Retrospective...

イラストレーター/ライター遠藤イヅルの困った嗜好をばらす場所

サーブ900ターボ16がやってきた(1)。

2007-11-26 | サーブ900。


サーブ900 ターボ16。
新しい相棒です。


納車から約1週間ですが、
なんだか500キロ以上も走り込んでしまいました。

とりあえず、乗り味の感覚などでわかったこと、言えることは
「仏車でも独車でもない」ということでした。


まだざっくりとした印象ですが、何度かにわけて以下に簡単なインプレや特徴を。


●車体

★サイドシル部分までがばっと開くドア
この下まで開くドアがいい。
まあこのドアのためにボディがヤワで車体の剛性感には欠くんですが
(けど気にはならない)。


この写真ではわかりにくいのですが、サイドシルが無くドアはボディの裾まであるのです。
ですから、乗り降りはたいへんラク。
とくに狭い駐車場で重宝。
「Ur Saab(最初のサーブ)」である92プロトタイプからこのC900まで
続いたサイドシルのないモノコックボディ。
寒冷地である彼の地で、サイドシルに着いた汚れから衣類を守るという副次的効果もあるようです。


★切り立ったウインドウ、丸いフロントスクリーン。
何しろ設計自体は40年前くらいのC900。いまとなってはありえないほど窓が立っています。
とくにフロントスクリーン。立っているだけでなく丸いんです。


うーん 写真では伝わらないなあ(ヘタです...
ウインドウが円錐を半分に切ったような形状なので、
フロントスクリーンの両端がぐいっと手前に寄っているのです。
これに細い細いAピラーのおかげもあり、視界は独特(でも抜群)。
スカットルが高めなのが背の低い自分にはちょっとつらい。
ピラーの位置、窓の感じなどシトロエンのDSぽい...。



★どかんと開くボンネット。
なんでもダンパーだと「寒くて凍る」のでダンパーに頼らない開け方になった?とか
ならないとか...サーブ96の後期タイプからの伝統的な開き方でした。


まず前が開くのでキャッチを外す。
お、前開きか、と思わせておいて
なんと上に開けないで手前にスライドさせるように引っ張る!
それでそのまま前に落とす!
という手順。

閉めるときは逆。
立っているボンネットを水平に戻し、
そしたら手でボンネットがスライドするように奥まで思い切り押す。

ちなみにリアのトランクハッチもダンパーではなく凝ったバネ動作です。
前回サーブが「シトロエンに似ている」というのは、
もちろん思想や発想はまるで違うにしても
たとえば凍らないようにするためには、などといった「設計目的」へのアプローチが
ほかのメーカーと違っていた、という部分にあると思うからです。
機能が形状や設計を決める...といった感じでしょうか。
例えばトランクハッチのオープナーも、
雪や雨が跳ね返らない位置(ナンバープレートの上)にあります。
手が汚れないんですね。開け閉めの時。
こういうところ、いいですねえ。



>>長くなってしまうので今回はこのあたりで...(^^
次回は気になるシート&乗り心地編で?

>>ちなみにこの個体
ブランドディーラーに弱いieには嬉しい「MIZWA」ものです!


ステッカーよたよたですが 人生初のMIZWA車!
コメント (11)   この記事についてブログを書く
« ようこそ輝く時間へ | トップ | サーブ900ターボ16がやってき... »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いいですね! (EVE)
2007-11-26 16:06:46
なんと、サーブ900でしたか!
いいですねぇ 私も所有したいクルマの一つです。

そうそう、サイドシルが無いのが特徴ですよね。
私は勝手に、わざとフロアパネルをねじれやすくさせるためで、
その方がスェーデンの雪道では安全だから、と思っていたのですが、(^^;)
なるほど、、サイドシルに着いた汚れから衣類を守るという効果があるわけですね。

いやあ、それにしても様々な工夫が面白い。
やはりこの頃のクルマは、個性がはっきりしていて楽しいですね。
その国の文化が体感できます。

続きのインプレッション、楽しみにしております。
航空機メーカーですね (DeepSky)
2007-11-26 22:27:01
お久しぶりです。
今度はSaabですか。スバル乗りの私と同じ航空機メーカーの車ですね。
Saabって、あの無骨な熊のようなデザインが何とも言えず好きです。それにしてもボンネットの開き方には驚きです。
こんな開き方だったとは・・・。(O_O;)
サイドシルは、汚れ防止のためだと思いますが、シートサイドギリギリまで寄れるので、お年寄りや背の低い方は乗りやすくて良いのではないでしょうか?
それにしても個性的な車ですねえ(笑)
言われてみれば (asn?)
2007-11-26 23:32:08
> DSぽい
うーん、言われてみればそんな気も。
どうりで気になるわけだ。

Aピラーのリベット(?)が航空機してるように見えます。

クリミは今回で一旦区切りらしいです。
ボクの知る遠州の今年の残りのイベントはエコパサンデーランくらいです。
たぶんまだやってるハズで、だとすると今週末なのでイキナリですが。
そういや (asn?)
2007-11-27 00:03:49
IKEAもスウェーデンでしたっけ?
Unknown (ie)
2007-11-27 10:47:15
EVEさま>
設計やデザインや思想は違いますけど、やっぱり設計の古い乗り物は面白いです。とくにもとが古いのを無理矢理に?当時の技術でアップデートしてるのがこれまた魅力的です。
>それにしても様々な工夫が面白い
紹介していきたいところだらけです。ただ単にクルマ作ってない感じが伝わってきます...。

DeepSkyさま>
>スバル乗りの私と同じ航空機メーカーの車
なんともいいですね!とくにC900は運転席に座った感じが小さい飛行機みたいなので、ショックのないスムーズなオートマ(3段ですが)でキューンと加速していくときのターボサウンドなどを聞くと、ああ、飛行機メーカーのクルマって感じだなって思います(^^:
>それにしてもボンネットの開き方には驚き
ほんとオーバーな開き方します(笑
>お年寄りや背の低い方は乗りやすくて良い
これほんとに乗りやすいんですよ!

asn?さま>
>うーん、言われてみればそんな気も。
絶壁ダッシュもそんな気な感じを助長しますよ。
視界が映画のスクリーンみたいなんです。
>クリミは今回で一旦区切り
らしいですね...第二回ギザルノー会開かずにクリミが終わってしまいました(涙
>だとすると今週末なのでイキナリですが
さ、さすがに無理です...残念...。
>IKEAもスウェーデン
そうです~。コテコテな写真ですよね(汗
うぉぉぉx・・・ (まつをか)
2007-11-27 18:52:54
フェンダー上から開くボンネット萌えーwすんげぇ開き方しますねぇ~
そういや3ATなんすよね(´。`)最近ターボ車にご無沙汰なので・・・いいなぁ(*^。^*)w
なんとっ!! (むすたん)
2007-11-27 18:56:01
サーブになったんですかっ!!
こりゃまた味わい深そうなクルマですね~。
今後のインプレを楽しみにしてます♪
古いATでして (ie)
2007-11-28 11:56:45
まつをかさま>
>そういや3ATなんすよね(
なつかしの名前、ボルグワーナーの60年代設計のオートマです...トルコンスリップがでかい!

むすたんさま>
>こりゃまた味わい深そうなクルマ
中身が古いんで味は濃厚です♪
国こそ仏車じゃないんですが、好きなフィーリングを持っていてはまりそうなのです。
Unknown (いぬの)
2007-12-03 19:36:11
冬型の気圧配置になり
新潟は厚い雲に覆われる季節がやってきました

とてもじゃないですがメアリやミニモーク一台では
生活もままならない地域でございます

そんななか 北の国で生まれた車たちは
やっぱり似合うんですね この空が

クラシックサーブもボルボも結構多く
この地を走っております

周囲の景色から浮かないことが
自分の車選びの必須条件の中

鉛色の空と雪が似合う北欧の車は
北米製セダンと並んでこの時期(のみ)
目にすることが特に嬉しい車であります

たまたま偶然ですが
結婚一周年祝いに
嫁様にキャサリンホルムのケトルを
贈ったところであります

とはいいながら 今週の通勤はキャトル
ビュイックのタイヤ交換がこれまた億劫でして..
トップ画像は... (nek)
2007-12-04 19:57:24
IKEAかSAABのカタログですか?! 

あまりに決まっていてビックリしました^
(笑

コメントを投稿

サーブ900。」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事