Retrospective...

イラストレーター/ライター遠藤イヅルの困った嗜好をばらす場所

日帰り北陸紀行#1~闇夜を抜けて

2006-05-29 | いう゛ぇんと
毎年5月に、福井の金津創作の森で、
おともだちのlfoさんiMocoさんさんがスタッフとして参加されている
フレントトーストピクニック(FTP)」が開催されています。
3年前に一度お邪魔したことがあるのですがその後は機会に恵まれずじまい。
今年もそんな厳しい気配だったのですが思い立って、行って来ました!
日帰りで!(*^^*



2003年訪問時。クルマは、ルノー18とエスパス。2台とも無事に生還出来ました(笑




猫澤氏の遅い仕事上がりを待って出発です。
恥ずかしながら、僕は21時過ぎから仮眠しようと思ったのだけど、
ほんとうに久しぶりの深夜出発にワクワクして結局一睡も出来ず。
こんな気持ちっていいですね(汗


あいにく、出発した日曜午前0時過ぎは雨模様。
今回はお互い嫁様も、前回参加のR18のKT君も不参加なのです。
クルマは、初のロング・グランド・ツーリングに供されるプジョー505。
まだまだ渋子(ルノー19)は帰ってこないのです(涙




まずは給油。果たして往復の燃費はいかに



雨は降り続いたままです。
僕はステアリングを持たず、助手席を倒し気味にしてゆったりと座りました。
505は東名高速ではなく、中央道に乗り、西へと走っていきます。


エアコンがない時代の設計の恩恵ともいえる優れた外気導入がくれる心地よい空気。
そして静かに、でも染みいるように響くV6サウンド。
イエローバルブ(暗いけどw)が照らす、流れ行く路面。
ふんわりとしてはいないけど、人間のリズムに合う素晴らしい乗り心地。
そして、オールド・クラシック・プジョーで疾駆しているという、悦び。
雨すらも、このクルマの雰囲気には見方なのです。


すばらしいG・Tサルーン



......僕は深夜の中央道が大好きです。
クルマの台数が少ないこと、適度なアップダウンが続いて飽きないこと、
そして、照明がほとんどないので闇を切り裂いて走れること。
下り坂ではほんとうに闇に吸い込まれてしまいそうな気さえします。



中央道を松本で降りた頃には雨も止み、空には星も伺えるような状況になりました。
そのまま、クルマのほとんどない国道158号を走って安房峠を越え、高山市内へ。
時刻は午前3時45分。出発からわずか3時間半。
安房トンネルの効果は絶大です。これが無かった頃、この区間は「走りたくない」
ところでしたものね。
そして運転を交代、高山から158号~東海北陸道~158号などで九頭竜を抜けて
福井を目指します。



ひるがの高原PAにて。もう夜も明け、仄暗い乳白色の世界



途中楽しみだった九頭竜湖周辺の景色は、雨。しかも、大雨!
でも、しっとりとして雲が低くたれ込める幽玄な景色が
すごく良くて、とてもキレイでした。
本来の僕ならクルマを停めて写真を撮るはずですが、写真はありません...
なぜなら...
















充電警告灯がほんのり点き始めた
ので停めたくなかったのでした(号泣



どーなる!?天気。そしてプジョー505!?


>>ルノー19でオルタトラブルを経験しているので、
ヘッドライトを消せばワーニングが消える程度なら、
エンジンを切ったりアイドリングするくらいなら問題は無いとわかってはいました。
でも、まだ福井まで遙か遠く、
もし、もしこの大雨の九頭竜でエンジンが二度とかからなかったら...
と思ったら怖くて停められませんでした。

>>ここまで一睡もしてないから凄く眠かったのに、
眠気も全部飛んだよ、505...これはキミなりの「カフェイン」なのかなT_T;


>>北陸紀行#2がフライングして掲載してしまっていました。
コメントいただいた方すみません、執筆・公開後コメントお返し致しますm(_ _)m
コメント (6)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 忘れ得ぬレーシングカー | トップ | 日帰り北陸紀行#2 FTP会場にて »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
真夜中の中央フリーウェイ (しのぶくん@脳内自由人)
2006-05-30 08:31:22
なぜか私も好きです。

特に東京~諏訪間。

何していたのと言われそうですがよく走っていました。

あの闇、たまらなくいいんですよね(笑)
八王子までの (ie)
2006-05-30 19:04:40
しのぶくん@脳内自由人さま>

>中央フリーウェイ

高井戸~八王子のオレンジ色照明が続く区間もいいんですよねえ...

>何していたの

聞いてもいいですか~!?(^^;

>東京~諏訪

下り車線、勝沼の手前のジェットコースターのような下り+カーブの先に広がる甲府盆地の夜景が好きです。あ、小淵沢のあたりも好き~!

充電警告灯 (EVE)
2006-05-30 20:09:53
わたしのも、ほんのり点き始めましたねぇ 



ちなみに、505V6の純正オルタは間違いなくパンクします。

私のは、XMのオルタに交換しますた。

でも、もう4~5年前だから、これもそろそろヤバイのか?! (^^;)
充電警告灯・・・ (プレネル)
2006-05-30 22:01:58
私もFBMからの帰り道、河口湖道路に差し掛かったとたんに点灯した警告灯の恐ろしさを今でも覚えています。

軽いパニックに陥りそうになる自分を必死で抑え、最善策を考える私。

で、自宅前数キロの地点で結局はエンコ・・・

午前3時までJAF待ちとなったのでした(笑)
なんと! (モアイ)
2006-05-30 23:10:33
そんなトラブルがあるんですね。

505ってオルタネーター弱いんですか?

素人なコメントですみません。
やっぱり... (ie)
2006-05-31 00:45:03
EVE先生>

>505V6の純正オルタは間違いなくパンク

これって端子の不良とかではなく、やっぱりオルタなのでしょうか...(泣

それにしてもあの低い位置についてるのはビックリしました。

いくらかかるんだろう...(涙



プレネルさま>

>警告灯の恐ろしさ

いまのところオルタが動いたり止まったりという感じなので、ヘッドライトを消すと警告灯も消える状態です。エンジンもかかるんですよ...。ああ、オルタ本体のトラブルはいやですねえ...



モアイさま>

オルタが弱いのではなくて、もはや寿命でしょうね...一回も変えた経歴が内容なのです。

オルタがダメだと、クルマはノートパソコンで言うところの外部電源のない内蔵電池(まさにバッテリー)だけで走ることになって、いつか放電してしまうのです...バッテリー警告灯って大事なので、よく確認することをオススメします。

コメントを投稿

いう゛ぇんと」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

FTP2006 (MEGANISTE.com)
2006年5月28日(日) 福井県にある金津創作の森でFTP2006(フレンチ...