高野山彦 gallery野鳥花蝶写真館
小鳥と散歩できる私は幸せ者。
春桜、夏深緑、秋紅葉、冬は数多の小鳥たち。私風に切り撮ります。禁 無断転載

 



ソメイヨシノも咲きかけて震え上がっている!って感じ。
寒のもどりが必ずある、今年の春先です。
正直なもので、小鳥たちはそのことをよくわかっているようで、
冬鳥のシメやシロハラがまだ出没していますね。 



シメ












 
シロハラ 






大当たり年のアトリは人工芝の上にまで降り立って、
落ちた木の実を丹念に探し回っています。
群れの大きさはかなり小さくなってきましたね。 






 
レンギョウとユキヤナギ 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ボケの花の花蜜にはヒヨドリやジョウビタキや
メジロもやってきます。
いつもはメジロが多いようです。






























近くの紅葉の木にも泊まってくれました。





 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




杉並稲門会写真部の第24回撮影ツアーの一コマです。
足腰の痛さは歩く方が良いことがわかりました。



便乗






竹のお食事





 
交流 ⑴







交流⑵ 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




いつものfieldにはウグイスのほかエナガやシジュウガラ、
シメ、アオジなどがいます。Tさんがクロジを見かけたと言っていたので
その辺りを見て回りましたが見つけられませんでした。
早朝にはアオジの鮮やかな木止まりを撮ることができました。 



アオジ雌





 







園芸種のユキヤナギ


 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




久しぶりにウグイスです。
まだ冬場の声ですね。
メスかもしれません。 























 







サンシュユ





 
ユキヤナギ(園芸品種) 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




カラフトムシクイが入ってから約1ヶ月。
メジロたちと混在で時々2羽が見られます。
動きが非常に早く、撮影にもスリル満点です。


 












































可憐なユキヤナギが満開になりました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




善福寺川沿いには桜のソメイヨシノより一足先に
純白のコブシやハクモクレンが咲き誇っています。
昼夜の寒暖の差は大きいものの春が足早にやってきています。



川沿いのハクモクレン⑴





 
川沿いのハクモクレン⑵





 
川沿いのハクモクレン⑶





 
川沿いのコブシ






大宮神社の大きなコブシの木も満開です。 







椿 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ジョウビタキの雌が和田堀の一角に
冬場ずっといます。 
















 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨年も同じ小さな川に飛来したシマアジが
今年も大陸から飛来しているというので行ってきました。
実は昨年の秋口から旅鳥として近くの川に
エクリプスでいたものが 
今春になって 急に夏羽をつけ始め
美しくなってきていたものです。


菜の花にシマアジ











 


















































 














岸に上がったシマアジ




















大型のカモ類と仲良くひと休み















マガモ   L59cm   シマアジ L38cm






一緒にいたカルガモとの大きさ比較(カルガモ61cm,シマアジ38cm,コガモ37.5cm)
カルガモより小さく、コガモより少し大きいが見た目には同じくらい。 





































コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




城沼のほとりの柳の木の芽を食べに雄のベニマシコが
1羽 だけ入ってきたので、急いで狙いました。






























 







視界の遠景にはbirderたちがコミミズクを狙って待機していました。
 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




菜の花の絨毯にホオジロが来て
目を楽しませてくれました。 





























 













 
土手上の鳥友はシルエットになりました。 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




鳥友3人で今年のヤツガシラを撮りに行きましたが、
そのfieldから抜けていました。
午後から渡良瀬の fieldに移りコミミズクの相手に
なってもらいました。
菜の花が満開で黄色い絨毯を敷いた中で40分ほど
大の字になって午睡を貪りました。
この鳥はこの時期、夕方 5時ごろになって
飛び始めます。
菜の花に似合う風景の中のコミミズクは初めてで、
その魅力を存分に味わいました。 


























































































































 






 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




和田堀公園の一角に
ルリビタキのオス若が長く逗留していて
長い冬の間楽しませてくれました。





















コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2007年に和田堀公園にカラフトムシクイが入って以来、
10年ぶりの今年2017年2月28日に複数のbirder が発見。
それ以来地上近くにはカラスが営巣を始め、
神経質になっていて、毎日のように見られますが、
高木でちょこまかと採餌 行動で飛び交っています。
10年前は1羽でしたが今回は3羽いることは確かです。 





頭央線がはっきり見え、眉斑線がおでこで繋がっているカラフトムシクイ







目線まで降りてきたのはこの2カットだけでした。





以下の3枚の写真は舳倉島で撮った参考写真です。



























 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )