himikoの護国日記

長年の各種自虐史洗脳工作から目覚めた一人の愛国者の日記。
日本をおかしな反日勢力から守り、真の独立国にしたいです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

白梅の塔に行ってきました。

2013年07月08日 | 大東亜戦争
 先週末、純粋にマリンレジャーを楽しむ2泊3日の沖縄旅行に行ってきました。すでに梅雨明けしていた沖縄は
快晴で、青い海と青い空、真っ白な入道雲で心身ともにリフレッシュしてきました。スキューバダイビングを
楽しんできましたが、これまで潜ったどこの海より透明度が高く、素晴らしいダイビングでした。

 金曜の夜那覇に着き、そのまま市内のビジネスホテルに泊まり、土曜日にダイビングを満喫。その後、日曜は
帰路の飛行機に乗らないといけないのでダイビングはできず、初めての沖縄なので那覇市内を観光してきました。
夕方の飛行機の時間までしかないので、首里城を訪れ、国際通りで買い物を楽しみ、ソーキソバを食べてお土産
を買い、慌ただしい観光でしたが楽しく過ごしました。

 今回の旅行は完全なる趣味のためのレジャー旅行でしたが、沖縄に行くなら絶対に行きたい場所がありました。
青山繁晴さんが関西テレビのスーパーニュースアンカーで取り上げておられた、白梅の塔。沖縄戦で学徒動員
され、負傷兵などを懸命に看護された学徒看護隊の方々の慰霊碑と自決壕跡です。ひめゆりの塔はとても有名で
たくさんの観光客が訪れるそうですが、ひめゆりと同じく沖縄戦の凄絶な現場で懸命に活躍された白梅部隊の
方々の慰霊碑、白梅の塔。沖縄に行く機会があれば、是非お参りしようと思っていました。

 ところが、那覇市内から路線バスを乗り継ぎながら糸満市に到着し、なんとかひめゆりの塔に到着したのは
すでに17時過ぎ。帰りの飛行機は19時20分発。ひめゆりの塔で献花を勧めて下さった方に白梅の塔の場所など
を訪ねますが、はっきりとはわからず。とりあえず、言われた方向に歩き、ファミリーマートに入りました。
店員さんに尋ねると、地図を出してきてくださり、道順などを丁寧には教えて下さったのですが、まだどうも
距離があるよう。時間も迫っており、土地勘のない場所を徒歩で歩いて探すのはちょっと難しそう。

 やむを得ず、タクシーを手配していただきました。4,5分でタクシーが到着し、一路白梅の塔へ。静かで
ひっそりとした場所にその慰霊碑はありました。ひめゆりの塔はたくさんの献花がありましたが、こちらには
少数のお供え物があるのみでした。でも、そんなに古くないお供え物が目に付き、訪れる人が居られるんだな、
とちょっと安心しました。盗まれたというお地蔵さんが戻ってきたわけではないでしょうが、青山さんが憤り
ながら話しておられた慰霊碑前の台座にはちゃんとお地蔵さんが居られました。





 自決壕にも入り、合掌してきました。合掌しながら高校生だった白梅部隊の方々に思いを馳せ、さらには
自分の高校時代を振り返りました。私の高校時代は平々凡々に受験勉強とクラブ活動と、友人にも恵まれた
楽しい日々でした。その楽しい高校時代があったのも、命を賭して日本のために戦って下さった先人の方々
のおかげなんだな、と再認識できました。



 慌ただしいお参りでしたが、一通りお参りしてそのままタクシーで那覇空港へ。日ごろは長距離タクシー
を利用するなど考えられないですし、かなり高額になるのでは・・・と心配でしたが、3300円程度で無事に
飛行機に間に合う時間に那覇空港に着くことができました。ひめゆりの塔に到着した際、すでに時間が迫って
いて、場所もよくわからなかったので諦めかけましたが、白梅の塔を訪問できて本当に良かったです。

 初めての沖縄は慌ただしい訪問となったので、またゆっくりと時間を取って沖縄を訪れたいと思います。
以下、青山繁晴さんが白梅の塔についてお話しされ、天皇皇后両陛下が白梅部隊の方々と対面された様子
についても触れられた、「ニュースDEズバリ!」を紹介しておきます。

2012/11/21 ニュースDEズバリ!『白梅の塔(前半)』


2012/11/21 ニュースDEズバリ!『白梅の塔(後半)』

コメント   この記事についてブログを書く
« 国民健康保険を守りたい! | トップ | 青山さんアンカー 7/10 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

大東亜戦争」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事