Retrospective...

イラストレーター/ライター遠藤イヅルの困った嗜好をばらす場所

【ルノーな話】ルノーの軽戦車FT-17の話。

2010-06-30 | ルノーな話。





ルノーは、クルマの製造以外にもいろいろなものを当時から作っていましたが、そのひとつに戦車があります。

ルノーに限らず、そもそも世界最古のメーカーの一つはパナールですし、
FFで最初の成功した量産車であるトラクシオンアヴァンを輩出したシトロエンなど、
クルマの世界に様々な「はじまり」を生み出してきたフランス。
実は、戦車も、現代まで続く基礎的なスタイルと設計は、フランスが編み出したものでした。

それが、このルノーFT-17なのです。


FT-17




それまでにも戦車はありました。代表的な例では、イギリスのマーク1型、
ドイツのA7V、同じくフランスのシュナイダーCA1、サン・シャモンなどです。
でもこれらの戦車は砲塔が車体と一体化していて、しかも乗員は8名とかで
いまでは考えられないほど多い!


これはマーク1型戦車 ひし形っす 世界最初の戦車




しかもエンジンルームが車内で分けられていなかった!という設計が多かったので
とにかく乗員は常に熱と気化したオイルや油、機関銃の硝煙などの中で過ごすことになり、
その環境は劣悪と言えるものだったそうな。そりゃあ暑かっただろうねぇ。


オーバーハングが長いサン・シャモン
なんとエンジンで発電し、モーターで動くというハイブリッド駆動(驚
当時の技術では左右のモーターの同調が取れずまともに走行できなかったそうな




そんな中このルノーFT-17は、はじめて旋回式の砲塔を装備し、
また、はじめて機関室と居住スペースを仕切った戦車だったのです
(トップ画像参照してね)。
この基本設計はいまでも戦車の基本形になっていますよね。


それまでの戦車がどれだけひどかったのか、という話になると、
マーク1は乗員8名のうち4名が操縦する(!)のだがそれでも立ち往生ばかり、しかも
走行が薄くすぐに破壊されてしまう...。
シュナイダーCA1は車内換気等が悪く居住性が劣悪で製造中止、
サン・シャモンは先端に75mm砲を装備するためオーバーハングが異様に長く、
荒れ地では鼻がつっかえて実際には役に立たず敵の格好の攻撃対象になった...。
ドイツのA7Vはもっとすごくて、そもそもがトラクター用のシャーシに
ぶあつい装甲を持った雑な箱組み車体を載せた「移動要塞」的な設計思想、
しかも18人もの乗員で操作し(汗
言うまでもなく車内環境は劣悪、しかもこれも機動性が悪くすぐに行動不能になった...。



A7V すげえ...ただの箱(涙




などなど、実際のところ戦場ではあまり(というかほとんど)役に立たなかったようなのです。

フランスは1916年、戦車開発に着手しますが、
すでに当時シュナイダー(=オチキス)、シトロエン、ルノーの3社で砲弾や小火器などを製造していた中で、
フランス陸軍省は戦車に関してはルノー1社だけに委託したのだそうです。

ルノーはすでにクルマの生産を大規模に行っていて、しかも当時はフランスいちのシェアを誇り、
パリのタクシーにルノーが大量導入された実績などもあって、
ルノーの祖であるルイ・ルノーはこの戦車の開発にも、クルマづくりの思想を持ちこみました。
他の戦車が大量生産で生産するという考え方を持っていなかった中、
クルマのようなコスト管理型製造と無駄を省く設計によって小型軽量化に成功、
しかもなんと乗員は2名を実現したのでした。
いかにもフランス(車メーカー)らしいエピソードではありませんか!


本来シュナイダーやサンシャモン戦車の援護用に作られたはずの「軽戦車」FT-17は、
当時の戦車がのきなみ3ケタ行くか行かないかの製造数の時代に
なんと4000台程度が製造されたとのことで、実際には主力として活躍。
戦車を「量産する」という概念を作り上げた立役者でもあったようです。


...ただし故障しやすかったそうで、途中で止まるのはよくあったそうです(涙
いかにもフランス(車メーカー)らしいエピソードではありませんか(号泣



>>ちなみにルノーの戦車はほかに、日本にも輸入され満州事変で使われたというNC型、
第二次大戦中の主力戦車であったR35などがあります。

R35 なんだかこの儚さってルノーぽい(汗



>>なおこれが現代のフランス陸軍の最新式戦車、Leclerc(ルクレール)!
足回りはむろん、ハイドロニューマチックです!

コメント (16)   この記事についてブログを書く
« 【セダン蒐集癖】Vol.232 ベ... | トップ | 【てつどう】昭和の残り香漂... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
戦車も (ごる(ry)
2010-07-01 00:43:43
いかにもデザイナーがデザインしましたという形が好きですね。FTー17。
ルノーマークにも戦車が入ってる時期ですよね。
プラモ買っちゃおうかな・・・ってかあるのか?
ちなみに私の会社、もともとフランス資本の会社だったので、図面の番号にソミュア図番というのが存在します。
もちろんソミュアS35のもの。
このもうちょっと後に活躍(?)したものですが。

っていうか私ミリオタ?(笑)
うろ覚えですが (代行ハミちゃん)
2010-07-01 03:14:33
戦車の懸架装置にハイドロを採用するのは、
ルクレール以前にも、いろんな国のさまざまな戦車がやっております。試作車レベルなら第二次大戦の頃からすでにあったとか?

そういやルクレールの操縦用ハンドルは、センターパッドに、様々な操作用のボタンが付いているのだとか。
なんだか現行C4&C5みたいですね。

個人的に、フランスらしい戦車関連の技術といえば、G弾だと思うのですよ。
マスコット (エナガ)
2010-07-01 13:30:28
以前にトヨタ博物館で戦前のクルマのマスコットを展示していました。今でもRRのフライングレディーなどが現存していますが、ルノーのマスコットはタンクであり、形は正にこのFT-17でした。ちょっと物騒な・・・

ちなみに、ブガッティは象が鼻を高々と上げて2本足で立っているマスコットでした。
プラモデルなら (ヤタロー)
2010-07-01 23:24:04
小学生のときにミリタリープラモが流行りました。
お金持ちの友達は、
田宮模型のタイガー戦車を持っていましたが、
自分を始め殆どの子は、
ジオラマ用の兵隊さんシリーズで遊んでました。。
ieさんはミリタリープラモデルを作りましたか?
Unknown (ie)
2010-07-02 09:49:34
ごるさま>
>ソミュア図番というのが存在
ソミュアというメーカーに関係するのでしょうか。興味深いですね!
>活躍
ですね。20年くらい後でしょうか。ソミュアS35 もアメリカやドイツと明らかに違う
線の細い戦車で、大好きです。

代行ハミちゃんさま>
>戦車の懸架装置にハイドロを採用するのは
74式とか有名ですものねー!
>G弾
英国に対抗して作って戦車砲自体を自国で作り、結果ダメだったあれですね...。これもなんだかフランスぽいエピソードなような気が(涙
  
エナガさま>
>ルノーのマスコットはタンクであり
これは全然知りませんでした。貴重なお話ありがとうございます。
最近、創始時期のルノーにも興味があります。

ヤタローさま>
>ieさんはミリタリープラモデルを
正直あまり作ってないです。もちろんあの当時買えるものはわずかという中で、ワタクシはガンプラでもなく、ボトムズとクルマ(なぜか異様にバンダイやLS、オオタキの1/20キットが欲しかった)、
マクロスのプラモ買ってました(汗
Unknown (ほそモール)
2010-07-02 13:50:36
まさかこのページで戦車の話が出てくるとは。
ルクレール、カッコいいなぁ。
ハイドロサス (代行ハミちゃん)
2010-07-02 14:27:37
戦車のハイドロサスには、車高調整が可能なものとそうでないものがありまして、ルクレールやイギリスのチャレンジャー1、2のそれは、できないタイプですね。
一方可能なタイプとしては、スウェーデンのSタンク、日本の74式、90式、そして近々正式採用されると思われる新型戦車、韓国のK1、K2があります。あ、古いところだとMBT70なんて物もありましたか。

>ルクレール
あれ見ていると、なぜかスウェーデンのSタンクが脳裏に浮かんで。
自動装填装置とか、ハイドロサスとか、ガスタービンとディーゼルのハイブリットエンジンとか。
天下のタミヤからキットが出ております。一家に一台どうですか?
あ、フランス車ファンなら、ここはエレールのキットをでしょうか?
Unknown (ie)
2010-07-02 15:55:09
ほそモールさま>
>まさかこのページで戦車の話が出てくるとは
いろいろ書きたいんですよね...でもこれでも
一応フランス車に関係することだけに
なるたけ絞っていたりします(汗

代行ハミちゃんさま>
>車高調整が可能なものとそうでないものがありまして
ですねー。
とくにSタンク。
尋常じゃないような車高調整しますよね。
砲塔が無いという尋常ではないスタイル好きです。
エンジンが前にあるメルカバとか、
異端気味な設計にも弱かったりします(汗
しつこくてスミマセン(汗) (代行ハミチャン)
2010-07-03 13:38:04
>異端気味な設計

戦後ソビエトの試作戦車群がそうですね。
あと、ソビエトのT-64なんて、開発当時はかなり異端な戦車だったと思うのですが。

あと、戦後アメリカが開発したシレーラガンランチャーとか。戦後第二世代戦車であるのに、懸架装置にホルストマンサスを、照準装置にスポッティングライフルなんて旧式なシステムを搭載していたチーフテンとか。
富野より高橋派 (代行ハミちゃん)
2010-07-03 13:45:24
>ボトムズ

以前大枚はたいてDVD-BOXを買いました。
しかし最近、廉価版のDVD-BOXなんて物が
出ているのですね。

コメントを投稿

ルノーな話。」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事