BBの覚醒記録 

無知から覚醒に至る一つの記録です。「是々非々」がモットーで必要なら、
支持する政治家や弥栄を願う皇室への批判も厭わず。

明と暗 絢子さまと眞子さま

2018-07-02 15:33:03 | 皇室問題

裏に半島利権と癒着、某新興宗教と結びついての秋篠宮紀子妃貶め・・・・と
と受け入れがたい高円宮家ではありますが・・・

絢子様と守谷慧氏との婚約会見は、まずは満点。
いろいろ言われている絢子さまですが、最良の相手を得た時の女性の輝きで見違えるように美しく愛らしく・・・・秘めた悪辣さを裡に持つ「あの」高円宮家のことなので褒めすぎるのも不本意ですが、でも是々非々がモットーなので称揚すべき点は率直に、見事と祝意を述べさせて頂きます。

 

それにしても・・・・このカップルが際立つのは、一方に眞子さま&KKの存在があるからで・・・・お二人が並んだ時の品格も、眞子さま&KKコンビにはありませんでした。
それと、欠如していたのが安心感。こちらは安定しています。
何の危惧も、不満も外部からお二人に出ていません。

それに、これまた褒めるのも不本意なのですが母親である久子さまが、次女三女共にお相手の家族他見極めてからの縁談であることで、この点については選ぶ側が「いい人」だけでは不十分、妙な相手を掴まされないためには世間知と共に疑いの眼差しと慎重さも必要なのです、秋篠宮両殿下。同じ学び舎で出逢ったご自分たちの成功例は稀有のこと。

「こと娘の縁談に関しては」慧眼の久子さまを称えれば、相対的に秋篠宮両殿下を下げることになってしまう、秋篠宮家支持者の苦衷をなにとぞ、お解り頂きたく。

 

「私に守谷さんを紹介した母の思惑がどうであったのかはわかりませんが(笑)、二人でさまざまな場所に行き、時間や思い出を共有していくなかで、自然とお互いに惹かれ合い、今日と言う日を迎えられたのは、両母親がつないだすてきなご縁だったと思っています」(絢子さま談)


小室圭氏の唐突な海外行きも、背後に何かあるようでいかがわしいことです。
とにかく小室母子と眞子さまに関しては、不透明。
眞子さまは、ご自分の選択により将来の天皇たる悠仁親王殿下のイメージさえも貶めたことをご自覚でしょうか。敢えて申し上げますが、自堕落ですよ。(古いワードですが、これが一番ピッタリなので)お立場の覚悟と自覚なきままワケアリの下卑た男に、のぼせ上がるなど。
このまま、秋篠宮家への評価がじわじわと下がって行くことを、本当に恐れます。

絢子さまのお言葉もしっかりと立派でした。
お互いが、父と母を早くになくし、今日あることが明日もあるとは限らない、という共通心情に触れ、二人の関係性を端的にまとめたのも鮮やか。

守谷氏も、余計なことは喋らず短い言葉でてきぱきと、しかし記者席の笑いを取る余裕。絢子さまのピンクに、ストライプのピンクのタイをさりげなく合わせたのもいい感じ。

 

小室圭氏のごとく「月がどうたら」という、芝居っ気を感じさせる多弁と並べてみると、なおさら守谷氏の端然とした佇まいが際立ちます。
背丈の釣り合いもよろしく、収入も安定。
(背丈は一般論ではありません。皇族の方には見た目も大事であるという観点からの記述です)

式場を明治神宮と打ち出してきたのも、鮮やか。

それにつけても・・・・

とまた繰り返し。

小室圭氏は、絶対にいけません。論外の遥か外です。この男の存在は皇室を貶め、傷つけます。
なぜ、ずるずる引き延ばすのか解りません。とっとと切り捨てて頂きたいものです。
秋篠宮殿下の英断を望むや切。天皇陛下の裁可を受けたそのことへの拒否となるゆえの、ためらいでしょうか。しかしそうなら責任の一端は、相手の簡単な身元調査すらさせず裁可なさった陛下の側にも落ち度。

女性皇族の減少について問われ、絢子さまは「その立場にないので、お答えは控えさせて頂きます」とこれも賢明でしたが、前々から懸念されているように絢子様のご結婚を機にまた、皇室を壊す因子になるであろう女性天皇擁立前提の、女性宮家の創設論が盛んになりそうで、要警戒です。

それと、本来は阿漕な高円宮家(とそれに付随して仲間の小和田家)の持ち上げ、その反面、現在の皇室に痛切に必要な秋篠宮家の貶めが画策されないか、その点が懸念されます。

天皇陛下のご退位と同時に、その裁可の重みが薄れそれを待っての眞子さまのご婚約解消という読みもあるようですが、一方にお二人の結婚の意志変わらずとの報道もあり、油断ができません。ここまで国民の侮蔑と怨嗟を浴びながら、引き下がらない小室母子。

 

祓え給い、清め給え、神(かむ)ながら守り給い、幸(さきわ)え給え 

無記名Unknown は読まぬままハネます。

内容要約のタイトルを入れ他とかぶる可能性のないHNを記名の上、ご参加ください。 

文章の一部をHNに代用すること禁止。「匿名」「通りすがり」など
極力受け付けません。

異論反論歓迎、しかし一定の知的レベルに満たないコメントは、最初は極力公開しますが、それ以降は読まぬままハネます。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (30)   この記事についてブログを書く
« 慈善の裏に反日がいる。日本... | トップ | 国体を蝕んだ次期皇后の父上 »
最近の画像もっと見る

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (なすび)
2018-07-02 18:27:07
知らない人に「男女どちらが皇族と思うか」と聞いたら・・・間違いなく男と答える人が多いでしょう。
この女の人、肉食系ですよ(笑)。
下卑たくだらないコメントに、タイトルもつけられなかった? (朝路)
2018-07-02 18:40:26
なすびさん


今上陛下ご不例 (まゆゆファンMM)
2018-07-02 19:26:54
BB様、そして皆様、失礼致します。

今上陛下は脳貧血による目眩と吐き気を訴えられた……との理由で絢子様の婚約内定の報告を受ける場には出席なさいませんでした。しかも、今回は堂々と報道するようになりました。これは重大な事です。

この事は、皇族の婚約内定の裁可を実際に下す権限を皇后陛下、否、女帝美智子が完全に掌握した事を意味します。いよいよ女帝美智子による皇室の実権掌握が完成に近付いたという事です。本来ならば、天皇陛下のご不例を理由に裁可を延期すべきなのですから。

高円宮家のような女帝美智子の覚え目出度い皇族は女帝のプライドを傷付けない程度での良縁に恵まれ、秋篠宮家のように女帝に疎まれている皇族にはろくでもない相手を押し付けられてしまう。そういう形が出来上がってしまったように私には思えてなりません。

事ここに至っては、最早親がどうのこうのという問題ではなく、皇室内における日本毀損勢力による支配が完成に向かっているのでしょう。

残された手段は、安倍総理による皇室の大掃除か八百万の神々による内廷皇室への神罰位しか有りません。しかも、前者は安倍総理が自民党総裁選にを勝ち、政権基盤をもう一度立て直す事が絶対条件です。

現在確実に言える事は、秋篠宮同妃両殿下には裁可を覆すだけの力が無い事だけです。KKの海外滞在費とて、秋篠宮家の皇族費から天引きされるかも知れません。

長々と駄文を連ねてしまった失礼につきましてはどうかご容赦下さいませ。それではこれで失礼致します。
横浜の小室家 (紅薔薇)
2018-07-02 19:32:28
小室さんと眞子様の会見と違って、こちらは安心して見ていられました。
守谷さんは本当に立派な申し分のない方で、皇族を娶るのにふさわしい方だと思いました。
本当におめでとうございます。


ところで、、、、、いつも不思議に思うのですが、眞子様や秋篠宮さまご夫妻は一度でも
横浜の小室家に行かれたことがあるんでしょうか?
デートも結婚の話し合いも全て秋篠宮邸でやっていらっしゃるようですが。
なんとなく1度も小室家にはいらっしゃってないような?
小室家が娶る立場なのですから、本来は小室家で話し合いをすべきだと思うんですけれど。
小室家にいらっしゃれば、秋篠宮家と何から何まで違うことが一目瞭然で、
眞子様にふさわしくないことがすぐにわかると思うんですが。
絢子さま、おめでとう御座います。 (大阪市民)
2018-07-02 19:48:08
更新ありがとうございます。
本当は内々に宮内庁から、婚約破棄の打診が小室氏側にあったのでないでしょうか。 秋篠宮家の名誉を傷つける為に敢えて、小室氏が婚約破棄の引き延ばしをしているようにも見えます。もしそうなら小室圭親子を支援する連中がいるのです。しかし、守谷氏は立派な男性ですね。このような立派な方が、もし眞子さまのお相手なら諸手を上げてお祝いしますよ。
Unknown (くまざさ)
2018-07-02 20:23:04
確かに、絢子様、容姿の良し悪しを超えて輝いていらっしゃいます。
あーっ、これが眞子様の婚約会見であったらどんなに嬉しいでしょうか。。。これぞ、皇族の方のご婚約ですよね。
このところの皇族方のあれやこれやを思えば、絢子様のご婚約は大変お目出度く、心が晴れ晴れとする思いです。
朝路って人、くだらないなあ (なすび)
2018-07-02 20:33:54
このブログを読んでるってことは、単純な皇室礼賛者ではないんでしょ。
皇室も一人の人間として見ようとしているブログだと私は理解してるけど。
女性自身を読みながら、お気どりしている女みたいでおかしいよ。

私はコメントにあまりタイトルを付けないタイプなのですが、あなたに倣ってタイトルをつけてみました(笑)。
帽子ありorなし (乱歩)
2018-07-02 20:49:32
こんにちは。

絢子さまが会見の初めに、関西での地震につきお見舞いを仰られたことは、お見事でした。
終始、安心感と歓びを持って見ることができ、本来はこうであるべきで、当然なことでもあると妙に納得しました。
眞子さま&KK会見は、北のミサイルが飛んだ日に(録画であろうと)放映され、裏番組もミサイル報道のほうが急務。
祝福ムードも何もあったものではありませんでした。
それにこの度気づきましたが、眞子さまは帽子を被られていませんでしたね。
絢子さまのリボンを取ったらフランボワーズマカロンのような色の帽子はとても可愛らしかったです。
服装からして「リキ」の入れようが違う印象を受けました。
女性皇族の減少について「その立場にないので、回答は控える」発言もその通り。
絢子さまがどうにかできるものではありませんものね。相応しくない質問ではあります。
KKの「Let it be」(なるようになるさ・ありのまま)の、場に相応しくない座右の銘ですが、これはまさに体現しているようですね(笑)

>眞子さま&KKコンビニはありませんでした。

BB様、「コンビ」と「コンビニ」を掛けられたのですね(笑)
横からなすびさん (ピンカートン)
2018-07-02 20:50:51
>皇室も一人の人間として見ようとしている


一人の人間として見ることが「肉食系」ですか。
くだらない。
論未満の幼稚を書く人が人にくだらない、とか。


Unknown (つつじ)
2018-07-02 21:19:50
絢子さんの会見が無事済みましたが…
仮に眞子さまとKKがうまく婚約できていたら
たぶん後回しになっていたかも…と思うとゾッとします。

承子さんの心中や…いずれお母上がそれなりの相手を探してくれると思うのですが。
和気あいあいの披露宴だといいのですが、秋篠宮家はたぶん呼ばれませんかね?すでに招待客はリストアップされているでしょうから。

しかし、どさくさに紛れてミテ子が天皇陛下の判断を代行したって誰一人突っ込まないのは怖いですね。女王の結婚だから?

次女姉さんの時は股子がわざわざ遅刻入場して主役にミソを付けたのだけど、今回はどんな嫌がらせをするのでしょうか。
女王も変な親戚のオバサンとの付き合いでご苦労様と思います。
前回夫婦で怒りを隠さなかった安倍総理夫妻も参加するのですよ…ね?

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

皇室問題」カテゴリの最新記事