教団「二次元愛」

リアルワールドに見切りをつけ、二次元に生きる男の生き様 (ニコニコでは「てとろでP」)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ウォータービジネス厨 息してない

2011-11-25 00:00:05 | 経済/経済/社会
ウォータービジネスというとウォーターバロン(水男爵)と呼ばれる寡占企業の御三家。
テムズウォーター, スエズ, ヴェオリアの3社を指す。

世間のウォータービジネス厨の話は
(1)「人間が利用できる水は水全体の0.01%しかないんです」
(2)「これから新興国で水需要はどんどん伸びるんです」
(3)「世界の水ビジネスはウォーターバロンで寡占されていて、日本はオペレーターとしての参入は絶望的に後発です」
(4)「だからウォータービジネス関連株は成長株なので買うと儲かるかもしれませんよ」
の4つでほぼ全てだ。
それ以上の話はほとんどされない。

さて。
これは正しかったのだろうか?

まず(4)の「ウォータービジネス関連株は成長株」という判断は的を得ていない。

グロースではなくディフェンシブの性質が強い。
これは以前書いたので省略する。(※1)

御三家の実体はどうなのか?

決算書を読んだ。
水道のオペレーターなら資産の大半は設備なのかと思いきやそうでもなく、goodwill(のれん) とintangible assets(無形資産)がやたらに多く、もしなくなったら自己資本を軽くふっ飛ばすくらい多いうえに、借金が多く自己資本比率が低い。
これでバリバリ儲かっていればいいんだが、案外そうでもないところもある。
たとえばヴェオリアでいうと、イタリアやアメリカの事業でけっこうデカい減損を計上している。

まるでオリンパスの決算のようだ。

おまけに事業の大半、いやほとんどはヨーロッパになっている。
なんかウォータービジネス厨の言ってることと違う印象を受ける。

ウォーターバロン株に手を出したヤツはどうなったのか?

テムズウォーターはRWE(ドイツの電力会社)に買収されたあと、RWEに手放されている。
株式非公開なので状況はわからんが、手放されているところから見て良いとは言いがたいと推測される。
スエズの株価はリーマンショック直後の安値を通過した。
ヴェオリアの株価にいたってはリーマンショック直後の安値の半額にせまる勢いである。
スエズとヴェオリアに限ってはフランスの企業でなおかつ自己資本比率が低いということで、いまみたいにフランス国債の利回りがジリジリ上がるとダメージを食らってカンタンに儲けがふっ飛ぶという特殊事情もある。

どうしてこうなった?
世界の水ビジネスはウォーターバロンで寡占されているから頑強で安泰ではなかったのか?

実にフシギである。



goodwill(のれん) とintangible assets (無形資産)が何なのかは英語の決算書をガチ読みしないとわからなそうだし(たぶん各国の水道事業会社の持分がらみだと思われるが)、あの株価の乱高下が何だったのかのヒストリカルな調査もまだできていない。
ウォーターバロンをもてはやすのも勝手だが、ウォータービジネス厨のなかでウォーターバロンの実態を多少でも把握できているヤツがいったいどれほどいるのかということに大いに疑問を感じる。
ウォータービジネス厨はスエズとヴェオリアの実情と説明が違うところから話してもらいたいものだが。






追伸:

ポジショントークの嫌疑も当然ありうるので、わたしのポジションの話も少ししておく。
わたしはウォーターバロンの株はどれも持っていない。
だが、それより1桁くらい小さいSevern Trentという水道オペレーターの株を持っている。
比率でいうならヴェオリアがトヨタだとするとSevern Trentは三菱自動車といったところで、グローバルなプレーヤーでいうとその他大勢でしかない。
でも買った。

なのでポジショントークと言われたとしても反論しない。
株価では買ったときより少し上がっているが、円高ポンド安の為替差損があるので実質少し負け。

さいきんヴェオリアの株が急に下がったのでちょっと気になる今日この頃。
ちなみに株価が暴落したのに目をつけて調べてみたという、記事とは逆の順序がほんとうのところで、調べてみたところ「うぅむ・・・」となったわけよ(笑)。



【※1】
水道とウォータービジネス(前編)
http://blog.goo.ne.jp/beamtetrode350b/d/20110218

水道とウォータービジネス(後編)
http://blog.goo.ne.jp/beamtetrode350b/d/20110219

コメント   この記事についてブログを書く
« アニオタがゆるキャラを語る | トップ | 公式とニコニコが1つになっ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

経済/経済/社会」カテゴリの最新記事