華氏451度

我々は自らの感性と思想の砦である言葉を権力に奪われ続けている。言葉を奪い返そう!! コメント・TB大歓迎。

えっ、過労死は自己管理の問題?

2007-02-08 22:44:51 | 格差社会/分断・対立の連鎖

 一昨日「自己責任という言葉を使うな」という記事を書いた。私が「生活習慣病」という言葉が嫌いな理由――をウダウダと書き殴ったのだ。この言葉がいつから一般に使われるようになったのかよく覚えていないが、「自己責任」なる言葉の蔓延と軌を一にしているのではないか、というのが私の感触である。そして、

【生活習慣病になるのも、リストラされるのも、子供抱えて路頭に迷うのも、過労死するのも自己責任。馬鹿言うんじゃないっ! この国はいつから、こんなうそ寒い国になったのだろう。】

 と書いたのだが……その矢先に、「過労死も自己責任」と言わんばかりの奥谷禮子氏の発言をめぐって、衆院予算委員会で論議があったそうだ。この問題に関してみやっちさんが「過労死は自己管理不足?」と題するエントリをTBしてくださったが、ほかにも大勢の方が目を剥いておられるだろう。わかっちゃいない人が、ここにもいた。

〈遺族の前で同じことを言ってごらん〉

 奥谷氏は人材派遣会社の社長で、厚生労働大臣の諮問機関である「労働政策審議会」の委員のひとりである。問題になったのは『週刊東洋経済』1月13日号のインタビューで、「経営者は過労死するまで働けなんて言いません。過労死を含めて、これは自己管理だと思う」と語った部分など。ちなみに奥谷氏はホワイトカラー・エグゼンプションの積極的推進論者で、分科会では「労働者を甘やかしすぎ」などの発言をしているという。

 むろん、経営者は「過労死するまで働け」とは言わないだろう。死ぬ気で働け、みたいなことを言った人はいたような気もするが。昔々の為政者だって、民にどんどん死なれちゃ困るから(労働力が減るし、ヤケを起こされても面倒なので)「生かさぬよう殺さぬよう」という微妙なバランスで絞っていた。

「過労死などされたら寝覚めが悪いから、なるべくしないで欲しい」と思っているはずだ。経営者だって鬼でも悪魔でもないのだし、社員はドレイだとも機械だとも思っていないだろうから(ドレイや機械扱いする、ということはあるにせよ)。「なるべく死なないように働いて欲しい。でも万一過労死という事態が起きても、競争に勝ち抜くためには、それはそれでやむを得ない。名誉の戦死、の扱いをしてあげるから、迷わず成仏してネ」というあたりが、最も本音に近いのではあるまいか。

 ブログで以前父のことを書いた覚えがあるが、私の父は40歳を目前にして過労死(くも膜下出血で死亡)している。だから自己管理の問題などと言われると、猛烈に腹が立つ。

 父は朝は早く夜は遅く、日曜もしばしば出勤していた(当時は休日は土日でなく日曜だけ)。帰宅が深夜近くなる日が続き、3日ぐらい父の顔を見なかったことも稀ではない。むろん昼食のみならず夕食もほとんど外食。何を食べていたのか知らないが、要するに栄養バランスの悪いものばかりだったろう。結核の既往があり、あまり丈夫でない人だったから、母は働き過ぎを心配したらしいが、もう少ししたら楽になるというのが彼の口癖だったようである。だが、彼は死ぬことでしか楽になれなかった。

 疲れていたと思う。それならたまの休日はゆっくり休めばいいようなものだが、彼にとって休日は子供と遊ぶ日だった。特に遠出するわけではなかったが、公園だの、電車で2駅か3駅程度の遊園地だのに行き、帰りには本屋によって好きな本を選ばせてくれたのを覚えている。一緒に犬の散歩に行き、雨の日はよく、家の中でゲームをした。

 私の父が死んだのは、自己管理が悪かったのですか。そうですか。

 社会に出てからも、周囲で何人もが過労死した。たとえば去年も知人のひとりが(この人とは友人というほどの仲ではないので、後で知らされたのだけれども)。勤め先の銀行が合併し、仕事が過剰になった上、職場の人間関係はややこしくなり、さらに通勤は遠距離になるなどで心身の疲労が重なったあげくのことだった。辞めたい、と家族に漏らしたこともあるそうだ。それでも高校生の子供がいて、家のローンがあって、この年で辞めたら次の職場はみつからないだろうとしう不安もあり、働き続けた末に彼は突然死んだ。過労死寸前まで働き、鬱病になって自殺した人もいる。奥谷さんあなた、彼らの遺族の前で、とうちゃんは自己管理が悪かったんだよと言えるか。

「勝ち組」の言葉だなあ、とつくづく思う。奥谷さん、あなたのような人であれば、きっちりと自己管理できるかも知れない。しかし選択肢が限られ、えらい方たちのおっしゃる自己管理なんて絵に描いた餅だよという労働者も世の中には多いのです。競争に勝った人達はすぐ、自分の能力が優れていたから、人一倍努力したから、徹底的な自己管理にも努めたから、今の自分があると言う。負けた人間は能力が、努力が、なかったからだと。

 そりゃ、能力はあるのだろうし(少なくとも私よりはあるな、ウン)、努力もしただろう。自己管理もしたのでしょう。それは認める。だが勝ち組なるものに入れなかった人達が、能力も低く努力もせず、自己管理もできないダメ人間のような言い方をするのは不遜を通り越して、人間としての基本的な部分が疑わしい。 

 

◇◇◇エントリと関係のない雑談◇◇◇

 nizanさんが、高橋和巳『邪宗門』にかかわるエントリをTBしてくださった。ありがとう。あ、朝日文庫で手に入るのですか。誰かがかっぱらって行ったことばかりしつこく覚えていて、どこかで文庫になっていることなど考えてもいませんでした(汗)。私もこの本は愛読書の1つで、初読はnizanさんと同様10代の終わり頃。その後、何度か(といっても3度ぐらいだが)読み返した。

 鮮明に残っているシーンのひとつが……(これも何度か書いた覚えがあるが、まあいいや。読んでくださってる人少ないし)……戦争中、弾圧されて解体させられた「ひのもと救霊会」の人達がちりぢりになり、その一部の人達が素人劇団をやっていた時の話。その劇の中に、「国には国の掟あれど、我らにはまた我らの道」というセリフがあった。劇の筋立ては陳腐で、演技もヘタクソという設定になっていたが、それだけになお、このセリフの部分は私の中に強烈な印象を残し――今も残っている。

 国には国の掟あれど。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   トラックバック (12)   この記事についてブログを書く
« 「自己責任」という言葉を使うな | トップ | なぜ少子化がそんなに怖いのか »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
失礼な (luxemburg)
2007-02-08 23:33:36
> 読んでくださってる人少ないし
 失礼な。少数精鋭といってくだされ(って反論になってない)。

 一部の兵士がやったことで陸軍としては関知してない。秘書が私個人の祝電として送ったものに過ぎない。NHKが忖度してやったこと。過労死は自己管理が悪くて勝手に死んだ。
 そういえばどこかの都知事の息子の絵描きさんも、都知事が命令したんじゃなくて、

 大芸術家の息子さんにやってもらうのはいかがで?
 いやあ、そうかねぇ。ボクは気が進まないんだけどねぇ、ハッハッハッ・・・みたいなやりとりがあったそうですね。
 「東京原発」の都知事、いいですよぉ。
やっぱり (リュウセイmk2)
2007-02-09 06:19:56
「自己責任 口にする奴ぁ 無責任」
・・・・である事がはっきり証明されましたな。
いろんな事が浮かびます (せとともこ)
2007-02-09 21:29:12
辛いという字がある。
もう少しで幸せになれそうな字である。

        ―――星野富弘

今日のエントリー、なんだか胸が詰まります、、、
父の事、私も思い出します。
父は大往生でしたがそれでもやはり寂しい。

それから、
奥谷発言のこと。
ちょっと考えてみます。
あともう一つ気になった部分。 (リュウセイmk2)
2007-02-10 00:15:36
>競争に勝った人達はすぐ、自分の能力が優れていたから、人一倍努力したから、徹底的な自己管理にも努めたから、今の自分があると言う。負けた人間は能力が、努力が、なかったからだと。

こんなの、後からだったら何とでも言えますよね。
こういう表現、安っぽい「自己啓発」や「ハウツーもの」の書籍を読むとたくさん出てきます。
腹立たしいことこの上ありません。
Unknown (華氏451度)
2007-02-10 00:49:41
少数精鋭の皆様、コメント有り難うございます(笑)。

ふざけるな!!と言いたい人がほんと、多すぎますね。

リュウセイmk2さんのおっしゃっているようなことは、私もよく感じます。自己啓発だの自己実現だのは(個人的な感覚ですけれども)大嫌いじゃ~。

コメントを投稿

格差社会/分断・対立の連鎖」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

12 トラックバック

パンダにたとえてごめんなさいね (A Tree at ease)
中国ではパンダは保護の対象というより戦略的輸出品として繁殖をさせている、と指摘する人がいる。 まあ仮にそうだとしても、増やして毛皮をとるというのでなく、各国の動物園で「かわいい」と言われ、中国への親近感を持ってもらおうと思うのであれば別に悪い話ではない...
ミセス奥谷の命のしぼむ激励 (言ノ葉工房)
あべっちの周りってほんとナイスなメンツが集まってますね。任命したのだれですかー。はーい、あべっちです。そうですね。国民にとって不ゆかいな仲間たちが集まってますね。こんな国ってどうよっ追加キャンペーン!
「柳沢功労賞の発言」…コメント欄の反論に答えて (dr.stoneflyの戯れ言)
 「開けてびっくりコメント欄」ってことで、その分量の多さにパニクってしまったわけだ。いつものように、一つ一つに答えたいと思うのだが、出来そうにもない。ってことで申し訳有りませんがまとめ……。  その前に一言、いや二言、いやいや三言くらい。  やはり、ど...
NHKスペシャル 日中戦争 (お玉おばさんでもわかる政治のお話)
最近、右派左派共に大人のご意見を述べて下さる素敵な方々が増えていて、お玉はとてもうれしく感謝してます。m(_ _)m さて、今日はこの夏に放送されたNHKスペシャル「日中戦争」をご紹介しようと思います。・・といってもお玉が批評するのではなく、右派左派の皆さんがこ...
NHKスペシャル 日中戦争 (お玉おばさんでもわかる政治のお話)
最近、右派左派共に大人のご意見を述べて下さる素敵な方々が増えていて、お玉はとてもうれしく感謝してます。m(_ _)m さて、今日はこの夏に放送されたNHKスペシャル「日中戦争」をご紹介しようと思います。・・といってもお玉が批評するのではなく、右派左派の皆さんがこ...
反軍思想或いはカツドウヤ魂 (BLOG BLUES)
うわははははは。天下御免の無手勝新流!大映映画 「兵隊やくざ」シリーズが、CS日本映画専門チャンネルで、オンエア中 なのだ。勝新太郎演じる大宮一等兵にかかっては、もう、帝国陸軍もクソもない。 威張り腐った野郎、人を人とも思わね下司は、上官だろうが、憲兵...
戦後の日本社会が失ったもの? (とむ丸の夢)
ここ数日間、飯大蔵さんからいただいた資料、昨年6月に毎日新聞が行った国会議員に対するアンケート結果を国会議員ウォッチに転載する作業を続けています。まだ完了していませんが。 転載作業をしながらいろいろと考えます
続々・コメント欄について (政治・経済 メモ代わりに)
よそさまのブログを巡回していると、相変わらずコメント欄の管理でお悩みの方が多いように見受けられます。「お疲れさまです」と心から思います。ところで私(喜八)が運営するいくつかのブログにはコメント機能がありませんし、今後も設ける予定もありません。それは管理...
衆議院 厚生労働委員会 + 厚生労働大臣・厚生労働副大臣・厚生労働大臣政務官 名簿 (2007年1月24日) (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
衆議院 厚生労働委員会 + 厚生労働大臣・厚生労働副大臣・厚生労働大臣政務官 名簿 (2007年1月24日) 柳澤 伯夫  ,やなぎさわ はくお ,自民,衆議院,東海,静岡3 ,当選8回 厚生労働大臣 g04657@shugiin.go.jp 〒100-898
2月7日,奥谷禮子さん講演を聞いて (はじめの一歩)
2月7日には『ハケンの品格』について書きました.ほんとは,奥谷さんの講演について何か書こうと思ったのだけど,自分の中でうまくまとまらなかった.数日置けばそれなりに消化されるだろうと思いつつ,その間に,華氏451度さんのエントリを読ませていただき(TBもいた...
今夜はETV特集「焼け跡から生まれた憲法草案」 (お玉おばさんでもわかる政治のお話)
昨日お玉の観て~のお願いに答えてくださて、早速のコメントを有り難うございます。m(_ _)mそちらのご意見ご感想もまだまだ書いて頂けたらと思いつつ・・実は今晩もう一つどうしても見逃せない番組があります。 ETV特集 22時~23時30分 NHK教育テレビ 焼け跡から生ま...
国際航業のこの経営は許されるのか? (国際航業株式会社についておしえて!)
環境施設や農業土木など、部門廃止を次々に行い、子会社を作り送り込む準備ができた。 リストラの方策として、組合員以外の管理職から出向させ、来年度早々には組合員を出向させ、構造改革の3ヶ年の内に転籍(退職)させる。 うまい方法を実行しようとし始めたが、その前...