BBの覚醒記録 

無知から覚醒に至る一つの記録です。「是々非々」がモットーで必要なら、
支持する政治家や弥栄を願う皇室への批判も厭わず。

日本人をスパイに仕立て上げた中国、笑止。スパイ活動は、どっち。

2018-07-11 05:18:58 | 売国奴

<菅官房長官>中国でのスパイ活動否定

 菅義偉官房長官は10日の記者会見で、中国の裁判所で愛知県の男性がスパイ罪などで懲役12年の実刑判決を言い渡されたことに関し、中国での日本政府によるスパイ活動を否定した。菅氏は「この会見で申し上げたが、(ないという)認識に一切変更はない」と述べた上で、「邦人保護の立場からできる限り支援したい」と話した。その上で「改善基調にある日中関係に大きな影響を与えないよう、双方が努力することが大事だ」と語った。(毎日新聞)

..........ここまで

盗人猛々しいとは、このこと。まず、中韓のスパイを入り放題にしている日本に、中国にスパイを潜伏させるような、甲斐性があるものですか。個人としても、中国で諜報活動するような根性のある日本人がいるかなあ?

そもそも、ヴァチカンでさえ諜報活動があるのに、日本には諜報機関がありません。

「邦人保護の立場からの支援」は解りますが、それ以前に「スパイ防止法」の制定を。

スパイ行為への厳罰がないのは、日本だけ。国際法(国連憲章第51条)による「自衛権」を、日本は放棄しているのが現状です。

「いくら北朝鮮を始めとするスパイを逮捕・起訴しても、せいぜい懲役一年、しかも執行猶予がついて、裁判終了後には堂々と大手をふって出国していくのが実体でした」と嘆いたのは、初代内閣安全保障室長を務めた佐々淳行氏です。

中国における「反革命処罰条例」は死刑。
北朝鮮では「刑法65条」により死刑。
ゆるいイギリスでも「国家機密法1条」により拘禁刑、それより厳しいフランスも刑法により無期懲役です。

北朝鮮など、朝鮮学校そのものがスパイ養成校と言われていますが、今回は中国話題なので省きます。

中国の日本への諜報活動を、最小限まとめてみます。

⚫先端科学技術をもつ企業や防衛関連企業などに研究者や留学生らを派遣し「長期間にわたって巧妙かつ多様な手段で先端科学技術の情報収集活動を行っている」と警告を発したのが、警察庁の2009年版「治安の回顧と展望」です。

⚫中国のスパイ活動は、専従者のみならずあらゆる分野の中国人を使い、近年はとりわけ軍事科学技術の収集が盛んです。旅行者さえ、その一員とした人海戦術がその特徴。

⚫自動車部品メーカー「デンソー」。2007年3月、同社に勤務する中国人技師が製品図面を盗み出し、横領容疑で逮捕。中国人に盗まれた情報は17万件。そのうち機密情報が約1700件も。

⚫中国大使館員にさえスパイ容疑がかけられた。2012年5月5月29日の読売新聞。在日中国大使館の当事45歳だった1等書記官がその対象。 

⚫国家安全部(国安)中国の代表的な情報機関です。要は中国版CIA。情報公開皆無の覆面組織。上記の書記官は、松下政経塾で海外インターンとして学んでいました。同期生には後の民主党員もいたことから、人脈広げの場に松下政経塾を選んでいた可能性。

 

日本人4人スパイ容疑で拘束 中国が認める・・・日本国籍を取得し現在はパチンコ関連の事業を行っている 2015年10月30日

日本人といっても帰化人が結構いるんで、複雑なのですが・・・・

 

 

  

祓え給い、清め給え、神(かむ)ながら守り給い、幸(さきわ)え給え 

無記名Unknown は読まぬままハネます。

内容要約のタイトルを入れ他とかぶる可能性のないHNを記名の上、ご参加ください。 

文章の一部をHNに代用すること禁止。「匿名」「通りすがり」など
極力受け付けません。
 

異論反論歓迎、しかし一定の知的レベルに満たないコメントは、最初は極力公開しますが、それ以降は読まぬままハネます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (9)   この記事についてブログを書く
« 日本人はどーでもいい、みず... | トップ | 増長もいいかげんに、安倍自民 »
最近の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スパイ防止法のない国 (町工場の親方)
2018-07-11 09:38:54
>盗人猛々しいとは、このこと。まず、《中韓のスパイを入り放題にしている日本に》、中国にスパイを潜伏させるような、甲斐性があるものですか。個人としても、中国で諜報活動するような根性のある日本人がいるかなあ?
そもそも、ヴァチカンでさえ諜報活動があるのに、日本には諜報機関がありません。
「邦人保護の立場からの支援」は解りますが、それ以前に「スパイ防止法」の制定を。

NYタイムスは付きの、侮日・憎日、親支那の論を張った、アメリカ民主党系左翼リベラルの新聞です。

日本の拉致問題を、「日本の右翼が拉致を利用している」、とヌカしました。

すぎやま・こういち氏が1000万を出し、南京虐殺の嘘に対する意見広告を出そうとしたとき、拒否しました。

東京・築地の朝日新聞社内に支局があり、チョーニチは何かというと、「NYタイムスはこう述べている」、と日本非難に使います。

日本はスパイ天国、工作員天国です。憎日工作員の巣窟です。

日本の警察の前線の組織は優秀。、熱心であり、他国のようにしっかりした 「スパイ防止法」、があれば、あのような拉致被害者、特定失踪者の悲劇は起こりませんでした。

五年ほど前、「ねずさんの独り言」、に書き込んだものを書かせていただきます

《最大の敵》 について。

スパイは、日本を除く、世界のどこの国でも、国を売った極悪犯罪人とされ、国民から徹底して嫌悪されます。

心ある人たちから、「日本は、国の体をなしていない」 と言われていますが、日本では国内に、「国家」 というものが大嫌いで、『日本の国益』 と言おうものなら、〔右翼!〕 と罵るような、左翼、マルクス・レーニン、スターリン教・32年テーゼで頭が凝り固まった手合いが、マスコミ界、出版会、教育界、法曹会にゴマンといて、日本国家解体、反日スパイ活動に日夜励んでいます。

現状では、防衛省も警察庁も、政治家や外務省に大切な情報は絶対に漏らさないでしょう。スパイ防止法のない、スパイ天国の日本では、たちまち反日国家に筒抜けになってしまいます。

戦前のあの時代ですら、近衛文麿の側近、朝日新聞記者・尾崎秀実は、知りえた日本のトップシークレットを全部スターリンに漏らしていました。
山本夏彦・山本七平ーーー「意地悪は死なず」・・・・中公文庫 より。

夏彦・・・「今も尾崎秀実を許していない日本人はいますよ。」
七平・・・「いますね。」

日本をまともな国家にしないよう努める、反日左翼にとっては、何が何でも、「スパイ防止法制定」 は阻止すべき最大の目標の一つであることは間違いありません。
それに関して、書き込みます。

昭和六十年五月二十九日、「朝日新聞」 は社説で次のように述べています。

「スパイ防止法」 を成立させることなど決してあってはならない。平和憲法の精神を根底から踏みにじる内容を含んでいる。報道関係者を含む一般市民にも適用されるから、報道の自由や、知る権利を侵す木剣をはらんでいる。自衛隊のシビリアンコントロール機能も危うくする」

その後全紙を挙げて、猛烈な、《スパイ防止法阻止》 のキャンペーンを展開しました。
反対の論陣を張るのは、自由主義社会では構いませんが、その過程で、「朝日」 が行ったことは例によって、徹底した捏造、捻じ曲げ、インチキな数字の操作でした。

ある組織なり個人が、反対、もしくは、賛成運動を行うときは、「『その行為、によって、誰が得をするか、損をするか』 の観点から見ると、一番その運動の本質が分かる」、と言われます。

「スパイ防止法がないため得をするのは、スパイ天国と言われる日本国内で、やりたい放題のことをしても、つかまらず、罪に問われない、ソ連、中共、朝鮮、その他、外国人スパイと日本人スパイでで、損害を被るのは、日本国家、日本国民です。

悲惨を極めた北朝鮮による拉致被害者も、しっかりした、スパイ防止法があれば、かなり防げたはずです。
[西岡力・著、『拉致家族との6年戦争、<敵は日本にもいた!>』ーーー扶桑社の、
「9.北朝鮮、『食料支援に反対する』 の中のーー拉致事件を隠そうとする、「朝日」、の狙いーーを読むと今更ながら、他紙とまったく異なる、(産経、読売、はもとより、日経、東京とも) 「朝日」 の悪質な拉致隠しの情報操作がよく分かり、何とも不愉快になるとともに怒りが湧いてきます。]

これを見ると、「朝日」 の日本の国家嫌い、心の祖国・共産主義国好きの本質が浮き彫りにされます。

以下、堀本和博・著ーーー「朝日新聞に内部崩壊が始まった」・・・第一企画出版、の文章をご紹介いたします。
第三章、「朝日記者のペテンにやられた亡命元大使」、より。
《ニセ情報を与えて誘導歪曲したインタビュー》

昭和六十年十二月損十一日、大晦日の朝日新聞三面トップに、「オヤッ」 と思う記事が掲載されている。
「対策、スパイ防止法より監視の強化が効果」 というタイトルのインタビュー記事で、「オヤッ」 と思ったのは、インタビューに答えていたのがズジスワフ・ルラシュ氏だったからである。ルラシュ氏はポーラナドの戒厳令施行に反対して、その四年前の昭和五十六年十二月にとうきょうから米国に亡命したポーランドの元大使。ソ連に支配された形で国民は基本的自由を奪われ、生活苦に喘いでいた。そんな本国の社会主義態勢に未来はないと考え、反旗を翻し、政治亡命を図ったのである。もちろんその後本国では国家反逆罪で死刑判決が出されている。
そのルラシュしが、「朝日」に「スパイ防止対策は、スパイ防止法を作ることより、監視の強化の方が効果がある」 と答え、スパイ防止法推進に反対するがごとき発言をしている。日本でのソ連のスパイ活動を容易にする側に立った発言をしたわけであるから、オヤッ」どころかことは重大なのである。
しかも、ルラシュ氏は以前に、日本にスパイ防止法が必要であることをはっきり主張していた。

《意図的にデッチ上げた杜撰な大キャンペーン》

・・・昭和六十一年十一月二十五日の朝日新聞朝刊は、開いてビックリの防止法制定阻止一大キャンペーンを展開していた。
<国家機密法・増える反対議会> 
<促進議決に目立つ論議不足>
 <国家秘密法・いつから誰がいつの間に> <地方は半分賛成つて本当? 国家秘密法> 

などの大見出しで一面、第一社会面、第二社会面、県判などの地方紙版トップ記事の中で踊っていた。その上、十、十一の両面は見開き特集で゙ 「本社全国実態調査」 なるものを尾見ないあわせて六ページのトップをスパイ防止法制定阻止記事でつぶしていたのである。

この日の紙面は全部で二十四ページ゙。そのうち全面広告やラジオ、テレビ番組表のページ、婦人家庭面、証券欄などの固定ページを除く通常ニュース面の実に半分以上をねこのキャンペーン記事が占めたことになる。まさに、「赤旗」 もビックリして腰を抜かすほどのド迫力で迫る゙スパイ防止法タタギであった。

天下の大朝日が六ページの大半を潰して展開する一大キャンペーンであるから、誰でもその内容は、慎重に慎重を重ねた調査の裏付けを基に書かれたしっかりした記事に違いないと思うはずである。ところが、これが意図的に作り上げられたキャンペーンに沿うよう、客観的データを無視したり、事実を歪曲したり、デッチ上げたりの実に杜撰きわまりない報道だったのである。

《数字の操作で全く逆の結論を掲載》

まず、この日の朝日新聞を読むと、最近はいかにもスパイ防止法制定反対決議をする議会の方が、促進決議をする議会よりも増えているようなイメージを抱かされる。しかし、実際にはこの日までにスパイ防止法制定促進議決をしている各議会は、二十八県、百四十五市区、千百四十六町、四百七村の合わせて千七百二十六議会。これに対して反対議決のほうは、都道府県議会レベルではゼロ、市区が八十二、町が九十三、村が三十五の合わせて二百十市町村 (朝日新聞調べ) しかも、この記事が出るまでの役一年間。(昭和六十年十月~六十一年十一月) の比較でも、促進議決二百八に対して反対議決は半数弱の九十五なのである。
どこから、どうして、<増える反対議決> とう見出しが引っ張り出せるのか、理解に苦しむのである。・・・

《事実無根の報道をされた宮崎県議会》

だが、このキャンペーン報道の問題はこれだけに留まらない。とても見過ごすことのできない、もっと悪質な事実の゙歪曲゙やデッチ上げ゙の上に出来たデタラメな記事が掲載されているのである。
その問題記事は第一面の 「促進議決に目立つ論議不足」 「促進?反対?当の議員も忘れている」 と言う大見出しを受ける記事゙部分で、宮崎県議会の実態について
<゙当時賛成した議員らも議決の趣旨をほとんど覚えていない」(宮崎)>
と書いてある箇所である。さらに、この記事を受けて第十面では、
<宮崎県議会は五十五年十月、早々と促進意見書を採択した。しかし、現在、意見書の趣旨を覚えている議員はほとんどおらず、採択の事実にについても記憶があやふやだった。自衛隊の秘密漏洩事件 (宮永元陸将補事件) の後であり、促進派に有力な政治家や団体職員が顔をそろえていたため、審議らしい審議もせず採択してしまったようだ。(宮崎支局)とも報道している。

ころが実際は朝日新聞の記事とはまるで違っていたのである。
宮崎県議会、(定数四十七議席) は昭和五十五年十月九日、自民党会派の提案した議員発議案 「防衛秘密漏洩防止法制定促進に関する議決」 
を活発な審議の末、協賛、公明、民社、の各党が反対したが、それを押し切って自民党会派の賛成多数で採択している。
実際に、このときの審議は熱っぽく展開された。共産党の久島、伊藤の両議員は質問で、スパイ防止法制定と言論の自由、報道の自由の阻害の問題を執拗に追及。これを受けて、自民党の堀之内、西川両議員は明確に反論している。

この審議内容が、宮崎県定例県議会議事録の四百五十四ページから四百七十七ページまでの二十四ページにわたって詳細に記録されているのである。その上、このときは審議開始前に一騒動あった。スパイ防止法反対派の共産党系と社会党系の労組員約六百人が、県議会議事堂内に座り込んで、議員の入場阻止をはかつたのである。そこで、県警機動隊による実力による排除が行われ、これに抗議した社会等議員六人は審議拒否の欠席をしたのである。

「審議らして審議もせず採択してしまった」 とか 「意見書の趣旨を覚えている議員はほとんどおらず、採択の事実についても記憶があやふやだった」とか書ける事実はどこにもない。
まさに噴飯ものの記事なのである。
当時から宮崎県議を努めていた堀之内砂男元議長も、
「反対者の登壇が四回、やりとりが三十一回行われたわけです。私は県会議員になって十二年になるが、このような意見書や決議文で賛成・反対の討論が激しく行われた経験はない。このスパイ防止法が初めてだった。そのように熱気があった」
と回想しているほどなのである。



まるで他人事みたい (乱歩)
2018-07-11 11:21:13
>邦人保護の立場からできる限り支援したい

菅さんの言葉、緩すぎませんか?
「支援」という言葉、そぐわないでしょ。
一日も早く奪還してあげてください。
こんなふうだから、拉致問題にしても40年に渡って解決しない。
民度の低い国から舐められまくっても、温和路線で行こうとするお人よしはもうやめて。
中国覇権、ツールとしての日本脳 その1 (伊藤知昭)
2018-07-12 23:07:20
BB様、皆様

救国のブログ、有り難う御座います。

基軸となる情報産業を乗っ取ったら、米国に挫折させられたとは言え、明治維新以降の日本同様に次世代の世界覇権は習近平政権主導の中国のもの。
その為には、日本人の優秀な頭脳を各級各層で徹底的に吸収しつくすのがパクリ大国の国家戦略。

大陸の権力闘争は、結局は近代日本の真似。
習近平は天皇を主にそう考えたのでしょう。

何をスパイするのか。
まるごとの日本全部。

幾つかの鍵の一つは量子コンピュータ。
その中でも核心はマヨラナ粒子でしょ。

[  予言から80年以上実在が証明できなかった " 幻の粒子 " 「 マヨラナ粒子 」が発見  -  ( Impress Watch )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2018年07月12日(木) 02時00分 配信  PC Watch、佐藤 岳大  Impress Watch
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00000008-impress-sci

■ マヨラナ粒子とトポロジカル量子コンピュータ
■ 磁性絶縁体の量子スピン液体状態からマヨラナ粒子の存在を証明

> 京都大学および東京大学、東京工業大学は、同学所属の研究者グループが、極低温ではなく高温でも動作可能な「 トポロジカル量子コンピュータ 」の実現につながる幻の粒子「 マヨラナ粒子 」を発見した。

> 今回対象とした物質のように、電子同士が強く相互作用し合う物質( 強相関電子系 )のトポロジカル物性は未開拓であり、今後の研究の展開により新しい量子現象の開拓が期待されるとともに、量子スピン液体に現れるマヨラナ粒子の制御法を開発することで、高温でも動作可能なトポロジカル量子コンピュータへの応用が期待できるとしている。

フェルミの親戚かと思いました。
図解から。

[  80年前予言、幻の「 マヨラナ粒子 」存在証明  -  ( 読売新聞 )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2018年07月12日(木) 07時51分 配信  読売新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00050009-yom-sci.view-000

◎ 普通の粒子( 電子、陽子など )

  電気の性質が逆の反粒子が存在

◎ マヨラナ粒子の場合

  電気を帯びず、粒子、反粒子の区別がつかない

[  80年前予言、幻の「 マヨラナ粒子 」存在証明  -  ( 読売新聞 )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2018年07月12日(木) 07時51分 配信  読売新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00050009-yom-sci

記事本文を書き写させていただきます。


          ・・・・・〔 ここから 〕

 物理学の理論で約80年前に予言され、世界の物理学者が競って探している「 マヨラナ粒子 」の存在を証明したと、京都大と東京大、東京工業大の共同研究チームが 11日、発表した。 今回はマヨラナ粒子そのものを発見したわけではないが、チームは「 存在を証明する決定的な証拠が得られた 」としている。

 膨大な計算を超高速で解く次世代計算機「 量子コンピューター 」に応用が期待される成果という。 論文が英科学誌ネイチャーに掲載される。

 物質を形作る原子は、電子など極微の粒子からできている。 粒子には通常、重さが同じで電気の性質が正反対の「 反粒子 」がペアで存在するが、マヨラナ粒子は電気を帯びずに粒子と反粒子が同じ性質を持つとされている。

       ・・・・・〔 以上、ここまで 〕


スパコンで話題になりましたが、蓮舫の『 二番じゃダメなんですか 』に象徴されます。
共産主義中国は米国の最先端の分野にスパイを投入し続けましたが、日本と違い目立ち過ぎ。

[  幻のマヨラナ粒子、存在実証 京大など量子コンピューター前進  -  ( 京都新聞 )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2018年07月12日(木) 02時00分 配信  京都新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00000000-kyt-sctch

> ( 前略 )マヨラナ粒子は1937年、粒子と反粒子が同一で電荷を持たない粒子として、イタリアの物理学者が理論的に存在を予言。

> 京大の笠原裕一准教授ら研究グループは、候補物質の一つを絶対零度( 零下273度 )に近い温度を保ち、熱の伝わり方に対する磁場の影響を示す「 熱ホール伝導度 」を測定。 ある範囲の磁場で、伝導度が電子の数値の 2分の 1となり、マヨラナ粒子特有の数値を観測したという。( 後略 )

ノーベル賞クラスの仕事。
目下世界が鎬を削る分野。

[  < マヨラナ粒子 > 京大グループが実証 同じ動き観測  -  ( 毎日新聞 )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2018年07月12日(木) 02時30分 配信  菅沼 舞、阿部 周一  毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180712-00000012-mai-sctch

今最も警戒するのは電磁パルス兵器への応用。
日本人は考えなくても、他の国々には無関係。

平和ボケの反日左翼勢力が大学単位で軍事研究を止めさせても、諸外国は国防の都合で続行します。
戦前から日本では原子核物理学を独自に勉強していましたが、共産主義中国の核兵器は旧ソ連のパクリ。

改めて記事本文。
極力、写させていただきます。


          ・・・・・〔 ここから 〕

 80年以上前に存在が予言された幻の「 マヨラナ粒子 」が実際に存在することを世界で初めて実証したと、京都大などのグループが12日付の英科学誌ネイチャーに発表した。 電気を通さない固体の中で、電子があたかもマヨラナ粒子のようにふるまう現象を観測したという。 将来的には量子コンピューターなどへの応用が期待される。

 マヨラナ粒子は、粒子とも反粒子とも区別のつかない「 幻の粒子 」と言われ、1937年にイタリアの物理学者、エットーレ・マヨラナが理論的に存在を予言した。 電気を帯びず極めて質量の小さな素粒子「 ニュートリノ 」がその本命と考えられているが、証明には至っていない。 一方、特殊な条件下の超電導体などでは、電子がマヨラナ粒子のようにふるまう可能性が指摘され、その決定的証拠をつかもうと各国で研究が本格化している。

 笠原裕一・京大准教授( 物性物理学 )らは、東京工業大のチームが合成した磁性絶縁体「 塩化ルテニウム 」を用い、その内部を伝わる熱の流れが磁場によってどの程度曲がりやすくなるかを、磁場を変化させながら測定した。

 その結果、ある範囲の磁場では、磁場や温度を変えても、曲がりやすさの値が普遍的な値の
2分の 1で一定になった。 熱を運ぶ粒子が電子の半分の自由度を持っていることを意味し、そのような性質があるマヨラナ粒子が現れたと考えないと説明が付かないという。

 マヨラナ粒子は外部からの影響に対して強く、粒子が持つ情報を安定的に保てるため、量子コンピューターの素子としての応用に期待がかかる。 笠原准教授は「 これが普遍的な現象なのか、他の物質でも確かめたい。 量子コンピューターの実現につながるか今は全く分からないが、その基盤を発見したと言えるのではないか 」と話す。 【 菅沼 舞、阿部 周一 】

 ◇ ノーベル賞級の成果

 木村昭夫・広島大教授( 物性物理学 )の話 世界で発見レースが繰り広げられる中、大半の研究がターゲットにしていた超電導体とは別の物質、別の方法を用いてマヨラナ粒子の存在を直接的に示したインパクトは大きい。 液体ヘリウムで冷却可能な温度( 5ケルビン )で観測できたことも、今後の実験や応用に期待を広げる。 ノーベル賞に値する重要な成果だ。

 【 ことば 】 粒子と反粒子

 電子に対する陽電子、陽子に対する反陽子のように、物質を構成する粒子には質量は同じだが電荷が正負逆の反粒子がある。 両者は出合うと消滅する。 宇宙誕生時は粒子と反粒子が同数できたはずだが、今の宇宙は粒子ばかり。 もし宇宙で最も数が多いニュートリノが粒子と反粒子の区別がつかないマヨラナ粒子だとすると、粒子と反粒子の数が非対称になった謎に説明が付くと期待されている。

       ・・・・・〔 以上、ここまで 〕


素粒子物理学で中国人は1950年代後半辺りに米国で重大な寄与。
パリティは兎も角、他方で中国の十八番、レアメタルもいずれ絡んで来ます。

[  プレスリリース  -  東大、トポロジカル超伝導を発見 ― 幻の素粒子「 マヨラナ粒子 」の発見へ大きく前進  -  日本経済新聞  ]  2018年03月09日 04時05分 配信  辛 埴 東京大学物性研究所 極限コヒーレント光科学研究センター 教授  Peng Zhang 東京大学物性研究所 極限コヒーレント光科学研究センター 特任研究員  日本経済新聞社
https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP473863_Y8A300C1000000/

発表者の名前を見れば明らか。
こちらはサイエンス誌に発表。


日本大事、天皇大事、万世一系の秋篠宮御一家による宮中祭祀が大事。

ただし、このままでは眞子内親王を除く。

文仁親王と悠仁親王の御代を目指して。

御多忙中、大変失礼致しました。
中国覇権、ツールとしての日本脳 その2 (伊藤知昭)
2018-07-13 05:56:30
BB様、皆様

救国のブログ、有り難う御座います。

なぜマヨラナで引っ掛かったか。
失踪、南米での目撃。

そう来れば OSS の関与を疑いたくなります。
日独伊に先駆けて最終兵器が欲しい米国。

それは兎も角、前回の最後の記事本文の続き。
途中までですが、書き写させていただきます。


          ・・・・・〔 ここから 〕


発表日 : 2018年 3月 9日

トポロジカル超伝導の発見

―― 幻の素粒子「 マヨラナ粒子 」の発見へ大きく前進 ――


1.発表者 :

  辛 埴 ( 東京大学物性研究所 極限コヒーレント光科学研究センター 教授 )

  Peng Zhang ( 東京大学物性研究所 極限コヒーレント光科学研究センター 特任研究員 )

2.発表のポイント :

  ◆ 高温超伝導体としてよく知られていた FeSe 0.5 Te 0.5 ( ◇ )が、最表面では超伝導であることを実験的に発見した。

  ◆ この発見は、素粒子物理学で「 幻の素粒子 」として知られているマヨラナ粒子が、超伝導体表面に存在すると言う重大な可能性を示唆した。

  ◆ マヨラナ粒子は、粒子と反粒子が同一粒子となるという性質を利用し、擾乱に強い新しい量子コンピューターを実現する可能性を示した。

  ◇ 「 FeSe 0.5 Te 0.5 」の正式表記は添付の関連資料を参照

3.発表概要

 東京大学物性研究所の Peng Zhang 特任研究員、辛 埴 教授らの研究グループは、高温超伝導体の 1種として、広く知られている鉄系超伝導体( 注1 )FeSe 0.5 Te 0.5 の最表面を、超高分解能レーザー角度分解光電子分光装置( 注2 )を用いて調べたところ、トポロジカル状態の証拠の 1つであるディラックコーン( 注3 )を発見した( 図1 )。 また詳細な実現により、このディラックコーンで示される電子バンドがスピン偏極していることを明らかにし、トポロジカル物質であることを確認した。 更に、超伝導ギャップ( 注4 )の直接観測により、超伝導転移温度が 15K のトポロジカル超伝導体であることを明らかにした。

 これまでも、鉄系超伝導体は盛んに研究されて来たが、分解能不足のため、トポロジカル超伝導体の証拠は発見されなかった。 本研究では、長年物性研究所にて開発されてきた超高分解能レーザー角度分解光電子分光装置を用いることによって、トポロジカル超伝導体である証拠を直接観測、初めて発見した。

 トポロジカル超伝導体には、素粒子物理学で未発見のマヨラナ粒子( 注5 )が存在する可能性が理論的に指摘されている( 図2 )。 本成果によって、そのマヨラナ粒子を発見することが技術的に可能であることが示された。 幻の素粒子、マヨラナ粒子の発見を大きく前進させ、今後、固体表面上で発見されることが期待される。

 本成果は、Science 誌 オンライン 3月 8日版( 米国東部時間 )に掲載される予定である。

         ・・・・・〔 以下、省略 〕


正式表記と添付リリース文書関連。
一部のみ。
http://release.nikkei.co.jp/attach_file/0473863_03.pdf


次に今回の英国科学誌に発表された件。


[ 「 幻の粒子 」京大など発見 予言から80年、量子計算機に応用も  -  日本経済新聞  ]  2018年07月12日 02時00分 配信  日本経済新聞社
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO32870170R10C18A7000000/

前回の新聞記事との違いから色々と明らか。
極力、書き写させていただきます。


          ・・・・・〔 ここから 〕

 京都大学や東京大学、東京工業大学のグループは 11日、幻の粒子と呼ばれる「 マヨラナ粒子 」が存在する証拠を見つけたと発表した。 この粒子は約80年前に存在が予言され、世界の科学者が発見を競ってきた。 現在のスーパーコンピューターよりも桁違いに高速でエラーの少ない量子コンピューターに応用できるという。

 12日付の英科学誌ネイチャー( オンライン版 )に掲載された。

 物質は電子や陽子、中性子といった粒子でできており、それらには電気的な性質だけが違う「 反粒子 」が存在する。 例えば、電子にはプラスの電気を帯びた陽電子がある。 マヨラナ粒子は粒子であり反粒子でもある不思議な性質がある。 1930年代にイタリアの科学者が存在を予言したが、まだ発見されていない。

 京大の笠原裕一准教授らは、塩化ルテニウムという物質に磁場をかける実験を進めた。 内部の熱の伝わり方の変化を調べたところ、理論で予想される現象が起き、マヨラナ粒子が内部に出現したと結論づけた。 通常の粒子としては存在せず、電子の性質が変化することで、あたかもひとつの粒子のように振る舞っていると分析している。

 マヨラナ粒子を量子コンピューターに応用できれば、計算エラーが極めて少なくなると考えられている。 量子コンピューターは量子力学の「 重ね合わせ現象 」を利用しているが、現行技術ではこの状態を保つのが難しい。 マヨラナ粒子を使えば重ね合わせの状態が安定して保てるため、実用化の課題をクリアできるとされる。

       ・・・・・〔 以上、ここまで 〕


関連記事。

[  第32回( 平成26年度 )大阪科学賞 受賞記念講演レジュメ  ~ 研究者を目指す高校生の皆さんへ  -  注目の新材料「 トポロジカル絶縁体・超伝導体 」  ]  安藤 陽一  大阪大学 産業科学研究所
http://www.ostec.or.jp/pln/pri/kagaku/andou-1.pdf

表面か中か。
スパイの暗躍。

トポロジカル量子戦略。
前川喜平が牛耳った文部科学省。


日本大事、天皇大事、万世一系の秋篠宮御一家による宮中祭祀が大事。

ただし、このままでは眞子内親王を除く。

文仁親王と悠仁親王の御代を目指して。

御多忙中、大変失礼致しました。
中国覇権、ツールとしての日本脳 その3 (伊藤知昭)
2018-07-14 17:20:50
BB様、皆様

救国のブログ、有り難う御座います。

習近平の中国が狙う IoT での世界覇権。
マイクロソフトとアップル、その先。

狙われるであろう一例。
敢えて貼らさせていただきました。


[  トポロジカル量子戦略  -  文部科学省  ]  平成29年 4月28日  科学技術・学術審議会 研究計画・評価分科会  量子科学技術委員会 ( 第11回 )  国立研究開発法人 科学技術振興機構 研究開発戦略センター
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/089/shiryo/_icsFiles/afieldfile/2017/06/06/1386442_4.pdf

極力、書き写させていただきます。
順不同、字体フォント等は不正確。


          ・・・・・〔 ここから 〕


戦略プロポーザル

トポロジカル量子戦略
~ 量子力学の新展開がもたらすデバイスイノベーション ~

Topological Quantum Matter Initiative
― Device Innovation by New Developments in Quantum Physics ―

CRDS ナノテクノロジー・材料ユニット
  宮下 哲 ( フェロー )
  塚埼 敦 ( 特任フェロー、東北大学金属材料研究所・教授 )


提言のポイント

■ 将来の超スマート社会実現には、膨大なデータから高付加価値の知見を生み出すコンピュータの能力増大は必須

■ 既存デバイス・技術では限界が見えており、新しいパラダイムシフトが求められている

■ トポロジーの概念を用いた新しい量子力学が勃興しつつあり、現在、物性物理学を中心に世界で研究が活発化

■ 物質が持つトポロジカルな性質を利用することで、従来のエレクトロニクスの技術的枠組みを超える新規な概念を導入、超低消費電力デバイス、新概念に基づく ロバスト量子コンピューティングデバイス、光デバイスなどのデバイス革新を提示

■ この実現には、工学応用技術開発と学術基盤の一層の強化が必須であり、新しい研究開発のステージへのギアチェンジが必要

■ 大きなイノベーションに繋がる新しい技術を実現するためには産業界を巻き込む仕掛けが必要


トポロジカル量子戦略 概念図

     ( 省略 )


■ 学術的背景

  歴史的経緯

■ 学術的背景

  トポロジカル物質群の特徴と種類

■ 学術的背景

  様々なトポロジカル物質群

■ 学術的背景

  物理学におけるトポロジーの意義

■ 現状認識と問題点

  社会的背景

■ 現状認識と問題点

  将来のデバイス・コンピューティング技術に向けた技術潮流

■ 現状認識と問題点

  直面している技術課題

■ 具体的な研究開発課題

  デバイス応用技術

■ 具体的な研究開発課題 ( 2ページ )

  デバイス応用技術

■ 具体的な研究開発課題

  共通基盤技術

■ 新しい技術的枠組みによるデバイス革新

  研究課題・概略図

■ 実施する意義

  科学技術上の効果

■ 推進方法と時間軸

  時間軸と推進方策

■ 国内外の動向

  国内の研究動向

■ 国内外の動向

  諸外国の研究動向 ①

■ 国内外の動向

  諸外国の研究動向 ②

■ 国内外の動向

  Topo - Q International Network

■ 国内外の動向

  論文動向


以下、参考資料

● CRDS 主催 科学技術未来戦略ワークショップ

● 物性物理学におけるトポロジーの夜明け

● CRDS 活動の基本

● CRDS の活動フローと成果の活用

● 近年の CRDS ナノテク・材料・量子技術関連の提言


       ・・・・・〔 以上、ここまで 〕


中国がパクるのは時間の問題でしょう。
この分野では2016年にノーベル賞。


          ・・・・・〔 ここから 〕

「 トポロジカル相転移と物質のトポロジカル相の理論的発見 」

◎ 受賞者

  David J . Thouless 米ワシントン大学・教授
  F . Dancan M . Haldane 米ペンシルベニア大学・教授
  J. Michael Kosterlitz 米ブラウン大学・教授

◎ 受賞内容

  ・ Kosterlitz - Thouless 転移の提唱
  ・ 量子ホール効果の理論的解明( TKNN 数 )
  ・ 異常量子ホール効果の理論予測
  ・ 量子スピン鎖における Haldane 予想

       ・・・・・〔 以上、ここまで 〕


産業スパイにも絡んで来ます。
専門的な数式や詳細の文書は省略。


日本大事、天皇大事、万世一系の秋篠宮御一家による宮中祭祀が大事。

ただし、このままでは眞子内親王を除く。

文仁親王と悠仁親王の御代を目指して。

御多忙中、大変失礼致しました。
中国覇権、ツールとしての日本脳 その4 (伊藤知昭)
2018-07-15 02:00:08
BB様、皆様

救国のブログ、有り難う御座います。

また、前回の投稿の文字列で " _ " が不足する入力のミスがあり、大変申し訳ありませんでした。
改めて貼り直させていただきます。

[  トポロジカル量子戦略  -  文部科学省  ]  平成29年 4月28日  科学技術・学術審議会 研究計画・評価分科会  量子科学技術委員会 ( 第11回 )  国立研究開発法人 科学技術振興機構 研究開発戦略センター
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/gijyutu/gijyutu2/089/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2017/06/06/1386442_4.pdf

誠に勝手ながら、再び手違いがありました場合には、後日対応させていただければ幸いです。



続きまして、習近平政権が喉から手が出るほど主導権を欲しがるであろう分野の関連記事。
米国が独占した IoTが、次世代では習近平政権の共産主義中国に換われば、国防や国益の観点からも結果は火を見るより明らかです。


[  トポロジカル量子戦略  -  科学技術振興機構  ]  2016年12月19日( 月 ) 開催  国立研究開発法人 科学技術振興機構 研究開発戦略センター
https://www.jst.go.jp/crds/pdf/2016/WR/CRDS-FY2016-WR-12.pdf

今現在、世界で使われているパソコン。
根本からがらっと変わるでしょう。

拡張現実や拡張知能と複合化される情報端末。
その兆候は空自の F - 35 戦闘機の操縦席。

それでは、記事本文を極力書き写させていただきます。
ただし、日米の戦闘機には一切、触れられては居ません。


          ・・・・・〔 ここから 〕


CRDS-FY2016-WR-12

科学技術未来戦略ワークショップ報告書

「 トポロジカル量子戦略 ~ 量子力学の新展開がもたらすデバイスイノベーション ~ 」

2016年12月19日( 月 )  開催

CRDS JST

国立研究開発法人 科学技術振興機構 研究開発戦略センター


エグゼクティブサマリー


 本報告書は、国立研究開発法人 科学技術振興機構( JST )研究開発戦略センター( CRDS )が平成28年12月19日に開催した科学技術未来戦略ワークショップ( WS )「 トポロジカル量子戦略 ~ 量子力学の新展開がもたらすデバイスイノベーション 」に関するものである。

 現在、情報通信技術や人工知能技術の進展を支える電子デバイスは、微細化・高速化・低消費電力化への要請が世界的に高まり続けている。 しかしながら、ムーアの法則の終焉が近づいていると認識されているように、既存のデバイスや技術では性能向上の限界が顕在化しており、新しい技術的なパラダイムが希求されている。

 本ワークショップは、限界突破を目指すアプローチの 1つとして、近年急速に発展しているトポロジカル物質群とトポロジーに付随して発現する多彩な物性に関する研究開発に着目する。 トポロジーの概念に立脚した量子力学の新たな展開を加速すると共に工学応用領域のデバイスイノベーションを目指す一連の研究開発戦略「 トポロジカル量子戦略 」を掲げ、研究の現状の把握、今後取り組むべき研究開発課題の抽出、固体物理・素粒子物理・数学・工学が融合・連携するための仕組みなどについて第一線の研究者と議論することを目的に開催した。

 ワークショップでは、まず、JST - CRDS における調査・分析結果から得られた全体像、課題、研究開発戦略検討の仮説を提示し、その後にトポロジカル物質に関する研究の現状と将来展望、数学・素粒子物理から見たトポロジカル物質の理解、さらには量子コンピューティング・スピントロニクス・フォトニクスなどへの具体的な応用展開に関する話題提供、最後に総合討論を行った。


 CRDS から、「 トポロジカル量子戦略 」を推進していく方向性として、以下の 3点の仮説について示し、事前アンケート形式で招聘者の意見を聴取した結果、おおむね賛同の意が得られた。

  ・ トポロジカル物質はこれまで科研費などを中心に公的資金の支援がなされてきたが、今後はそれを越えた目的基礎研究のステージでの研究開発を推進するべきである

  ・ トポロジーや位相の概念を用いて飛躍的な性能向上を期待できる応用領域として、量子コンピューティング、スピントロニクス、フォトニクスが有望である。

  ・ 上記の仮説を実現するためには、物質科学のみならず、数学、素粒子物理学、工学との協同により、基礎学術面の更なる深化・拡張および新物質探索の加速が必要である。


 トポロジカル物質における研究の現状と将来展望としては、現在、科研費新学術領域研究を中心に基礎研究が進展しており、理論や超伝導・強相関系などの物質開発には強みを有するものの、弱相関系の物質開発においては米国や中国の人海戦術に圧倒されつつあること、また超低消費電力デバイス候補としてスキルミオンへの期待が大きく、欧州では複数の研究プロジェクトが推進されている中でわが国は立ち遅れ気味であること等の懸念点、および戦略的な取り組みの重要性についての指摘があった。 さらに、トポロジカル量子ビット実現のためにはマヨラナ粒子の制御が必要であるが、まだ最適な物質系が確立されていないこと、新しいトポロジカル物質を発見するためには、理論提唱と物質開発の有機的な連携が必須であり、分野を超えた研究体制の構築が重要であることが確認された。


 数学、素粒子物理から見たトポロジカル物質の理解としては、数学において発展してきた K 理論や非可換幾何学などを用いると、秩序系のみならず、アモルファスなどの無秩序系のトポロジカル相への展開が可能であること、素粒子物理と物性物理の共通言語である場の量子論を用いることで、マヨラナ粒子などの非可換エニオンの存在条件や新しい種類のトポロジカル表面状態などを提唱することが可能になる。 一方で、実際にどのような物質系で実現されるのかまでは素粒子物理だけでは提案できないため、物質研究者との共同研究が必須であること等の指摘があった。 さらに、かつて素粒子物理と物性物理が互いに刺激しあって発展してきたように、トポロジカル物質の研究に対しても、素粒子物理のアイデアが物性物理における普遍的な枠組みを与え、また物性物理のテクニックを用いて素粒子物理のアイデアをテストできる可能性があることなど、互いに win - win の関係を築ける可能性があることが確認された。


 3つの応用領域( 量子コンピューティング、スピントロニクス、フォトニクス )への展開については、まず量子コンピューティングに関して、量子誤り訂正技術を用いる量子情報的アプローチとトポロジカル秩序を用いる物性的アプローチは共に背景にある数学的な構造は同じであり相補的に推進していくことが望ましいことや、トポロジカル秩序においてもマヨラナ粒子を制御することで万事うまくいくわけではなく、熱的安定性などの検証が必要であること等について指摘があった。 また、上述のとおり、マヨラナ粒子を対にしては最適な物質系が未だ確立しているわけではないため、更に物質開発を推進していく必要があることが確認された。 スピントロニクスに関しては、今考えられているスピントロニクス機能のほぼ全てがトポロジカル物質で表現できる可能性がある点、トポロジカル反強磁性体がもつ仮想磁場を起因とする巨大異常ホール効果を活用することで、MRAM や熱電素子にブレークスルーを起こせる可能性がある点、スピン軌道相互作用を用いたデバイス開発が実用可能な範疇にある点等について報告された。 フォトニクスに関しては、時間反転対称性が保持されたトポロジカルフォトニクス、時間反転対称性が破れたトポロジカルフォトニクス両方の現状が報告され、特に今後必要な取り組みとして、レーザや大角度偏光などのアクティブ素子への展開が重要であること等の指摘があった。


 総合討論においては、主に世界をリードするための研究実施体制・産学連携の仕組み、および社会・経済的インパクトについて議論を行った。 本研究分野を推進していく上で重要なことは、米国や中国のような人海戦術ではもはやわが国に勝ち目はなく、若手研究者の活用および異分野融合・連携を加速させつつ、現存のリソース( ヒト・モノ・カネ )を効率よく組み合わせた戦略的な研究実施体制を構築することが重要であること等の共通認識が得られた。 また、まだ基礎研究の段階ではあるものの、実用化されたときのインパクトが大きい分野になる可能性を秘めているため、産業界を巻き込んだ研究コミュニティを形成することが重要であること等の指摘があった。


 ワークショップでの議論を踏まえ、CRDS は、今後国として重点的に推進すべき研究領域、具体的な研究開発課題を検討し、研究開発の推進方法を含めて戦略プロポーザルを策定し、関係府省や関連する産業界・学界等へ提案する予定である。


     ・・・・・〔 以下省略、ここまで 〕


米国と中国との比較で人海戦術、に言及。
しかも外国人、これではタダ漏れ。


日本大事、天皇大事、万世一系の秋篠宮御一家による宮中祭祀が大事。

ただし、このままでは眞子内親王を除く。

文仁親王と悠仁親王の御代を目指して。

御多忙中、大変失礼致しました。
中国覇権、ツールとしての日本脳 その5 (伊藤知昭)
2018-07-17 11:38:10
BB様、皆様

救国のブログ、有り難う御座います。

件のスパイ事件で再録がありました。
顛末を含め貼らさせていただきます。

[  中国拘束の日本人男性、スパイ罪で懲役 5年判決  -  ( 読売新聞 )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2018年07月13日(金) 14時31分 配信  読売新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00050076-yom-soci

今回は元脱北者で日本国籍取得済み。
記事本文を貼らさせていただきます。


          ・・・・・〔 ここから 〕

【 丹東( 中国遼寧省 )= 東慶一郎 】 北朝鮮との国境地帯・丹東で 2015年 5月、中国当局に拘束された神奈川県の男性( 57 )に対する判決公判が 13日、丹東市中級人民法院( 地裁 )であり、スパイ罪で懲役 5年の実刑判決を言い渡されたことが、日本政府関係者への取材でわかった。

 15年以降相次いだスパイ容疑などでの日本人拘束事件で判決が出たのは、10日にスパイ罪で懲役12年の実刑判決を受けた愛知県の男性( 54 )に続き 2人目。

 関係者によると、男性は日本国籍を取得した元脱北者で、丹東の国境付近で拘束された。 どのような行為がスパイ罪に当たると判決が認定したかは明らかでない。

 今年は 日中平和友好条約締結 40周年にあたり、李克強( リークォーチャン )首相が 5月に訪日したほか、年内に安倍首相の訪中も予定されるなど、日中関係は改善基調にある。

       ・・・・・〔 以上、ここまで 〕


引き続き、順不同で同時期の実刑判決。

[  < 中国 > スパイ罪で日本人に実刑判決 懲役12年  -  ( 毎日新聞 )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2018年07月10日(火) 19時37分 配信  毎日新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00000087-mai-cn

今後に響くので、極力記事本文を書き写させていただきます。


          ・・・・・〔 ここから 〕

 【 上海・工藤哲 】 中国でスパイ行為への関与を疑われて日本人が相次いで拘束された事件で、浙江省杭州市の中級人民法院( 地裁 )は 10日、温州市で拘束された愛知県の 50代男性にスパイ罪などで懲役 12年の実刑判決を言い渡した。 日中関係筋が明らかにした。 一連の事件で既に起訴された 8人のうち、初めての判決となる。

 関係者によると、男性は 2015年 5月、浙江省内の造船所や空軍基地などを撮影したとされ、軍事施設周辺で拘束されたという。 16年 5月に起訴され、この翌月に非公開で初公判が開かれた。 具体的な起訴内容は明らかでない。

 中国の習近平指導部は 14年11月、海外の組織や個人が中国の情報を探ったりすれば スパイ行為に当たるなどとする「 反スパイ法 」を施行し、外国人への監視を強めてきた。 日本人は 15年以降、浙江省や北京、上海などで男女 12人がスパイ行為などを疑われて拘束されたことが明らかになり、逮捕前に解放された 4人を除く 8人が起訴されていた。

       ・・・・・〔 以上、ここまで 〕


遅くなりましたが改めて菅官房長官の会見。

[  拘束日本人男性に懲役 12年 中国でスパイ罪 菅長官は否定  -  ( フジテレビ系 ( FNN ) )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2018年07月11日(水) 06時38分 配信  FNN
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180711-00396125-fnn-pol

BB様 仰有る通り、盗人猛々しい中国共産党。
重複しますが記事を貼らさせていただきます。


          ・・・・・〔 ここから 〕

中国でスパイ行為をした罪で拘束されていた 50歳代の日本人男性が 10日、懲役 12年の実刑判決を受けたことがわかった。

菅官房長官は「 スパイ活動をしたということにより、懲役 12年、個人財産没収の判決が言い渡されたことは承知しております 」と述べた。

菅官房長官によると、スパイ活動の罪で実刑判決を受けたのは、2015年 5月に中国・浙江省で拘束された「 イワセタカヒロ 」氏。

菅長官は、「 日本人保護の立場から、政府としてできる限り支援していく 」と述べるとともに、日本政府として中国にスパイを送りこんだ事実は「 ない 」と、重ねて表明した。

       ・・・・・〔 以上、ここまで 〕


週刊誌の事件当時の古い記事、今朝、再録。
どうにでも上書きして御花畑を嵌める印象。

[  中国で拘束、実刑が下された「 2人の日本人スパイ 」 その素性と目的  -  ( デイリー新潮 )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2018年07月17日(火) 06時00分 配信  「 週刊新潮 」 2015年07月13日 神無月増大号 掲載  新潮社  デイリー新潮 DAILY SHINCHO
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180717-00545384-shincho-cn

改めて菅官房長官の記事。
2件のうち浙江省の事案。

[  中国で日本人スパイ罪実刑判決 菅官房長官「 邦人保護で支援 」  -  ( 産経新聞 )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2018年07月10日(火) 18時18分 配信  産経新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00000583-san-pol

重複しますが極力書き写させていただきます。


          ・・・・・〔 ここから 〕

 菅義偉官房長官は 10日の記者会見で、浙江省杭州市中級人民法院( 地裁 )が 2015年に拘束された愛知県出身の男性に対し、刑法のスパイ罪などで 懲役 12年の実刑判決を言い渡したことについて「 司法プロセスが継続しており、コメントは控えたい。 政府としては邦人保護の立場からできる限り支援を行っていきたい 」と述べた。

 菅氏は判決が日中関係に与える影響に関し「 改善基調にある日中関係に大きな影響を与えることの無いように、日中双方で努力していくことが大事だ 」と強調した。

       ・・・・・〔 以上、ここまで 〕


プロの工作員ならどうするか。
東宮経由の天皇皇后と中国筋。

恐れ入りますが、入力ミス等は後日対応させてください。


日本大事、天皇大事、万世一系の秋篠宮御一家による宮中祭祀が大事。

ただし、このままでは眞子内親王を除く、

文仁親王と悠仁親王の御代を目指して。

御多忙中、大変失礼致しました。
中国覇権、ツールとしての日本脳 その6 (伊藤知昭)
2018-07-17 14:20:16
BB様、皆様

救国のブログ、有り難う御座います。

習近平政権が狙う世界覇権。
情報操作が核心で通信制御。

[  IT・ICT・IoT それぞれの違いとは  |  Media Series  ]  2017年06月15日  Media Series 次世代コミュニケーションサービス
( 先頭の文字列は割愛 )
www.medialink-ml.co.jp/mediaseries/special/useful/p96/

念のため、目次を貼らさせていただきます。


          ・・・・・〔 ここから 〕

1.「 IT 」は情報通信関連の機器・技術の総称
  - IT 技術の発展と IT 革命

2.「 ICT 」は「 IT 」に代わる言葉

  - 時代は IT から ICT へと変化

3.「 IoT 」はモノがインターネットとつながる仕組み・技術

  - IoT の利用シーン

    〇 健康管理のツールとして

    〇 自動車での応用

    〇 遠隔操作できる家電

4.まとめ

       ・・・・・〔 以上、ここまで 〕


改めて以下の用語。


  * IT  → Information Technology

  * ICT  → Information and Communication Technology

  * IoT  → Internet of Things


この流れで割り込む様々なセキュリティ。
覗き見やスパイ、それが反日中国共産党。 

[ 情報技術 ] ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%85%E5%A0%B1%E6%8A%80%E8%A1%93
[ Information technology ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Information_technology
[ モノのインターネット ] ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%8E%E3%81%AE%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88
[ Internet of things ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Internet_of_things

[ 諜報活動 ] ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AB%9C%E5%A0%B1%E6%B4%BB%E5%8B%95
[ Intelligence assessment ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Intelligence_assessment
[ スパイ ] ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%A4
(英語版はありません)

[ 情報セキュリティ ] ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%83%85%E5%A0%B1%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3
[ Information security ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Information_security
[ サイバーセキュリティ ] ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3
[ Computer security ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Computer_security

[ 顔認識システム ] ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A1%94%E8%AA%8D%E8%AD%98%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0
[ Facial recognition system ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Facial_recognition_system
[ 生体認証 ] ウィキペディアより
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E4%BD%93%E8%AA%8D%E8%A8%BC
[ Biometrics ] From Wikipedia
https://en.wikipedia.org/wiki/Biometrics

愛子天皇と影子騒動との兼ね合い。
ビッグデータでは中国共産党が要。

検索の都合でウィキペディアを貼らさせていただきました。

恐れ入りますが、勘違いや入力ミス等は後日対応させてください。


日本大事、天皇大事、万世一系の秋篠宮御一家による宮中祭祀が大事。

ただし、このままでは眞子内親王を除く。

文仁親王と悠仁親王の御代を目指して。

御多忙中、大変失礼致しました。 
中国覇権、ツールとしての日本脳 その7 (伊藤知昭)
2018-07-18 16:28:47
BB様、 皆様

救国のブログ、有り難う御座います。

パクリの中国共産党が狙う日本の底力。

[  携帯電話会社が無農薬イチゴ 沖縄セルラー、ICT 活用し工場栽培 本格出荷始まる  -  ( 沖縄タイムス )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2018年07月14分 配信  沖縄タイムス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00283041-okinawat-oki

北見で騒がれたイチゴが今度は沖縄。
極力書き写させていただきます。


          ・・・・・〔 ここから 〕

 沖縄セルラー電話( 那覇市、湯淺英雄社長 )と沖縄セルラーアグリ & マルシェ( 那覇市、國吉博樹社長 )が大宜味村の企業支援賃貸工場で進めてきた、県内初の ICT ( 情報通信技術 )を活用した無農薬のイチゴ「 美ら島ベリー 」の出荷が、本格的に始まった。 現在は 1日に約 3千粒を収穫。 すでにジミーや白バラ洋菓子店などの県内の製菓会社に出荷しケーキ用などで使われているという。 年間 30トンの収穫を確保し、今後一般消費者向けの販売も目指す。

「 美ら島ベリー 」は完全に密閉された工場で水耕栽培された無農薬のイチゴ。 工場内ではシステムが自動的に温度や湿度、二酸化炭素の濃度のデータなどを収集し、イチゴの成育状況との関連性を分析している。

 イチゴは人が触れば触れるだけ傷みやすく、通常は農薬も使用されている。 ICT を活用しイチゴの成育しやすい環境を一定に保つことで、収穫まで人が触る回数を減らし、無農薬栽培を実現させた。

 昨年12月から工場の稼働を開始。 半年間かけて苗を育て、受粉や剪定( せんてい )などを行い、6月に初収穫に成功。 7月 2日から本格的な出荷を始めた。 サイズは S、M、L、2L などがあり、標準サイズの M は 4センチ程度で 10 ~ 14グラム。 糖度は 8 ~ 10度。

 12日、同社の工場である大宜味ファームで試食と工場見学会を開いたセルラーの湯淺社長は「 安心安全の無農薬イチゴが気温や季節に左右されず、年間を通して県民にお届けできる 」と話した。

 大宜味村の宮城功光村長は「 甘さとほどよい酸味がありおいしい。 大宜味産イチゴとして、ブランドになれば 」と期待した。

       ・・・・・〔 以上、ここまで 〕


そんな中で不穏な中国。

[  中国船、沖縄本島沖の EEZ 内でワイヤ? 垂らす  -  ( 読売新聞 )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2018年07月14日(土) 22時59分 配信  読売新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180714-00050122-yom-soci

> 第11管区海上保安本部( 那覇市 )によると、14日午前 5時35分頃、沖縄本島沖の日本の排他的経済水域( EEZ )内で、中国の海洋調査船 1隻がワイヤのようなものを海中に垂らしているのを海上保安庁の航空機が確認。 無線で中止を求めたところ、同 7時52分頃にワイヤのようなものを引き揚げた。 午後も同船が EEZ 内でワイヤのようなものを海中に垂らしているのを同庁が確認、中止を求めた。

[  外国船の違法操業を監視中 ・・・ 船長が行方不明に 沖縄・久米島沖  -  ( 沖縄タイムス )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2018年07月17日(火) 08時00分 配信  沖縄タイムス
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180717-00284160-okinawat-oki

ボヤかされた外国。
記事本文。


          ・・・・・〔 ここから 〕

 16日午後 2時26分ごろ、「 久米島西沖で外国漁船監視業務を行っていた漁船と連絡が取れなくなった 」と名護漁協職員から 118番通報があった。 那覇海上保安部によると、同漁協所属「 哲丸( てつまる )( 9. 1トン ) 」に船長 1人が乗船していたとみられる。 船は発見されたが、船長の行方は分かっていない。 海保は巡視船とヘリ、航空機などでの周辺海域の捜索を 17日以降も続ける方針。

 那覇海保によると、連絡が途絶えたのは久米島灯台の西約 84キロの海域。 「 哲丸 」は仲間の漁船 3隻と日本の排他的経済水域( EEZ
)内で外国漁船の違法操業を監視していたとみられる。

 16日午前 0時の定時連絡を最後に「 哲丸 」との連絡が途絶え、仲間の漁船の汽笛や船舶電話にも反応がないという。 那覇航空基地所属の機動救難士が船内を捜索したが見つからなかった。

       ・・・・・〔 以上、ここまで 〕


宇宙からの監視が絶対不可欠。
防犯を含めて農業も応用部門。

[  農業変える 宇宙の目  -  ( 日本農業新聞 )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2018年03月14日(水) 15時30分 配信  日本農業新聞  THE JAPAN AGRICULTURAL NEWS 日本農業新聞
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180314-00010000-agrinews-bus_all

持続性を見越した産業全体の発展と革新。

[  イタリア発の新概念「 イノーバビリティ 」が企業を救う  -  ( Forbes JAPAN )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2018年06月21日(木) 16時30分 配信  Forbes JAPAN 編集部  Forbes JAPAN
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180621-00021533-forbes-bus_all

■ チョーラが目指すサステイナビリティへの取り組み

小和田恆一味が青山の国連大学で密談していた分野、諸外国のスパイとの兼ね合いで要注意。
中国覇権と世界の農奴化、その急先鋒が次期天皇皇后が君臨する無力化された御花畑日本、の危険。

[  あなたを農奴化して搾取する「 四騎士 」の正体  -  ( 東洋経済オンライン )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2018年07月13日(金) 14時00分 配信  松村 太郎 ジャーナリスト  東洋経済 ONLINE
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180713-00229437-toyo-soci

■ ギャロウェイ教授の言語化能力が凄い
■ アップルだけが違うルールでゲームをしている
■ 300万人の領主と 3億人の農奴

ここではグーグル・アマゾン・フェイスブック・アップル、と限定的。
中国はマイクロソフトをどう見るか関連記事。

[  巨人マイクロソフトは、なぜ復活できたのか  -  ( ダイヤモンド・オンライン )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2018年07月05日(木) 06時00分 配信  葉村 真樹  DIAMOND online
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180705-00172539-diamond-bus_all

● スマホ時代に出遅れたマイクロソフトが見出だした「 魂 」
● 「 脱ウィンドウズ 」で好転したマイクロソフト
● ウィンドウズに固執していたら敗者のままだった

狙いはポストスマホ時代の覇者、との事。
複合現実や拡張現実に統合通信技術とか。

[  マイクロソフトはなぜスマホ時代の敗者となったのか、元アスキー西和彦が語る  -  ( ダイヤモンド・オンライン )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2018年07月17日(火) 06時00分 配信  西和彦  DIAMOND online
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180717-00174855-diamond-bus_all

● 自叙伝をまとめて改めて思う 15年刻みで転機迎えた私の人生
● スマホにフルスペック Windows なら競争の風景は変わっていた
● スティーブ・バルマーの辞任でスマホ戦略に幕引き
● 「 コンピューターはメディアである 」の具現化で決まる IT 世界の栄枯盛衰

昨今の主流はパクリ同士。
業界を牽引して来たのは日本人。

[  アップルと中国の「 スパイ事件 」から見える、米中自動運転戦争の壮絶  -  ( 現代ビジネス )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2018年07月17日(火) 08時00分 配信  町田 徹  現代ビジネス
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180717-00056567-gendaibiz-bus_all

■ 極秘計画が明らかに ・・・・・・
■ 背景にある「 CASE 」
■ 米中自動運転戦争
■ 遅れる日本

自虐史観の到達点。
街頭を見れば明白。

[  東大に進学「 コンビニ外国人定員 」が憂う日本経済の将来  -  ( デイリー新潮 )  -  Yahoo ! ニュース  ]  2018年05月28日(月) 07時10分 配信  デイリー新潮編集部  2018年05月28日 掲載  新潮社  デイリー新潮 DAILY SHINCHO
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180523-00542411-shincho-bus_all

■ コンビニ外国人の素顔は?
■ 東大大学院に進んだベトナム人留学生
■ 日本が好きだからこそ心配

再びマイクロソフト。
覇権争い。

[  マイクロソフト、量子コンピューターの一般的な実用化にむけて Azure にも搭載  -  マイクロソフト みんなの AI ブログ  -  Microsoft | TechNet  ]  2017年09月27日  Microsoft AI Teamed  Microsoft
https://blogs.technet.microsoft.com/jpai/2017/09/27/new-microsoft-breakthroughs-general-purpose-quantum-computing-moves-closer-reality/

■ マイクロソフトで提唱された革新的技術「 トポロジカル量子ビット 」
■ 量子コンピューターの「 汎用的な 」実用化に向けた取り組み ~ 年末までに無料プレビューが可能に
■ 関連ページ / サイト

これはトポロジカル量子ビットが肝でしょう。
パクリ大国共産主義中国がどう模倣するのか。


恐れ入りますが、入力ミス等は後日対応させてください。


日本大事、天皇大事、万世一系の秋篠宮御一家による宮中祭祀が大事。

ただし、このままでは眞子内親王を除く。

文仁親王と悠仁親王の御代を目指して。

御多忙中、大変失礼致しました。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

売国奴」カテゴリの最新記事