猫と惑星系

押し記事 地球のシネスティア内での月の起源。 天体の翻訳他、ELRIS、花の写真を掲載。

住み易い惑星

2008-07-29 20:16:45 | 系外惑星系
気候変動と地軸の傾きを考察したのか?ムーンロストしなくても雪球状態になる?以下、機械翻訳。
住める気候:傾斜の影響

月の安定している影響なしでは、地球の傾斜は、かなり変化する。
生命保持の可能性による太陽系外の地球型の惑星は、したがって、大きな傾斜を持つかもしれないか、強い傾斜バリエーションを受けるかもしれない。
我々は、氷-反射能・フィードバックの結果として氷でおおわれた雪玉状態へのダイナミックな移行を考慮に入れているエネルギー・バランス気候モデル(EBM)で、傾斜惑星の居住適性を再検討する。
我々のEBMの大きな単純さにもかかわらず、それは地球の表面でかなりよく世界的な精力的な束の季節サイクルを捕える。
極から赤道まで熱輸送によって支配される循環の変わった体制において、それも非常に傾斜地球の完全な物理学気候モデルに対して、満足に実行する。
傾斜地球型の惑星の上の気候は彼らの季節サイクルの多くを通して世界的な放射性バランスを冒涜することができる。そして、それは単純な放射性平衡引数の有用性を制限する。
大きな振幅季節変動で、高い傾斜惑星は厳しい気候を持つ、しかし、彼らが低い傾斜惑星より必ずしも世界的な雪玉移行の傾向があるというわけではない。
我々は、大きいCO2空気(住むのに適した地帯の外の地域で典型的に予想される)による地球型の惑星がそのようなダイナミックな雪玉移行を受けることもありえるとわかる。
CO2の豊富な空気のために調査される雪玉気候のいくらかは、部分的な大気の崩壊を経験する。
長期のCO2大気の増強が住むのに適した惑星のための気候的なサーモスタットの働きをするので、部分的なCO2崩壊はそのような惑星の居住適性を制限することができた。
地球型の惑星の居住適性は、このように敏感にその短期気候的な安定性に依存するかもしれない。

クリックありがとうございます。宇宙ネタ以外はリンクを貼らないことにしました。クリックしていただいている方には感謝しております。
人気blogランキングへ
自然科学に、飛びます。リンク先には面白いブログもあります。私はカテゴリ一覧で切替えて、芸術・人文の写真でハシゴしてます。
ジャンル:
その他
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 掘れ掘れフェニックス | トップ | ヴェガ荷物募集 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

系外惑星系」カテゴリの最新記事

トラックバック

「バクテリアを合成し、地球外惑星の環境を改変」研究の可能性 (ブログ検索ニュースBLOG)
合成生物学と微生物学の成果により、科学者たちは遠からず、他の惑星上で生存可能なバクテリアを狙い通りに組み立てられるようになるだろう、と極限環境微生物の専門家、John Baross教授は言う。「われわれが他の惑星や月の環境さえ把握できれば、そこにより良く適応でき...