたのですが、すぐには思いつきません。
翻訳の難しさ (kaetzchen)
2006-12-10 07:56:24
華氏さん,こんにちは。何だか難しいドイツ語の話になってすみません。(^^;)

# 実は大学入試はドイツ語で受けたもんで……。

日本語の場合,もともと使ってる漢語そのものが中国語からの借り物ですからねぇ。前コメントで使った「性善説」にかっこをつけたのも,孟子の言う儒教的価値観に限定しているからなんですよ。外国語を広く深く学んでいない学生が哲学を学ぶ際に,よく陥る盲点です。

聖書なんかも典型例でして,例えば新約聖書で「人間が義とされる」というパウロが書いた「ローマの信徒への手紙」3章なんてのがありますけど,この「義」という漢語は一般信徒にとってはあまり良い訳ではありません。私たち一般信徒にとってはこれは「神の前で正しい者とされること」「救われる」「最後の審判で無罪と宣言される」と言われた方が分かり易かったり。

つまり,翻訳者ができるだけ「漢語」に直そうとした行為が,実は読者に誤解を生んでいたという例は非常に多いんですよ。結局,翻訳や通訳のプロを信用しない,できるだけ自ら外国語を学んでみる,という姿勢が大切なのではないでしょうか。いわゆるネットゴキと呼ばれる若者にそういった謙虚さが失われていることこそ,年老いた者・私のように病に冒された者が残していくべきメッセージなのではないかなと思ったりします。

それでは今から教会なので。
自己嫌悪に陥る (dr.stonefly)
2006-12-12 16:19:55
>口先でペラペラと綺麗に語っても、日常を生きていく中でそれを裏切るような振る舞いをするのはシャンデである

ワタシは常にこれに悩まされている。鏡に映っているのは、服を着ているシャンデだ。「最後の審判」の前に既に地獄だな。
日々、己の地獄に悩まされながら、生きていて、絶対にそれを見ないようにしている。ブログなんぞ口先の言い訳にすぎない。
こうして面と向かっていわれると何も言えない。まさにシャンデである。
「いいかげん同盟」は続行中でしたっけ?
Unknown (華氏451度)
2006-12-13 00:08:50
dr.stoneflyさん;
ようこそおこしやす。私も「歩くシャンデ」みたいな人間でございます……(泣)。

えっと。あの。「いくじなし同盟」のことでしょうか? それはもう、ずーっと続行中ですよ!!(バナー作りたいぐらいで。でもアホかと言われそうで……と言うより頑張っているかたがたに申し訳ない気がするんで、控えておりまする)

コメントを投稿

お知らせ・報告など」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

教基法採決阻止の市民緊急ネット署名 (ペガサス・ブログ版)
政府法案の今国会における採決を阻止し、法案の徹底審議を実現するために 「【アピール】公述人・参考人として教育基本法案の徹底審議を求めます」への市民緊急賛同署名を始めます    西原博史(早稲田大学教授)    廣田照幸(日本大学教授)    藤田 ...