Retrospective...

イラストレーター/ライター遠藤イヅルの困った嗜好をばらす場所

【てつどう】近江鉄道の愛しき木造駅舎~鳥居本・彦根口・新八日市・桜川駅

2010-05-07 | てつどう。
昨年のGWに続いて、「混んでいるのにGT(グランドツーリング)」を今年も強行してまいりました。


最初は2泊3日で岡山方面に行く予定だったのですが、結局残念なことに
昨年同様1泊2日(といいつつ、フルフルに2日使う)に。


どこに行こうかいろいろ迷いましたが、思い立ったように近江鉄道方面に行く事にしたのでした。


理由は、近江にいる現役つりかけ車「モハ220」を乗りに&古い木造駅舎を撮りに。
それともうひとつ、昨年から公開されているヴォーリズ設計の元小学校「豊郷小学校群」を見に...。



東京を5/1(土)の23:30に出発。中央道を西へ。途中休み休みしつつ、
目的地である彦根ICには5時半に到着しました。



基本的にはクルマでめぐることになりますが、まず向かったのが、国道8号沿いに建つ
素敵な洋風建築の駅舎、鳥居本(とりいもと)駅。
幾度か8号線を通ったことがあり、いつかちゃんと撮ってやろう!と思っていた駅です。




瀟洒な洋風建築。1931(昭和6)年の開業時以来の変わらぬたたずまいに感動。





時間は朝6時前。国道を往来するクルマもなく、電車もまだ来ない早朝、誰もいないこの駅には
静かな時間が流れていました...。






古い建物でもサッシュがアルミ枠になっていたりするものですが、たぶんこの駅は
ほとんど出来た時のままなのではないでしょうか。
約80年。どんな風に、この激動の時代を眺めてきたのでしょうね。




続いて向かったのが、彦根から2つめの駅、彦根口駅。



ひええ、これは古い。手前のトイレが結構モダンでステキ。
あいにく建築された年数はわかりません。ただ言えることは、この駅、
相当長いこと手を入れられていないであることです。
古そう、とか、古く見せる、とかではない、年月が醸し出すほんものの古さがあります。
彦根からたった2駅目なのに(^^;







偶然にも回送電車が。いまや近江の主力になった、もと西武401系の800系。
これは地元のゆるきゃらのラッピング車。
バックの綺麗なマンションと古い古い駅舎との対比が凄い...。



その足で国道8号線を下り、新八日市駅へ。
この駅も由緒正しい、古い歴史を持つ駅です。



近江鉄道の前身でもある湖南鉄道の本社屋だった駅で、
1913(大正13)年!開業時の駅舎というのだから、これもすごい。
ほんまものの「大正浪漫」な駅舎なのです。





緑色なのは表だけ...。




この駅も相当長い年月、手を入れられていないように思います...。木組みの改札なんて
何年ぶりに見たでしょう(涙




古い古いベンチ!これもいったい何十年前のものなのでしょう!




八日市駅に行き、C5を停めてちょっと電車に乗ることにしました。
事前の調査では、八日市から貴生川(きぶがわ)までの間は、モハ220が良く使われているとのこと、
わずかではありますが釣りかけの走りでも堪能しようと思ったのでした。





でも、待っていた貴生川行きは820系。さきほどの800系同様、もと西武401系なのですが、
こちらは外観に大きな手を入れていないため、別形式になりました。
もと西武沿線住民としては、数え切れないほど乗った401系に乗れるのは嬉しいので、
折り返し八日市に戻る電車がモハ220であることを期待して、そのまま820系に乗りこみます。
車体裾の切り欠きが特徴ですが、これは元来カーブのきつい近江鉄道に
西武の20m級電車が入線した際に、そのままでは運行に支障をきたす(建築限界に障る)ため、
車端部をカットするという大胆な方法を取った結果です。






GWで時間も早い下り方面、車内はガラガラです。なつかしい401系の車内に感激。





近江鉄道の特徴に、小さい鉄道でありながら自社工場の技術力がとても高いことが
上げられます。
譲渡されて来た車両たちは、ワンマン化工事、前面の改造なども全部自社工場でしてしまうのですが、
驚きはブレーキを電気指令式にまで改造できること!
見たことのないブレーキレバーが、近江らしさを物語ります。





八日市駅から数駅、桜川駅にて下車。ここは交換可能駅で、上りの800系とすれ違いです。
むむむ、この運用もモハ220ではないのか...。




で、この桜川駅もまた古い。
さっきの新八日市駅が大正なら、この駅はなんと明治時代!
1900(明治33)年開業時のままだそうで、ただただ驚き!





朝の光が格子の改札に長い影を落とします。





映画のセットみたいな雰囲気の駅舎です...。



で、いよいよ上り電車が来る時間。
今度こそモハ220が来るだろう、と思っていたら、来たのはこれ





700系、あかね号!!!


うーん、これは運がいいのか悪いのか(^^;
1998年の八日市駅が新しくなった記念に、技術力の高い近江鉄道の自社工場が
元西武401系を徹底的に改造して作り上げた「ロマンスカー」。
800・820系と種車が同じとは思えない。
運用は他の車両と共通なので、地元でもなかなか乗れないそう。
乗ると運がいいとか言われているとかいないとか(^^





車内。
JR東日本の185系が車内リニューアルをした際に発生した転換クロスシートが並んでます。
側窓も固定だし、蛍光灯にはグローブカバーもついているし(!)、
これはなかなかどうして立派なロマンスカーです。






というわけで、八日市駅に戻ってきました。
広告車の800系がお出迎え。


ここでまたC5に乗って、次なる目的地に向かうのでありました。
ちなみにこの段階でまだ朝8時15分(^^;
早起きは三文の徳なのでした。






>>今回はいろいろ回るところがあり、近江にじっくり乗れなかったのが残念です。
ちなみにこの日、ここまでの段階では八日市線系では
モハ220は1両も動いていないようでした...。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (12)   この記事についてブログを書く
« 【シトロエンC5】ついに「ア... | トップ | 【てつどう】ひこにゃんに萌... »
最近の画像もっと見る

12 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
HTT(謎) (代行ハミちゃん)
2010-05-08 12:43:33
>それともうひとつ、昨年から公開されている
>ヴォーリズ設計の元小学校「豊郷小学校群」を>見に...。


いわゆる聖地巡礼ですか?
Unknown (ごる)
2010-05-08 17:34:44
近くなのでよってくださればよかったのに。
確かに聖地巡礼っぽいですね(笑)
ギター弾いてきました?(笑)
Unknown (ほそモール)
2010-05-08 17:39:05
近江鉄道、すごすぎる・・・。
まともなコメントを (代行ハミちゃん)
2010-05-09 09:49:18
鳥居本駅と八日町駅はNHK-BS1で放送された
日本木造駅舎の旅で取り上げられていましたね。
特に八日町駅舎は、そのモダンなデザインに、
観ていて驚きました。
当時は駅舎といえば、その土地の顔ともいえる
建物だったからでしょうか?
そういや私が住んでいる地方にある、かつて軽便鉄道の駅舎だった建物も、結構モダンなデザインでしたっけ。
八日町駅ではなく (代行ハミちゃん)
2010-05-09 09:50:55
新八日市駅でしたね。スミマセン…。
なんで音楽室でお茶が出せるのかがわかりました(謎 (ie)
2010-05-09 21:53:12
代行ハミちゃんさま>
>いわゆる聖地巡礼ですか?
いや...ええと...それだけでは...決してなくてですね、近江沿線だったのと...近代建築を見たいということもあって(^^;;;

ごるさま>
>近くなのでよってくださればよかったのに。
このあと実はお近くのほうまで行ってるんですが、何しろまる2日に詰め込みなので時間が無くて...(涙
>確かに聖地巡礼っぽい
...いえ、あの、ええとですね、ヴォーリズの(以下ry

ほそモールさま>
>近江鉄道、すごすぎる・・・。
この会社、いろいろすごいです。
なぜか「車歴」に異様なこだわり?を見せる会社で、関係ない譲渡車両を大昔の車両の改造名義にしてみたり、特徴が多いのです...。
>日本木造駅舎の旅で取り上げられていましたね
おおー、そんな番組があるのですね!最近は日今日駅とか、BSやケーブルで取り上げられることも多いので、
こういった駅も大事に残される機運が出ることを期待したいです。
くだらない質問ですいません (45)
2010-05-11 22:25:30
いつも写真を見て思うのですが、ieさんのC5のホイールは輝いていますよね??
純正のブレーキパッドではないのですか?
電車の話じゃなくてすいません。
ブレーキダスト (ie)
2010-05-12 09:30:25
45さま>
何も手をつけていない純正のパッドです。
自分では正直ホイルの汚れは気にしていないのですが、
最近よくオヤジにC5を貸す機会があり、そのたびに
ここまで綺麗になって帰ってきます(^^;
洗車が大好きなオヤジいわく
「走り終わってすぐに磨くとダストはこびりつかない」とのこと...。
基本的にはハイドロはブレーキング時にノーズダイブしないので、フロントブレーキダストは
他の欧州車よりも少ないようにも思います。
鳥居本駅 (97Fastra )
2010-05-23 23:38:41
はじめまして。

「ルノー ラグナ」で検索してこちらのページにたどり着きました。La provenance も楽しく拝見しました。

鳥居本駅の写真を見つけて、思わずコメントしてしまいました。私の叔父(故人)が鳥居本に住んでおり、子供の頃から「とりもとの叔父さん」と呼んでいましたが、「とりもと」が実際には「鳥居本(とりいもと)」であることを知ったのはずいぶんと後になってからでした。

このところフランス車に乗ってみようかと思い、C5などもだいぶ見ましたが、ひょうんなことからルノーのラグナⅡを買うことになり、今月末頃には受け取りにいける状態になるのでは?と期待しているところです。
いらっしゃいませ! (ie)
2010-05-24 09:26:58
97Fastraさま>
コメントありがとうございます&ラグナ2の購入おめでとうございます。
ラグナ2に関しては本館HPでも記事にしないといけないな、と思いつつしていないのですが(すみません)、
あのラグナRTEのオーナーがいま乗っているので
何度か触れたことがありますが、最高にいいクルマです。
いい買い物をされたと思います!

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

コメントを投稿

てつどう。」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事