Retrospective...

イラストレーター/ライター遠藤イヅルの困った嗜好をばらす場所

SAAB TURBO With APC

2007-12-12 | サーブ900。

サーブの話題ばっかりでごめんなさい。
でも、仏車党だった自分を引きずり込むほど、サーブ900の魅力は深いです...。


ということで、今日はサーブ900のターボ・エンジンのお話。




前回のアニメが小さくて動きが粗かったので作り直し(笑

クラシック900のボンネットの開き方です。
ゲンブツはかなりボンネットが大きいだけに
笑っちゃうくらいダイナミックです。
でも手前に引き出す時の動きが妙になめらかで、そんなところも◎。



閑話休題、以下、本筋です。

クラシック900には、いくつかエンジンの種類がありましたが、
基本は直4の2L。


サーブ99から引き継がれたこのエンジンは、
縦置きのFFで、ギアとファイナルがエンジンの下に位置し、
さらにはエンジンの搭載が前後逆という特徴もそのままでした。

900には当初からターボエンジンを用意してスタートしましたが、
1981年、エンジンすべてが通称「H型」と呼ばれる改良型に変更され、
そして1982年には、ターボエンジンは「APC」と呼ばれるコンピュータによる
過給圧制御機構を採用しました。

ターボエンジンは大量の混合気を強制的に送り込むため、エンジンの温度が高くなってしまいます。
エンジンの高温化はノッキングの原因となるので、
ターボエンジンは過給圧とともに圧縮比を下げたり、点火時期の調整がシビアになったりします。
ノッキングへの対策は圧縮比を下げることなどで対応していますが、
これがターボエンジンの欠点ともいえる低速トルクの不足の原因にもなっています。


APCとは、Automatic Performance Control の略で、
過給圧のコントロールをコンピュータによって自動的に行うというシステムで、
画期的なものでした。


1)ノック・センサー
2)APCコントロールユニット
3)吸気圧センサー
4)ソレノイドバルブ
5)エンジン回転数センサー

ノック・センサー、吸気圧センサー、エンジン回転数センサーの3箇所からのデータを元に、
コンピュータが毎秒12回の割合で、最適な過給圧を決めます。
そして、その過給圧を作るために、ソレノイドバルブがウエイストゲートを作動させます。


APCのキモは、過給圧の上昇にともなう燃焼室圧の上昇によりノッキングが起きた場合、
点火時期を遅らせて対処する従来の方法ではなく、ウエイストゲートのほうを調整して
ノッキングを防ぐ、という方式。


点火時期を遅らせる(点火遅角という)による対処では、無論エンジンの効率は落ちます。
ですがAPCなら、ノックを感じた瞬間に過給圧を落として
エンジン内に送り込まれる空気の温度を下げ、異常燃焼を防ぐのです。
これによって、900はターボエンジンでありながら高い圧縮比を持つことが出来ました。


つまり、APCの特徴は、性能を一時的に上げる「ブーストアップ」ではなく、
むしろ「下げる」というところにあります。



高圧縮なエンジンもしくはターボエンジンでは、
ノッキングがおきやすいレギュラーガソリンは使用できないのが常だったのですが、
APCによってそれも解消、またターボエンジンの弱点だった低い圧縮比すらも克服し、
ターボでありながら低速からの走り易さを手に入れたのでした。



ダッシュボード内、メーターパネル右上に、「TURBO/APC」メーターがあります。
ターボの作動が目で確認可能。
エンジンオフでもこの位置を指針します。
ちなみにタコメータの下はアナログ時計。他の席から見えにくい(涙




その後1985年、ターボエンジンにDOHC・16バルブ仕様を追加、
車名も「ターボ16」となり、従来のSOHCターボは併売されて「ターボ8」
と区別されることになりました。


直6くらいありそうなでっかい直4DOHC 16Vエンジンは
ナナメ45度で搭載されてます。幅もすごい...。
写真右が前。
写真手前が排気側です。ターボチャージャーが見えます。
高温機器のすぐ脇にバッテリー(笑


反対サイド。吸気側です。さきほどエンジンは通常と違い前後逆搭載、と書きましたが、
ご覧の通りエアコンのコンプレッサはバルクヘッド側についているのが
わかるかと思います。
なお、ターボ16化の際に装着されたインタークーラーは左端、
ボンネットステーアームの下側に埋まっています。


なお、その後サーブは、
900のターボがどちらかというと高性能化に振られてしまったことを省みて、
本来99ターボが持っていたコンセプトへ戻るべく、
1991年、ロー・プレッシャー・ターボのエンジンをデビューさせます。
APCやインタークーラーを取り除き、はじめから低い過給圧で高圧縮を実現、
扱いやすいターボ・エンジンを目指しました。
「900S」に搭載されたこのエンジンは145PS/5600rpmを発揮しました。
数値的には低いのですが、低速から乗りやすいターボエンジンとして定評を得て、
現在、サーブを代表するターボエンジンになっています。


2003年頃の9-3。
現在でも、低圧(ロープレッシャー)ターボ搭載車を
もちろんラインナップしています。



>>現代では、各社ともハイオク仕様のエンジンのクルマにはほぼノックセンサーを装備、
ノック制御には極めて繊細な設計やコントロールが行われているようです。

>>80年代の初頭、当時では最先端の技術だったこのAPCの果たした役割は、
エンジンの開発の歴史にとって大きかったと言われています。

>>「レギュラーが使用できる」とありましたがカタログによると厳密には
「ミニマム91オクタン」なので日本の90オクタンのレギュラーガソリンは微妙にダメ?
やはり性能を引き出せるハイオクを入れた方が、結果としてとっていいようです。
過給圧が半分近くまで下がってしまいますからね。
むしろアクセルの開度が増えて、燃費が悪くなってしまいます。


コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 初冬の、サーブ。 | トップ | 【セダン蒐集癖】Vol.83 「... »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
興味深い (こぶらん)
2007-12-12 17:06:05
エンジンルームの光景は独特ですね~。
こりゃボンネット開けるたびにニンマリしちゃいそうです♪
縦FF萌えw (まつをか)
2007-12-12 19:11:48
縦置きFFいいっすねぇw
巨大なヘッドが一昔前の高性能車を彷彿させます(´。`)
日本のレギュラーガソリンはJISでオクタン価89以上って決まってますから微妙に届かないかも・・・でもまともな所で入れれば恐らく92くらいはあると思われるので平気だとは思いますが。
お年を召してるし、なるべくなら夏はハイオク入れてやりたいっすねぇ(´。`)
APC (nek)
2007-12-12 22:45:59
の説明図なつかしいですね~。
カタログで散々拝みました(笑

トップ画像の初期フェイス、しかも北米仕様の
シールドビーム奥目◎

燃料は必殺(!?)ミックスはいかがでしょうか?

参考になります (DeepSky)
2007-12-13 00:01:38
エンジンが前後逆というのは知りませんでした。
しかも斜め45℃で搭載されているのも。
まるでV8の片バンクを取り除いたような感じですね。
APCの理論は素晴らしい! ノックセンサーではなく、過給圧を制御するとはまさしく燃料高騰の現在で考えると理にかなっていますね。
90オクタンならば少しハイオクを混ぜれば大丈夫なのではないでしょうか?
燃費など (storck)
2007-12-13 01:21:44
はじめまして。

c900 turbo 16S乗っています。
まだ乗り始めて、4ヶ月ほどなので、私も参考になりました。レッドサーブいいですね。

燃費ですが、やはり平均7-8km/l、高速で10km、渋滞で6kmといったところでしょうか。

レギュラー入れています。
やっぱちょっちノッキングぎみになることがあるので、たまにハイオク入れて混ぜています。

それではまたお邪魔します。


見た目よりも (ie)
2007-12-13 21:23:56
エンジンルームがごっついのが面白いですね...

こぶらんさま>
>ボンネット開けるたびに
とにかくエンジンがでかくて笑います(^^

まつをかさま>
>縦置きFFいいっすねぇ
さすが縦置きFF好きさま、すぐに反応いただいて(涙
>一昔前の高性能車を彷彿
真っ先に思い浮かんだのがFJ20でした(^^
>日本のレギュラーガソリンはJISでオクタン価89以上
ほえースタンドによってオクタン価にばらつきがあるとは...
うーんやっぱりブレンドにしようっと!

nekさま>
>トップ画像の初期フェイス、しかも北米仕様
おお、気がつきましたね!なんだか好きなんですよね、この顔も。
>燃料は必殺(!?)ミックス
半分入れて半分は種類変えるあれですね。平均95オクタンでヨーロッパの燃料に近くなる???


DeepSkyさま>
>エンジンが前後逆
そうなんですよ...だから車室側に音の出る機器があって、いろいろ音がします(遮音はいいんで気になりませんが)。
>過給圧を制御する
サーブのパテントで、他のメーカーも使っているらしいのですが、もっと簡潔なのが「低圧ターボ」で、これほんとよく考えたと思います。


storckさま>
こちらこそはじめまして。
>乗り始めて、4ヶ月ほど
自分は1か月もたっていません...なのにいかにも知ったようにいろいろ書いていて恥ずかしい限りです(汗
>燃費ですが、やはり平均7-8km/l、高速で10km、渋滞で6km
同じくらいですね。ほっとしました...(^^
これからも宜しくお願いいたします。
ほほー (シン)
2007-12-13 21:43:50
またまた勉強させて頂きました。

ボクが所有していた 900S はロープレッシャターボだったので、APC は付いていませんでした、なので APC については、特に調べもせず・・・

900S は、ターボなのに、外観からはターボを示す表示は一切無かったと記憶しています。
運転していてもターボを感じる事はあまりなかったですね。

メータの所にさりげなく移っているのは 9-5 のミニカーでしょうか?
自分も (ie)
2007-12-14 23:57:36
シンさま〉
サーブを買うまでAPCの事は良く知りませんでした。
知っていたかのように書いているのがお恥ずかしい(汗

〉9‐5
そうです~。トミカサイズの900が欲しいです。

コメントを投稿

サーブ900。」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事