高野山彦 gallery野鳥花蝶写真館
小鳥と散歩できる私は幸せ者。
春桜、夏深緑、秋紅葉、冬は数多の小鳥たち。私風に切り撮ります。禁 無断転載

 



東京湾のチュウダイサギ(大きさ L90~80cm)。目先に婚姻色の黄緑色が出ている成鳥夏羽です。
キアシシギやオオセグロカモメ、
コチドリも居ました。










 















 







 
キアシシギは200mの向こう岸を歩いていました。



(参考)昨年秋、能登半島今浜で撮った探餌中のキアシシギです








 
コチドリ 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




旅鳥。全国の干潟、河口、海岸岩場、農耕地、河川に渡来。
雌雄同色。眉班と頭央線は白い。頭側線と過眼線は褐色。
顔から胸は淡い褐色の縦班がある。背中は褐色で、淡い羽縁がある。
腹の下は白っぽい。脇から下尾筒は褐色の横班がある。
足は青灰色。夏冬羽とも違いはない。ゴカイやカニを食べる。
この他にダイシャクシギやコシャクシギもいます。
残念なことに群れではなくこの個体だけでした。 












 








 
大きなカニを捕まえました。








イテテテ!!? 」逆にハサミで挟まれました。









痛くて、投げ出しました。








また探餌し始めました。







 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




大きさではキセキレイと同じような20cmの尾の長いサンショウクイ。
色が地味な無彩色なので、見つけにくいが、鳴き声が「ヒリヒリヒリン」
「ヒリリリ」とよく聞こえるのでこの名がついた。
明るい広葉樹林の樹上を移動しながら、ムシ等を食べます。夏鳥として
大陸の中国から本州や九州に渡来します。 


 
ヒリリヒリリとよく鳴く 






 
ムシを探しています







 
背中はこんな色です。少し焦げ茶まじりです







 
おなかは真っ白できれい






 
飛翔時には翼上・下面とも白い線が見えます 






 
キンラン 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




能登半島以来のコムクドリ(大きさ  L 19cm)です。雄は現れませんでした。
よく晴れた気分の良い1日でした。
遠来の大阪のbider方と一緒に撮りました。 












































連休中の大勢のBIRDERたちを怪訝な表情で見ていました。















飛び出し

 






 






真っ白なミズキの花に ハナムグリがたくさん吸蜜に来ていました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




大田区のあるポイントにサンショウクイが入っているので、撮りたいと思って、
出かけたが、途中和田堀に立ち寄るとキビタキが奇麗な声で鳴いていたので
今日はこれにしようと機材を組んで午前中楽しませてもらった。サンショウクイは
舳倉島で雌しか撮っていないので、雄を撮りたいのだが、立ち寄り時間が短い
と言うことが頭にあり、抜けているかもしれないという思いがあったためだ。
明日も晴れるので行くことにします。 


 
さえずっている雄のキビタキ






 







 
見事な発色だ







 
キビタキのいる風景







 
目線迄おりて来たのでラッキー 







 
キビタキのいる風景







 
テッセン 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )





晴れれば新緑が目に心地よく、眩しい。小鳥たちも春を満喫している。



カワセミ♂







カイツブリはペアリングを始めた







 
カイツブリの雄はdisplayで水上疾駆







 
2、3度繰り返す
















故障した噴水の上で営巣か?







コウホネも咲き始めた








今年生まれた若ムクドリ









コナラの枝のツグミ








木陰のツグミ








ツツジ
















 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




久しぶりの珍鳥ーミヤマシトド(大きさ L 17cm)を東京都心の野鳥公園で撮りました。1羽の小鳥に対して、
BIRDERの数の多さに驚嘆です。午前中で300人ぐらいいたと思います。後ほど公園管理部から
正確な人数は聞いて見ますが、大阪や四国の皆さんもいらっしゃいました。整理係が8人くらいいらっしゃいました。
簡単に撮影できた訳ではありません。小鳥はずっと一カ所にいてくれる訳もなく、羽が生えてる訳ですから、
観察小屋のうち外を行ったり来たり、大勢の人間がいるのも委細構わず(この鳥はカナダ西海岸辺りでは
ごくPOPULARで飼い鳥でもある)飛び回り、一旦現れると数分間は目の届くところにいますが、何しろ大観衆の前では
多少戸惑っていることは確かなようで、すぐいなくなります。こんな数少ない出現回数を9時から17時迄300人が10人ずつ
撮影すると自ずと撮影できない方が出てしまうほど、混み合っている訳で、人気の尺度の高さは判りますが、
年配者が多く、
ご夫人もいらっしゃるので危険性を伴うものと心配する程でした。
それにしても当のミヤマシトドはキガシラシトドに
勝るとも劣らぬ美しい魅力的な珍鳥でした。
以上のような訳で、少し距離が遠いのでsharpさに欠けますが、悪しからず。

後日再挑戦致します。 



 















 







 







 







 














 
参考ー後頭部はこうなっています。
 

 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2日続きの“寒の戻り”の明くる今日は晴れ上がったものの朝夕相変わらず2月~3月初旬の寒さ。
池にはカワセミがコンスタントに入るようになり、みんな大喜び。
人によっては雌雄2羽撮ることができたという。これはつがいになるかも知れません。
しかも仕掛けからではなく自分から
池に飛び込み、小魚を捕獲しているようで、安心しました。
このままずっと池に居続けるよう
心からお願いしたい。
そのためにはカワセミの邪魔はできるだけしないよう心がけたい。

 


 






 






 
野鳥は留りやすいところならどこでも止まります。






 
今日最後の水浴びです。






 
新緑が眩しい (水彩画風に)








キジバトが引き立て役







カイツブリが1羽だけいます。野鳥は1羽でも平気なのですね。そういえばバンも今1羽です。








真鯉の跳ね上がり
 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日から今日にかけて 場所によっては40~60年ぶりの寒の戻りで長野県や東北の福島県
には大雪(10~15cm)も降ったようです。杉並区辺りではお昼過ぎに冷たい雨も降り止み、
昨日のクロジは未だいるか、もう飛び去ったか気がかりだったので 急いで自転車で Wポイント
に行き、そっと近づくと木陰に隠れるようにして地面で餌や草を啄んでいました。



背中は正にアオジによく似たクロジ 









冬鳥のクロジが都市部の公園に未だいるということは真冬並みの寒さの証左でしょうね







ジャージャーと鳴いて枝から枝に飛び渡っていたオナガ















 
池に長居しているバンがカワセミ用の餌場の仕掛けに入り込んでいましたが・・
追っ払っても逃げません。中のクチボソを 食べようとしてもカワセミのようになかなかうまく
クチバシでつかめなくて 諦めては再び入り込んで突っついていましたが 殆ど口の中に
入れること能わずでした。 

それにしても昨日から今日にかけての寒さは私達シニアには堪えました。
ズボン下、厚着、手袋、厚手の帽子は必着。気候も極端な変わり用で驚いています。
中国の四川省では再度M7.Oの大地震が起こり、死者は200人以上だという。
日本でもM1.0~5.0の地震が全国的に頻発しています。
地球全体が大きな激動期に入っているようです。
東京も例外ではなく直下型の地震が起これば大惨事になるでしょう。 
 備えなど何もしてないに等しいのです。クワバラクワバラ!




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日からの寒の戻りで気温も2月下旬並み。真冬並みの厚着をしてぶらりといつものエリアを
一周した後、松ノ木遺跡の丘でクロジとバッタリ逢いました。
何の鳥か判らないまま撮ってみると、以前 舳倉島や水本公園で撮ったクロジでした。
BIRDERの1人 Nさんは池のふちで見たことがあるが
未だ撮ってはいないということでした。私も当FIELDでは初撮りです。
 


 
空はドンより曇り空なので、少し明るく調整しました。






 
一瞬こちらを 見ていました。






 
逆光の方角の枝に止まりましたが、取り敢えずシヤッターを切りました。


アオジは毎年のように冬場にこのFIELDで撮れますが、クロジは出現率が
低いように思います。ラッキーな出合でした。 
画質は少し悪いですが、朝から薄暗い 曇り空だったのでISO感度を
上げて撮ったためです。悪しからず。 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




昨日の気温は最高24℃、穏やかに晴れてオオルリも飛来した昨日に比べ、今日は14℃と10℃も低い
西高東低型の冬型の寒さ。正に寒の戻り。 早朝が最も暖かく、午後になると急激に寒くなり、和田堀に見えていた
BIEDER方もオオルリの再出現に期待したものの、風と寒さで全く姿を見せなかった。
私ももっと、キレイに撮りたいと思って11時頃 寒さを覚悟で和田堀近辺の各ポイントを見て回りましたが
姿を見ずじまい。
諦めきれず帰路、丘の上の鳴き声が気になり、遠回りしておなじみの冬の小鳥たちを撮って帰りました。 


 
早くもこのところの暖かさで実がついた榎の若木に 来たシロハラ







 
この実は秋に色ずくまで
小鳥は食べません






 
コゲラも懸命に 木についた幼虫の青虫を探しまわっていました







 後頭の左右に小さな赤点斑がある雄







 
善福寺川の川沿いに100羽以上はいるムクドリを桜の花びらと多重露出







 
ツグミも初夏迄70羽以上はいます。ハナミズキも今が盛りですが少し寒すぎます。








 
寒そうに電線に止まっていました







 
夏鳥のツバメも寒いので川面の虫を低空飛行で捕獲していました。 







 















 




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




フジの花が咲く毎年、この時期にオオルリやキビタキが和田堀の森を通過してくれます。
今日は昨日の強風が嘘のように収まり、朝から穏やかに晴れ渡り春真っ盛り。気温ー24~25℃。
眩しい新緑
を待っていたかのようにオオルリが複数入りました。いつもより早朝にキビタキの鳴き声が
聞こえてきましたが、姿は見えません。オオルリ目当てにコナラの木のあるポイントに行ってみると
複数飛び交っていました。青い背中と真っ白なおなかの小鳥が木につく小昆虫を追って、枝から枝えの飛び移り、
新緑の葉っぱに見え隠れする可愛い姿で楽しませてくれました。
BIRDERも5,6人集まって来て、
首が痛くなるほど上を向きながら
大喜びしました。ア~疲れた。


藤の花 





































飛び出しです。















か細くさえずっていました。








この個体は羽が少し茶色に汚れています。長旅で汚れたのでしょう。







雄を2羽一度に撮ったのは初めてです!










 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




7ヶ月ぶりだ。朝Tさんから昨日夕方和田堀にカワセミが来ていたと、親切なお知らせを受けました。
朝急いで池に行ってみたが姿は見せなかった。昨日センダイムシクイを撮ったコナラのある場所で未だいるか
梢を見上げると飛び回っている姿が見えました。
今日は10時から約束のテニスの練習を少し遅れて行く旨

連絡しておいたので、一旦テニスを1時間ばかりやった後、再び気がかりな池に行ったのが16時。
来ていました!雄のカワセミです。よく来てくれました。
池は20年近く底浚いをしていないので昨年の猛暑の夏にはアオコが発生した程で、
落ち葉が厚く腐敗して池の底があちこちで見える程になっているため大変汚れているのです。
カワセミがこなくなった原因は間違いなく池の水の腐敗にあると思います。
東京都の公園管理事務所にも掛け合って底浚いをお願いしたものの、経費が800万円以上かかるので
無理だとの回答があったとのこと。今年の冬場に川から水を引いたり、池に落ちた木を除去したりして
戴きましたが根本的な解決にはなっていないようです。時々大きな魚があちこちで死んで浮き上がって
もいるようです。酸素不足なのかも知れません。こんな具合で今夏が思いやられます。
なんとかカワセミがいつでもいる善福寺池や石神井池や井の頭池のように善処して頂きたいですね。
噴水も壊れて機能しないままになってから一ヶ月以上たっています。よろしくお願いしたいですね。
カワセミが今日飛来しただけでこの公園に来る地元の都民の皆様は
教え合ってもう大喜びしていました。 




久しぶりに飛来したカワセミの姿 






 
池の側から見える場所で暫くクチボソを捕獲していました






 
ヒヨドリやカラスに注意して時々上を見ています







 
この日最後の水浴びをしました








そして小さい方の島の奥まった薄暗い場所に休んでいました 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ムシクイが和田堀に入っていると2、3日前に聞いていたので、少し気合いを入れて
朝からお好みの木(コナラやシデの木)を重点的に見て回りました。『チイ チョ ビィー』
『焼酎一杯グイー』と独特のさえずりが聞こえてきました。
10時頃には初夏のような20℃を超えた眩しい新緑の強い光の中、聞こえてきたので、
じっと目を凝らしてやっと見つけました。少し周りの新緑の緑が色映りをしていますが、
遠来のかわいいお客さんです。暫くは楽しませて頂きます。 



 

































コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




車のDEALERに行く用があって、善福寺池と井の頭に徒歩で
行ってきました。心地よい春の日差しが身体を突き抜け、快適な
鳥見となりました。 特に井の頭ではシロハラの雌雄が鳴き合って
森中に響き渡り、春を満喫しました。顔なじみの鳥友3人にお会いして
井の頭公園と野鳥の森を大変気に入りました。そこは比較的野鳥の喜びそうな
深い森を形成しているからです。 


 
善福寺下池の芦原で生まれたバンの親子







 







 







 
井の頭公園内野鳥の森----鳴き合っていた
シロハラのペア— 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ