1992 10 6 BEAT Ver-C

新車より所有している Ver-C オーナー。

HONDA BEAT のラジエーターファン作動温度など。

2019-05-01 00:00:01 | 覚書
ラジエーター作動温度は 87℃ で ON になり、82℃ で OFF となる。

サーモスタットの開き始めの温度は 76 ~ 79℃。
全開温度は 87.5℃

但し使用条件を守らないといけない!

8100rpm と言う高回転まで回した熱量に対応したものである。

my BEAT君 の場合、軽くお山を流した時は 9000rpm まで回してた。(滝汗;

これからは、8000rpm 以内にします。

フルオーバーホールエンジンだからノーマルエンジンより発熱量も多いだろうからね。

最近、油温を記録しており、ノーマル車の油温の余裕率もみています。

3月の最高油温は、99.6℃ なので、余裕率は、なんと 68% もあります。

この余裕率が 10% に近づくとまずいかな? と言う感じ!?

今のところ、水温のプラス 10 〜 15 ℃以内で油温管理されているようですから、

油温を測定しているデータと合致している。

エンジンの耐久性(磨耗)に関して考えると、油温は 90 〜 110 ℃台で

管理されている状態が1番良いのだからね。

90℃ を下回る油温管理じゃぁ~、高回転エンジンの熱膨張CL に満たないから

オイル消費や磨耗が促進されると考えられるしね。

しっかり熱対応していますよメーカーは。

80℃ 台にしないようにする回し方を探ってみたくなりましたね。

冬季の課題だ♪

とりあえず、油温が上がると考えられる 7月と8月 を待ちましょう🎵

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 2019年04月の 平均燃費 | トップ | 令和を迎えて♪ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (nao)
2019-05-01 07:58:54
おはようございます。連休はいかがお過ごしでしょうか?

マップセンサの代替経緯をみますと、6000~7000rpmかなと。
PR3が7000~8000rpm
PHEが6000~7000rpm
の範囲と推測します。
データをとったわけではないので、あくまでも経年からの推測ですが。
naoさんへ🎵 ( Alain)
2019-05-01 10:08:06
おはようございます😃
令和になりました。
改めてよろしくお願いいたします🤲

確かに代用品はそう考えますよね。
8000以内は絶対で、7500くらいで留めようと思ってます。
明日は天気も良さそうなので、洗車などを行う予定です🎵

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

覚書」カテゴリの最新記事