猫と惑星系

押し記事 地球のシネスティア内での月の起源。 天体の翻訳他、ELRIS、花の写真を掲載。

掘れ掘れフェニックス

2008-07-28 19:39:40 | 宇宙開発
フェニックスのサンプリング方法の修正が決まったようです。TEGAをロボットアームの先に付けて地面に押し当てる方式だったら話は早かったのにと思います。
地球上で十分考えてから火星に送り込めよ。泥縄方式としか思えない。以下、機械翻訳。

フェニックスは、冷たいサンプルを届けるために、方法を修正する
2008年7月27日
ツーソン、アリゾナ-NASAのフェニックス火星着陸機のロボットアームは、着陸機のオーブンの中に冷たい土サンプルを預けることを目的として、日曜日に一晩中修正されたコレクションと送出シーケンスを使う。
「我々は、我々がもう一つの冷たいサンプルを得るソール60とそれをTEGAに届ける試みに関して走らせたプロセスを修正するつもりである」、熱と発生ガス分析器と、バリー・ゴールドスタイン、パサデナのNASAのジェット推進研究所からのフェニックス・プロジェクト・マネージャ、カリフォルニアが言った。「我々は、我々が学んだもののために調整されるために小さな修正でうまくしたことを繰り返す。」
フェニックスによる7月26日のソール60努力は、略式に「白雪姫という名前の仕事溝への16の穴とこすることをやすりをかけることによって、うまくサンプルを得た。」
スコップが傾けられた後でさえ、大部分の粘着性の火星の土はさじに付着した、そして、やすりはTEGAに土を撒くのを助けることを起動させた。
修正された計画はサンプルのどんな潜在的暖房でも減らすことが溝の穴を作って、やすりが操作する時間を減らすことを含む、そして、回数を増やすために、スコップはサンプル送出アクションの間、振動する。
日曜日の朝に受け取られるイメージはソール60の上で集められる土がスコップから抜け落ちたことを示した。そして、それは着陸機のデッキの上に逆にされるままにしておかれた。
フェニックス任務は、ロッキード・マーチン(デンバー)で、JPLと開発協力でプロジェクト経営陣とともにアリゾナ大学のピーター・スミスによって導かれる。
国際貢献は、カナダ宇宙局から来る;
ヌーシャテル大学;
コペンハーゲンとAarhus(デンマーク)の大学;
最大プランク研究所、ドイツ;
そして、フィンランドの気象研究所。
フェニックスについてのより多くのために、以下を訪問しなさい:
http://www.nasa.gov/phoenixhttp://phoenix.lpl.arizona.edu.

クリックありがとうございます。宇宙ネタ以外はリンクを貼らないことにしました。クリックしていただいている方には感謝しております。
人気blogランキングへ
自然科学に、飛びます。リンク先には面白いブログもあります。私はカテゴリ一覧で切替えて、芸術・人文の写真でハシゴしてます。

フェニックス連続稼動の続き
ジャンル:
宇宙開発
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« ロゼッタ準備盛り上がり | トップ | 住み易い惑星 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
痒いところに手が届かない (mitsuto1976)
2008-07-29 00:48:12
こんばんは。
一度宇宙に旅立った探査機は、「どうにもマシンの調子が悪いんで、ちょっと調整して来る」訳にはいかないから大変ですよね。
ロボットアームのオペレーション担当してる人たち、物凄く歯痒くてストレスたまりそう…
苦労は地上で (bbsawa)
2008-07-29 20:10:05
こんばんわ。設計段階では、まさか、火星の土が掘った途端に揮発する微妙な気圧と温度下に存在するとは思わなかったのでしょうが、一連の動きを見てると、オーブンに土が入らないは、水は検出しないは。
でも、カメラで地表の変化見たら氷が蒸発してる。
分析器が泣いてるぞ。スコップよりツルハシの方が良かったような。マルチプルタンパー。

コメントを投稿

宇宙開発」カテゴリの最新記事

トラックバック

観測ロケットS-520-24号機、再び打ち上げ前夜 (天燈茶房 TENDANCAFE)
いよいよ明日の夕方、旅立ちます。 観測ロケットS-520-24号機打上げ日程(JAXA宇宙科学研究本部トピックス) という訳で、今日の夕刻に内之浦の方角の空を見上げてみたのだが…結構うす雲が出てるね。 日中は地平まで霞みもなくガンガンに晴れ渡った青空が広がって...