猫と惑星系

押し記事 地球のシネスティア内での月の起源。 天体の翻訳他、ELRIS、花の写真を掲載。

銀河中心核星団(NSC)の低温M巨星からのスペクトルの謎

2018-10-13 21:42:54 | 銀河
銀河中心核星団(NSC)の低温M巨星から、非常に強いSc i線が見つかって異常に高いスカンジウム存在量が考えられているが、強いSc i線は3500Kの実効温度より低い温度での形成過程の特性である。以下、機械翻訳。
研究者は天の川の中心に謎を解く

天の川。クレジット:ESO / R.SCHOEDEL
スウェーデンのルンド大学の天文学者たちは、銀河系の巨大ブラックホールの近くで昨年春発見されたスカンジウムの高レベルが、実際には錯視であったという、銀河系銀河の中心にある最近の謎について説明している。
ハワイ州マウナケア - 昨年の春、研究者らは、銀河の中心にある超大型ブラックホールから3光年弱も離れた、赤い巨星の3つの異なる要素が驚くほど劇的に存在することについての研究を発表した。
様々な可能性のある説明が提示された。例えば、高レベルは、以前の星がブラックホールに落ちたときに中断された結果、または中性子星の衝突による破片の結果であった。
ルンド大学の他のグループの天文学者は、カリフォルニア州のUCLAと協力して、スカンジウム、バナジウム、イットリウムの高レベルの説明を見つけました。
彼らは、昨年春に発表されたいわゆるスペクトル線は、実際には錯視であると主張している。分光線は、星が含まれている要素を見つけるために使用されます。
「これらの巨大な赤い星は、水素燃料の大部分を使い切っているため、その温度は太陽の半分にすぎません」と、ルンド大学の天文学の研究と博士課程の学生であるBrian Thorsbroは語っています。
その結果は最近The Astrophysical Journalに掲載されました。
新しい研究によると、巨星の低温は、スペクトル線の測定に現れる錯視を作り出すのに役立った。
具体的には、元素内の電子が異なる温度で異なる挙動を示すことを意味し、異なる星の元素のスペクトル線を測定すると誤解を招く可能性がある。
この結論は、天文学者と原子物理学者の緊密な協力の結果である。
Thorsbroと彼の同僚は、UCLAのR. Michael Richとの協力のお陰で、ハワイのMaunakeaにあるW. M. Keck Observatory で世界最大の望遠鏡を持ってい ます。
研究チームは現在、Keck II望遠鏡でNear-Infrared Spectrograph(NIRSPEC)を使用して、天の川の中心領域を包括的にマッピングし、異なる星からの光のスペクトル線を調べて、含まれている要素を調べます。
この目的は、銀河系の歴史の中で起こった出来事を理解するだけでなく、一般にどのように銀河が形成されているかを理解することです。
ルンド大学の研究リーダーであり天文学者のニルスライデ氏は次のように述べています。「私たちの研究協力は、巨大な中央星団クラスター(ブラックホールを取り巻くスタークラスター)に含まれる要素を体系的にマッピングするという点で世界をリードしています。
さまざまな要素のスペクトル線は、高解像度の分光器 - スターライトの虹を生成する高度なカメラに記録されます。
研究チームは、近赤外光、すなわち星から放出される熱放射からなるスペクトルの一部を研究した。
その理由は、赤外光が私たちと約25,000光年離れた天の川の中心との間の視線を遮る粉塵に浸透できるからです。この光を記録する技術は非常に進歩しており、最近は天文学者が利用できるようになりました。
「私たちは、天の川のこれらの中心領域で恒星の組成をマッピングし始めたばかりです」とRyde氏は述べています。
NIRSPECについて
Near-Infrared Spectrograph(NIRSPEC)は、スペクトル分解能の高い広範囲の赤外波長にわたって物体のスペクトルを捕捉する、独特の交差分散エシェル分光器です。Ian McLean教授が率いるチームによってUCLA赤外線実験室に建設されたこの装置は、クールスターの半径速度の研究、星やその周辺の豊富な測定、惑星科学、その他多くの科学的プログラムに使用されています。第2のモードは、スペクトル分解能は低いが高感度であり、遠方の銀河や非常に涼しい低質量星の研究に人気があります。NIRSPECは、AOの高空間分解能とNIRSPECの高スペクトル分解能を組み合わせるために、Keck IIの適応光学(AO)システムとともに使用することもできます。このプロジェクトのサポートは、Heising-Simons Foundationによって提供されました。
ジャンル:
科学
コメント   この記事についてブログを書く
« 小惑星探査機「はやぶさ2」最... | トップ | 平和統一分かち合い起源フェ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

銀河」カテゴリの最新記事