高野山彦 gallery野鳥花蝶写真館
小鳥と散歩できる私は幸せ者。
春桜、夏深緑、秋紅葉、冬は数多の小鳥たち。私風に切り撮ります。禁 無断転載

 



少年時代、故郷の谷間ではじめて見た君の姿と父との思い出、いつも声高らかに唄っていた山中湖畔の泉のほとり、
訪れた時はいつも大歓迎してくれた舳倉島での出会い、渡りで58年ぶりに遭遇した和田堀での感動、
夏痩せした逗子の森での出会い、いつも歌っている君の姿が眩しかったよ。
私はそんな君が大好きです。
今年は猛暑で身体を悪くしていませんか?
私達人間のせいで暮らしにくくなっていたらごめんなさい。
そんな君の姿に感謝し、心をこめて描いてみました。
また来春、比類のない瑠璃色の姿を見せてください。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




連日気温35度前後のこの時期にセキレイ橋から西田端橋の間で7羽のヒナを連れて、
母子が着かず離れず、ものすごい逞しさで、育っています。
約1時間の間に下流から上流に、上流から下流に約1.5キロの間で
慌しく母子は駆け足で生きる訓練を実施中。
カルガモは酷暑をものともせず、暑さにも強い証明を見せています。






















擁壁についた藻を啄ばむヒナ達と母親



























一列縦隊で上流を目指します。最後尾も頑張ってね!





カルガモファミリーのアパート。右奥にも見え隠れしています。





川べりの一角には鬼百合が満開





人家の壁の見事なnaturalな造形美






秋には真っ赤な実をつけるハナミズキの実を青いうちから食べている
ワカケホンセイインコ






暑い時期ならではの猩猩トンボが狭い川原にいました







青いシオカラトンボもいました





コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




愛鳥家の皆様、ご無沙汰しております。やりきれない猛暑が続きます。お身体にお気をつけください。
5月中旬、和田掘の深い森に渡りの途中で数回通過したサンコウチョウ♂をベースにイラストを描いてみました。
少しでも涼感を感じてくだされば幸いです。










コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )