真っ向勝負!

東武伊勢崎線:北越谷駅西口から徒歩3分。『心から痛みを取りたい!』『本当にケガを治したい!』患者さんの為の整骨院です。

おの整骨院と、院長:小野卓弥の実績と外部活動について。

2017年11月30日 20時34分03秒 | これは絶対にお読みになった方が良い!シリーズ。
いつも記事をお読みいただき、誠にありがとうございます。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


★おの整骨院:小野卓弥がおこなう

外部活動と実績について


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆






通常業務としての、おの整骨院は

筋肉・骨・靭帯などのケガ全般、スポーツ障害・交通事故・労働災害の診療・治療・医療としての活動をおこなう

日本国内でも極めて少ない存在の、外傷専門整骨院です。

開業してから 累計14万人以上(2016年12月31日終了時点)の患者様を治療させていただいています。






============

▼▼

活動実績について。




◎自治体から依頼された講演・指導





◎武道・格闘技・球技の医務スタッフ・委員長


※上記について、各種競技の全日本レベル大会を20回以上担当




◎武道・格闘技の審判







◎格闘技・武道・トレーニングの指導

※世界王者、全日本王者の指導実績あり






◎中学・高校・大学・専門学校での特別講義・授業


◎雑誌掲載:日本最大発行部数のサッカー雑誌で

『外傷をシッカリと診れる整骨院』トップ


==============

▼▼▼

すべてのご依頼・お問い合わせ・ご相談は

・「おの整骨院」窓口で

・電話048-971-4417

・メール:ono-seikotsuin@nifty.com



こちらまで、お願い致します。

ご遠慮は不要ですので、ご自由に気がね無くご相談ください。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



▲▲▲一般的に診療・治療と呼ばれている行為は

柔道整復師が行なう分野としては

療養行為というものとして

国家が定めています。

ここでは、一般の方々に分かりやすいように

治療・診療という言葉も使用します



=================






おの整骨院は、外傷専門整骨院です




健康保険・交通事故・労働災害、完全(賠償問題相談も無料)取扱い

ケガをした方や、スポーツ外傷患者様の為の専門の整骨院です


このブログでは、院長:小野卓弥が


ケガからどうやって回復するのか


痛みを無くす方法は



などを案内致しています。

 https://www.youtube.com/watch?v=rDGvwPEjXYw


おの整骨院の業務と中身が分かる動画をご覧下さい。






====================



こちら、ホームページです。


http://www.koshigayakko.com/onoseikotuin/


ツイッター

https://twitter.com/onoseikotsuin


フェイスブック

https://www.facebook.com/takuya.ono.503



革新的トレーニング!

日本国内在住の日本人では5名だけが持つ資格

SFG認定ハードスタイル・ケトルベル・トレーニングについて



お知りになりたいお方は、こちら!

私の理念!

≪心のつながり≫を名前とするブログ

マインド・コネクション!


http://blog.goo.ne.jp/1970y01m04d/e/2970d43ffe09f66c37fd141b92229666



あなたの生活に、エネルギーを生む記事作りを心がけています。

是非、ご覧ください。


友達申請、お待ちしています


コメント

11月28日(火)のつぶやき

2017年11月29日 01時54分35秒 | これは絶対にお読みになった方が良い!シリーズ。
コメント

11月27日(月)のつぶやき

2017年11月28日 01時54分16秒 | これは絶対にお読みになった方が良い!シリーズ。
コメント

11月25日(土)のつぶやき

2017年11月26日 01時54分38秒 | これは絶対にお読みになった方が良い!シリーズ。
コメント

医療として≪診断≫をする時の最初の手順は、科学検査をすることではありません。

2017年11月25日 13時39分38秒 | これは絶対にお読みになった方が良い!シリーズ。
いつも記事をお読みいただき、誠にありがとうございます。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


私:小野卓弥自身が,同時期に主宰である講習があり、受講できないのですが


NKTレベル2は、受講資格(レベル1を受講された方)をお持ちの方は


絶対に受けた方が良いです。


このような時、人間には


1:時間の制限


2:身体が1つしかない


ことに、真剣に悔しさを覚えますね~~~



===============


一気に医療診断のレベルとステージが上がり


医療者と患者様に、多大な利益をもたらす検査方法であると確信しています。


素晴らしい診断技術であり、世界のどこでも再現できて


人間の根源的な仕組みをとらえています。


≪Nktレベル2セミナー≫


・12月9日~12月10日

12月9日 9:30 ~ 12月10日 17:00

https://www.facebook.com/events/2040019406229627/?active_tab=about




NeuroKinetic Therapy® (NKT) は

モーターコントロール理論、神経科学、機能解剖(神経バイオメカニクス)を応用し

モーターコントロールからの動きのパターンの乱れを見つけるシステムです。






=============


NKT® は

筋肉のアンバランスを、どの筋肉が抑制と代償の関係となっているかを把握する

ユニークなテスト法であり、そのために特定の治療やコレクティブエクササイズを決定する事ができ

適切な動きのパターンやモーターコントロールの再プログラミングを可能にします。


このアプローチを行なう事により、症状を追うことなく原因を見つけることが可能になります。


※NKTの日本語サイトより抜粋・引用


https://www.facebook.com/events/2040019406229627/





==========


講師の河合先生の魅力も大きい。


医療人として、ファンダメンタルを大事にして


選手を守るトレーナーとして


強い自覚がおありならば、絶対に受講すべきです。







==========



受講し、現場でご活用いただくことで

日本の医療・トレーニング指導の現場のレベルが

更に上がることを確信しています。



私は、毎日の診療の中で

NKTのテクニック、ガンガン使っています。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



▲▲▲一般的に診療・治療と呼ばれている行為は

柔道整復師が行なう分野としては

療養行為というものとして

国家が定めています。

ここでは、一般の方々に分かりやすいように

治療・診療という言葉も使用します



=================






おの整骨院は、外傷専門整骨院です




健康保険・交通事故・労働災害、完全(賠償問題相談も無料)取扱い

ケガをした方や、スポーツ外傷患者様の為の専門の整骨院です


このブログでは、院長:小野卓弥が


ケガからどうやって回復するのか


痛みを無くす方法は



などを案内致しています。

 https://www.youtube.com/watch?v=rDGvwPEjXYw


おの整骨院の業務と中身が分かる動画をご覧下さい。






====================



こちら、ホームページです。


http://www.koshigayakko.com/onoseikotuin/


ツイッター

https://twitter.com/onoseikotsuin


フェイスブック

https://www.facebook.com/takuya.ono.503



革新的トレーニング!

日本国内在住の日本人では5名だけが持つ資格

SFG認定ハードスタイル・ケトルベル・トレーニングについて



お知りになりたいお方は、こちら!

私の理念!

≪心のつながり≫を名前とするブログ

マインド・コネクション!


http://blog.goo.ne.jp/1970y01m04d/e/2970d43ffe09f66c37fd141b92229666



あなたの生活に、エネルギーを生む記事作りを心がけています。

是非、ご覧ください。


友達申請、お待ちしています




コメント

11月24日(金)のつぶやき

2017年11月25日 01時54分29秒 | これは絶対にお読みになった方が良い!シリーズ。
コメント

関節の変形に由来する【痛み・腫れ・むくみ・運動性低下など】の症状は、外傷と同様に、いきなりマッサージなどしてはいけません。

2017年11月24日 09時55分51秒 | これは絶対にお読みになった方が良い!シリーズ。
いつも記事をお読みいただき、誠にありがとうございます。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


この様な疑問への回答編、第7回

今回は

法律上、整骨院や接骨院が

あつかってはいけない・治療してはいけない負傷:第4回

================




★★


法律上、整骨院や接骨院:柔道整復師が

あつかってはいけない・治療してはいけない負傷

これはご記憶ください。










医療事故を防げます。


患者様が、ご自分から積極的にこのような情報を持たなくては

いけない時代になってしまいました。


===================





整骨院や接骨院:柔道整復師は

法律上

関節の変形を原因とする、痛みや機能障害などの

問題がある場所と症状を

診断・治療したり

取り扱ったりしてはいけません。




===============



整骨院や接骨院:柔道整復師は

医師・ドクター・病院と呼ばれるものと

まったく同じ業務が出来るところではありません。









医師・ドクター・病院と連携し、許可を得てから

治療を行なわなくてはいけない負傷が存在します。





これは、全ての国民の方がご記憶なさると良いと考えています。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


その様な患者様がご来院されたら


すぐに、速やかに、手際良く、事情と理由と内容を説明して


鑑別診断・確定診断していただくために


転医、または検査のために紹介状を買い手渡して差し上げる


ということを、しなくてはいけません。


==============


そもそも、保険診療の項目の中に

このような項目はありません。



===========


ドクター・医師・病院から


1:依頼

2:許可

3:連携後療


この様なリアクションがあって、初めて

行動を具体的に起こすことができます。



============

これは、絶対です。

もっとも、一般の方々が迷い、間違う部分でもあります。


また、日本の≪医療≫という形をゆがめている温床と闇の部分でもあり

この機会にご記憶ください。


==============




★★

関節の変形に、整骨院や接骨院:柔道整復師の治療法が


効かないとか効くとか


そんなことを論じているのではありません。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

▼▲▼

科学検査無き、変形した関節への対処は

成功の目を見ないから、このようにすることと

法律と医学上の両面から、強く言っているのです。




================



なにも考えないマッサージや、無駄なおしゃべりでは


変形した関節に対する対策は、何もなされていません。





==============


外傷治療も、障害も


ノンベンダラリと【もむ】だけでは


得や利益は発生しないのです。


===========



自費治療やで、個別の適切なトレーニングと指導をおこなうことで


関節が変形してしまった方々に


良い対応をしているトレーナー様、鍼灸師、マッサージ師、柔道整復師は


確実に存在します。



そうではない、不正の温床に入り込んで


恥の意味も知らない連中を、糾弾しています。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


人間を治療するとは、機械ものを直すこととは違います。

そこが、治すと直すの違いであり

治療とリハビリ、ADLとQOL(この2つは専門用語です)の確保の意味です。

しかし、保険診療とは法律を守った上での行為であり

絶対に破ってはいけないルールということです。

整骨院や接骨院:柔道整復師の

変形した関節に対する単独判断での保険診療行為は

重大な法律違反です。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

患者様の中でも、このような方もいらっしゃるでしょう。

『気持ち良いから』

『行って楽しいところだから』

『習慣になっているから』


=============


人間は、必要の無い、無駄な刺激を与えられ続けると

それが原因で、不具合をおこします。


変形した原因に、理由と根拠無きマッサージもどきの刺激を与えると

どうなるでしょうか?


ますます、形が変わるとは考えないでしょうか?



==============


なぜか・・・・


本当に、なぜか??


身体に触れるという行為を、軽く考えられている様相が、社会の中に存在します。


だまって、他人の身体に触れたら、犯罪行為です。






そして、身体に何らかの影響を、触ることで及ぼすことを


≪侵襲:しんしゅう≫という言葉で表現したりします。


※デジタル大辞典より抜粋・引用



医学で、生体の内部環境の恒常性を乱す可能性がある刺激全般


本来は、筋、ウィルス、外傷、手術などからの影響に使用する言葉です。


・・・・が・・・・


私たち医療関係者は、どのようなケースでも、そこに準じた思考を、いつも持っていなくてはいけません。


===========



驚かれる方、非常に多いでしょう。


医療とは

常に≪生命と法律≫という、絶対倫理の2大柱があってこそ、成り立っていることは忘れてはいけません。

そこは必ず

必ず守っていきます。




一般の方々こそ、このようなことをご記憶ください。






◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



このような


業務範囲外で


正確な勉学と研修もしていない負傷を取りあつかうのは


患者様の身体と生命を守ることが絶対的ファースト!


という、医療の理念に反しています。



================


なぜか、軽く考えられがちなことです。



しかし、身体が適正に動かなくなってしまう


直接的な危険性を含んでいることもあるのです。


私たち医療関係者は、どのようなケースでも、そこに準じた思考を


いつも持っていなくてはいけません。


===========


驚かれる方も多いでしょう。


しかし、医療とは、常に≪生命と法律≫という


絶対倫理の2大柱があってこそ、成り立っているのです。


そこは必ず、必ず守っていきます。


一般の方々も、このようなことをご記憶ください。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



▲▲▲一般的に診療・治療と呼ばれている行為は

柔道整復師が行なう分野としては

療養行為というものとして

国家が定めています。

ここでは、一般の方々に分かりやすいように

治療・診療という言葉も使用します



=================






おの整骨院は、外傷専門整骨院です




健康保険・交通事故・労働災害、完全(賠償問題相談も無料)取扱い

ケガをした方や、スポーツ外傷患者様の為の専門の整骨院です


このブログでは、院長:小野卓弥が


ケガからどうやって回復するのか


痛みを無くす方法は



などを案内致しています。

 https://www.youtube.com/watch?v=rDGvwPEjXYw


おの整骨院の業務と中身が分かる動画をご覧下さい。






====================



こちら、ホームページです。


http://www.koshigayakko.com/onoseikotuin/


ツイッター

https://twitter.com/onoseikotsuin


フェイスブック

https://www.facebook.com/takuya.ono.503



革新的トレーニング!

日本国内在住の日本人では5名だけが持つ資格

SFG認定ハードスタイル・ケトルベル・トレーニングについて



お知りになりたいお方は、こちら!

私の理念!

≪心のつながり≫を名前とするブログ

マインド・コネクション!


http://blog.goo.ne.jp/1970y01m04d/e/2970d43ffe09f66c37fd141b92229666



あなたの生活に、エネルギーを生む記事作りを心がけています。

是非、ご覧ください。


友達申請、お待ちしています

コメント

整骨院や接骨院・柔道整復師は、専門機関での検査・以来を経なければ、腹部打撲は直接診療してはいけません。これは法律上の問題です。

2017年11月24日 08時29分46秒 | これは絶対にお読みになった方が良い!シリーズ。
いつも記事をお読みいただき、誠にありがとうございます。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

この様な疑問への

回答編、第6回

今回は

法律上、整骨院や接骨院が

あつかってはいけない・治療してはいけない負傷:第3回


=================

★★★

法律上、整骨院や接骨院が

あつかってはいけない・治療してはいけない負傷

というものがあります


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


整骨院や接骨院:柔道整復師は

医師・ドクター・病院と呼ばれるものと

まったく同じ業務が出来るところではありません。



医師・ドクター・病院と連携し、許可を得てから

治療を行なわなくてはいけない負傷が存在します。





これは、全ての国民の方がご記憶なさると良いと考えています。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆





おの整骨院は、外傷専門整骨院というけれど・・・・

じゃあ、どんなケガの人が来ているの??



================





★★

法律上、整骨院や接骨院:柔道整復師が

あつかってはいけない・治療してはいけない負傷

これはご記憶ください。


医療事故を防げます。


患者様が、ご自分から積極的にこのような情報を持たなくてはいけない。


そんな時代になってしまいました。


===================



整骨院や接骨院:柔道整復師は、法律上

腹部(ふくぶ:お腹の正面と横・その周囲)の

打撲(だぼく:ぶつける・激突・叩かれる・蹴られるなど)は

診断・治療をすることが出来ません。






その様な患者様がご来院されたら

すぐに、速やかに、手際良く、事情を説明して、鑑別診断・確定診断していただくために

転医していただかなくてはいけません。







これは、絶対です。

意外にご存じない医療関係者も多いので、この機会にご記憶ください。



==============




腹部(ふくぶ:お腹の正面と横・その周囲)の

打撲(だぼく:ぶつける・激突・叩かれる・蹴られるなど)は



なぜ??



整骨院や接骨院:柔道整復師の、治療・診断・業務の範囲外なのか


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


▼▲▼

腹部(ふくぶ:お腹の正面と横・その周囲)は、まったく骨で守られていない場所です。

内臓が、脂肪と筋肉によってでしか守られていない場所です。


腹部の打撲で、強い痛みを発生したり、明らかに色が変わってきたら

すぐに、総合病院・地域支援病院・信頼できる整形外科へ

搬送・急診・対診を受けなくてはいけません。


内臓へのダメージが、極めて強い場合があります。

内臓のダメージは、死に直結します。







だから内蔵検査の専門機関への搬送と紹介をおこなわなくてはいけないのです。




これは絶対です。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


整骨院や接骨院:柔道整復師は


内臓に外部から衝撃を受けた時の診断方法や治療について


国家が法律で定める中での勉学や研修を受けていません。




そもそも、保険診療の項目の中に

≪腹部打撲≫はありません。



胸部打撲や、顔面・頭部の打撲は

保険診療項目の中に存在しています。





◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



整骨院や接骨院:柔道整復師で


腹部打撲の治療を謳っているところがあったら


法律違反です。


==============


このような


業務範囲外で


正確な勉学と研修もしていない負傷を取りあつかうのは


患者様の身体と生命を守ることが絶対的ファースト!


という、医療の理念に反しています。




なぜか、軽く考えられがちな腹部の打撲ですが


生命に関する、直接的な危険性を含んでいることもあるのです。


私たち医療関係者は、どのようなケースでも、そこに準じた思考を


いつも持っていなくてはいけません。


===========


驚かれる方も多いでしょう。


しかし、医療とは、常に≪生命と法律≫という


絶対倫理の2大柱があってこそ、成り立っているのです。


そこは必ず、必ず守っていきます。


一般の方々も、このようなことをご記憶ください。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



▲▲▲一般的に診療・治療と呼ばれている行為は

柔道整復師が行なう分野としては

療養行為というものとして

国家が定めています。

ここでは、一般の方々に分かりやすいように

治療・診療という言葉も使用します



=================






おの整骨院は、外傷専門整骨院です




健康保険・交通事故・労働災害、完全(賠償問題相談も無料)取扱い

ケガをした方や、スポーツ外傷患者様の為の専門の整骨院です


このブログでは、院長:小野卓弥が


ケガからどうやって回復するのか


痛みを無くす方法は



などを案内致しています。

 https://www.youtube.com/watch?v=rDGvwPEjXYw


おの整骨院の業務と中身が分かる動画をご覧下さい。






====================



こちら、ホームページです。


http://www.koshigayakko.com/onoseikotuin/


ツイッター

https://twitter.com/onoseikotsuin


フェイスブック

https://www.facebook.com/takuya.ono.503



革新的トレーニング!

日本国内在住の日本人では5名だけが持つ資格

SFG認定ハードスタイル・ケトルベル・トレーニングについて



お知りになりたいお方は、こちら!

私の理念!

≪心のつながり≫を名前とするブログ

マインド・コネクション!


http://blog.goo.ne.jp/1970y01m04d/e/2970d43ffe09f66c37fd141b92229666



あなたの生活に、エネルギーを生む記事作りを心がけています。

是非、ご覧ください。


友達申請、お待ちしています





コメント

11月23日(木)のつぶやき

2017年11月24日 01時54分59秒 | これは絶対にお読みになった方が良い!シリーズ。
コメント

本日!11月23日(木曜日)の「勤労感謝の日」は午前受付・診療です。

2017年11月23日 07時59分21秒 | これは絶対にお読みになった方が良い!シリーズ。
いつも記事をお読みいただき、誠にありがとうございます。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆




11月23日(勤労感謝の日):木曜日は


午前受付:8時~12時




この様にさせていただきます。



よろしくお願い致します。





ご用の方は


ご遠慮無く、お電話ください


1:048-971-4417


2:090-8055-0823





どちらでも大丈夫です。






よろしくお願いいたします。



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆



▲▲▲一般的に診療・治療と呼ばれている行為は

柔道整復師が行なう分野としては

療養行為というものとして

国家が定めています。

ここでは、一般の方々に分かりやすいように

治療・診療という言葉も使用します



=================






おの整骨院は、外傷専門整骨院です




健康保険・交通事故・労働災害、完全(賠償問題相談も無料)取扱い

ケガをした方や、スポーツ外傷患者様の為の専門の整骨院です


このブログでは、院長:小野卓弥が


ケガからどうやって回復するのか


痛みを無くす方法は



などを案内致しています。

 https://www.youtube.com/watch?v=rDGvwPEjXYw


おの整骨院の業務と中身が分かる動画をご覧下さい。






====================



こちら、ホームページです。


http://www.koshigayakko.com/onoseikotuin/


ツイッター

https://twitter.com/onoseikotsuin


フェイスブック

https://www.facebook.com/takuya.ono.503



革新的トレーニング!

日本国内在住の日本人では5名だけが持つ資格

SFG認定ハードスタイル・ケトルベル・トレーニングについて



お知りになりたいお方は、こちら!

私の理念!

≪心のつながり≫を名前とするブログ

マインド・コネクション!


http://blog.goo.ne.jp/1970y01m04d/e/2970d43ffe09f66c37fd141b92229666



あなたの生活に、エネルギーを生む記事作りを心がけています。

是非、ご覧ください。


友達申請、お待ちしています



コメント