真っ向勝負!

東武伊勢崎線:北越谷駅西口から徒歩3分。『心から痛みを取りたい!』『本当にケガを治したい!』患者さんの為の整骨院です。

今週の木曜日:11月3日(文化の日)の診療予定

2016年10月31日 09時15分30秒 | これは読まねば!

今週の木曜日:=11月3日(文化の日)



午前受付:8時~12時






この様にさせていただきます。


 宜しくお願い致します。





デイサービスでのケアと


体操教室は


もちろん


通常通り、行ないます。







非常時のご連絡は



院長の携帯電話






090-8055-0823



ご遠慮無くおかけくださいませ。








コメント

10月30日(日)のつぶやき

2016年10月31日 00時58分33秒 | これは読まねば!
コメント

国内の整骨院で、最多種類と思われるサポーター類などの販売をしていますが・・・

2016年10月30日 15時56分17秒 | これは読まねば!
最大の特色は


【サポーターの着け方・長所・短所】などの




≪使い方の全て≫を



お伝えし、販売していることです。




ただ『売りっぱなし』


などということは


絶対致しません。








サポーターなどへの


知識が深いからこそ


出来る指導をしています。


こういう部分にこそ


私たち【おの整骨院スタッフ一同】の


知識と技術が結集され


発揮されています








『良質』のものばかり


そろえてあります。



種類・数の多さに



物凄く驚かれると思います。







ご質問は、いつでもOKです。


ono-seikotsuin@nifty.com


こちらにメールを頂戴すれば


写真と共に


説明文をお付けいたします。



お気軽に、いつでもご遠慮無く



メッセージを下さい。



また



「直接見たいが・・・遠い・・」



という方は


私のネットワークを通じて



お近くで取り扱いのあるところを



紹介いたします。




もちろん、仲介・紹介料金など不要です。








障害をお持ちの方の



個別注文の装具も



受け付け:販売しています。







日常生活用。

スポーツ用。

介護用。


これに関して、


多くのものをそろえています。



クルマ椅子・つえ・押し車などは


もちろんのこと


介護用の


【つえ(杖)のおしゃれヒモ】


など


『かゆいトコロに手が届く』


ように準備しています。



【介護される側】の為の商品だけではなく


【介護に従事する・携わる方・家族のための商品】
   

こちらも御座います。


https://www.amazon.co.jp/%E3%88%B1%E3%83%86%E3%83%84%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%9D%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E6%9D%96%E3%81%B2%E3%82%82-%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%97-19-%E9%BB%92/dp/B001GZH6HS/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1477807280&sr=8-3&keywords=%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%83%E3%82%AD%E3%81%AE%E7%B4%90
      

例えば、この様なもの。


今はオシャレなご年配の方が


大変多くなりました。





ステッキのデザイン


そこを握る為のヒモ





他の方々と違うデザインにしたい


という方は多いのです。


いつでも


お問い合わせください。






写真は「クルマ椅子」専用の手袋。


この様なものも


そろえてあります。

コメント

リハビリについて。基本的なことを。

2016年10月30日 13時04分15秒 | これは読まねば!
【リハビリ】は

おの整骨院の重要業務で


最大の特長の1つです。


何が特長か






リハビリとは???


身体動作を、限り無く通常のものに近付ける


完全復活を目指す



その様な行為と取り組み全般を言います。



単純に、手足を動かすことをリハビリとは呼びません。








日常生活の中での



動かし方のコツ



行なってはいけない動作の指導


   
これも実行してこそ


真のリハビリです。







肩甲骨骨折。上腕骨折。手首の骨折。


足首の骨折。指の骨折。


腱の断裂など・・



重傷と思われる患者さんの


治療とリハビリを行なわせていただきましたが


幸い


全員、後遺症は全く無く


社会復帰しています。




これは


負傷と、私の指導に


正面から向き合って取り組んだ


患者様の名誉の記録であります。





治療、固定などと同時に


運動訓練、リハビリ、日常生活の中での指導、


訓練技術と知識


医師・病院との連携。
  
絶対に必要です



この中のどれが欠けても


絶対にダメなのです。



 
不思議に思うかもしれませんが・・・


キツイ運動は一切ありません。







この様なものが


数々ありますが



使い方は、信じられないくらいに



ソフトです。



==============




人体が正しく動く。



それが第一



この考えで指導させていただき



診療しています。









コメント

10月29日(土)のつぶやき

2016年10月30日 00時59分24秒 | これは読まねば!
コメント

来週の木曜日:11月3日(文化の日)の診療予定

2016年10月29日 19時40分00秒 | これは読まねば!

来週の木曜日:=11月3日(文化の日)



午前受付:8時~12時






この様にさせていただきます。


 宜しくお願い致します。



デイサービスでのケアと


体操教室は


もちろん


通常通り、行ないます。







非常時のご連絡は



院長の携帯電話






090-8055-0823



ご遠慮無くおかけくださいませ。







コメント

10月28日(金)のつぶやき

2016年10月29日 00時58分17秒 | これは読まねば!
コメント

コブラクションテープを大推薦しています。

2016年10月28日 21時49分58秒 | これは読まねば!
http://www.suwwear.com/

 こちらのWEBサイト(コブラクションテープ)で


「おの整骨院・使用実例」を紹介していただきました。



ありがとうございました



===============




コブラクションテープ使用実例



皆さん、「骨棘」って、ご存知ですか?


読み方は

「こつきょく」




骨に出来てしまったトゲのコトを言うのです



カラダの色んな場所に出来てしまいます。



代表的なのは



背骨・足首・カカト・アキレス腱の下・ヒザとか・・・



やっかいなのが




ものすごく痛い!(≧◇≦)!!




関節の動きが悪くなる「犯人」であったりしますが




とにかく・・



「針で差すような!」


「何か入ってる様な!」


「そこだけ取りたい様な!」





痛いのです




ケガをちゃんと治さなかったりすると



ある個所に負担がかかり過ぎて


形が変わってしまう(変形)⇒つぶれる⇒はみ出たみたいになる



こんな仕組みで出来ちゃう。


===================




これに、何故



「コブラクション」なのか?




http://www.suwwear.com/



皮ふを持ち上げて


トゲの先端に負担をかけない様にして


動きを良くしてあげて痛みを取る。





そういう理屈なんです。



マッサージしちゃいけないんですよ。


トゲになっちゃった部分。




周りの筋肉の緊張を取る


ゆるめてあげる


余計な


『激突を防ぐ』




これが痛くなくなる秘訣



刺激しちゃダメなんですね。



だって



刺激でトゲが大きくなってんですから。




不思議なことに


骨棘の痛みって


物体自体の大きさは小さくならないのに


「痛くない」状態を1週間くらい作ってあげると



不思議w(゜o゜)!フシギ



  今度は


何も処置しなくても


「痛くない」


状態が続くんです




これも実は



「カラクリ」があるんですけどね。






「おの整骨院マジック」??






いえいえ


「おの整骨院ロジック=論理」と


コブラクションテープの


合体攻撃。







これ、100%のマジ話です



ここまでお読みいただいたあなたは


絶対に得を掴んでいます







フェイスブックでも


【コブラクションテープ】を使用した治療例を公開中。


治療現場・スポーツの現場に革命を起こす製品です


小野卓弥は真剣に言っています。


この製品に出会えて良かった


こちらに貼り方ガイド、更に詳しく掲載していますhttp://www.suwwear.com/


お問い合わせには


いつでもお答えします。


メール=ono-seikotsuin@nifty.comも、ご活用下さいませ。

コメント

おの整骨院は常に全力で、早期治癒・完全な治癒《治ること》を、目指しています。

2016年10月28日 13時23分05秒 | これは読まねば!

骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷(肉離れ)

スポーツ障害・成長痛等の専門家として


改善・治療に向けて多方面から進言できるように


常時、勉強を積み重ねています。




患者様の健康な生活の一助になればと、常に考えています。





ケガ・負傷をされた方々にとって

極めて質の高いものを提供している自負があります。



常に「早期・完全な」治癒を追求しています。




「外傷」を


専門的に、ここまで「深く」追求している治療院は


現在は、残念ながら極めて「稀少な」存在であります。









◎「骨折・脱臼・重度挫傷・断裂・肉離れ・重度ねん挫」



この様な患者様が



極端に多い。





本来は接骨業の得意分野のはずですが


この分野の治療を行なわない治療院

    
スキル・知識無い為:が、現在8割以上の接骨院・整骨院が


この様な形態。



この分野だけで年間200件以上(平成27年の実績)


これは「ランニング数=重複数」ではなく≪新規の患者様≫という意味であり


『個人の治療院』では異例の数字です。






◎大病院・高度機能病院への紹介状の発行が、年間300件以上(平成27年の実績)

   これは、異例中の異例の数字と思います。


ご存知の治療院様がありましたら、比較してみて下さい。


治療院勤務・柔道整復師・医師などのお知り合いがいたら


私の、この外傷治療実績の話をしてみて下さい。


信じない方が大半でしょう。


有り得ないなどと言うかも知れません。


そのくらい、他の治療院とは


外傷治療実績が違うのです。



===================



「何でもかんでも治る」
   
このような治療などありません。


しかし、ご来院いただいた患者様を


放リ出す様なマネは絶対にしないのが


医療機関・関係者の義務です。




☆レントゲン等の「画像診断」の実施が必須な場合


 あなたの通院先では


ちゃんと手続きしてくれますか?



☆高度な検査・治療が必要なケガ・傷病

場合によっては手術が必要な場合、

どこに行って、どうしたら良いか

あなたの通院先では教えてくれますか?





シッカリと鑑別する目と技術・知識が無ければ・・・


紹介する【ネット・ワーク】を持っていなかったら・・・


   困るのは、

患者様ご本人です。



これを見て


「自慢」「宣伝」「自己満足」


などと言う人が存在するのは容易に想像出来ますが、


患者様に

他とどの様に違う利点・自分への貢献可能なポイントを見極めるか?


選ぶ際の「情報」を提供せずにいるのは


患者様に対して失礼。


そう判断し、公開しました。



「マジック」の様な治療内容を宣伝するところがありますが


おの整骨院にあるのは「ロジック=論理」だけです。




●「ギックリ腰」の患者さんが

その場で「歩ける・動ける」様になる。

1日~3日で完治。


●「足」を負傷し、試合に間に合わせたいという要望
      
間にあった。引退試合に出場した。



おの整骨院では「よくある光景」です。


「科学的根拠」を持って診療しています。


虚勢は、一切張っていません。


だからと言って、「何でもかんでも」治る!
     
この様な治療など、どこにもありません。





手術の可能性のあるケガに対してでも


【適切に対応する技術・知識・ネットワークを持っている】:そういうことなのです。







また、「医療関係者」の方々が『病気・ケガ』をしてしまった場合、

 どの様に対処すると、思いますか?




自分の勤務している医療機関で「診療」する?






意外と


そうではない・・・のです。




知識があるからこそ


≪外部の医療機関に!≫


通う人が多いのです。





「おの整骨院」の患者さんには


●ナース(看護師さん)

●ドクター(各種)

●介護関係者

●ヘルパーの方。



この様な職種の方々が、多く通院されています。



また、ある「スポーツ・クラブ」の関係者である

●トレーニング指導スタッフ

●フロント・スタッフ

●会員様(クチコミと指導員様の紹介。)


この様な方々も、多く来院されています。


このスポーツ・クラブには


 ≪クラブ内に常設の接骨院≫が


存在するにも関わらず...です。



身体のプロが通う整骨院



こういう情報は

患者さん・これから通院を考えている方々にとって

≪有益≫だと強く思います。


なので、公開に踏み切りました。


コメント

再掲載。超重要!!足首の内側を負傷した捻挫。それ、間違い無く重傷のレベルです!

2016年10月28日 09時09分32秒 | これは読まねば!
★本日、絶対にご記憶いただきたいこと。

~~~足首の内側を負傷した捻挫。


それ、間違い無く重傷のレベルです!!!!



足首の捻挫とは・・・





90%以上の確立で


先端部分が外側から内側にかえってしまった


【内反】


という状態から


外側の靭帯(じんたい)を負傷してしまいます。


これは間違いありません。




しかし


同時に



内側を強く痛める患者さんも


数多くいらっしゃいます。



足首正面の負傷よりも数が多く


重傷度は圧倒的に強い。



皮下出血(ひかしゅっけつ:内出血のことです)が


極めて多く、強く


1:身体の最も下に位置することで


重力の影響で、循環が悪い。


2:そもそも血管が少ない。


3:筋肉も少なく細く弱い。




この様な理由で皮下出血が吸収しきれず、


▲真っ黒

▲真っ青

▲赤と青と黒の混合



この様な


凄まじい色になった



経験を持つ方もいらっしゃるでしょう。




~~~~~



何故???


引っ張られるはずの無い


内側をも痛めるのか????



~~~~~



解答)



人間の反射作用で


瞬間的に内反

(足首が外側から内側にかえってしまう状態)

動作に反発して


外旋や


足の指の腱の屈曲作用が


強く、超スピードで働くから!


なのです。




医学的に、この様な名称はありませんが


私は動作機点から造語として

2段階捻挫の状態


と呼んでいます。



この場合
負傷するのに大きな動きは全く必要ありません。


むしろ、外見的な角度としては

ほとんど動きが見られないことが多いです。



しかし

内部では瞬間的に強い引く力がかかっています。

これを牽引作用(けんいんさよう)と呼びます。


~~~~~


皆さん、首をまわす時とかに


力を抜いて動かせば


普通に動きますでしょ?



でも・・・


思いっきり力を入れて動かさないようにしたところに、


ボブ・サップみたいな人








頭を掴んで強引にまわして


その時も「動かないぞ!!」


と抵抗して力を入れ続けたら・・・




当然


角度は小さくても負傷しますよね。



負傷は、関節角度だけでは判断できないのです。

その時の筋肉の状態
   

力が入っていたか?

かたくなっていたか?

などが、非常に重要です。




また、捻挫の重傷度は


靭帯(じんたい)の壊れ具合によって




1:1度【軽度】

2:2度【中度】

3:3度【重度】


この様に分類されますが


外・内側の両方を痛めた場合は


個別の靭帯そのものの壊れ具合は弱くても


運動機能は


一時的に極端に落ちる場合がほとんどです。



当初の固定が甘く、不備があると


これが原因で


後遺障害につながります。



★捻挫など


負傷した部分がクセになった


のは



固定・治療を途中で止めてしまったから




単純に


この様な原因が非常に多いです。



ご自分と


あなたの大切な人のために


ご記憶ください。






コメント