Retrospective...

イラストレーター/ライター遠藤イヅルの困った嗜好をばらす場所

そういえば15年

2005-03-17 | くるま。
そういえば。
くるまの免許を取って僕もいよいよ15年たつことになります、4月で。
ううむ、早いなあ。

僕は高校卒業前に取ってしまったので、大学入学時には一応免許を持っていました。

でも、むろんクルマなど買えず。
でも、乗りたい!クルマ乗りたい!

そこで僕は良くレンタカーを借りました。
意味もなく、わけもなく、借りました。
免許取得1年未満で貸してくれたのは、ニッポンレンタカーだけでした。
当時はお金もないので、良く借りたのがファミリア(なつかしい、インタープレー!)、
ミラージュ(俗称ユーミン型)などでした。
カローラ2などなどのハッチバックばかり。

それと、数少ないクルマ持っていたトモダチの、シティターボ。2じゃないですよ(笑
これがまた速かった!でもすぐブレーキがフェードしちゃう。
運転も良くさせて貰ったっけ。
楽しかったなあ。
なんだかはしゃいで富士市の海沿いの公園あたりから砂浜に入っていって、
スタックしたところをランクルにウインチで引っ張って貰ったり。

あとは家のカペラカーゴ。これは良く借りて乗りました。
プレッシャーウェーブスーパーチャージャーっていう大仰な名前の付いた
ディーゼル。でもこれが速い速い。
タコメータがあったんだけど、ディーゼルだからそんなに回らないので
一個一個の目盛りが大きくておかしかったなあ。
それとダッシュボードに「パワーモード」なるスイッチが付いていた。
これ押すと、ガーンと速くなった。
当時のマツダのクルマには華はないけど、欧州でも評価の高かった
実用性と実直さ(これは今でもある)があって、このカペラも飽きの来ない
いい実用車でした。
...スーパーチャージャーは「ゼッタイ壊れる」と言われていたのですが、
案の定我が家のも壊れました(^^

あらら、なんだか懐かしい話になってる(笑

ということで、懐かしいです15年前。
でも、いまでもフツウに乗れる車ばかりですよね。
あの頃のクルマは今よりも面白かった気がします。なにしろ、1989年という
ヴィンテージイヤー(R32 GT-R、セルシオ、初代ロードスターなどが出た年)
のすぐ後ですから...


>>ユーミンの「君に会えなくなるなんて~♪」という曲とともに
思い出される前述のミラージュ。たしか同じハッチバックボディながらも
方向性の違う4バリエーションがあって、そのうちひとつに今でも語りぐさ?の
XYVYX<ザイビクス>というのがありました。
リアウインドウはボディカラーで、たしかリアシート用のテレビが天井に
付いていた記憶が...違いましたっけ(汗

>>写真はミラージュサイボーグです。今見てもグッドデザイン。



コメント (7)   この記事についてブログを書く
« かいこの話 | トップ | 虫を食べる話 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
兄弟車 (しんのすけ)
2005-03-18 00:08:00
 ミラージュの兄弟車のランサーC73?だったかな。に乗ってました。エンジンだけは丈夫なクルマだったな!



 ザイビクス!確かに天井からテレビぶら下がってましたね。

 FFターボの強烈なトルクステアがなんともいえなかったな!
免許同じ時ですね(^^ (a3o@meganiste)
2005-03-18 06:46:16
取りたては家にあったミラパルコ3速オートマで爆走してました(--;

懐かしい‥(T-T)
私は8年 (ubar)
2005-03-18 16:15:55
いや、9年目かな。ただいまゴールド免許です(^^)v

大学に入ってわりとすぐにアルバイトを始めて、4年の夏に免許を取りました。そのときにはアルバイトのおかげでお金がそこそこあったので、中古で格安のAZ-3なぞ買って乗り回してました。夜中に思い立って、よく山道とか走ってました(^^; AM2:00から長崎に急遽旅立ったこともありましたねぇ(^-^;;
Unknown (shorty)
2005-03-18 17:16:39
後悔しない車を買ったことがない。

満足しない車に乗った憶えもない。

人との付き合い、特に親密な、人との付き合いに似ている。

私の車歴。
なつかし話 (ie)
2005-03-19 00:53:05
しんのすけさま>

ランサー!5ドアのミラージュ時代ですね、なつかしい~!

このころのターボはどーん!で、脚がぱわーに負けていましたねえ(しみじみ



a3o@meganisteさま>

ミラパルコもなつかしー!

良い時代でしたね~(^^



ubarさま>

AZ-3、かっこいい車でしたよね!兄弟車にユーノスプレッソというV6搭載車があって、憧れたなあ...



shortyさま>

>満足しない車に乗った憶えもない

素晴らしいです...僕は、後悔はしたことはほとんどないのですが、100%満足した車は買ったことがないのです...買った後に「足りないところ」が見つかると、もう次の車が欲しくなる穀潰しです...(汗

私もほぼ同じくらいです (katsuo)
2005-03-21 07:40:33
ただ、最初のころは、親がもともと車にのらない人だったせいもあり、自分の給料で車を買うまで車の面白さにはまる事はなかったですね。就職するまでターミナルにほど近い駅の近く(住宅密集地域で道がどこもこれまためちゃ細いんです)に住んでいて、車にはほとんど乗らずに用が足りてましたから。・・・が、アウトビアンキY10という小さなイタ車に出会ってからですね。クルマがこんなにも愛着の湧くものであるということをそのとき初めて学びました。以来現在まで、乗り継いだ車は7台ほどですが、もはやクルマなしの生活は考えられません(^^
Y10 (ie)
2005-03-21 14:37:20
>もはやクルマなしの生活は考えられません

Y10は確かに面白い車でしたね。知り合いが乗っていたので、僕も随分関わりがありました。彼はいまだにイタ車ひとすじ。そう思うと、Y10(や、パンダなどのベーシックカー)には、人生を変えるチカラがあると思います。

コメントを投稿

くるま。」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事