Retrospective...

イラストレーター/ライター遠藤イヅルの困った嗜好をばらす場所

LN/LNAの魅力

2006-01-11 | シトロエンな話。
LN/LNAは、シトロエンC2の大ご先祖です。
遡っていくと、
C2---サクソ/シャンソン---AX---LN/LNA---(ディアーヌ/2CV)
となります。つまり、シトロエンのボトムレンジのクルマでした。

シトロエンは1970年代初頭に経営年からプジョー・グループに組み込まれたのですが、
そのシトロエンが統合後初めて送り出したのが「LN」でした。
1976年登場のこのクルマ、実際は予算的、時間的制約から
ボディはグリル以外プジョー104クーペのまま。
内装も、差違はグリル、ステアリング、シート地くらい。


南仏のマリーナに佇むボロボロのLN。ドアの色が違うアタリ、もうたまんない(*O*
ちなみにこのあと走り去って行きました。現役だ!


ちなみにこれが104クーペ。甲高いメカノイズを響かせて快走。いいねー。ニースにて。

個人的にはすでにこの104自体が魅力的な小型車なのですが、
LN/LNAがさらにいいなあと思うところがあるのです。
それは、エンジン。
なんと、アミ8から譲り受けた600ccの空冷水平対向2気筒!
そう、2CV直系のフラットツインなのです。

いまはもう手元に2CVはありませんが、僕はあのクルマの
フラットツインが今でも大好きです。
決して速くはない。
でも、「いきもの」のリズムのようなフィーリングは、
人が作ったものというよりは
まるで自然が生み出したような感さえありました。
本館の拙稿を引用すれば、


ちっぽけなエンジンを壊れるほど回して走れば、
まるで空冷バイクのようにヒューンというノイズ+人間の鼓動みたいで、
こころとシンクロするフラットツインのバタバタ音が、これがまた官能的ですらある。
(中略)
アクセルを通じて、エンジンの中でたしかに石油が燃え、
そこでパワーが生み出されているのを感じるのだ。
内燃機関を操っているのだという感覚がすごく濃いのである。


クルマで空冷、しかも2気筒というだけで萌え(爆)な自分には、
さらにはぱっと見てフツウのハッチに
それが積まれているということでもう満点なのです。


LNは、その後排気量を650ccに拡大してLNAに進化。
なおこのLNAは1980年代にプジョー製水冷直列4気筒1100ccの
「フツーのエンジン」搭載車も追加しています。
なお、前述の通り後継車はAXなので、その登場に前後して
LNAはフェードアウトしました。


>>「フツウのかたち」に「フツウじゃないエンジン」といえば
これを忘れちゃいけない。
フォルクスワーゲン ゴル

初代ゴルです。ゴルフじゃないです、ゴルです(笑

>>ブラジル/アルゼンチンなどではメジャーな、
南米のゴルフともいえるこのクルマ、現在は多分3代目になるかと思いますが
初代や2代目くらいまではビートルのフラット4(むろん空冷)を
前に搭載してた「FF車」でした。
初代ポロ/アウディ50やシロッコ、
初代アウディ80などにも通じるクリーンなデザインもイイ!
ううう、かっこいいいいいいい(爆




コメント (14)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« フランクリン・アヴェニューへ | トップ | 辞めます »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
空冷+水平 (asn?)
2006-01-11 14:14:59
好きです、ボクも。



音が好きなんです。

でもレガシーなんかも好みに近い音の気が。

ひょっとすると水平対抗の音が好きなだけかもしれません。

2CVの音は...記憶に無いです。

多分好みです。



> LN

昔はあまり好きでは無かったです。

なのであまりよく知らないです。

けど、今はかなり好みです。

ボビンなのはVISAでしたっけ?



> ゴル

そんなのがあったとは知らなかったです。

これがバサバサした音して走るんですね。

かなり違和感アリですがイイです。

2代目がゴル2=ゴルフで5代目はゴル5=ゴルゴだし(呆)。

ごるて(ノд-。) (ごる(ry)
2006-01-11 14:29:23
VWのゴル(笑)

WRCアルゼンチンとかにはよく出てて、

「ゴルフの誤植じゃねえ?」と思ってました(笑)



LNかー。

あの時はシトロエンらしくないと思ってた小学生時代(笑)



空冷はもちろん私も好きですよ~
LN・・・ (ガジュマル)
2006-01-11 16:30:27
存在は知ってましたが、水平対抗エンジン積んでいたなんて知らなかったです。 ただ104が可愛くなっただけだと思っていました。ie師匠にはかなわんです・・・・・。 

我家のラグナ。 渋子さんを見習って全く洗車しなかったら、いじけました(T_T) 左前足のじん帯損傷です(笑)消耗部品なのでしょうがないですね・・・。 

もぅ10歳10万キロオーバーのじいさんなので、いたわってあげないとダメですね(笑
空冷の (ie)
2006-01-11 23:24:45
ひーーーんっていう、かすかな音が好きです。昔スバルにあった直3エンジンのジャスティなる小型車は、水冷なのにこの音がした...何故(爆



asn?さま>

>音が好きなんです。

VWのF4はいい音しますよねえ。ばしゃばしゃばしゃ!って。ああ、ちょっと欲しくなってきたぞ(笑



>ボビンなのはVISAでしたっけ?

実はVISAのメータは普通の指針式です。でも、メータークラスター脇のサテライトスイッチがすさまじい造形なのですよね



>バサバサした音して走るんですね。

ほんと見てみたい。というか、前から聞こえてくるばさばさ音って違和感ありますね(^^



ごる(ryさま>

>WRCアルゼンチンとかにはよく出てて、

そうそう、案外ラリーには出ていたりしていましたっけ。誤植じゃないの?って確かに最初思いましたよ(W



>LN

自分もデス!最初、何も感じなかったのだけど「あのエンジン」が乗ってるのに気づき、一気に好きに(^^



ガジュマルさま>

>知らなかったです。

そうそう、意外と知られていません。びっくりですよね。

>ie師匠にはかなわんです・・・・・。 

いやいや、ガジュマル君の年でこれだけ知っていれば、もう十分師匠だよ(^^

>左前足のじん帯損傷です

あらら~お大事に!でもこれでまたいっぱい乗れますよ!そうそう、ウチもあんまり汚いといじけそうなので、あのあとすぐ洗いました(^^
ゴル・・ (Gu)
2006-01-11 23:30:11
ですか 笑。わたしも知りませんでした。南米は変態車の宝庫ですね^^;。



車体は現代化されているのに、ユニットが実績のある従来通りのモノを使うという点では、一応アルファ145なんかも意外なのかも知れませんね。



このネタを見て、方法は逆かもしれませんが、仙石線?で昔走っていた旧型国電の更新車を思い出しました。「更新車」の意味が分からなくて、「この電車見かけ103なのに釣りかけかよ!」って思ってました^^;。
気になる (苦労冠者)
2006-01-12 00:29:33
2枚目の104の写真で、

うしろを走るクリオのフォグが点灯していますが、

昼間点灯なのでしょうか。それとも夕暮れ?

何故、点灯しているのか気になりました。
仙石線の73系 (ie)
2006-01-12 09:40:03
Guさま>

73系のアコモ改造車ですね。その生き残りがつい最近まで103系3000番台で残っていたのは驚き。乗りながら、ああ、この台枠は73系なのだ、悦に入ってました(笑)。更新車といえば113系の車体の吊掛、62系もありましたっけ。



>145

145の1.7、スッドのボクサーに現代的なボディという意味ではたしかにそうですね。これも魅力的!



苦労冠者さま>

>点灯

たしか、夕暮れでした。基本的にはフランスは昼間点灯しなくてもよかったと思います。
ゴルって。。。 (tauko)
2006-01-12 14:38:30
知らなんだ。

なんか初代ポロっぽいね、後ろ。

今勤務先の前に緑メタの初代ジェッタが駐車してました。

左角ぶつけっぱなしでバンパーがずれてる。

ドライバーは女性。カッコイイ!

うちのR18もそんな感じなのかなー

だといいなー
ゴルぅ (asn?)
2006-01-12 21:22:25
また空冷FLAT-4に乗りたくなってきました。

ってことは...GSだ!



ミッションもビートルと同じだとして...

ビートルだとエンジンは後輪より後ろですよね。

って事はゴルの場合前輪より前にエンジンがあるってこと?

ボンネットは結構高さがあるけどエンジンは下の方にあるんでしょうねぇ。



> 実はVISAのメータは普通の指針式

うわっ、そうだったんだ。

GSAみたいだからてっきり...

ゴル~ (nek)
2006-01-12 23:56:37
LN/LNAの話なのに話題がすっかり別車種に(笑)



ゴル調べてみました。87年モデルだと直4OHVの

FFですね。但し縦置き!! そういやこの時代の

Audiとか結構縦置きFFありますもんね。



フランスは昼間点灯義務はなくむしろ周りの

国と比べても遅いタイミングでの点灯でした。

そんなとこもケチなのかなと思いました(笑)



ボロぃ初代ジェッタいいですねぇ~^^



そしてVISAのメーターはクラスターが

真四角なのが斬新!?ですよね。

コメントを投稿

シトロエンな話。」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

唯一無二の存在。 (とらくしおん・あう゛ぁん 70年代フランス車ミニカーと雑貨マニアックス)
シトロエン・LN・ 1976    SOLIDO製  1/43スケール シトロエンが70年代に苦難の時代を迎えたことは前のVISAの時に書きましたが、このシトロエンLN/LNAもまた、プジョー104をベースに作られたそうです。それでもエンジンは水平対向エンジンだったりしてここでもシト...