ビートルズがいっぱい♡

“あと5年、早く生まれていたら”~その時、彼らは解散しようとしていた。

ビートルズ:英国オリジナル・シングル盤22枚

ジョージ・ハリスンの師ラヴィ・シャンカールが亡くなりました・・・

2012年12月14日 18時46分56秒 | The Beatles: その他

シタールの巨匠ラヴィ・シャンカールが亡くなりました・・・

  詳しくはコチラ

ビートルズ・ファンにとって、シタールの巨匠というより、ジョージ・ハリスンが師事し、中期以降のビートルズに多大なインスピレーションを生み出す切っ掛けを与えてくれた恩人といった方がいいでしょう。

彼との出会いによって、ジョージは、それまでのロック・ミュージックに使われる楽器の概念を一変、新しいサウンドへの創造力を高めて行くようになります。
そして、そういった一連の努力を積み重ねていったジョージは、レノン=マッカートニーという史上最強コンビに対抗出来うるだけの実力を示すことが出来るまでに成長・・・

シタールと云うそれまでロック・ミュージックに無縁の楽器を使用する機会を得たビートルズは、これ以降、既成概念に捕らわれない縦横無尽のサウンド創造をするようになります。

ジョージ・ハリスン & フレンズ コンサート・フォー・バングラデシュ デラックス・パッケージ (通常版) [DVD]
ジョージ・ハリスン&フレンズ
ワーナーミュージック・ジャパン

ラヴィで印象的だったのは、バングラディッシュ難民救済コンサートでの、観客に向け謙虚なメッセージでした・・・

「皆さん、お待ちかねのスーパー・スターの演奏が始まるまで今暫くお待ち下さい」

自分も超一流のアーティストでありながら、驕ることなく素直にインド音楽が観客にとっては退屈であることを認め、“少しの間、我慢して下さいね”とお願いする・・・

こういったことはプライドが邪魔をして、簡単そうでも、中々出来ることじゃない!
それでいて、心のこもった圧倒的な熱演は、観客の心を動かし、次第に大喝采を得ることに・・・

ジョージ・ハリスンが師事しただけのことはある、
これぞプロフェッショナルですね!


心からのご冥福を祈ります・・・

The Concert for Bangla Desh
Bangla Dhun - Ravi Shankar



コメント (8)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする