Retrospective...

イラストレーター/ライター遠藤イヅルの困った嗜好をばらす場所

【シトロエンな話】商用車の広告までもが美しい。

2011-11-10 | シトロエンな話。
1977年のオランダ版のシトロエン商用車カタログです。

商用車のカタログなのに、全編にわたる息をのむような美しい写真。
裏寂しい、どこかしら抒情的な風景の中、見事なシチュエーションに配置されたクルマたち。
商用車のカタログに、なぜここまで...(感涙)。

多くは語りません。どうぞ、ゆっくりご覧ください。




表紙。たたずむC35のシルエット。これでまず圧倒される。日本の商用車のカタログにはありえない。







カタログはオランダ版だが、それは言語の問題だけであって、カタログ自体はフランスで作られているものと思う。
いきなり農業国フランスの、人の手が介在した幾何学模様を持つ美しい農村の俯瞰風景を持ってくるあたりに、
類まれなるセンスを感じさせる。







下位レンジからの紹介のため、2CVのバン、250からカタログはスタートする。
計算して作っているとはまったく思えない、あまりにも自然なシチュエーション。
250はそれまでの「AZU」の名前が1970年に変わったもの。







続いて400。AZU~250よりも積載量が多い。こちらも「AK」という名前だったが、1970年に400(AKS)になった。






続いてメアリ。ユーティリティビークルでもあるメアリは、もちろんその多用途性を活かし、商用車としても紹介されている。
漁港で使われているというこの絵が最高。水で丸洗いといったイメージのメアリには似合っている(汗







2CVの仲間はまだまだ続く(笑)。次はAmi8 Service(セルヴィス)。
言うまでもなくAmi8のコマーシャルバン仕様。
青いボディカラーといい、窓がない荷物室部分といい、たまんない。これ欲しい。
これで仕事したらいい看板になりそう。






いよいよGSの登場。これまた2ドアで窓の無い、GS Service。
どんなに荷物を積んでも車高も光軸も変わらないハイドロの商用車というのは、
ある意味ハイドロ車の使い方の極意ともいえる。かっこいい。
BMWのバイクを先導につけ、重要な医療品を安全に優しく、かつ速く届ける、といった状況なのだろうか。








いよいよ真打?H(アッシュ)。でもこのころはもう「1600」などといった積載量で車名を示すのみとなっていた。
カタログ写真を見ると、キャビン以外はそれこそぶら下がってるだけの「FF」の構造を活かし、
どんな車体も作れることを示唆している。それにしても「牛」を積むのはデフォなのね(笑







最後はHの後継、C35。シトロエンなので、むろんFFの商用車。このC35もまた、限りなく低い床を持ち、
さまざまなボディを架装出来た。そしてまた牛の搭載シーンも(爆
なお、C35には、兄弟車として「フィアット242」がいる。





>>どうでしたか。多くは語らないって言いながら語ってしまいましたが(汗)、
ひとつひとつの写真の空気感というのがすごいですよね。スタジオ写真で済まさないで、
外でさまざまな使用シーンを与えられているのですけど、そのどれもが「ここまでせんでもw」
ってものばかりで、なんだか感動してしまいました。

>>しかも、どれもこれも薄暗く、ウエッティで、そして抒情的で、なんだかフランスっぽくてたまらないんですよねえ(^^;

コメント (14)   この記事についてブログを書く
« 【シトロエンVISA】「非GT」... | トップ | 【セダン蒐集癖】Vol.277  ... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (56F3R)
2011-11-11 01:07:42
C35は好きです。黄色のヘッドライトが良く似合う商用車でした。70年代に、これだけ洗練されたデザインの商用車というのは、他に無いでしょうね。ルノーは顔がうるさい感じなので、むしろC35の素っ気ないほうがそれらしくていいんです。

Amiバンは、以前、CSで放送中の兼高かおる世界の旅のフランス取材で、田舎のおばちゃんがフォアグラを取るがちょうをじかにラゲッジに積んでそれを業者に持ってくるという光景を見ました。納得の使い方だなって・・・
Unknown (サトシ@茶色いピカソ)
2011-11-11 07:04:31
このカタログの雰囲気は意図的に出そうと思って出しているのではない、
自然に湧いて出て来たものだと感じられるところがスゴいです。


商用車に対する見せ方見られ方、日本と欧州ではかなり差があるのか、欧州各商用車メーカーの
いわゆるイメージギャラリー的なページはかなり充実してますね。

写真も乗用車顔負けと言ってはなんですが、メジャーどころのダイムラー、ボルボ、スカニアなど
結構楽しめますよ♪

Unknown (ほそモール)
2011-11-11 07:51:48
この中で私が収まるのはHトラックくらいしかないですねw。
流石です (ゆうじん)
2011-11-11 08:01:10
素晴らしい写真の数々ですね。
センスの違い?
とくに250のがイイです。

貴重な写真、有り難うございます。
すげぇ (しんパチ)
2011-11-11 08:55:32
一応こういう業界に関わりがある身ですが、、、別次元ですね。
まいりました。

でも、なぜGSだけ三面図?
この辺の無頓着ぶりも、ある意味美味しいけど(笑)
Unknown (ise)
2011-11-11 18:18:53
最初の写真はDSの広告写真で有名なアンドレ・マルタンという人の作品に似てますね!!もしかしたらオマージュなのかも。。。。

さりげなく、でも緻密に計算されたアングル。素晴らしいですね!!
H、イイなぁ・・・・
すばらしい (コブラン)
2011-11-11 18:52:27
何でも見せすぎちゃう日本車のカタログとは大違いですね。
感情の深いぃ部分部分に訴えて「欲しいっっ!」と思わせるのがすごい。商用車なのに。
牛を積む生活に一瞬憧れました(笑)
Unknown (VOLF)
2011-11-11 21:36:23
写真もさることながらフォントも素敵です!

偶然なのかあえてそうしてるのかは解りませんが曇り気味の空なのも湿っぽい感じでいいですよねぇ
一枚目なんて雲のコントラストがすごく綺麗
うっほ~~ (《》 nek)
2011-11-12 10:55:27
この最高ですね!!

カッコ良過ぎるが、でもきっと
彼らにとってはこれが普通なとこが
ニクイ・・(笑

Ami 8とGS Service初めてみてビックリしました。2ドアもあったんですね!

それにしても確かにカタログのくせに
どれも空が薄暗いですね。そこがまた
乙ですが^^
いや~いいもの見せていただきました;
すばらしい・・・・ (Aru)
2011-11-12 20:03:12
このストーリー感、情緒感がすばらしい、
まさに生活に根ざした頼りになる働く相棒、
日本車じゃかなりつまらないカタログばかり
最近じゃ無背景も増えてきてるし、
架装ベースも出てるのがまた何でもござれ感があってよかですね、

コメントを投稿

シトロエンな話。」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事