1992 10 6 BEAT Ver-C

新車より所有している Ver-C オーナー。

ようやく!?

2019-05-13 00:00:01 | 家族

教科書に載ってる有名なフォトね。



詳しくは、HP等を見るなり調べてね。(大爆笑)



ブリュナ復元エンジンのデモ♪



日本最古の蒸気エンジン(横型)  ロマンだね♪

メイン工場♪



2階からのフォト♪


最高32トンもの繭を保管していたと言う2階の倉庫!


繭一つは、約1グラムです。  32トンと言うことは? 何個? 計算してみて♪(自爆)
繭の命を無駄にしないために、つくだ煮にして食べたとか。  日本人らしいね。。。

工場内♪

?工法だったかな!?  熱を逃がしやすいし。  ほとんど傷んでいない!  凄いね!!!

流石!  技術の日産(プリンス)♪

自動繰糸機。
300人近くのレディーが働いていたわけです。
過去の映像では無くてリアルに観たくなりました。

良い仕事をしてもらうには、早くやれ! ではダメで、女工さまを尊重し、
作業環境や週休二日制の導入や電気が通って無いので、季節に応じた勤務時間、
そして、休憩時間に幅を持たせた上に、民間の診療所や日本全国から来た
労働者に負担の無いよう宿舎を完備したり、医療も低かったために亡くなられた方の
ためにお墓まで。。。

優秀な女工さまには上の格付け制にしたりと、日本が伸びていた時代のシステムを
先取りした働き方をされていたと言うのは驚きでした。

今も昔も伸びている会社はこうだよね。

ダメな会社は経営責任を下々の労働者に押し付けるんだから。

きっと表舞台でご活躍をされていた女工さまの多くは、笑顔で出勤されていたのかも知れませんね♪

女工宿舎。

ブリュナ館。

先見の目のあった明治政府は、個人の住宅にここまでやったのですね!
世界大戦で爆撃を受けなかったのは、アメリカとフランスのつながりなのでしょうね!?

珍しく頭を使うと甘いものが欲しくなる♪

富岡限定に弱い二人は、高価なシルク石鹸には目を向けづ、シルクソフトへ♪♪(笑)
サッパリしていて美味しかったです♪♪♪

当然のごとく、ランチへ♪

大正8年からの洋食屋さんに行きました♪♪
私は、名物の かつ丼♪♪♪

愛妻は、チーズハンバーグセット。  本当は、私もそれ狙いでした。(笑)


次回こそは! オムライスになりそう!?(笑)

2019年05月05日なので、こいのぼりの里 に行って来ました。

ちょっとスケール的に物足りなかったかな!?
地元の公園の方が本数も多く綺麗だったんだもの。(笑)

いやぁ~、ようやく富岡製糸場に行くことが出来ました。

たまには、昔の文化に触れるのも良いですね♪♪♪

すぐに忘れちゃうけど。(自爆)

また、行こう!!!!!

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 私の不思議!? | トップ | my BEAT君 の燃費🎵 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (slowbeat)
2019-05-13 07:57:52
地元の人ほど遠慮があって、中々行けてないのかもですね。
映画やドラマの世界では知っていても、実物はまた感慨もひとしおでしょう。
slowbeatさんへ🎵 ( Alain)
2019-05-13 12:08:22
そうですね。
いつでも行けると言う事で、後回しにしちゃいますかね!?
世界遺産なので、完全修復も難しく維持は大変だろうなぁ〜と。
当時へ想いを馳せると感慨ひとしおですね🎵

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

家族」カテゴリの最新記事