BEAT KENNEL(ビートケンネル)ハイクオリティーパピー

3サイズのダックスをメインに小型犬常時出産。ペディグリーアワード受賞多数.自家繁殖犬100頭以上がチャンピオン完成。

2020年6月1日以降の子犬・子猫の販売契約について

2020-05-22 | 販売規約&動物保険


2019年6月に、改正動物愛護管理法が成立いたしました。

その一部が2020年6月1日より施行されますが、「対面説明・現物確認を実施する場所を事業所に限定する」という規定が追加され、これにより出張での対面説明・現物確認が禁止されます(改正動物愛護法第21条の4)。

「対面説明・現物確認を実施する場所を事業所に限定する」という規定の追加により、「出張取引」「代行取引」が禁止されます。

------------------------
◆生体の引き渡しを事業所外で行う場合について
------------------------
今回の法改正は「対面説明・現物確認を実施する場所を事業所に限定する」という内容ですので、「対面説明・現物確認」を実施した後の「売買契約・生体引渡し」は事業所以外の場所で行えるように解釈できるとも考えられます。

 例:子犬の見学(現物確認・対面説明)と売買契約を事業所(ビートケンネル)で行い、子犬の引き渡しは後日、出張や空輸にて行うケース

上記のような取引を6月1日以降も引き続き実施しても問題がないかどうかを環境省に問い合わせたところ、「各自治体の判断による」との回答でした。

上記をふまえ、子犬・子猫の見学及び販売契約は必ずビートケンネルにご来訪いただき、対面にて確認・契約をしていただくことになります。それに伴い、まだ幼齢でお引き渡しができない場合は、後日改めてお迎え、お届け、または空輸でのお引き渡しに関しましては問題なく対応させていただきます。

以上、販売契約書に追記とさせていただきます。

 

ビートケンネル

〒287-0013 千葉県香取市大倉1808-38

遠藤マッケーブ 敦子

携帯:090-5511-1827

http://blog.goo.ne.jp/beatkennel

動物取扱業 販売:06-香保9-18


この記事についてブログを書く
« 犬・猫売買契約書 | トップ | わんちゃん・ねこちゃんお譲... »