Retrospective...

イラストレーター/ライター遠藤イヅルの困った嗜好をばらす場所

サーブ900ターボ16がやってきた(2)。

2007-11-28 | サーブ900。



自分でもまさか買うことになろうとは、のサーブ900 ターボ16。

引き続いて印象&インプレをお送りします。


ということで今日は気になる乗り心地やシート、動力性能編。


●乗り心地と操縦性

★重厚。ふんわりではなく、まったり。
そう表現するほかない感じです。
ターボ16というからにはスポーツな感じで乗り味も固め、と思うのですがさにあらず、
コーナーではロールは派手だし、基本どアンダーなのでコーナーが怖い...
古典的FFの乗り味です。慣れてくれば飛ばして楽しいクルマなのかも、ですが
ひたすら真っ直ぐに走りたい...

というのも直進安定性はピカイチです。
ステアリングから手を離しても、ぐんぐん走ります。
まあ仏車はおしなべてそうだったので、特に驚くほどでは無いのですが。

特筆すべきは、「元祖空力ボディ」だけあって?横風とかにも強いのがすごい。




乗り心地は、まったり。
ふんわりというほどふわふわ感があるわけではなく、
ガッチリとした剛性感あふれたものでもなく、
低速域ではタイヤが目地のごつごつをこまめに拾っているのがわかるのだけど
それが車体をゆらすわけでなはく、
それでいて仏車のようにすべてサスで吸収できているわけでもなく。
でも。
角がない。しっとり、まったり。ちょっとウエッティな乗り心地。
でいて、ルノーのようなねっとりではないし、シトロエンのような浮いた感じもない。
プジョーの猫足がいちばん近い?
でもあんな感じの「しなやかに足が動いてる」って感じもないし。

でもまったり、まろやかな乗り味なのです。不思議だなあ。

ルノー19からの乗り換えですから感覚的な「ハードル」は高いハズなのに
そう思えるのですから、悪くないはずです。いやいや、いいと思います。




●シートの座り心地


★姿勢が良くなるシート。
ドイツ的な、きっちりとした着座姿勢を要求するシートです。
背もたれのランバーサポートが結構派手に出ています。
背もたれの角度を倒しすぎたりすると、とたんにこのサポートが
背中にかなりいやな感じで迫ります。



でも、教科書通りの着座をすると、これが気持ちがいい。
あれほど出っ張っている感じがしたランバーサポートが
きれいさっぱり背中から消えるんです。腰椎の形状にフィットしているので
しょうか。背もたれ上部の角度も、丁度人間の肩から首のラインにぴったり。
背もたれを立てたときにありがちな「首の重さを感じる」こともないです。
見た目すごく薄い背もたれなのに、不思議です。

座面もクッションが厚く形状の出来も良く、腰をすっぽり包んでくれます。
大腿裏の圧迫感も心地が良い。



そんなかんじで、一度「決まる」と身体を動かさなくても良くなります。
ルーズなウォーターベッドみたいな昔の仏車のシートとは方向性が違うのですが、
でもこれはこれで実に気持ちがいい。
ただ、助手席が運転席よりも座り心地が劣ること、それと
座面が高いので場合によっては大腿部のもっこりが逆に圧迫になるかも
しれないことが欠点といえば欠点です。

独特の形状のヘッドレストは、案外やわらか。
運転中に頭を押しつけても不自然は姿勢にならないのがいいです。

ほんと、出来の良い家具って感じのシート。感心しました。
椅子にうるさい自分ですけど、これならずっと乗っていけそう。



リアシートです。フロントシートがハイバックなので
前はよく見えないんですが、でも座面は明らかに一段高く、視界は良好。
クッション・座面ともに、現代の仏車でさえ失われた「ふかふか」なシート。
着座姿勢・形状は優れていますが、惜しむらくは座面がセンターから
車端方面に向かって傾いている感じがすることです。

足下のスペースは2Lで4.7Mもあるクルマとしては及第点といった感じで、
FFであるならばもっと広くあるべき。
でもフロアトンネルもほとんどなく、アップライトで座るのと、
窓が立っているので窮屈な感じはしません。


●動力性能

★踏めば痛快なターボ。
サーブ自製の1985ccDOHC 16Vエンジンには、
APC(Auto Performance Control)付きターボが装着されています。

エンジンやAPCのことはまた説明するとして、ここではインプレを。

APCによってハイオクでもレギュラーでも大丈夫なこのターボエンジン、
燃料の種類によって過給圧が変わるのですけど
ハイオクの場合9.0barの過給圧になります。でも日本仕様では160PSしかありません。

でもさすがにターボ、効き始めたときの背中を蹴られたような加速感は気持ちがいいです。
いざ踏み込めば、それなりに痛快かつ暴力的。


★段のない淀みない加速が出自を思わせる。
僕のはオートマなんですが、これがなんと99時代に設定されたボルグワーナー製の3段。
トルコンスリップは大きいし、
100KM/Hでも3000回転もありネンピ的にもつらいオートマなのですが。

しかもこのオートマのせいで出足は悪いです...まあいらいらするほどでは無いのですが、
実用的な加速感という意味では、
トルキーでありながら軽快に回るルノーエンジンの良さを引き出していた
ルノー19のエンジン+オートマのほうがイイです。

DOHC+16Vっていうといろいろ期待しちゃいますが(笑)、
もっさりしてます、正直なところ。



ただし。

アクセルをじわーっと踏んでいくと
やがてタービンが「ふひーん」と音をあげ、1.4tに満たないボディを
ぐわっと前に押しだそうとします。
シフトショックもないこのオートマの段がつかない加速感は、
まるで飛行機が離陸に向かっていくような感じを受けます。

あいかわらずわかりにくいんですが(汗
独特の視界と軽飛行機のような?ダッシュボードがほんとにそれっぽい感じです。




>>排気音は野太いんですが、むしろ絶対的な音量はルノー19よりも静かです。

>>気持ちいい巡航速度は90~120KM/H。
前述のように3段オートマで、100KM/Hで3000回転を越えたら
サーブ900自体は遮音に優れているのにやはりそれなりのうるささ。
アクセルも重いし...まあこれはクルコンで解決なんですが。

>>でもほんとサーブ900も高速クルーザーでした。
安全に安楽に目的地へ...
やっぱり、こういうクルマが好きみたいです(^^
ただ、巡航速度が低くなりました。それはそれで良し。
ゆっくり、まったり、走りましょう...。
コメント (10)   この記事についてブログを書く
« サーブ900ターボ16がやってき... | トップ | 実家に、青蛙。 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (シン)
2007-11-29 12:44:18
印象&インプレ 読ませていただきました。
すごく良く分かります。

僕も仏車からの乗り換え、しかも BX からの乗り換えだったので、初めて試乗したときは、最初の曲がり角で、止まらない~、曲がらない~ と、あまりの違いに戸惑ってしまった事を良く覚えています。

でも暫くしたら、直ぐに馴れました。
そして、乗り味を含め、深みに填ってしまいました。

>>排気音は野太いんですが、

最初はあまりキャラに合ってないな~と思っておりましたが、野太い排気音も良いですよね。

>>アクセルも重いし...まあこれはクルコンで解決なんですが。

クルコンは壊れ易い見たいです。
僕のも気付いたら使えなくなっていた・・・
まぁ走行事態に何の影響もないので、放置でしたが。
クルコンですが (ie)
2007-11-30 10:34:41
シンさま>
乗られていた方に言っていただけるとうれしいなあ...。

>僕も仏車からの乗り換え、しかも BX からの乗り換えだったので
同じような感覚だったのですねー。ただ、仏車→独車ほどの違いがないのがスムーズに感覚が移行できた理由かも知れません。

>クルコンは壊れ易い見たいです。
操作がまだよくわからない(汗)というのもあるんですが、なんとなく動いていないときがあるような気がします。でもまあ、いいです~。
懐かしい! (エナガ)
2007-11-30 12:02:03
うちの兄が乗っていました。私自身もプジョー505とこの車でどちらにするか悩んだ思い出があります。

とにかく独特のデザインでしたね。フロントガラスがほぼ直立で運転席から遠いので、夏は日差しを遮ってくれました。

出だしが遅いのは、雪道で滑らないように・・・などとディーラーが説明してたけど、高速道路に入るときはドキドキものでした。

それから、ドアが下まで開くのは女性(特にお年寄り)に好評でしたね。

どうか、大切に乗ってあげてください。
Unknown (サト☆)
2007-11-30 12:21:08
サーブ!
次回はボンネットがどういう風に開くのか連続写真で
見せてください。笑
ボクは3rdレンジが欲しくて悶絶しています。毎晩。
2CVで (ie)
2007-11-30 21:27:46
エナガさま>
窓が立っているのはいいですね。空調なんてものがないあの2CVでさえ、温度の暑さ以外では苦しくなかったので、いかに太陽光が夏に厳しいかを2cvで知りました...。
ちなみに900の欠点としてダッシュボードが割れやすいことがあるようなのですが、これは対策のマットで凌ぐ予定です(買ったときに付いてきた)。
去年持っていた505が無き今、「ベースは60年代の車」を味わおうと思っています。

サト☆さま>
あいやーご無沙汰してる間にギザ降りてしまいました...すみませんです。
>次回はボンネットがどういう風に開くのか連続写真で
見せてください
一個前のエントリー、サーブ900ターボ16がやって来た(1)でgifアニメ作って置いてますので見て下さいね(出来が荒いので真面目に作り直す予定です)。
今回も (nek)
2007-12-04 20:25:06
素敵なトップ画像ですね~^^

インプレッションとても興味深いです。
昔さんざん乗りましたがもちろん助手席のみ
ですので、運転感覚については今このieさんの
インプレを読みながら「あぁうちのもきっと
そういう動きをしていたんだな~」と想像が
膨らみます。(うちのは83年の8Vですからもっともっさりしていたのかもしれませんが^;)

最近になってTurbo16の丸でGr.Aのラリーカーのような野太い排気音のファンになりました。

しかし、一回り小さくて、排気量も少なくただのNAであるR19があまり引けをとっていないことがすごいですね(笑
ちょっと教えていただければ・・ (9-3オーナー)
2007-12-05 09:37:27
2000年式サーブ9-3のオーナーなのですが、最近C900が気になって気になって・・(笑)
あっちこっちのサイトを見てましたら、こちらに辿り着いたという訳です。
教えていただきたいのは、この手の旧車(失礼!)を
選ぶポイントは、一にも二にもショップ選びだと思うのですが、このC900はどちらでお買いになったのでしょうか?
具体名でなくても結構です。江戸川区だとか川崎だよ
とかですね(笑)そのあたりで分かると思うので・・・どうぞよろしくお願い申し上げます。

さすが (ie)
2007-12-05 10:42:47
nekさま>

さすがにnekさん、ご実家がターボ8だったんですよね。

>運転感覚については
うーん、なんというか形容しがたい魅力があります。マニュアルでエンジンの能力を使い切ってみたい反面、オートマでぬぼーっと走るのもまた良しでして。

>野太い排気音
自分もあんまり好きじゃなかったんですけど、ドイツ車のような地響き系じゃないんですよね。この排気音も結構好きです、C900。

9-3オーナーさま>
まだ1ヶ月もたっていないのでお教えなんて大それておりますが、いろいろ自分も情報を集めて購入にいたった限りでは、やはり古いゆえ、個体の状態に大きな差があるということでした。
>一にも二にもショップ選び
自分のはサーブ専門店ではありません。ただ、整備は専門店で行われていました。ですので、状態は相当いいです。
なお、お店は川崎にあるシーコネクションさんです。

これからもよろしくお願いいたします。
外車ブーム.. (笑 (nek)
2007-12-05 17:31:31
そうなんです。1986年第一次外車ブームの頃でしょうか(笑 谷原のGLEの5段マニュアル、中野のGLE AT、桜新町の新車Turbo16と六本木のスウェーデンセンターと散々見て回って、結局池尻の中古車屋に並んでた薄いブルーのTurboAPC 3段ATに決まりました。 当時は子供心に変な車と思って、あまり好きじゃなかったはずなんですが、今思えばとてもユニークで、色々印象に残った車だったのかもしれません^ 昨日のmixi日記はieさんの乗り換えを記念してMelbourneのC900特集にしました!


桜新町の (ie)
2007-12-06 11:40:51
nekさま>
西武自販は懐かしいなあ!
>変な
そうだったんですか!でもその記憶って、すごく大切なものですよね。
>特集
拝見しましたよ~。

コメントを投稿

サーブ900。」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事