Retrospective...

イラストレーター/ライター遠藤イヅルの困った嗜好をばらす場所

504にクラクラ

2005-10-11 | プジョーな話。
プジョー504

一時期、これが真剣に欲しかった。
1968年デビューのクラシックさ。
プジョーが地味な実用車メーカーだったころの、その趣。
アフリカなどの植民地でも耐えうる、そのタフさ。
素晴らしいシートに、驚くほどの居住性。
すべてが良識的な設計。
ゆえに実直。地味。
ああ、最高...。




シトロエン XANTIA(エグザンティア)に乗っていたのでもう7年くらい前の話になります。
京都のアウトパラスさん(僕がのちに2CVを買ったお店)に、
出物の504があったのです。
それは正規ディーラーモノの、薄いクリーム色を纏った1981年式504D。
D、はディーゼルのDです
(プジョーはメルセデスと並んで、早くから乗用ディーゼルを開発していたメーカーでした)。

日本には、1970年代初頭に一時期北米仕様が輸入されたのち途絶え、
暫くたってから入ってきたのがこの504D。
それまでの北米仕様とはちがい、美しいマルシヤルのヘッドライトを持った
欧州仕様での再デビューでした。



僕が京都で見たそれは(見に行っちゃったW)、外観が素晴らしい状態。
何よりもオドロイタのが、ボディの立て付けがしっかりしていることでした。
薄いルノーを見慣れてきた自分には、オールド・プジョーのその「頑丈そう」な
ことがとても意外に映った。

バンパーはいかにもバンパーのつくり。
そしてシートは、ルノーともシトロエンとも違うテイストの、
だけど間違いなくフランス車のそれ。
ふわふわ、だけど芯がしっかりしているあれです。
柔らかい度合いは、60年代そのもの。感動しました。
当時の国産車よりも愛想のないダッシュボードも、
むしろ504らしさを強調してたまらないポイントです。




だけど。
エンジンかけてオドロイタ。
整備は随分されているクルマだったけど、
その音の大きさ。ちょっと古いトラックなみ。

...当時借家で、車庫も借りていた自分。
車庫は家に囲まれた場所で、角のお宅は小さな子供がふたり。
夜中に出かけることの多い僕。
こりゃあ、メイワクかも?

......ううううううーーーーーーーん........(悩




喉元まで「買う!」と思っていたキモチが、ちょっと冷めてしまった。
これでガソリンだったら......即買いだったかもしれません。
といっても日本に入っている504で、ガソリンは限りなくレア。
もう、現地生産を続けてるアルゼンチンとかから買おうかしら、とか
莫迦なことばっかり言いながら、一緒に行ってくれてた猫澤君と話しました。

だから、似たようなシブ箱(ルノー19)を持っている今でも、
504を見ると「はっ」とします。
あの時504を買っていたら?
今の自分はどうなっていたのでしょうね(^^




>>それにしても504Dを買わなかった理由...
それが高速巡航速度が低い、とされていたことです。
当時のディーゼルは音が大きく、またオートマが3段であったことなどから
巡航していて「ここちよい」のが90キロ前後だと、CGに書かれていたのです。
当時は良く遠くまで出かけてました。だから、その速度はちょっとひっかかった。

>>それと、京都往復を何の苦もなくやってのける、XANTIAの素晴らしさに
改めて感動しちゃったというのも、買い替えなかった理由だったりします。
素晴らしかったです。ほんとに疲れないかったんです。
行きなんて、浜名湖で15分くらい休んだだけ。

>>まあ、結局そのあとXANTIAは買い替えてしまったんですけども(汗
コメント (8)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 食べてばかり(笑 | トップ | そろそろFBM »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
それでは (espace3)
2005-10-11 21:16:19
札幌まで見に行きましょう。
504、いいですよね。 (asn?)
2005-10-11 21:31:22
プジョーでは205、405、504がボクの好みです。

そして今日代車をルノーカローラバンからプジョー405Breakに替えてもらいました。

初めて乗った405はサンクと比べて大人の味でした。

NoX法が...(泣 (ie)
2005-10-11 22:12:25
espace3さま>

うーん、気になりますね。

でもこれで504買ったらセダン2台持ち。

意味が分かりません(爆

↑でもこういうの大好きだったりするんですよね自分(汗



asn?さま>

405もしっとりとした「古いプジョー」だと思います。良いクルマですよね。

ピニンの美しいボディ、広い車内、そして実直さ。

>大人の味

確かに...その表現は言い得て妙ですね(^^;
re (haji)
2005-10-11 23:05:15
これってまだ新車で買えるんじゃ…

南ア製かなんかですが。
Unknown (savoy)
2005-10-11 23:17:18
ieさん、



>エンジンかけてオドロイタ。

>その音の大きさ。ちょっと古いトラックなみ。



前期型のXANですが、

1)スタンドで

「そっちはガソリンです。軽油はこっち」

2)タイヤショップで

「これ何馬力? 120馬力? さすが欧州車のディーゼルはすごいねぇ。」

と言われたことがあります。

p504は (ie)
2005-10-12 10:42:13
hajiさま>

さすがにもうどこでも作っていないようです。5年前くらいまでは確認しているのですが...



savoyさま>

僕も初期XANに乗ってましたが、たしかに音は大きかったです(^^

XUエンジンってシャリシャリ言いますよね。でも僕はあの音、好きです~。

はじめまして (zio)
2005-10-25 01:00:45
地球の真裏アルゼンチンのZioと申します。

ルノークリオに乗っております。

プジョー504を検索してこのブログを発見いたしました。

ちょっと前の記事になるのですがトラックバックさせて頂きましたのでご連絡いたしました。

また遊びに来ます。
いらっしゃいませ! (ie)
2005-10-25 12:55:55
zioさま>

間違いなくいちばん遠くからのお客様です、ありがとうございます。

504が愛される理由ってよく分かる気がします。今のクルマで失われたモノがたくさんつまっている...と思うのです。

室内など明らかに407よりも広いですものね。

新車に近い504、有る意味理想の一台なのです、実は(^^

これからも宜しくお願いいたします。訪問させていただきますね!

コメントを投稿

プジョーな話。」カテゴリの最新記事

トラックバック

現役バリバリ!プジョー504 (地球の真裏から@アルゼンチン)
アルゼンチンではタクシーの色は各都市によって指定されている様です。 ブエノスアイレス市はこの写真の様に黒と黄色。 コルドバ市は黄色。 サン・イシドロ市は白となっています。 そして、使われるタクシーの車種はブエノスアイレスではフランス車好きには堪らな.