Retrospective...

イラストレーター/ライター遠藤イヅルの困った嗜好をばらす場所

ものを作ることは

2005-03-25 | 思うこと。
僕の仕事は、一応、ものをつくる仕事です。
でも、毎日思うことがあるのです。

ものを作ることは、ものを捨てることだ。

って。

というのも、製作するのと同時に、すごいゴミが出るのです。
俗に言う「ハザイ」というものが。
それが木材や紙などではないので、基本的に再利用が出来ない。
ゴミになるばっかりです。大量の。

そのゴミ袋を見るなり、胸が傷みます。

しかも、つくるモノが基本的に短期間で使用がおわり、
あとは捨てるしかないもの。そのときにも、それらは無論ただのゴミと化します。

少しでも努力をしたいんです。減らせないかと。
だけど、なかなか難しい。

何が出来るだろう、未来に向かって。
真剣に考えないといけない...でも、現実と離れたことでは達成できないので、
「出来ることから」を見つけていかなきゃいけませんね。

1.コンビニでビニール袋は貰わない...これは出来ているかな。
2.排水に油、食べ残しの汁は極力流さない...これも頑張ってます。
3.どんなに寒くても暑くても、アイドリングストップ...これはダイジョウブ。
4.電気はこまめに消す、空調温度は適温にする...うむ、これもなんとか。
5.電車でいけるところには電車バスで行...かない...あんまり出来てない。
6.割り箸は使わず、マイ箸を持参...してない...。
う~む~。些細なことしか思い浮かばない。

小さいことからコツコツと?
みなさんの「手軽に出来ること」、ぜひ教えて下さい...(^^;

>>前の会社もモノ作りの会社でしたが...ここも派手に捨ててました...

>>といいつつ、その会社に定期的に来ていた産廃業者のコンテナに、家の不要なものを
捨てたことある悪いワタクシであります(反省

>>本館HP、「今週の写真(全然毎週じゃないのですが)」を更新しました。
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« これは難問!? | トップ | 風呂好き猫 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
買わない (shorty)
2005-03-26 11:23:44
…或いは買いかえない。

なんてのは、ただの貧乏性なのでしょうか。

寝る前に「お金が唸る程あったら車は何を買うか?」なんてことを考えて眠りにつくのですが、

いつも、小さい車ばかり…

エコではなく貧乏性の小心者なのだろうか、と

ちょと落ち込む。
Unknown (FCH)
2005-03-27 16:32:31
こんにちは。



環境について、いろいろ考えておられるのですね。



再利用できるものは、もう一度使う。

いろんな物に当てはまることですが、私は最近、タイヤにもそんな指向が顕著になっています。



自分の愛車はもとより、今度は親父の車に履き替えるタイヤまでも中古品を物色しております。



まあ、本当はお金が無いから(泣)なんですが、しかし、危険のない範囲でまだまだ使えそうなタイヤで、これはと思う物があれば、積極的に

使いたいと思います。



寿命が来たら結局はゴミになってしまいますが、とりあえず新品のタイヤに手を付けることを遅らせることはできるかと。



景気を考えるとマイナスですけどね(笑)
いろいろと (ie)
2005-03-27 23:02:25
書きましたが、クルマを長く乗らない自分ってどうなんだろうって思います...何にも言えないんですよね(大汗



shortyさま>

>「お金が唸る程あったら車は何を買うか?」なんてことを考えて

僕も小さなクルマばかりですよ(笑

といいつつアルピーヌV6欲しい!とかも思います。エゴ炸裂ですね(汗

なので、そういう場合はせめて何か他のことを考えて、環境保全に貢献したいなどと思います。



FCHさま>

>タイヤにも

そうなんですよね...ほんとうはタイヤも出来る限り僕も中古使いたいです。

ところで、古タイヤはどこにいくのでしょうね。リサイクルはされているのでしょうか...気になります。



ひ、一つありました。 (shorty)
2005-03-28 08:54:15
コーヒーマグはどこへ行くときでも持っていきます。使い捨てカップのお店では、マグに入れてもらってます。
それはいいですね! (ie)
2005-03-29 00:02:43
shortyさま>

>コーヒーマグ

僕もそれ実践してみようと思います!

あ、僕も今日から会社に箸を持っていっています。

大したことではないのですが (水猫)
2005-03-29 00:16:19
 とある生協に入っているのですが、その中の商品に「リユース瓶」というものがありまして、ソースなどの瓶を使い終わった後綺麗に洗って箱の回収の時に一緒に出すとそれをさらに徹底的に洗って使うという、ビール瓶のような仕組みがあります。それを利用しているのですが、あまり消費しないのでそれほど貢献していないかも…



 それと、牛乳パック。これも中を洗って乾かして開いて同様に出す、と言うことをしております。でもちょっとサボるとあっという間に紙パックの山になってしまうんですよ、これが…



 あとは、新聞紙。今とっている新聞屋さんは月に一回古新聞を回収してくれて(しかもそれ専用の袋もくれます)代わりにトイレットペーパーをおいていってくれます。簡単なちり紙交換ですね。

 それの応用で、専用の袋には新聞に同封のチラシを入れ、新聞紙は別にとっておき、さくらを譲っていただいた犬猫の里親会さんにお渡ししています。



 そうえいば古タイヤは、燃料として利用されているようです。



 以下、EICネット 環境用語集より

「国内の廃タイヤ発生量は年間1億700万本、106万トン(2001年)である。再資源化用途は、熱利用、更生タイヤ台用、再生ゴム・ゴム粉などで、中古タイヤの輸出もある。リサイクル率は89%。廃タイヤの熱利用は64万トンで、直接燃焼方式が主流を占めている。廃タイヤの発熱量は6,700kcal/kg、重油の70%と石炭並みであり、セメント焼成の他、紙・鉄鋼産業などの自家発電用燃料にも使われる。」



ということです。一時期某近隣国が燃料のために大量の古タイヤを運んでいたということもニュースになった記憶があります。



 何にせよ、できることからこつこつとですよね。

牛乳パック (ie)
2005-03-29 13:03:06
水猫さま>

マフィン会延期でごめんね、お茶会はまた別の機会に必ず!

>パック

そいえばウチもパックと缶、トレーは完全にリサイクルに出していました(^^

>タイヤ

ありがとう!そうか~ちゃんと利用されていたんだね。リサイクル率89%!優秀!

コメントを投稿

思うこと。」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事