Retrospective...

イラストレーター/ライター遠藤イヅルの困った嗜好をばらす場所

【ナローゲージ】高原列車の夢のあと 草軽電鉄の遺構に会う

2008-06-09 | ナローゲージに思いを馳せる
日本有数の名温泉地、草津。

そして、これまた日本有数の避暑地、軽井沢。

この二大観光地ともいえる草津と、軽井沢のあいだを鉄道が結んでいました。



草軽電鉄と呼ばれたその小さな鉄道については説明すると長くなってしまいますので
同社(今でもバス会社として盛業中)のHPをご覧いただきたいのですが、
廃止が昭和37年(1962年)ですから、すでに廃線後45年以上もたっていることになります。

クルマで走った方がおられるなら、草津と軽井沢は結構な距離があることに
気が付かれると思いますが、
この草軽、さらに急勾配と山岳(山岳と言っても開かれた高原の景色)地帯を
いっさいトンネルなしで延々と山の稜線に沿って上っていくために
距離55.5KM、時間にしてなんと3時間半もかけて、小さい小さい電気機関車が
身の丈をはるかにこえる客車を引いて、ゆっくり登りおりしていたのだそうです。


その機関車は、ナローファンにはあまりにも有名な、
アメリカ・ジェフリー社製の「L型」電気機関車、デキ12型。
元来大正9年に「信越電灯」が発電所建設のために導入した鉱山用機関車で、
それを草軽が譲り受け、昭和12年までの間に24号までの13両がそろいました。

これが、また小さい。驚くほど小さい機関車です。
現在も、軽井沢駅前に保存されているので、その小ささを実感することが出来ます。


オリジナルの色は失われているようだが、その小ささはわかる。
車体の前後に飛び出た赤い「従輪」の寸法が460ミリ、
全長はその車輪を含めて約4.7mしかないです。

クルマのサイズを考えると、ぽこんと飛び出たキャブ(運転台)の小ささが推測されると思います。
人が座るには過酷過ぎるほどの「尋常ではない」狭さです。


この機関車が、762ミリゲージの、ほとんどバラストもなく、
レールのつなぎ目も適当な線路を、
結構な急勾配を上り下りしてたというのですから、なんともスリリング?



この草軽。
廃止後すでにそろそろ半世紀、というような状況で、廃線跡や、遺構は
極端に数を減らしています。

でも、そんな中での「白眉」が、いまだに残る「北軽井沢駅」の駅舎です。


駅名板の手前に線路があったようです。奥の建物はその当時の写真にも写っています。


ちなみに、開業当時は「地蔵川」という何の変哲もない駅名だったそうですが、
この界隈一帯を「法政大学村」として所有していた法政大学から、この駅舎の寄贈を受けたものなのだそうです。
昭和初期だというのにすでに別荘地として草軽が開発をしていた
「北軽井沢別荘地」の玄関として、まさにふさわしい立派な駅舎です。


おまけ:サーブとパチリ。

他にも遺構は散見されるようなのですが、ひとまずは
目立つ二箇所に行きました。でも、それでも妄想上手なieは、
50年前のこの地にタイムスリップしていたのでした(汗&涙


>>本格的な廃線めぐりをされているサイトはこちら。
いまの国道と全然違う場所を走っているので、もはや探索不可能な箇所も
あるようで。頭が下がる思いです...

>>草軽現役当時の貴重な写真や雰囲気を伝えているのがこちら。
カブトムシのような独特のパンタグラフをかざしたデキや、高原路線の風情が
伝わってくるようです。

>>草軽の「動く姿」を見たいなら、国産初の総天然色映画、「カルメン故郷に帰る」が有名です。
前編北軽井沢界隈で撮影され、草軽も頻繁に出演しているとのこと!
ああ、カラーでよみがえる草軽の景色...って、ie見たことない。
今度DVD借りてきてじっくり見なきゃ!
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« 【セダン蒐集癖】 Vol.124 ... | トップ | 【セダン蒐集癖】 Vol.125 ... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
乗工社の・・・ (Gu)
2008-06-09 23:02:48
ナローゲージモデラーの親父が、乗工社のL型電機を持っていまして(おそらく現存)、小学校入学前からこの車両の存在を知っていました。低い重心、真っ黒なボディ、触覚のようなパンタグラフと、まるでゴ○ブ○のような車両だなぁ~なんて子供心に思っていました。

もしこの路線が現存していればヒット間違いなかったでしょうねぇ。首都圏に近いリアルトロッコ列車で・・。
おおー(号泣 (ie)
2008-06-09 23:05:58
Guさま>
さすがお父様、趣味が良い...(萌
>リアル
ここ、現存していたら観光鉄道で存続していたかも、といわれているようですね。
たしかに軽井沢駅を出て、草津へ抜ける景色の雄大さ、美しさはぜひ列車の車窓から見てみたいものです!
映画! (とく@Twingoな日々)
2008-06-10 00:08:52
アリタリア(!)の機内で流されていたのをたまたま観ました。
>>カルメン故郷へ
なんて渋いセレクト(笑

内容は・・・だったけど、確かに「カラーで」草軽が動いている姿、十分に!堪能出来ますよ!!必見ですな。
見たい....... (ie)
2008-06-11 18:28:16
とく@Twingoな日々さま>
>なんて渋いセレクト(笑
まったくですな(涙
>「カラーで」草軽が動いている姿
大井川オフ?でお宿に泊まってDVD鑑賞会ってのは(汗
Unknown (ひろたん)
2008-06-12 12:56:31
しぶいですね~
昔軽井沢行ったときに、くねくねした道を車で通ったことがあって、それが草軽電鉄の廃線後というのを聞いたことがあります。
でもこの会社某電鉄系なんですよね。
確かバスの塗り方が昔の某電鉄系バスとそっくりだった感じがします。
Unknown (ie)
2008-06-13 11:28:44
ひろたんさま>
そうです、思い切り東急系です!
草軽バスは東急バスのお下がりで、色もそのままでちょっと嬉しかったです(^^
草軽電鉄 (DeepSky)
2008-06-20 10:41:08
お久しぶりです。

草軽電鉄ですが、こんな本が郷土出版社から発売されていますよ。
http://www.mcci.or.jp/www/kyodo/mn1-tet.html
私も所有していますが、貴重な写真なども多く、お奨めです。
書店、アマゾンなどでも購入できるようですから、まだ所有していないようでしたら、ぜひ!
三笠通りも良く走りますが、以前電機鉄道が走っていたと思うと感慨深いものがあります。(片側車線が一段高くなっているんですよ)
私も当時の線路跡をたどってみたのですが、さすがに、現在は地形が変わってしまい、途中で挫折しました。
実は (ie)
2008-06-21 18:28:57
DeepSkyさま〉
この本欲しいんですよ~
やっぱり買おうかなあ…
古い記事にコメント失礼します (Aru)
2011-09-25 21:32:58
草軽懐かしいです、
私が生まれる前に廃線でしたが、
子供のころはまだ廃線後がはっきりしていました。
山の中を歩くとパッと開けて、
今ではもう判らないんでしょうね、
Unknown (ie)
2011-09-29 00:35:28
Aruさま>
いえいえありがとうございます!
実際、廃線あとをたどったサイトなどを見ても、年月がすっかり跡を覆い隠してしまっているようですね...。

コメントを投稿

ナローゲージに思いを馳せる」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事