Retrospective...

イラストレーター/ライター遠藤イヅルの困った嗜好をばらす場所

ようこそ輝く時間へ

2007-11-24 | サーブ900。

R19の後継は、ルノーでもなければ、仏蘭西車ではありません。


え?ieが?
フランス車指南のHPを持っておきながら、
ギザルノー会などを立ち上げておきながら、
私、ie、仏車もルノーも降りました。




前回のヒント画像でばればれかと思いますが(涙、

新しく来たのは、これです。











SAAB900 TURBO16。


さ、サーブ!?


そうなんです。サーブなんです。
クラシック・サーブ900。


かつて、xantiaからプジョー206XTに乗り換えたとき、
その「仏蘭西車の濃度の薄まり」にかなり動揺し、
3年は乗りましたが結局手放してしまった。

そして自分にとっての究極「ルノー19」に乗り、
ふたたびルノーの良さを再発見したのです。


サーブを買いにお店に通ったとき、
何度か試乗しました。
買って、ルノーが(しかもギザ)持っていた
「安らぎ」がサーブで得られるのか。
悪くはないけどこの薄くて姿勢の自由度のないシートで納得出来るのか。

結構、迷い、悩みました。



でも結局買って一気に高速に乗り、200キロ走った段階で得た答えは、
「サーブクラシック900(以降、C900と書きます)」は、
相当良い車、という一言に尽きました。





シートは悪くなかったです。
いや、相当いい。
いちおうケツセンサー主宰ですので、これは言い切りたい。
むろんフランス車ほど柔らかくはない。
「気持ちいい姿勢」はほぼひとつしかなく、自由度が無い
(ルノーはどんな格好で座っても疲れない)のですけど、
でもそしたらもう
ルノーのように「背中と背もたれが一体化するかのような」感覚を
ちゃんと持っているのです。


細かいインプレは回数を重ねて追っていきます。
とにかく、なんというのか、新しいのです。
自分には。

ドイツ車とも、フランス車とも、イタリア車とも、もちろん日本車とも違う。
北欧のもつ機能と暖かみの両立はドイツ車とは異なるものだし、
仏車のもつ「人を快適にしよう」というもてなしとはまた違う居心地の良さもあります。

1967年のサーブ99に端を発し、900にステップアップしてから
エンジンが16Vになったりと細かい変更があったにせよ、
1993年まで基本的には同じクルマだったサーブ900。

乗れば古いです。ボディはヤワだし、ハンドリングはちょっとスリリング。
でも。少なくとも1987年前後の設計のままであろう(ieのは93年モデル)この
クラシックなクルマが見せる骨太な設計思想や機能性に
ノックアウトされてしまったieなのでした。



ベクトルは違うけど、シトロエン的でもある設計なのです。
そんな面白い部分は、このブログで書いていくことにしますね。



>>そんなこんなで、一時的に仏車を降りました。
この900にもいつまで乗るか...わかりませんが
(でも、気に入ったらはまってしまいそうです、いやはまります古いサーブ)、
これまで通りにご愛顧いただけますよう宜しくお願いいたします。


>>いやーもうエンジンかけるのが楽しくて...


イグニッションがシートとシートの間なんですねえ。
ここになった理由は、一般的には事故の際膝にキーがあたってケガをしないように、
という話もあるようですが、
正しくは?900の前身99の前の世代はそれまでコラムシフトだったのですが
リバースギアに入れないとキーが回らない機能があったそうで、
それが99でフロアシフトになったときもこの機能を活かすために
シフトノブと一緒にキーシリンダーも移ってきたのだそうな。
結果的には「航空機」ぽいので好きなのですが
このへんの話がサーブはweb上でも紙面媒体でも非常に少ないので困っています...。

コメント (20)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« さよなら そしてありがとう... | トップ | サーブ900ターボ16がやってき... »
最近の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ようこそ C900 の世界へ!(自分は既に降りておりますが・・・) (シン)
2007-11-24 16:55:01
ご納車おめでとうございます!

エアバック付の'93年式、C900 最終型ですね。
僕が以前所有していたのも同じ'93年式でした。
3ドアで、ロープレッシャターボの 900S という違いは有りますが、故障はそれ程心配しなくても良いと思います。(誤解を無いように言うと、14年落ちの欧州車基準で)
AT も僕の乗っていた C900 は手放す 110,000km 超えても問題有りませんでした。

今度、機会がありましたらじっくりと見させて下さい。

>>いやーもうエンジンかけるのが楽しくて...

分かります!
それから、エアコンの排出切り替えダイヤルを無意味に回してしまいませんか? "プシュ~" って

これから思いっきり堪能して下さいね、最後の純正端典車の世界を!
納車おめでとうございます (ヤタロー)
2007-11-24 17:50:48
綺麗な赤ですね。
うちのセニックを買ったお店の社長がサーブ好きで、よく並んでました。
「カブリオレいいよ~、次にどう?」という感じで(笑)
鉄博オフで御披露目をお願いできます?(汗)
おめでとうございます。 (asn?)
2007-11-24 18:49:26
前エントリではフライング失礼しました。
9○○と伏せ字にすべきでした。
ボクも気になっている車ですので色々とインプレお願いします。
そして機会があれば是非体験させて下さい。
でもieさんが900ってまだピンと来ないなぁ(笑)。
辻谷先生? (ひでちん)
2007-11-25 12:29:54
飛行機じゃなかったのね?

サーブとはまったく予想しなかったなぁ・・・。

新・愛車ライフがアップされるのを期待してます。
サーブ900! (モアイ)
2007-11-25 12:32:52
エアバック付のモデルがあったんですね。知らなかった。
ところでこのイグニッション位置、いいですよね。
サーブの真骨頂というか。
子供時代、ディーラーのおじさんに乗せてもらったときに、
イグニッション位置含め、クルマの雰囲気が飛行機っぽいなぁと
思った記憶あります。
とても静かで速くて、椅子がフカフカだった記憶がありますね。
これ (ガジュマル)
2007-11-25 13:22:17
全く同じのを部活の副顧問が所有していて、何度か乗りました。
赤のサーブっておしゃれですね。R19は知ってる人にしかわからないですよね。わからない人が見たらただのダイハツですからね笑


今は (ねこさわ)
2007-11-25 14:08:37
「おめでとう」ですね。

思えば20年くらい前に「ハ〇山」(注、部活の顧問です)が乗っていた900GEL(だっけ?グレード忘れた)から面々と因縁めいたものがついているのかも?

ものすごく大事にされていた個体と聞いているし、
サーブって前はミツワなんだよね!すげぇ!!

というルノーもヤナセだったけど(爆)

正直まだフクザツなシンキョーだけど、
最後の「純サーブ」というのも「にわか飛行機野郎」には羨ましい。

ie君の「新境地」として今後のインプレション、
楽しみにしています。
サーブ・・・ (プレネル)
2007-11-25 22:30:27
実はすごく好きなメーカーです。
何度か買おうとしたこともありました~☆
インプレ楽しみにしちょりますよん
よかったですね。 (kota)
2007-11-25 22:35:29
R19を手放してしまったと聞いた時は寂しかったですが、こうしてまた熱く語るieさんが復活して嬉しいです。
小さいのばっかり乗っているので大きいのはボルボかサーブと思っています。
びっくりしました! (無駄な動き好き)
2007-11-25 23:20:13
赤の900、いいですね。
私もR4から900turbo16Sに乗り換えました。
(今はビアンキですが…)
フロントガラスの曲面と、ボンネットの開き方は堪らんもんがありました。自分では、どこかDSに似ていると感じるスタイルが大好きでした。シートに座るといい鉄に守られてる気がしてました。

コメントを投稿

サーブ900。」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

俺は… (ねこさわの備忘録)
ieくんがR19を手放す。 当然というか実はかなり前から知っていました。正直おせっかいをしていろいろ意見も口出しもしてきました。 「自分で仏車のhpを立ち上げておいて、それで仏蘭西車から離れるのかよ。」旨の批判もしてきました。 でも…「人生一回きり」いろん...