ビートルズがいっぱい♡

“あと5年、早く生まれていたら”~その時、彼らは解散しようとしていた。

本家が本元が二番煎じでスマッシュヒット?~ ♪ザ・ビートルズ・ムービー・メドレー / ザ・ビートルズ

2012年10月07日 20時58分03秒 | The Beatles: その他

二番煎じ
以前にあったものの模倣や繰り返しで、変わり映えのしない事をいう

オランダのスタジオ・プロジェクト'Stars On 45' の1981年の大ヒットに触発されてかとうかは知りませんが、翌年、EMIが企画し、リリースしたのが、今日ご紹介する「The Beatles' Movie Medrey」でした。

このシングルの存在を知ってる人って、意外と少ないかも知れませんね・・・
1982年にリリースされたコチラの方こそ、実際のビートルズの音源を使用した本家本元の筈なんですが、前年に大ヒットしたディスコ・ビートに乗せた'Stars On 45' のインパクトが強かったせいか、印象が薄いような気がします。

それでも、流石、ビートルズ、全米で12位、全英で10位を記録しました。



【 UK Official Chart 】1982年7月3日付
01.Happy Talk / Captain Sensible
02.I've Never Been To Me 愛はかげろうのように / Charlene
03.Inside Out / Odyssey
04.Abracadabra / Steve Miller Band
05.Music And Lights / Imagination
06.I'm A Wonderful Thing (Baby) / Kid Creole & The Coconuts
07.Work That Body / Diana Ross
08.Hungry Like The Wolf / Duran Duran
09.Goody Two Shoes / Adam Ant
10.The Beatles Movie Medley / The Beatles

The Beatles Movie Medley - The Beatles

ザ・ビートルズ・ムービー・メドレー / ザ・ビートルズ
みんな寄っといで ミステリー・ツアーに出かけよう
ほらほら、こちらへ

みんな寄っといで ミステリー・ツアーに出かけよう
みんな寄っといで ミステリー・ツアーに出かけよう
マジカル・ミステリー・ツアーが君を連れ出そうと待ち構えてる
君を遠くへ連れていこうと、今すぐ君を連れて行く

思ってもみなかったことしようとしても
心に浮かんだことのない調べを歌おうとしても
耳にしたことのない言葉を話そうとしても無理さ
でもいくらでも 楽しくなれる
簡単さ

愛があればそれでいい
愛があればそれでいい
愛さえあれば何もいらない
愛こそはすべて

人がいるところならどこへ行っても
一人一人が
毎日のように僕を笑ってからからかう
そしてこう言うのさ

「おいお前 恋の悩みは胸の中にしまっとけよ」
「おいお前 恋の悩みは胸の中にしまっとけよ」

思ってもみなかったよ こんなにキスが素敵だなんて
こんな気持ち 僕だけのものさ
ね わかるだろ

君を愛してるよって言うと
私も愛してるわと答えてくれる
僕のものになってくれるかいって言うと
私も愛してるのよって答えてくれる

ハードな一日だったよ
まるで犬みたいにあくせく働いて
それにしてもハードな一日だったよ
今夜は丸太みたいにぐっすり眠ったほうがいい
だけど 君の待つ家に帰ると
君があれこれ世話を焼いてくれる
それで気分もなおっちまう

Whoa!

悲しい別れが訪れる それは今日
僕を夢中にさせたあの娘 行っちまう行っちまうんだよ

彼女は乗車券を買った
乗車券を持って汽車に乗り
もう帰ってこないつもりなんだ
僕の気持ちも考えずに

ジョジョは自分を孤独な男と思ってたけど
それも長くは続かないのを知っていた
ジョジョはアリゾナ州ツーソンの故郷をあとに
カリフォルニアの葉っぱ(グラス)をめざした

帰れよ 帰ったほうがいい
おまえがもともといた場所へ帰れ
帰れよ 帰ったほうがいい
おまえがもともといた場所へ帰れ

勇気ある挑戦
伝統という足枷を外した見事な演奏です!
歌詞もお江戸言葉で面白い!

邦楽でビートルズメドレー




コメント (10)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 辛い時期に明るさをもたらし... | トップ | ジョージ・ハリスンの師ラヴ... »

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
「動くビートルズ!」 (ミスター・カイト)
2012-10-07 21:47:30
発売リアルタイムで購入したビートルズのシングルでは、これが最初の一枚だったと記憶しています。

「涙の乗車券」~「ゲット・バック」の流れは
カッコイイですネ。

なんと言っても
当時、TVの音楽番組でこの映像が流れた時の興奮は
忘れられません。
動くビートルズを認識したのはこの「ムービ-・メドレー」の映像が初めてだったとお思います。

現在ではDVD、BLなんかで
好きな時に綺麗な映像と素晴らしい音で
手軽に楽しめるからいい時代になったものです。
邦楽もそうですけど (マスP)
2012-10-07 23:33:16
逆にジョージはインド音楽にはまって、不気味な恰好で弦が無茶苦茶多いシタールなんかやってましたよね?

よくあんな楽器が弾けるなあと感心したものです。

流れるような編集が見事! (free bird)
2012-10-08 23:34:50
時代的な背景は別として、見事なまでに流れるような繋
ぎはさすがです。
でも、Beatlesファンのjohnさんなら別ヴァージョン作れち
ゃいそうですね

しっかしまあ、この週のUKチャートは『ごった煮』状態で
すね キッド・クレオールもいればアダム・
アントもいる。でもそんな中、1位の曲は知らんぞ
余談ですけど、カリビアン・サウンド一杯のキッド・クレ
オール…大好きです。

もう一丁おまけで、どうでもいい昔話を…
中学生の頃、たまたまNHKで雅楽の演奏を見たんです
よ。その時、笙という楽器に憧れまして、一時期、マジ
で宮内庁の楽部楽師になろうかな…などというとんで
もない夢を抱いたこともありました。(実は公務員の身
分なので憧れた、というスケベ心もありましたが…)

でもその時の夢をマジで突き進んでいたら、今頃CDで
も出せたのかな?
癒し系で有名な東儀秀樹は同世代だけど、彼の演ず
る「ひちりき」の音色は本当に魂を感じる!
雅楽… もう少し現代人にも「癒し」としてでもいいから
聴いてほしいな
悠久の音色に日本人なら必ず魂が揺さぶられるところ
があるはずです

二番煎じでも (Paul Machida)
2012-10-09 10:42:26
やっぱり本物がいいですね!(存在を知りませんでした・・・)
映像もいいです!
Stars On 45の曲数で、動画をつくって欲しいですね。

ミスター・カイトさんへ (JOHN BEATLE LENNON)
2012-10-09 15:24:59
僕たちの世代の動くビートルズといったら、
東芝のTVコマーシャルという人が多いでし
ょうね!
ステレオのCMだったと思いますが、映画『
Let It Be 』の一場面が画面に映し出されてお
りました。
この辺りが、微妙にリアルタイムだったとこ
ろですね(笑)

それまで、名前と人気があること、長髪の源、
これだけは理解していました。
マスPさんへ (JOHN BEATLE LENNON)
2012-10-09 17:29:24
ジョージの腕前はマダマダだったようです(笑)

インドのシタールという楽器をメジャーなものにし、
ロック・ミュージックのその後の在り方、他音楽との
融合というものを提示したことに意義があるのでは…




free bird さんへ (JOHN BEATLE LENNON)
2012-10-09 17:36:58
この程度のつなぎなら、編集ソフトがあれば簡単に
出来ると思いますよ。
でも、その時のオープニングもやっぱり、「マジカル・
ミステリー・ツアー」を持ってくると思います。
やっぱり、インパクトがありますからね!

笙という楽器、調べて見ました
http://www.youtube.com/watch?v=YbqEgR6Eyxs

これだったら、現代音楽に組み込んでも、充分、効果的
な働きを出来ると思いますよ!
やればよかったのに!(笑)

Paul Machida さんへ (JOHN BEATLE LENNON)
2012-10-09 17:52:38
音楽を繋ぐソフトがあれば、メドレーを作るのは
容易いと思いますよ。

Happy birthday John (Aventurine)
2012-10-09 18:10:08
朝からBSプレミアムでBBC制作のビートルズの再現ドラマを視ていました。ヨーコが悪く描かれていなくて良かったです・・・。
ビートルズ・ムービー・メドレーを視せていただき、邦楽も結構楽しく視て、最後はやはり王様のビートルズ・メドレーで締めました(^_-)-☆
Aventurine さんへ (JOHN BEATLE LENNON)
2012-10-09 20:18:53
今、ジョン・レノン誕生日の記事を書き終えてエントリー直前です。
誕生日ということで、ヨーコ批判は嫌味程度に抑えました(笑)