真っ向勝負!

東武伊勢崎線:北越谷駅西口から徒歩3分。『心から痛みを取りたい!』『本当にケガを治したい!』患者さんの為の整骨院です。

2人の大先生:ステキな作品に、感謝!!

2016年11月30日 20時51分31秒 | これは読まねば!




進化致しました( ̄□|!!


小野卓弥



……かね…(^_^;)))


というか、これは、もはや・・・


オレなのか・・・???






おの整骨院、最古参3人


 参上


イラストのNEW先生


初登場




左から、おの整骨院の



婦長さん


私:院長


主任さん



以上の3人。



けっこう


特徴つかんでると思います~



コメント

11月29日(火)のつぶやき

2016年11月30日 00時59分11秒 | これは読まねば!
コメント

ご自分の胃にも、優しさを~~!!

2016年11月29日 09時06分33秒 | これは読まねば!



過剰負荷は


止めてくれ~~~!!




・・・と、



この時期、あなたのお腹辺りから




悲鳴が聞こえてはいないでしょうか





驚くでしょうけど



こういうことが続いても



負傷の原因になってしまうんですよ。




胃腸に血流が集中し過ぎて

   咄嗟(とっさ)の反応が遅れてしまう。


脳への血流も、もちろん少なくなってしまう。


なので、クリエイティブな考えが必要な時は


特に影響が出る可能性が高い。



呼吸の仕方も変化してくる。


肩が上がりやすいタイプの呼吸になってしまい


無駄な緊張を作ってしまったり


スタミナやパワーが、本来持っているものよりも


発揮できない可能性が高くなる。



栄養の効率良い吸収などは


当然できない。


胃腸の過剰労働だけが極端に増えてしまうと


どうなってしまうか







どうしても、


飲み食いの機会が増える時期、


仕事上、避けようが無いという方も多いでしょう。



ならば


胃腸を休ませる日々も、




絶対に必要ですよ




https://www.facebook.com/yumiko.nitta.167?fref=ts



http://plaza.rakuten.co.jp/uwfinter/diary/201601040000/



こちらの方々の情報を


ご参考にしてくださいね~~




コメント

11月28日(月)のつぶやき

2016年11月29日 00時58分12秒 | これは読まねば!
コメント

目標達成!おめでとう!

2016年11月28日 12時25分30秒 | ちょっと聴いてみて



昨日、


アメリカンフットボール:関東大学3部リーグの最終戦において




文教大学24点


城西大学6点で




勝利しました!





これにより


長年の目標であった




「3部3勝」を



達成することが出来ました!



皆さまの応援


誠にありがとうございました!




学生の皆さん頑張った!



おめでとうございます!







コメント

11月27日(日)のつぶやき

2016年11月28日 00時58分32秒 | これは読まねば!
コメント

11月26日(土)のつぶやき

2016年11月27日 00時57分34秒 | これは読まねば!
コメント

衝撃の新作!

2016年11月26日 12時51分48秒 | これは読まねば!



おの整骨院:専属画伯の



衝撃の最新作



来春に小学校入学決定


コメント

11月25日(金)のつぶやき

2016年11月26日 00時58分33秒 | これは読まねば!
コメント

何となく処方されている薬を、放置していませんか?

2016年11月25日 09時47分05秒 | これは読まねば!


ご家族の薬もチェックしましょう。




1:いくつかの医療機関に


同時に通院しているのであれば




必ず、他の医療機関からいただいている薬について


 ドクターに


『他の病院から、こんな薬が出ています』と


一言お伝えください。



2:投薬を指導されているのに


全く飲んでいない薬は ありませんか?




それにも関わらず、診断で投薬を指示されて


もらうだけもらって、またしても飲まない・・・


その様なサイクルの生活であれば


このことは、必ず担当のドクターに伝えましょう。



3:何の為に、この薬を飲んでいるのか?


分かって飲んでいますか?




それは、担当のドクターから説明されていますか?






あなた自身のことであっても


あなたのご家族・大切な人のことであっても


必ず、この様なチェックを行なってみてください。




ただ何となく処方されている投薬は


害悪以外の何ものでもありません。









コメント