Retrospective...

イラストレーター/ライター遠藤イヅルの困った嗜好をばらす場所

【てつどう】ザ・写り込み王 美しすぎる電車・阪急に萌え

2010-10-04 | てつどう。


ひごろ関東東京住まいの身には、
関西の鉄道、とくに民鉄に触れることが大好きです。
それは大手、準大手、地方の違いに関係なくです。

関東の民鉄にも各社特徴がありますが、関西の場合はその特徴がさらに明確で、
しかも伝統を重んじていたり、何かにこだわっているところがあったりと、
ここで説明するには足りないくらい魅力的。
先日は準大手山陽の話題をちょっとしましたが、
今日もそんな民鉄のお話をしたく思いますです。


で、タイトルの通り、今日は「阪急」なわけです。
古い歴史、高級住宅街、街の開発と鉄道路線を一体で考えた初めての会社、
などさまざまな側面をもつ阪急。
今日はそんな中でも、やはり阪急のイメージを形づくる最大の部位「電車」についてだけに触れたいです。

しかも、その中でも「写り込み」について(^^;



電車は昨今どんどん銀色のアルミ車ステンレス車にシフトしていて、
塗装がされた電車は数少ないです。

でも、阪急はすごいぜ。
もうずいぶん前からアルミ車を作っているというのに、いまだにギンギラ車がいない。
阪急線内を走っているのは、阪急に乗り入れてくる先の大阪市営と山陽くらいのものです。
なんと、アルミ車にさえわざわざ伝統的なマルーン色を塗り続けているくらいのこだわりよう。

で、その塗装も、どうも他の会社と違うような気がする。
電車の塗装は基本的には艶消しではないので、光沢もあるし、
反射して自分の姿や風景が電車に写り込むことももちろんあります。
でも、阪急はその濃くて上品な色合いがそうさせるのか、ieの思いこみなのか、
来る電車来る電車すべてが、「全検あがりかよw」って突っ込みたくなるよう美しさ。



いつまで使うんだ!な京都線2300系。昭和35(1960)年登場。
この2313Fは少なくとも50年以上近く前に製造されているはず。

信じられない!


ご覧の通り検査あがり。2800系にも使われていた金属バネのFS345台車もピカピカ。
いかにもミンデンドイツ型のデザインがイイ。

そして車体もピッカピカw


ホームで電車に乗る前のお客さんもこのように電車に写り込む。



十三の駅で9300系と離合する7300系。9300系に鏡のように写っています。




昭和30年代初期に登場以来、ほぼ不変のマルーン+銀の窓枠という素晴らしい配色、
時代の流行を取り入れつつも奇をてらい過ぎない落ち着いたデザイン。
それと、異様に長い間電車を使い続ける姿勢(涙→これは阪急の経済事情にもよるのですが...


最新モードの9300系。関東の住人には考えられない高級な通勤車。



たしかに最新の9000系や9300系は内装の色が濃いし、
更新車は伝統の金属製ブラインドがロールカーテンになったりしていますが、
それがどうした!というくらいの高級感のある内外装にびっくりです。


これが旧来の車内。マホガニー調の壁。アンゴラの上品な緑色のシート。
金属(アルミ)製のブラインド(ひよけ)。うーん、素晴らしい。




阪急の一大ターミナル、梅田。
美しい電車が9本ある櫛形ホームにひっきりなしに出入りしてくるのを眺めているだけで一日過ごせますw




梅田の駅はなぜかホーム上面もピッカピカwww




>>塗装にこだわっていた?京急もついにステンレス車になってしまったので、
塗装車体の西の雄、阪急はどう出るのか、今後興味がありますね。

>>京都線特急に乗ったのは2年ぶり。すでに6300系・6330系の姿は無く、信じられない感じ。
でも嵐山線で余生を過ごす6300系は、そのエレガントな車体をこれまた美しく保ち、
それなりに「合っている使い方をされていると思いました。
優雅に老後を過ごす、的な感じです。




>>同じく6300系の車内。嵐山線用にずいぶん変わってしまいましたが、
これはこれでいいのかも。というか、支線用でこのアコモ。うらやましい...(涙

ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
« 【シトロエンC5】とにかく、... | トップ | 【ルノーな話】ZOEプレビュー... »
最近の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おお、なつかしや (iMoco)
2010-10-04 23:55:01
大阪へ遊びに行ってたんですか?

7年ほど千里線沿線住民でした。なつかしいですー。
地元に戻ってからは色んな変化があったようで、こんど乗るときは気づくたびにショックを受けそうです。
京都線の特急の車両は変わっちゃったんですね。あの車輌は京都線だけでしたからね。別格でしたもん。

そうそう、大学1年のとき、朝から晩まで正雀の車庫に待機して、ドアの窓に貼ってある「開くドアに注意」ってステッカー(ごま油の広告だった)を張り替えるバイトをしたことがあります。ちょっとした自慢 (笑)

Unknown (ie)
2010-10-05 14:28:43
iMocoさま>
>大阪へ
出張が何度か続いたので、合間を縫って電車に乗っていました(^^

>千里線沿線住民
千里線の景色っていいですよね。大阪に住むことがもしあったら、候補にいれてみたい(^^
>京都線の特急の車両は変わっちゃったんですね
もっと古い車両もあったのに、ドアが2か所だということが災いして、お役御免になってしまいました。
後継車もすごいのですが、敵わないです...。
>朝から晩まで正雀の車庫に待機して
バイトスタッフが貼り替えたりするんですね~。
千里線沿線住民 (97Fastra)
2010-10-05 21:57:20
平日は千里線沿線住民で~っす(週末はTX沿線住民なんですが)。

確かに阪急のシートは雰囲気ありますよね(特に京都線の特急は、、なかなか座れないが)。

日本で最初に自動改札機を導入・運用したのは千里線の始発駅(終着駅?)でもある北千里の液だったそうで、IEEEの認定証が貼って?あります。そうだったんだぁ。

懐かしい! (サトシ@白クリオ)
2010-10-05 22:01:38
祖父母宅が宝塚線沿線なので、実家に居た頃は良く利用してました。

小学校に入るか入らないかの頃。
今はもう無くなってしまった宝塚ファミリーランドの帰り。
発車までの時間、車掌室に入れてもらい、鉄製の行き先表示板を
持たせてもらった事をスゴく良く覚えています。

25年くらい前の事ですが、最後尾車両に他のお客さんがいなかったとは言え、
今では有り得ないですよね・・・


6300系、当時はこの車両だけ屋根がクリーム色だったんですよね。
補助ランプ周りのシルバーの華飾パーツと相まってスペシャル感がありました。

今は嵐山線で余生を送っているんですねー。
Unknown (Gu)
2010-10-05 22:15:02
元沿線住民としては、阪急の事を褒められると自分の事のように嬉しいです^^;

以前に比べると随分個性は失いましたけど、仕上げの塗装は最後の砦でしょうねぇ。この世からペンキが消えるまでは塗ってくれそうな気がしますが 笑。

JRと違い、乗務員が丁寧に車両を扱っているのも印象深いです。同じ年式の車両でも、JRの運転室内は角にモノを当てたりしてボロボロです。愛社精神なんでしょうか。
出張でたまに利用します (まつぢゅん)
2010-10-06 20:56:17
梅田の駅に止まる、阪急電鉄の車両って昭和な感じで1ランク上の電車に見えて、印象的です。
関東だと、ステンレスむき出しのどれも似たような車両ですが、このくらい個性的で高級感のある電車は他には無いと思います。
写りこみも素敵ですね。
初めまして (nyapon)
2010-10-06 21:57:07
初めまして。
クルマネタ、鉄道ネタともストライクゾーンばかりで、いつも楽しみに拝見しておりましたが、私も阪急沿線出身なもので、つい我慢できず・・・。

通学時は、梅田の3線同時発車が楽しみだったものです。家内を初めて阪急に乗せたときは、そのアコモに「料金がいるの?」などと言っておりました。(笑)

これからも楽しみにしております。
よろしくお願い致します。
Unknown (ie)
2010-10-06 23:44:38
97Fastraさま>
>確かに阪急のシートは雰囲気ありますよね
あの色といい、肌触りといい、普通じゃないですよね!
>日本で最初に自動改札機を導入・運用したのは千里線の始発駅(終着駅?)でもある北千里
それは知りませんでした!
北千里の駅前のちょっと旧い団地が好きです...。

サトシ@白クリオさま>
>発車までの時間、車掌室に入れてもらい、鉄製の行き先表示板を
むかしはそういうのんびりした時代でしたよね。
いまはいろいろピリピリして、寂しい感じがします。
宝塚ファミリーランド、一度だけ行ったことありますw
>今は嵐山線で余生を
「余生」という表現がぴったりです。
でも都落ちも、地方への譲渡も無い、とてもいい余生の過ごし方!

Guさま>
>仕上げの塗装は最後の砦でしょうねぇ。
ぜひ守ってほしいですよね。
>乗務員が丁寧に車両を扱っているのも印象深い
これは阪急に限らず、関西はみんなそうなのでは、と思います。。。

まつぢゅんさま>
>阪急電鉄の車両って昭和な感じで1ランク上の電車に見えて
そうなんですよね。駅のつくり、調度品とか、
いろいろと「格が違う」感じがするんですよね。

nyaponさま>
はじめまして。
いらっしゃいませ!
>梅田の3線同時発車が楽しみだったものです
あれはすごいですよね!しかもひっきりなしにあるのもすごい。
>「料金がいるの?」
関東では185系でオカネ取りますものね(汗
これからもよろしくお願い致します。
ほぇ~ (《》 nek)
2010-10-08 10:27:14
来る電車来る電車がすべてキレイって
すごいですねー(笑
洗車もそれだけ頻繁なのか!?

子供の頃、ピカピカ車両がやってくると、
連結部に行って全検年月を確認したりして
いましたw
それとともにボロボロのやつにも萌えて
いたことを思い出しました(爆

磨き上げられたBXに惹かれる反面、
ボロボロのXantiaにも惹かれるのと
同じ原理か!?(笑
懐かしい (苦労冠者)
2010-10-08 18:20:06
25年ほど前に、4ヶ月間ほど、大山崎にいたので阪急利用でした。
梅田の完全な櫛型ターミナルと、3線同時発車には驚きました。十三まで並行して走るのもインパクトがありましたね。
駅の柱には、ブレーブスの選手とか歌劇団のトップの大きな写真が貼ってあり、おおっと思いました。

製造会社のプレートの「アルナ工機」も新鮮でしたが、精算されてしまってしまったのですね。
標準軌だから、地方会社への譲渡もないし、やっぱり別格ですね。

コメントを投稿

てつどう。」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事